「タブレット」カテゴリーアーカイブ

Pinetab-mobianにchromiumブラウザ


以下完全に備忘録で、私は意味を理解していない。

Pinetabのmobianでかつてはaptでインストールできたchromiumブラウザだが、いつの間にかできなくなった。Pinephoneで同様の質問をしている人を見つけた。

スレッドの回答通りに以下のようにコマンド操作することで、chromiumブラウザをインストールできた。

sudo apt install flatpak
flatpak remote-add --if-not-exists flathub https://flathub.org/repo/flathub.flatpakrepo
flatpak install flathub org.chromium.Chromium

1行目は私の場合も不要だった。


Pinetabに苦戦中-mobianでMozc


Pine64がリリースしたpinetabというのがある。

Linuxベースのタブレットかポータブルなノートが欲しいと思っていた私は、本体だけだと99米ドル。専用キーボード+送料を含めても1万数千円だったこともあって思わず衝動買いした。届いたのは9月初旬だった記憶。

プレインストールされているのはUbuntu touchといっても本家のUbuntuとはかなり違うというか無関係に近い。Arm版であることもあるが、タブレットやスマートフォンに特化したOSだ。

pinetabはEarly Adapter版と名乗っているだけあって、今日現在でもOS(Ubuntu touch)の完成度はかなり低く、マウスがまともに動かないとか、ブラウザがFirefoxもChromiumもないためにGoogleサービスが一切使えないとかいうような有様だ。これには正直がっかりした。

こんな完成度だからか、pinetabを受領してまもなくフォーラムで売りに出されている有様だった(米国の購入者だった)。

このタブレットは複数のOSが使え、microSDにイメージを焼いてSDスロットに差し込むだけで、SDカードから起動する仕様だ。mobian(Mobile Debianの事らしい)が最も完成度が高そうであり、今これをなんとか使えないものか画策している。

Thunderbirdはとりあえず動いている。
Chromiumもpinetab用mobianでは互換性が低いとあるのだが、これも私の使った限りでは問題なく使用できて、Googleアカウントにもログインできた。

問題は日本語入力で、標準はAnthyなのだが、これがどうしても動かない。1度目の変換はでき、2度目の変換キーを押したところで本来なら複数の変換候補が縦に展開されて併記され、選択できるはずだがこれが出来ずに2番目の変換候補で自動確定されてしまう。所詮Anthyなので無理に動かす事はあきらめ、Mozcを入れられないか試してみた。

標準のAnthyはiBus版なので、手順を以下に書くと(スクリーンショットが取れず文字説明のみ)、

  1. aptコマンドでibus-anthyをアンインストールする。
  2. aptコマンドでibus-mozcをインストールする。
  3. 設定-地域と言語で、入力ソースの欄を日本語(Mozc)のみにする。
  4. ibus-setupコマンドで、入力メソッドを日本語-Mozcのみにする。

試行錯誤の末におそらくは以上の手順でようやくMozcが使えたので、行けると思うが抜けの設定などがないか自信はない。参考にしたのはMobianではなく、Debian情報の以下のページの情報だ。

しかし、まだ

apt updateを実施するとタイムアウトする(一部のリポジトリのみ?)。
bluetooth機能がOSで認識されておらず有効化出来ない。

など問題は山積だ。安定性にもかけるし、インストールしてもまともに動かないアプリも多い。でもまあ、元のUbuntu touchよりはかなりマシなので、当面mobianで頑張ろうと考えている。

(2020/11/2追記)
pinephoneで試された方がうまく行かないとコメントいただきました。私もいろいろと試行錯誤の上にようやくMozcが動いたので、以下に修正手順を改めて記載しますが、正直、以下手順でうまく行くか自信ないです。あと入力に使用したのはソフトウエアキーボードではなく、pinetab専用純正キーボードです。

  1. ソフトウェアからAnthyをインストールする。
  2. aptコマンドでibus-mozcをインストールする。
  3. 設定-地域と言語で、入力ソースの欄を日本語(Mozc)のみにする。
  4. ibus-setupコマンドで、入力メソッドを日本語-Mozcのみにする。
  5. aptコマンドで、ibus-anthyをアンインストールする。

(更に追記)
私の環境では、専用純正キーボードは動作しますが、ソフトウエアキーボードが起動できないことに気が付きました。これは上記設定のためか、それ以外の理由か不明です。


OutlookアプリがHuawei MediaPad M5で落ちる様に


一ヶ月くらい前だろうか。Huawei MediaPad M5 8.4でOutlookアプリが落ちて起動できなくなるようになった。

OSはEMUI9.01(現時点で最新)、Outlookアプリも最新。

今何かと世間を騒がせているHuaweiではあるが、以下の条件下で不具合(異常終了)が発生する事に気がついた。

  1. タブレットを縦表示にする。
  2. タブレット表示にする。

上記2の設定は、設定-画面-テキストサイズと表示サイズで下記画面を開く。

表示サイズを、一番左の小にするとタブレットUI、それ以外(例えばデフォルト)にするとスマホUIになる。私はせっかくの8.4インチということで、タブレットUIにしている。

いずれにしても、私の環境では、1と2の条件が揃うと、Outlookアプリが突然異常するようになった。以前のOutlookアプリバージョンではこの様な事はなかったが。仕方がないからOutlookだけ縦で使うか。ヤレヤレ。


Huawei MediaPad M5の使用レポート


実は米中貿易戦争が激化する前に、Huawei MediaPad M5を購入した。購入当時、Huawei(華為)の創業者の娘FEOがカナダで拘束されたニュースが流れていたが、Huaweiと米国企業は商取引禁止の様な制裁は発動前だった。購入した当該機種は以下の通り。

前機種はSony Xperia Z3 tablet compact(SGP621グローバル版:技適あり、ドコモプラチナバンド(800MHz)不可)。防水だし、270gと軽いしスグレモノだったが、

LTE搭載と引き換えに、フラッシュROMは16GBまで。
USBキャップ等は、充電のために頻繁に外すと緩んで自然に外れるようになるらしい。
OSバージョン6もそろそろ古い。
もちろん顔認証はおろか指紋認証もない。

等限界も見えてきていた。SONYはSDにアプリを逃がすことが出来るので、本体16GBでもなんとか頑張っていたが、アプリ更新をすると自然に本体側に移るので、一々SDへ移動せねばならず結構面倒くさい。何れにせよ、今どき16GBはない。

それで乗り換え候補を探すとアンドロイドタブレットは見事にないのである。皆、撤退済で、唯一Lenovoのタブレットが見つかった。要するにアンドロイドタブレットはもう中華の選択肢しかないのである。

スペック的にHuaweiと比較すると、ROMが64GBでHuaweiの32GBの倍容量で優位である。一方、他のスペックはほぼすべて、Huaweiの方が勝る。敢えて言えば重量がHuaweiは320gでLenovoより10g重いのだが、いずれにしても前機のSonyの270gと比較すれば重い。タブレットの本体メモリーは、スマホほどは使わないと思ったし、データはSDでよい。

悩んだ挙げ句、Huaweiを購入した。使ってみてほぼ不満はない。タブレットなので、通信を用いた通知は不要なので、不使用時は機内モードに入れて、LTEもWifiも無効にしている。こうすることで、バッテリーの持ちは飛躍的に伸び、通勤時間にちょいちょい使う程度の私なら、1週間は充電要らず。特に待ち受け時のバッテリー使用量は本当に少ないようだ。

正直Huaweiの命運がこの先どうなるか全く不明だが、OPPOの変にカスタマイズされたColorOSと比べても、HuaweiのEMUIは特に違和感なく、アンドロイドユーザーなら問題ないだろう。


スマホは使ったことがないが、Huaweiのアンドロイドタブレットの出来を見る限り、世界的に売れることはよくわかる。しかもHuaweiは通信インフラで世界最大手のようで、アメリカに睨まれるのは分かる気がする。米中貿易戦争での米国の持ち札の一つのようで、なんだセキュリティー問題じゃなかったのね?てな感じもする。


海外版スマホの日本での使用と電波法


私のブログの中で、Xperia海外版と技適認証が最もアクセスが多い。XperiaはほぼSIMフリー端末がないので、海外版の輸入を考えている人が非常に多いということの現れと思う。そこで少し掘り下げて、仮に海外スマホを日本で使用したらどうなるかを法律的に調べてみた。参考になるページがあった。

ほとんどソースページの受け売りなのだが、携帯通信回線とBluetooth及びWifiは別の縛りとなっている事が分かる。

結論から言えば、輸入した海外端末が一定の技術的要件(FCC認証・CEマーク)を満たしている場合、電波法103条の5に基づきその端末の携帯電話の通信回線の使用(SIMを介した接続(音声、データ通信))が認められる。そして特に制限はないのだった。

一方で、Wifi、Bluetoothは異なる。具体的には電波法4条2項に縛られ、入国から90日に限り、一定の技術的要件を満たす端末を使用することができる。

ということは、あまり現実的ではないかもしれないが、Bluetooth及びWifiは、輸入後90日以降は一切使わないことで、電波法には触れないということになる。

もしかすると頻繁に外国と行き来をする日本人は、最後の入国から90日以内ならBluetooth及びWifiの使用は合法と解釈できる(頻繁に訪日する外国人旅行客がOKなのだから、日本人の場合もこの解釈でよいと私は思う。)。

何れにしても、外国端末を利用される方は自己責任でお願いします。(本ブログは違法行為を助長することを目的とはしていません。)

(あとがき)
台湾人友人が言うには、台湾ではSIMフリーが当たり前となっているそうだ。中国でも端末メーカーの小売店を見かけることを考えると同じ気がする。一方アメリカは詳しくないが、確かSIMロックが行われていたと思う。但しアメリカだけに日本のように端末価格や通信料金に競争原理が働かないということはないのではないかと予想する。


Xperia海外版と技適認証


Xperia(ソニーのスマホ及びタブレット)は、Z5の時代までは、最上位機種の一部では日本の技適認証を取得していた(但しタブレットは撤退済)。実際自分も香港版/中国版のXperia Z3 Table Compact (SGP621)を所有しているが、技適マークは表示される。但し、少なくともZ5 (2015年9月発表)までは、ドコモのプラチナバンドである800MHzバンド(LTEまたはW-CDMAのBand 6 or 19)に対応している機種はなかった。まあ、この800MHzというのは日本のドコモのみで使用されているバンドだから、頷ける気もする。

ところが、Xperia X performance (2016年2月発表)以降のソニー海外フラッグシップ機種は一切技適認証を取得しなくなった。一方で、ドコモのみで使用されている上述800MHzに対応するようになったのだ。具体的にはXperia X performanceシングルSIM版のF8131には、UMTS(W-CDMA)のバンド6及び19、LTEのバンド19に対応していることが、whitepaperから読める。デュアルSIM版のF8132も同様だ。但し、Z5までで技適が表示されていたのは、シングルSIM版のみで、デュアルSIM版は技適を取得しているものはなかった覚えだから、デュアルSIM版は元々技適を取得するつもりはなかったかもしれない。

その間に何があったのか?思い当たるのは、「電気通信事業法」及び「電波法」の改正(いずれも2016年5月21日施行)だ。前者はスマホの機能のうちBluetooth及びWifi、後者は携帯電話回線に関わる法律だ。この日を境に、海外機種(技適未取得)は、Bluetooth及びWifiは持ち込んでから90日以内、携帯電話回線は制限期間なくFCC認証/CEマークがあれば、接続が合法となった。つまり、殆どの海外からの訪日客(90日以内滞在)は、持ち込んだスマホが技適を取得していなくても、合法的にそのスマホを使用できるようになった。なので、ソニーは技適認証を取得するのをやめたのだろう。つまり、ソニーは海外フラッグシップスマホを世界中で日本のドコモでしか使われないバンドに対応させる一方で、日本の技適認証取得をやめた。なんとも皮肉な方針転換だと思う。

改めて思うに、中途半端な法改正だと思う。電気通信事業法の方も期間を区切らず、BluetoothやWi-fiが使用できれば、海外から輸入したスマホはFCC認証/CEマークがあれば合法端末となったはずだ。

総務省は、3大キャリアの寡占から脱却するために、MVNOの普及に力を入れている。ところが、現時点では皮肉なことに日本の最大スマホ製造販売企業であるソニーのXperiaに、SIMフリー版、つまり3大キャリア純正端末以外は存在しないのである(以前イオン等が扱うXperia J1 CompactというSIMフリー端末があったが…。)。Appleは高額とは言え、SIMフリーのiPhoneを販売しているのとは対照的だ。

身近にサポートを行う販売店がないMVNOは敷居が高いと感じる人は多いと思うが、そもそも魅力的な端末がないから乗り換えられないという人もいるはず。海外機種の輸入の敷居が下がれば、輸入端末はその一助となると思うのだが。ぜひ総務省には、考えてもらいたいものだ。そして、このまま放置すれば、日本のスマホ端末はガラパゴス化し、結局日系メーカーは衰退する気がしている。


DS215jにsMedio DTCP Moveをインストール


IODATA REC-ON EX-BCTX2を導入したことで、nasneの使用をやめようかと思案している。しかしnasneに録画したファイルが結構あり、今さら有料のSONY謹製のアプリを購入する気にはなれない。そこでSynology社のnas DS215jにsMedio DTCP Moveをインストールして、ここにムーブすることを試みることにした。

DS215jのsMedio DTCP Moveは有料で、US$8.5だった。PayPal経由で簡単に決済でき、すぐにインストール-使用は可能だった。ググっていただければ分かる通り、sMedio DTCP Moveからnasneにアクセスすることで簡単にムーブは出来た。忘れてはならないのは、nasに移動した録画ファイルは一切他に移動できないこと。nasは冗長度が高く安全な格納場所だとは思うが、BD-Rに焼くことすら出来ない(DiXiM BD Burner 2013というソフトウエアが存在するが、既に販売終了しており、2017年末には使用できなくなるために、考慮しない。)。一方で、当然nasにムーブすることで、ダビング10のコピー可能回数は1回分減る。

nasneからの移動まではスムーズに行ったが、これを再生できる環境は限られているようだ。以下の表は録画ソースとして、nasneの3倍モードで録画したものを、sMedio DTCP Move@DS215jにムーブした上で、各DTCP-IPクライアントでの再生可否を示したものだ。DRモードで録画してnasにムーブした場合はまた異なるものと思われる。

再生環境(DTCP-IPクライアント) 再生可否 備考
SONY BDP-S6500 ソニーのBDプレーヤー
デレキングプレイ@Windows 10(64bit) IODATA REC-ON用再生アプリ
テレプレ@Andoroid 7(nexus 5x)

テレプレ@Andoroid 6(SONY Xperia Z3 Tablet Compact グローバル版)

いずれも

IODATA REC-ON用再生アプリ
TV&Video Side View@Andoroid 7(nexus 5x)

TV&Video Side View@Andoroid 6(SONY Xperia Z3 Tablet Compact グローバル版)

いずれも

nasne用再生アプリ
Panasonic VIERA TH-L42E60 →○
(2017/10/22変更)
Panasonicのテレビ
SONY BRAVIA KDL-22EX420 SONYのテレビ

なお、nasne本体上の録画ファイルの再生、REC-ON EX-BCTX2に接続したUSB HDDのファイルの再生は上記いずれのクライアントでも再生できることを確認している。残念ながら、互換性は低く、あくまでも私が所有する範囲での話だが、Android上のアプリは全滅、テレビも全滅だった。但し、Android用に有償アプリsMedio TV Suite for Androidがあるので、このアプリを購入すれば、再生できる可能性は高いと想像する。今のところ購入予定はないのだが。

sMedio DTCP Moveは返金も可能なようなので、互換性を確認しつつ、結果が悪ければ返金を前提に購入を最終決定するのも良いかもしれない。

(2017/11/18再訂正)
IODATA REC-ON EX-BCTX2にもDTCP-IPクライアント機能があることを知り、試しましたが、結果は再生できませんできました。なお、Panasonic VIERA TH-L42E60から再度試すと再生できたので変更しました。


IODATA REC-ON EX-BCTX2 IODATAを衝動買い


IODATAのREC-ON EX-BCTX2というTVチューナーが14980円で売られていたので衝動買いしてしまった。これはTVチューナーという位置づけだが、SONYのnasneが対抗馬ではないだろうか。なお本機は2チューナーを搭載しているが、3チューナー版もある。
bctx2

IODATA REC-ON EX-BCTX2(IODATAのホームページから引用)

まだ設定して使い始めたところだが、nasneは昔から使用しているので勝手がわかっているのでちょっと比較を書いてみる。

nasneに対するメリット

  1. HDMI出力がある。このため、私はPC液晶ディスプレイに接続して使用している。nasneにはないので、完全にネットワークを介しての使用が前提となり、両者は異なっている。PCやテレビに直接接続したいのならば、REC-ON一択となる。
  2. 既に書いたように、チューナーは2台載っているので、別々に視聴/録画に振り分けられる。nasneは1台なので、この点REC-ONが勝っている。3チューナー版も存在することも既に書いたとおり。
  3. 録画モードがDRだけではなく、圧縮モードが他に9つあり、解像度もFHD以外に持ち出し用の低解像度もある。持ち出し用と2つのモードを作成することもできる。nasneはDRと3倍モードだけなので、REC-ONの方が多くのモードを有する。REC-ONでは画質に拘らなければ、かなりの録画時間を保存できる。例えばFHD解像度で最大15倍のモードがあるので、nasneと比較すると同容量で最大5倍の録画時間となる。
  4. 視聴アプリは無料だ。Windows8.1以降版、iOS版、Andoroid版が存在する。いずれも無料。この点nasneは全て有料で、Windowsに関してはPCの台数分を購入する必要があるので、何台も接続PC/Wiindowsタブを持っている場合は、その費用も馬鹿にならない。もっとも、最近改善されたようだが、IODATAの視聴アプリはできが良くなかったようだ。実際自分も、自作PC(Windows 10 64bit AMD760G統合グラフィックをWindows標準ドライバで使用)では、アスペクト比がおかしくなって現在問い合わせ中だ。他の3台のPCでは大丈夫だったが。

nasneに対するデメリット

  1. HDDは内蔵されておらず、別途USB3.0端子に接続する必要がある。もちろん録画機能を使わなければ、その必要はないが。しかし考えてみると今時2.5インチならばUSB給電出来、1TBで5000円強だった。USB HDD外付けケースも1000円しなかったので、むしろHDD容量を自由に設定できるのはメリットとも言えるかもしれない。ハブを介して複数台のHDDを接続できる。
  2. 本体ファンが少々うるさい。静かな部屋だと気になると思う。今は晩秋なので、仮に真夏でファン回転数が上がるうようだとちょっとかも知れない。

あと仕様といえば仕様だが、リモコンも改善してほしい。つまりせっかくTVのリモコン機能が搭載されているのだから、PC用ディスプレイのリモコンにもなるようにしてほしかった。IODATA製だけに、PC用ディスプレイで使用する人もきっといると思う。もっとも、デスクトップPCを家庭で使用する人は一部の人となりつつあって、市場が小さいのかもしれない。

他の機能は概ね同じで、同一LAN内でライブ視聴、外出先でのライブ視聴、同一LAN内で録画視聴、外出先で録画視聴、端末への書き出し、外出先からの録画はいずれも両者で可能なようだ。但し、実際していないので、安定性、使い勝手の比較はまだできない。

一応SONYのテレビ(KDL-22EX420)とPanasonicのテレビ(TH-L42E60)に搭載されている、DTCP-IPクライアント機能で、REC-ONに接続、視聴できることを確認した。nasneもどちらでも視聴可能だ。

気がついたのは以上の通りで、また何かあれば紹介しようとは思う。


Windows10のBluetoothテザリング


最近NECのWindows 10タブレットが安い価格で投げ売り状態だったので購入した。もともと4万円台で販売することを前提にしていた機種が1万円台で購入できたのだから、NECも、もうWindows 10タブレットから撤退するかもなんて思ってしまう。

いずれにしても使用し始めたところ、気になる点が一つ。このタブレットは携帯電話網には繋げない(SIMスロットなどない)ので、スマホを用いてWifiかBluetoothでテザリングすることが考えられる。ところが、Bluetoothでテザリングした場合、従量制課金の設定ができず、Windows Updateなどのデータ通信を抑制できないことに気がついた。Wifiでテザリングすればよいのだが、Wifiは電池のもちが良くなく、正直、積極的に使いたい接続形態ではない。自分の用途では、Bluetoothの接続速度で十分なので、是非Bluetoothテザリングで、従量制課金接続設定を可能にしてもらいたいもの。

そもそもWindows 10からはWindows Updateで更新ファイルが強制的にダウンロードされてしまい、これを停止するすべがないのがいけないのだと思う(実は省電力設定で可能ともあるが、省電力でデータ抑制というのも。。。状況によっては電源接続してテザリングすることもあるだろうし。)。

せっかくの新OS Windws 10、対応はそれほど難しくはないはずで、是非対応して欲しい。でないとWindowsタブレット、ますます人気がなくなるような。


イオンモバイルのシェア音声プラン4GB


6月にイオンモバイルのシェア音声4GBプランを契約した。私の場合、

音声SIM   自分のスマホ用

データSIM1 自分のタブレット用

データSIM2 連れのタブレット用

としている。幸いタブレットはSMSオプションをつけなくても、セルスタンバイ問題を発症しないことがわかっていたので、データSIMにはいずれもSMSオプションをつけなかった。これで、1780円+税/月(以下全て税別)である。シェアプランを提供しているいわゆる格安SIM(この呼び名を好きではないが)はいくつかあるが、4GBという少ないデータ量をシェアサービスで提供しているのは、今の所イオンモバイルのみのようだ。スマホを使えばタブレットは使わないし、連れのタブレットは自宅=Wifi接続可で用いることが多いので、自分の場合4GBで十分なようだ。以下気づいたところを書いてみようと思う。通信速度は平日の昼休み時間は遅くなることは、気がつくことがあるが、元々動画配信のようなものを利用はしないし、ネットブラウズ程度ではさほど気にならないので、以下では言及しない。

メリット

  1. やはり低額なこと。これは対抗するプランが他社にもないし、3枚SIMで4GBで十分なデータ量なら申し分ないというか他に選択肢もない。
  2. 必要であればデータSIMにSMSオプションをつけたり(+140円/月)、音声SIMへの変更(+700円/枚/月)が可能と非常に自由度が高いこと。家族3人で音声SIM×3にしても3180円/月なので、1GB 音声SIMを3枚契約するよりも安い。また、DMMのように1人でSIM1枚しか契約できないような縛りも生じない。なおイオンモバイルの回線上限は、契約者一人につき音声最大5回線、データ最大5回線まで契約可能となっている。
  3. MNPをしなければ、最低利用期間もなく、つまり解約違約金のようなものはない。但しMNPをする場合は、契約期間が180日までだと8000円、181日以上だと3000円となっている。但し一般に最低利用期間は1年のことが多く、解約でも違約金は発生するために、イオンモバイルは条件が良い。
  4. イオンの店舗(即日お渡し店舗)で即契約/渡しが可能。実際、私も店に行って2-3時間でMNPでの加入(契約したSIMの受取)ができた。

デメリット

  1. SIM1枚ごとのデータ使用量を知ることが出来ないので、どのSIMで多くのデータ通信を行っているかわからない。家族内でシェアする場合、喧嘩にならないようにしましょう(笑)。
  2. 契約時にSIM1枚ごとに3000円の手数料が必要であり、3枚だと結構高い。(一部のMVNO/MVNEではスターターパックのようなものを購入することで、初期費用を抑制できたりするが、イオンモバイルはできない。)
  3. 転送電話サービスは提供されていない。実は私はNexus 5Xを使用していて留守電がないので、転送できると便利なのだが…。例えば、転送電話が可能なら、SMARTALKに転送することで、留守電も実現できるし、仮に海外へ行ったときも、SMARTALKへ転送できれば、現地プリペイドデータSIM等を入れてデータ通信可能なら待ち受けできるのに…。なお、イオンモバイルでは留守番電話サービスは提供されている(300円/月)。
  4. 複数の家族の番号でイオンモバイルのシェア音声プランにMNP転入する場合、契約者は一人なので、全員の対象回線の名義を同じにしておく必要があると思われる(実績がないので間違っているかも知れないが、この推測が正しければ少々面倒か?)。