「旅行」カテゴリーアーカイブ

Wechatアカウント停止解除?


私はコロナ拡大の前までの話だが、よく連れと中国旅行に行っていた。最後に中国に行ったのは2019年年末から2020年年始だったから、最後にWechatを使ったのはこの時だと思う。

参考までにご存じの方多いと思うが、Wechatは日本で使われているLINEに近いアプリだが、ミニプログラムで各店舗の注文ができたり、そのままWechat Payで支払いができたり(2019年の段階で中国外在住の日本人は不可。Ali Payは可)、観光案内が提供されたり、と中国では重要アプリの一つだ。

私はメインで使っている日本の携帯番号SMSと紐づけてWechatを使っていた。中国以外の携帯SMSも使うことができる。

ところが昨年2020年の9月頃、たまたまWechatにログインしようとすると、アカウントが凍結されていることに気がついた。理由はしばらく使っていないのでというような表示だった記憶。友達に救い出してもらう事ができるようだったが、あいにく妻との中国での連絡用だったので、ろくに利用していない。

妻のアカウント(こっちは中国の友人と時々連絡を取っていたので生きていた)から救い出してアカウント復活を試みたが不可だった。

日本人の友人で中国ビジネスに関わっている人から(その時点で友人登録なし)救い出してもらおうと色々やってみたがNG。やはり日本在住者or日本人のアカウントからは難しいのかもしれない。

ところがである、先日試しにログインし、SMS再認証すると昨年9月にどうしてもできなかったWechatアカウントを復活させログインすることができた。

早速連携させてはいなかったfacebookとの連携を実施。登録メールアドレスもgmailからMSNのものに替えた。

実はアカウント凍結になったときに救い出せる人3人(Wechatでは日本語で緊急連絡先、英語でemergency contacts、中文で应急联系人)を登録しておけるようなのだが(試したわけでないので間違っているかもしれない)、

  1. 連れ
  2. 前述の日本人友人
  3. 妻がよく話す妻の中国人の友人(前述)

を早速登録した。参考までに緊急連絡先のWechatの英語での説明は以下となっている。

なぜ今回ログインできるようになっていたか…。コロナで訪中できず結果的にWechatを使わず、停止されたアカウントが多かったから規則を緩めたと勝手に予測している。

しかし、Wechatのアカウントが凍結されたときには、俺も中国政府にマークされる存在になった!?と恐れたものだったが。。。

今回、Wechatに私の個人情報を登録し放題となったが不吉なことが起こらないことを祈るとするか。。。


足摺岬から酷道439号で四万十川中流域へ


実は日曜から四国旅行に来ている。日曜は金毘羅さん、月曜は足摺岬の宿に泊まり、今日は足摺岬あたりをまず観光。

この後、四万十川中流域へ行くことにした。ナビに行き先として道の駅 四万十大正を入れると、国道439を通るルートが案内された。実際、Googleマップでも似たようなもの。

ちなみに、Yahoo地図でも同じルートが案内されるから、ほとんどのナビはこのルートを紹介されるのだろう。

国道439号。まさに酷道で、通ってはいけない道だった。峠付近大型車すれ違い困難と注意書きが所々にあったが、大型車どころか普通車でも相当に苦労する。wikipediaによると、日本三大酷道の一つらしい。

なんとか通りぬけて、道が開けると、道の駅 四万十大正に到着。

そこで昼食後、車を走らせて今度は四万十とおわに到着。四万十川中流域のきれいな景色を楽しむことができた。

帰ってきたら出迎えてくれたホテルの従業員が、地元の人は国道439号は「ヨサク」とよんでまず通らない。私も一回通ったことがあるが、それ以後はないと話してくれた。

ナビは距離と時間でルートを選ぶので、信用しすぎると大変なことになることもあるんだなと。


消費者契約法とキャンセル料


大手宿泊予約サイト、○天トラベルで、宿泊プランを探していたら、予約の段になって以下のキャンセルポリシーが表示され唖然とした。

なんと宿泊日の14日前からキャンセル料が発生し、その額は50%、7日前になると100%、つまり全額が返ってこないことになる。

狡猾なのは、宿泊施設紹介ページには以下のようにある。

もっと安いキャンセルポリシーを示す一方で、プランごとにキャンセルポリシーが異なり得ることがこそっと書かれている。

実は、消費者契約法9条1項には以下のようにある。

(消費者が支払う損害賠償の額を予定する条項等の無効)

第九条 次の各号に掲げる消費者契約の条項は、当該各号に定める部分について、無効とする。

一 当該消費者契約の解除に伴う損害賠償の額を予定し、又は違約金を定める条項であって、これらを合算した額が、当該条項において設定された解除の事由、時期等の区分に応じ、当該消費者契約と同種の消費者契約の解除に伴い当該事業者に生ずべき平均的な損害の額を超えるもの 当該超える部分

 

つまり、今回のケースなら、宿泊施設が予約者に予約キャンセルされたことによって発生するキャンセル料は、キャンセルで生じる平均的な損害額までは有効だが、損害額を超える部分は無効と定めている。

さすがに7日前に、宿泊代金全額がキャンセル料になることの説明は不可能だと思う。

かつて格安国内航空券のキャンセル料が不当に高いと、航空券をキャンセルした弁護士が全日空を相手に、この条項を根拠に訴訟を起こしたことがニュースになっていた。

判決が出たニュースを聞いていないので、全日空は、キャンセル料を減額して訴訟を取り下げさせたのだろうか。

この消費者契約法に照らして無効なキャンセル料掲載を、大手楽○トラベルが斡旋しているのもひどい話である。

参考までに、同じ宿泊施設をじゃらんで検索しても予約が可能だが、この様な強烈なキャンセルポリシーの宿泊プランは表示されなかった。

いずれにしても、不当なキャンセル商法、何とかしてほしいもの。実損を超えるキャンセル料はたとえ契約を結んでいてもその条項は平均的な実損を超える部分について無効であること、知っておいて損はないと思う。

中国で滴滴出行を使ってタクシーを呼ぶ


中国でタクシーは捕まりにくくなっている。昔と比べて物価は上がっているがタクシー料金はさほどでもなく、結果的にタクシーが割安な感じだ。特に上海など、タクシーを捕まえるのが困難ということで、事前にタクシー配車アプリ滴滴出行(DIDI)をスマホに入れていった。

注意すべき点が2つ。

(1)日本版のDIDIは中国で使用できない。
(2)アプリ使用の際に中国語(簡体字)をスマホで入力する必要がある(目的地入力と現在地以外で乗車する場合の乗車地入力)。

(1)に関しては以下のアプリを入れれば良い。

Greater Chinaと書いてあるところが違う。但しメニューは中国語となる。

使い方は私は「出租车(タクシー)」を呼んだ。画面を取得し忘れたので文字で書くが、

「您在哪儿上车」に乗車地点(デフォルトは現在地)
「您要去哪儿」に行き先

を入力する。予約時間を指定することもできたが私はすぐに乗るために使った。呼んだのは平日の日中に上海錦江飯店から上海浦東空港へ行くためだ。タクシーメーターを事前に倒させるオプション(実質お迎え料金?)も表示されたが、使わなかった。市中から浦東空港までとなると結構な距離なので金にはなる案件で、オプションを入れなくても捕まると踏んだ。

アプリ上にはアプリで呼ぶ前どのくらい待つことになるか予想も表示された(今回のケースで何分だったかは失念)。

運転手が引き受け、乗るタクシーが決まると、アプリ上にタクシーのナンバーと、今そのタクシーが地図上のどこにいるかが表示された。そして呼んでから2-3分でタクシーがやってきた。タクシーは大手の大众(大衆)のタクシーだった。

乗車後も、今どこにいて、あと何キロあり、目的地到着までどれくらいかかるかの予想時間等がアプリ上に表示される。

乗ったタクシーの情報もわかるので、トラブルに遭う可能性が低くなるように思う。なかなかスグレモノだ。こうして無事浦東空港に到着。約170元だった覚え。現金で支払った。

実は、このアプリは中国で起動すると钱包(財布)メニューの中に支払い方法の一つとして外国発行のクレジットカードを登録する部分があるのだが、手持ちの日本発行カードは全滅だった(日本発行の銀聯もダメ元でやったが、そもそも銀聯は未対応でやっぱり駄目。)。

QRコード決済もあるし、アプリ上で全てを完結させる必要はないが、いずれにしても中国語に対する敷居が低い人には便利なアプリだと思った。


上海都市旅游卡と上海公共交通卡


上海の交通機関で使用できるICカード(日本で言うSuicaのようなカード)に2種類ある事に気がついた。一つは、日本語のページでよく紹介されている「上海公共交通卡」と私が今回買ってしまった「上海都市旅游卡」だ。以下に2種類のカードの紹介がある。緑の記載が「旅游卡」、青字の記載が「交通卡」だ。

両者の使用できる範囲は異なるようで、地下鉄とバスはいずれのカードでも可能だが、「旅游卡」は買い物や食事で使える(ところがある)ようだが、一方でタクシーは不可、一方の「交通卡」はタクシーは可だが、買い物や食事は不可となっている。

私は、「上海都市旅游卡」を、上海火車地下鉄駅の有人窓口で購入したようだ(下図)。というのも、浦東空港のリニア駅で払い戻しをしようとして、初めてできないことに気がついたからだ。「普通カードじゃないから払い戻しできない。」のようなことを係員に言われた。もちろん浦東の地下鉄駅でも聞いたがやはり駄目だった。それまで2種類のICカードが有ることに気が付かなかった。

調べてみると、私が買ったのは「地铁1号线上海火车站站厅 近5号出口」で「交通卡」と「旅游卡」の両方が売られているよう。窓口でどちらがほしいか言うべきだった。

以下を調べてみると、「旅游卡」を払い戻せる場所があるが、浦東空港付近では見当たらないようだ。

虹橋空港には、「虹桥机场2号航站楼B1层 公共站台南侧」にあるようだが、浦東空港で出国する人は要注意だと思う。

似て非なる「上海都市旅游卡」と「上海公共交通卡」。利用範囲や払い戻し可能な地点が異なるので要注意だ。


中国南方航空オンラインチェックイン再び失敗


行きに中国南方航空のオンラインチェックインに失敗した。このときのエラーメッセージはパスポートの有効期限が6ヶ月を切っているからだった。

帰国便は、日本に帰るのだからパスポート有効期限は大丈夫だろうと試してみる。ところが、何度試しても、チケット番号と名前の入力、パスポート情報などの入力までは問題ないのだが、座席を選択してOKを押すと以下の通り。

 

エラーメッセージは中国語で、「値机失敗」である。ブラウザを変えたり、VPN接続をやめても結果は同じで、baidu(百度)で「値机失敗」を検索するとどうやら、2時間前に空港に来て、通常チェックインしろのような結果が出てくる。中国東方航空や中国国際航空のオンラインチェックインでは躓いたことはなくどうも中国南方航空は鬼門のようだ。

実はもっと恐れていることがあって、帰りのCZ379 便は、定常的に30分以上遅れること。定刻が20:50なので、遅れると空港からの交通機関終電が問題となる。中国南方航空は中国最大の航空会社なのに。


中国南方航空オンラインチェックインとパスポート残存期間


年末年始に中国旅行に出かけることにした。空港は最近いつも混んでいるのでオンラインチェックインを試みるのだが、以下の警告が出た。

要するにパスポートの有効期限が、6ヶ月を切っているので通常の空港カウンターでチェックインし、搭乗券を発券してもらえと言うのである。

調べてみると、パスポートの有効期限が6ヶ月あるのが好ましいような記事も見かける。

出発は翌日なので当然のごとく、パスポート更新をする余裕はない。ひょっとして搭乗を拒否される?あるいは中国で入国を拒否される?

色々懸念は浮かんでくるが、どうすることもできないので翌日空港ヘ向かい、チェックインカウンターで手続きすると。。。難なくチェックインできた。

それでも若干の懸念は残る。上海浦東空港について、パスポートコントロールにたどり着き、装置で指紋を登録する。すると入管のお姉さんは。。。

「指紋が合わない。」

と英語で説明を始める。

「え、俺何もやってない・・・。」

事前の指紋登録機では、パスポートをスキャンしたら、春に来たときの指紋データが残っていたからか、指紋を再度取得されなかったが、あわないと言われても。。。

間髪入れずに入管のお兄さんが呼ばれてきた。

「俺どこかに連行されるの???」

すると入管のお兄さんは、指紋スキャナの盤面を濡れティッシュで拭き始めた。要するに汗で汚れてうまく読めなかったらしい。

「きったねえの。。。」

ということで特に問題なく中国へ入国。

わかったこと

  1. 私の場合、約4ヶ月強パスポートの有効期限が残っていたが、ビザなし(15日滞在可)中国入国は問題なかった。
  2. 中国南方航空はパスポート有効期限が6ヶ月を切るとオンラインチェックインが出来ない。

やれやれである。


ツーリングで岡崎東公園・旧本多忠次邸へ


岡崎は歴史のある街で見どころも多い。以前、岡崎の八丁味噌の工場見学をしてなかなか面白かった。

今回はバイクで岡崎東公園内にある旧本多忠次邸に出かけた。

無料駐車場がすぐ東隣にあるが、公園への来場者も多く、私が着いた11/2(土)昼頃は満車で、停められない車が空くのを待っている状況だった。整理員のおじさんにバイクをどこに停めたらよいか聞くと、車が停められない駐車場の角に停めればよいということで、ラッキーだった。

公園の角に駐輪出来てラッキー(トランクの鍵はご愛嬌)

早速、旧本多忠次邸に向かう。外観はなかなかの迫力だ。

旧本多忠次邸外観

邸宅前の庭

説明

中も見学させてもらったのだが、残念ながら写真を撮りそびれたのでなし。ボランティアの方から丁寧に説明いただいたので、以下に説明を抜粋する。

本多家は元岡崎藩の藩主の家系で、本多忠次は名前から分かる通り次男。忠次は1896年なので明治生まれ。関東大震災も経験した忠次は、当時はやっていた田園地帯の東京世田谷にスペイン様式のこの邸宅を30代(昭和初期)の頃建てた。そして忠次は1999年に亡くなるまでこの家に住んでいたとか。この様に比較的最近まで使われており、そのまま文化財として岡崎市に移築され保存されたため、建物はもちろん、中の調度品も揃っており、しかも状態が良かったとか。ボランティアは昭和の洋館はいくつか残っているが、飲食店に改造されたり、調度品が売られたりして、本多忠次邸の様に調度品を含めて残っているのは非常に稀だろうとのことだった。

歴史の街、岡崎らしい文化財だが、このような貴重な文化財が無料で開放されているのは凄いと思った。


ビバホームで電熱ベストを購入


電熱ウエアを物色していた。理由は冬季バイクでの使用。と言っても通勤にバイクを使っているわけでもなく、数万円もするようなバイク用の高級電熱ジャケットは買う気がしないし、もちろん予算も許さない。

一方でamazonあたりで検索すればわかる通り、多種多様な電熱ウエアが数千円から1万円位の価格レンジで売られている。正直どれがよくてどれがよくないかわからない。多くは中国製で出品者も中国人のようだ。amazonのコメント欄はサクラが多いらしく信憑性も低そうなので、どれにしようか決めかねていた。

そんなときに大手ホームセンターであるビバホームから、3980円+税で電熱ベストが売られている情報を得た。

いろいろな形態が売られているが、バイクで用いる場合、外にバイクウエアを着ることから、インナーとして使えるベストが一番良いと思った。

購入後、Ankerの10000mAhバッテリーにつないでみると問題なく動作し、その時の電圧はUSB規格の5V、電流は1.5Aだったので、7.5Wの発熱量ということになる。温調は3種類選択できる。

インナーとして着てしまうと、電源・温調ボタンが左ポケット内なので、やりにくいのはイマイチかもしれないが、まあ汎用品なので仕方がない。

バイクで使うときは、ハンドルにUSB電源を設置して、延長コードで使用する計画中。試しに、セリアで売られている2A対応USB延長コード70cmを繋げたところ、1.5A流れることが確認でき、使用できそうだ。

出力が出力だが、冬季の中国旅行にも使えそうで、しかもビバホームブランドなので、amazonで得体のしれないものを買うよりは良いように思う。価格もamazonの価格帯とほぼ同じだ。洗濯が可能であることも明示されている。


中国南方航空からの連絡メール


中国南方航空のフライトを予約しているのだが、以下の様なメールが届いた。

中国南方航空からのメール
    尊敬する中国南方航空のお客様、申し訳ございませんが、お客様からご予約した20XX年XX月XX日09:25時出発で、11:05時に到着する名古屋中部国际机场から上海浦东国际机场行きのCZ380便の经济舱のフライとはXX月XX日09:25時出発で、11:05時に到着する(T2 ターミナルビル)名古屋中部国际机场から上海浦东国际机场行きのCZ380便の经济舱に変更されました。搭乗者:私と妻,チケットの番号:,までお問い合わせくださいませ。お客様のスケジュールにご迷惑をかけて深くお詫び申し上げます。
    南航售后服务
    电话:95539
    邮箱:csnib@csair.com
    传真:4006695539-9
    网站:www.csair.com

 

私が日本人なので、日本語メールで連絡しようとしているのだが、微妙に中国語が混じっている。解読する上で以下に日本の漢字表記と日本語訳を記すと。

国际机场 国際機場=国際空港の意味
浦东 浦東=上海市内の地名
经济舱 経済艙=エコノミークラス
南航售后服务 南航售後服務=南方航空販売後サービス
电话 電話
传真 伝真=ファックス
邮箱 郵箱=メールアドレス
网站 網站=ホームページ

しかし、いずれにしてもメールの意味が解読不能だ。私が買ったのはCZ370便だし、9:25名古屋発だし、11:05上海着の便だ。出発日も変更はない。つまり何が変更されたのかわからない。予約した中国南方航空のサイトで予約番号を入れて確認したが、こちらも特に何も変わっていないようだ。

併せて言えば、電話番号もFAX番号も日本では考えられない番号なのでおそらく中国国内の番号?

中国南方航空といえば中国でも規模が大きな航空会社だ。中国のサービスもまだまだだなあと思うのだった。

(2019/9/20追記)
今日中国南方航空の名古屋支店に電話して確認をしたところ、一旦10/26以降の予約を全てをキャンセルしたためにメールが発信されたが、お客様の予約分は新たに予約されており問題ないという返事であった。やれやれだ。