カクキュウ八丁味噌の郷で工場見学


岡崎にあるカクキュウ八丁味噌の郷で八丁味噌工場の見学をした。個人なら直接行って申し込めば毎時(休日は30分毎)の工場見学に参加できる。所要は約30分の見学コースだ。

カクキュウ(元)本社(昭和初期の建物で国の重要文化財)

見学したのは金曜で、13時10分過ぎに到着したので、あいにく50分ほど待つ羽目になった。

見学の説明人は手慣れたもので、いわゆる工場見学というより観光ガイドと言った感じ。広い構内にはこんな人形を配置した工程説明の模型まである。

昔ながらの八丁味噌仕込み

今でも重しには写真様に石積みで重しとするんだとか。地震で崩れたことはないとのことだが、やはり見ていてちょっと怖い感じ。

この樽は天保時代から用いられている最古の樽

八丁味噌といえば赤味噌というか、八丁味噌は赤味噌の一種(岡崎城界隈で製造される赤味噌)だと、ここへ行くまで思い込んでいたが、実は八丁味噌と赤味噌は厳密には別種の味噌であることをここを見学して知った。最後の味噌汁試飲コーナーでも、赤味噌と八丁味噌の両方を試すことができた。

見学自体30分しっかり説明頂いて無料。説明もなかなかおもしろく、興味がある方は行かれては。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です