「タブレット」カテゴリーアーカイブ

ONYX BOOX Leafを購入して


E-Inkのディスプレイを搭載したONYX BOOX Leafを思わず衝動買いした。これだ。


ちょうど電子書籍リーダーを探していて、これが以下の点で目を引いて迷った挙句購入した。迷わなければ32,800円で購入できたかもしれないが、私が購入した時点の価格は2000円増しの34,800円だった。

気になったBOOX Leafの特長

  • 軽い。本体はわずか170g。今までBOOX Leaf以外に7-8インチのタブレットを通算3台所有してきたが、その重量はおよそ300g程度。この170gだと最近肥大化激しいスマホと変わらない。
  • 白黒だがE-Inkは見やすそう。不眠持ちの私は夜(眠れなくなるから)ディスプレイを見るなと主治医に言われているが、これは優しそうだ。

一方で気になった点は

  • 割高感がある。7インチで白黒で3.48万円はやはり高い。
  • E-Inkの応答性の悪さがどの程度か?

だ。それで実際購入してよかったこと、悪かったことを列記すると、

  • Google playが使えるようにするには一手間かかる。しかも、ちゃんとGoogleに認証されるまでの時間は、人により違い、私の場合は数分だったが、2-3日かかるケースもあるらしい。なのでこの手のものに詳しくない人にはとても勧められない。
  • E-Inkは見やすい。画面も明るくなく目に優しい。これは本当に良かった。
  • Googleさえ通れば、Andoroidタブレットみたいなものになるので、楽天Koboだろうと、Amazon Kindleだろうとアプリを入れてマルチプラットフォームの電子書籍になる。
  • 専用ケースは同時購入すべき(SKTなら同時購入で半額になるし)。物理ボタンを使ってページめくりするなら、音量ボタンでページめくりに対応しているアプリである必要がある。残念ながら私がたくさん本を買っているKoboは対応していない。
  • 動作が相当に重い。これは処理がもたつくことと、E-Inkディスプレイの挙動との両方の欠点の相乗効果と思う。ここまで重いスマホはないので、人によっては耐えられないかも。例えば画面をスワイプで通知を消すのような操作はかなり厳しい。
  • バッテリーはそれなりの感じ。例えば、前に所有していたHuawei Mediapad M5よりは早く消費する。一方で電子書籍の閲覧の様な動作はまあまあ持つので、それほど気になるわけでもない。

こんなところだろうか。長所と短所がはっきりしているので好き嫌いが分かれそうなデバイスだと思う。個人的にはまあまあ気に入っている。

参考までに動作確認できたのは、(但し、念入りに検証していないのであくまで参考に)

  • 楽天Kobo
  • Amazon Kindle
  • Reader by SONY
  • ebookjapan
  • BookLive
  • 読書尚友 Free

なお、私のスマホは、Google Pixel 5aだが、本機との間でBluetoothテザリングは問題なくできた。Wifiデザリングはスマホバッテリの消費が激しいので、やはりBluetoothがいい。

安い買い物でもないし、購入を検討される方は、E-Inkディスプレイの長所、短所や動作の重さなどをある程度調べた上で購入されることをお勧めする。


LINKSYSのサポートが全くダメな件


アマゾンタイムセール情報で、LINKSYS E9450-JPが7000円を切る破格で売られているのに気が付いた。メッシュを組めるWifiルータなので複数台購入する人もいると思われるが、以下の様になっていた。

  1. 2台セットと1台の2つのボタンがあるが、なぜか1台の価格×2が、2台セットの価格より安い。
  2. 1台を複数セットを購入することはできない。

私の場合3台欲しかったので、割高にはなるが、2台セット1つと1台を1セットを購入したら合計3台買えた。1台セット×3より割高だが。。。

なお最低価格と思われるこの値段は価格.comでこの価格は反映されていなかった。タイムセールはアマゾンを見に行かないとダメなのか。

ところで、それはいいとしても、実は有線バックホールに対応しているぽいのだが、公式サイトの情報には見当たらず、サポートに電話確認をすることにした。

今日はたまたま別件で休暇を取っていたので、月曜日15時頃から電話する。しかし待てど暮らせど出ない。半ばどうでもよくなって、何時になったら繋がるかを試してみた。

一度楽天LINKが切れてしまった。正確には無音になり動作していないように思えたので、SIMを楽天からiijmioのauに替えて再度かけなおした。

17時なったら切れるかもと思い、少し前で上のスクリーンショットを撮った。この時点で1時間40分経過している。

その後放置すると17:15分頃に勝手に切れた様に見えた。意図的にLinksys側に切られた気がする。リダイヤルすると、営業時間外と言って繋がらなくなっていた。

ということで、月曜日とはいえ電話サポートはほぼ使い物にならないと感じた。

ところで、チャットも対応しているので、こちらも試してみた。但し英語でやり取りとなり日本語は選択できない。

すると回答はシンガポール版には有線バックホールがあるが、米国版にはないという回答が返ってきた。ファームウエアなんて国ごとだろうし、なんともな回答だった。日本だというと、残念ながらダメだろうという回答だった。ということで英語チャットも日本に住む人には役に立たなそうな雰囲気だった。

いずれにしてもサポートには期待できないと割り切って、Linksysを選ぶべきだろう。


AndroidタブレットをやめてChromebookへ


Androidタブレットがさえない。私はアンチアップルなので改宗予定はないが、タブレットはアップルのiPadの独壇場の気がする。

そういえば、戸田覚氏も以下のようなyoutube動画を上げている。

Andoroidタブレットは画面サイズや解像度がモデルごとにいろいろだし、アプリ開発もだからこそ面倒。なのでiPadに比べてアプリが少ないといったのが一因だとか。確かに一理ある気がする。

私は持ち運び前提なので、これまで7-8インチタブレットを3台所有してきた。10インチだと大きすぎる。

1台目はASUSの7インチタブレット。名前は忘れた。Android 4.4だったと思う。

2台目はSONY Xperia Z3 tablet compact LTE版(海外版・技適あり)。ROMが16GBしかなく、厳しかった。あと、当時はMVNOはドコモ系しかなく、海外版ということもありバンド19がつかめず田舎に行くとLTEは厳しかった。Androidは6.0だった記憶だ。

そして先日まで使っていたのが3台目のHuawei Media Pad M5 8.4 LTEだ。M5を買った時点で他メーカから気合が入ったモデルは出なくなっていたからほぼ選択の余地はなかった覚え。

これはよくできた端末だったが、例のHuaweiへの風当たりが強くなり、後継機M6は日本で発売されなかった。M6が中国などで発売された時点で米国制裁の影響により、すでにGoogleアプリ等を搭載できなくなっていたから致し方がない。

そして、Huaweiが退場した時点で、力の入ったAndroidタブレットを出すところはなくなった。

Huawei M5はAndorid9.0ベースなのでまだ使えると思うが、最近はコロナ禍に伴うリモートワークの機会が増え、タブレットを持ち出す機会がガクッと減っていた。そこでM5を思い切って手放すことにした。

世の流れとしてスマホの大画面化が続いている。6インチ越えは当たり前だから、8インチタブレットを出しても売れないことは想像がつく。今後も他メーカーから力が入った8インチAndroidタブレットが出る可能性は低いと思われる。

実は私が買ったASUSのChromebook CM3は、キーボードを切り離しタブレットとして使うことができる。といっても10インチなので8インチやブレットのようにウエストポーチに入れるには大きすぎる。

 

それと困ったことが一つ。Chromebookでは、ある程度Andoroidアプリは動作するのだが、私が試した範囲では、電子書籍アプリはいろいろと不具合があるようだ。

SONY Reader
互換性ないようで、ASUS CM3のGoogle playで見つからない。

楽天Kobo
一応動くが、どうやら外字?を使っているコンテンツは正常に表示できないようだ。具体的には「蒋介石」の「蒋」は外字なのかAndoroid端末でも、黒字に文字色白では文字が欠けて表示できないのだが、Chromebookではさらに「蒋」以外の文字の文字サイズまでおかしくなる。いずれにしても互換性が甘い。

(追記1)
他のAndroid端末(Pixel 4a)でもCM3と同じ状況になり、OSではなく、特定の電子書籍を表示しとき生じるアンドロイドアプリKoboの問題であることが分かった。

(追記2)
楽天から、他の端末で読むか返金を提案された。直す予定はないらしい。なお手持ちのAndroidアプリが動く端末では、以下の通り1勝2敗だった。

Pixel 4a(Android 12) ×
Asus CM3(chromebook) ×
Oppo Reno A(Android 9ベースColorOS)

      ×

ということで、目下の困りごとは電子書籍リーダー。

Androidタブレットがオワコンなら、せめてChromebookで利用できるよう、アプリの互換性の向上に力を入れて欲しいもの。


Pinetab-mobianにchromiumブラウザ


以下完全に備忘録で、私は意味を理解していない。

Pinetabのmobianでかつてはaptでインストールできたchromiumブラウザだが、いつの間にかできなくなった。Pinephoneで同様の質問をしている人を見つけた。

スレッドの回答通りに以下のようにコマンド操作することで、chromiumブラウザをインストールできた。

sudo apt install flatpak
flatpak remote-add --if-not-exists flathub https://flathub.org/repo/flathub.flatpakrepo
flatpak install flathub org.chromium.Chromium

1行目は私の場合も不要だった。


Pinetabに苦戦中-mobianでMozc


Pine64がリリースしたpinetabというのがある。

Linuxベースのタブレットかポータブルなノートが欲しいと思っていた私は、本体だけだと99米ドル。専用キーボード+送料を含めても1万数千円だったこともあって思わず衝動買いした。届いたのは9月初旬だった記憶。

プレインストールされているのはUbuntu touchといっても本家のUbuntuとはかなり違うというか無関係に近い。Arm版であることもあるが、タブレットやスマートフォンに特化したOSだ。

pinetabはEarly Adapter版と名乗っているだけあって、今日現在でもOS(Ubuntu touch)の完成度はかなり低く、マウスがまともに動かないとか、ブラウザがFirefoxもChromiumもないためにGoogleサービスが一切使えないとかいうような有様だ。これには正直がっかりした。

こんな完成度だからか、pinetabを受領してまもなくフォーラムで売りに出されている有様だった(米国の購入者だった)。

このタブレットは複数のOSが使え、microSDにイメージを焼いてSDスロットに差し込むだけで、SDカードから起動する仕様だ。mobian(Mobile Debianの事らしい)が最も完成度が高そうであり、今これをなんとか使えないものか画策している。

Thunderbirdはとりあえず動いている。
Chromiumもpinetab用mobianでは互換性が低いとあるのだが、これも私の使った限りでは問題なく使用できて、Googleアカウントにもログインできた。

問題は日本語入力で、標準はAnthyなのだが、これがどうしても動かない。1度目の変換はでき、2度目の変換キーを押したところで本来なら複数の変換候補が縦に展開されて併記され、選択できるはずだがこれが出来ずに2番目の変換候補で自動確定されてしまう。所詮Anthyなので無理に動かす事はあきらめ、Mozcを入れられないか試してみた。

標準のAnthyはiBus版なので、手順を以下に書くと(スクリーンショットが取れず文字説明のみ)、

  1. aptコマンドでibus-anthyをアンインストールする。
  2. aptコマンドでibus-mozcをインストールする。
  3. 設定-地域と言語で、入力ソースの欄を日本語(Mozc)のみにする。
  4. ibus-setupコマンドで、入力メソッドを日本語-Mozcのみにする。

試行錯誤の末におそらくは以上の手順でようやくMozcが使えたので、行けると思うが抜けの設定などがないか自信はない。参考にしたのはMobianではなく、Debian情報の以下のページの情報だ。

しかし、まだ

apt updateを実施するとタイムアウトする(一部のリポジトリのみ?)。
bluetooth機能がOSで認識されておらず有効化出来ない。

など問題は山積だ。安定性にもかけるし、インストールしてもまともに動かないアプリも多い。でもまあ、元のUbuntu touchよりはかなりマシなので、当面mobianで頑張ろうと考えている。

(2020/11/2追記)
pinephoneで試された方がうまく行かないとコメントいただきました。私もいろいろと試行錯誤の上にようやくMozcが動いたので、以下に修正手順を改めて記載しますが、正直、以下手順でうまく行くか自信ないです。あと入力に使用したのはソフトウエアキーボードではなく、pinetab専用純正キーボードです。

  1. ソフトウェアからAnthyをインストールする。
  2. aptコマンドでibus-mozcをインストールする。
  3. 設定-地域と言語で、入力ソースの欄を日本語(Mozc)のみにする。
  4. ibus-setupコマンドで、入力メソッドを日本語-Mozcのみにする。
  5. aptコマンドで、ibus-anthyをアンインストールする。

(更に追記)
私の環境では、専用純正キーボードは動作しますが、ソフトウエアキーボードが起動できないことに気が付きました。これは上記設定のためか、それ以外の理由か不明です。


OutlookアプリがHuawei MediaPad M5で落ちる様に


一ヶ月くらい前だろうか。Huawei MediaPad M5 8.4でOutlookアプリが落ちて起動できなくなるようになった。

OSはEMUI9.01(現時点で最新)、Outlookアプリも最新。

今何かと世間を騒がせているHuaweiではあるが、以下の条件下で不具合(異常終了)が発生する事に気がついた。

  1. タブレットを縦表示にする。
  2. タブレット表示にする。

上記2の設定は、設定-画面-テキストサイズと表示サイズで下記画面を開く。

表示サイズを、一番左の小にするとタブレットUI、それ以外(例えばデフォルト)にするとスマホUIになる。私はせっかくの8.4インチということで、タブレットUIにしている。

いずれにしても、私の環境では、1と2の条件が揃うと、Outlookアプリが突然異常するようになった。以前のOutlookアプリバージョンではこの様な事はなかったが。仕方がないからOutlookだけ縦で使うか。ヤレヤレ。


Huawei MediaPad M5の使用レポート


実は米中貿易戦争が激化する前に、Huawei MediaPad M5を購入した。購入当時、Huawei(華為)の創業者の娘FEOがカナダで拘束されたニュースが流れていたが、Huaweiと米国企業は商取引禁止の様な制裁は発動前だった。購入した当該機種は以下の通り。

前機種はSony Xperia Z3 tablet compact(SGP621グローバル版:技適あり、ドコモプラチナバンド(800MHz)不可)。防水だし、270gと軽いしスグレモノだったが、

LTE搭載と引き換えに、フラッシュROMは16GBまで。
USBキャップ等は、充電のために頻繁に外すと緩んで自然に外れるようになるらしい。
OSバージョン6もそろそろ古い。
もちろん顔認証はおろか指紋認証もない。

等限界も見えてきていた。SONYはSDにアプリを逃がすことが出来るので、本体16GBでもなんとか頑張っていたが、アプリ更新をすると自然に本体側に移るので、一々SDへ移動せねばならず結構面倒くさい。何れにせよ、今どき16GBはない。

それで乗り換え候補を探すとアンドロイドタブレットは見事にないのである。皆、撤退済で、唯一Lenovoのタブレットが見つかった。要するにアンドロイドタブレットはもう中華の選択肢しかないのである。

スペック的にHuaweiと比較すると、ROMが64GBでHuaweiの32GBの倍容量で優位である。一方、他のスペックはほぼすべて、Huaweiの方が勝る。敢えて言えば重量がHuaweiは320gでLenovoより10g重いのだが、いずれにしても前機のSonyの270gと比較すれば重い。タブレットの本体メモリーは、スマホほどは使わないと思ったし、データはSDでよい。

悩んだ挙げ句、Huaweiを購入した。使ってみてほぼ不満はない。タブレットなので、通信を用いた通知は不要なので、不使用時は機内モードに入れて、LTEもWifiも無効にしている。こうすることで、バッテリーの持ちは飛躍的に伸び、通勤時間にちょいちょい使う程度の私なら、1週間は充電要らず。特に待ち受け時のバッテリー使用量は本当に少ないようだ。

正直Huaweiの命運がこの先どうなるか全く不明だが、OPPOの変にカスタマイズされたColorOSと比べても、HuaweiのEMUIは特に違和感なく、アンドロイドユーザーなら問題ないだろう。


スマホは使ったことがないが、Huaweiのアンドロイドタブレットの出来を見る限り、世界的に売れることはよくわかる。しかもHuaweiは通信インフラで世界最大手のようで、アメリカに睨まれるのは分かる気がする。米中貿易戦争での米国の持ち札の一つのようで、なんだセキュリティー問題じゃなかったのね?てな感じもする。


海外版スマホの日本での使用と電波法


私のブログの中で、Xperia海外版と技適認証が最もアクセスが多い。XperiaはほぼSIMフリー端末がないので、海外版の輸入を考えている人が非常に多いということの現れと思う。そこで少し掘り下げて、仮に海外スマホを日本で使用したらどうなるかを法律的に調べてみた。参考になるページがあった。

ほとんどソースページの受け売りなのだが、携帯通信回線とBluetooth及びWifiは別の縛りとなっている事が分かる。

結論から言えば、輸入した海外端末が一定の技術的要件(FCC認証・CEマーク)を満たしている場合、電波法103条の5に基づきその端末の携帯電話の通信回線の使用(SIMを介した接続(音声、データ通信))が認められる。そして特に制限はないのだった。

一方で、Wifi、Bluetoothは異なる。具体的には電波法4条2項に縛られ、入国から90日に限り、一定の技術的要件を満たす端末を使用することができる。

ということは、あまり現実的ではないかもしれないが、Bluetooth及びWifiは、輸入後90日以降は一切使わないことで、電波法には触れないということになる。

もしかすると頻繁に外国と行き来をする日本人は、最後の入国から90日以内ならBluetooth及びWifiの使用は合法と解釈できる(頻繁に訪日する外国人旅行客がOKなのだから、日本人の場合もこの解釈でよいと私は思う。)。

何れにしても、外国端末を利用される方は自己責任でお願いします。(本ブログは違法行為を助長することを目的とはしていません。)

(あとがき)
台湾人友人が言うには、台湾ではSIMフリーが当たり前となっているそうだ。中国でも端末メーカーの小売店を見かけることを考えると同じ気がする。一方アメリカは詳しくないが、確かSIMロックが行われていたと思う。但しアメリカだけに日本のように端末価格や通信料金に競争原理が働かないということはないのではないかと予想する。


Xperia海外版と技適認証


Xperia(ソニーのスマホ及びタブレット)は、Z5の時代までは、最上位機種の一部では日本の技適認証を取得していた(但しタブレットは撤退済)。実際自分も香港版/中国版のXperia Z3 Table Compact (SGP621)を所有しているが、技適マークは表示される。但し、少なくともZ5 (2015年9月発表)までは、ドコモのプラチナバンドである800MHzバンド(LTEまたはW-CDMAのBand 6 or 19)に対応している機種はなかった。まあ、この800MHzというのは日本のドコモのみで使用されているバンドだから、頷ける気もする。

ところが、Xperia X performance (2016年2月発表)以降のソニー海外フラッグシップ機種は一切技適認証を取得しなくなった。一方で、ドコモのみで使用されている上述800MHzに対応するようになったのだ。具体的にはXperia X performanceシングルSIM版のF8131には、UMTS(W-CDMA)のバンド6及び19、LTEのバンド19に対応していることが、whitepaperから読める。デュアルSIM版のF8132も同様だ。但し、Z5までで技適が表示されていたのは、シングルSIM版のみで、デュアルSIM版は技適を取得しているものはなかった覚えだから、デュアルSIM版は元々技適を取得するつもりはなかったかもしれない。

その間に何があったのか?思い当たるのは、「電気通信事業法」及び「電波法」の改正(いずれも2016年5月21日施行)だ。前者はスマホの機能のうちBluetooth及びWifi、後者は携帯電話回線に関わる法律だ。この日を境に、海外機種(技適未取得)は、Bluetooth及びWifiは持ち込んでから90日以内、携帯電話回線は制限期間なくFCC認証/CEマークがあれば、接続が合法となった。つまり、殆どの海外からの訪日客(90日以内滞在)は、持ち込んだスマホが技適を取得していなくても、合法的にそのスマホを使用できるようになった。なので、ソニーは技適認証を取得するのをやめたのだろう。つまり、ソニーは海外フラッグシップスマホを世界中で日本のドコモでしか使われないバンドに対応させる一方で、日本の技適認証取得をやめた。なんとも皮肉な方針転換だと思う。

改めて思うに、中途半端な法改正だと思う。電気通信事業法の方も期間を区切らず、BluetoothやWi-fiが使用できれば、海外から輸入したスマホはFCC認証/CEマークがあれば合法端末となったはずだ。

総務省は、3大キャリアの寡占から脱却するために、MVNOの普及に力を入れている。ところが、現時点では皮肉なことに日本の最大スマホ製造販売企業であるソニーのXperiaに、SIMフリー版、つまり3大キャリア純正端末以外は存在しないのである(以前イオン等が扱うXperia J1 CompactというSIMフリー端末があったが…。)。Appleは高額とは言え、SIMフリーのiPhoneを販売しているのとは対照的だ。

身近にサポートを行う販売店がないMVNOは敷居が高いと感じる人は多いと思うが、そもそも魅力的な端末がないから乗り換えられないという人もいるはず。海外機種の輸入の敷居が下がれば、輸入端末はその一助となると思うのだが。ぜひ総務省には、考えてもらいたいものだ。そして、このまま放置すれば、日本のスマホ端末はガラパゴス化し、結局日系メーカーは衰退する気がしている。


DS215jにsMedio DTCP Moveをインストール


IODATA REC-ON EX-BCTX2を導入したことで、nasneの使用をやめようかと思案している。しかしnasneに録画したファイルが結構あり、今さら有料のSONY謹製のアプリを購入する気にはなれない。そこでSynology社のnas DS215jにsMedio DTCP Moveをインストールして、ここにムーブすることを試みることにした。

DS215jのsMedio DTCP Moveは有料で、US$8.5だった。PayPal経由で簡単に決済でき、すぐにインストール-使用は可能だった。ググっていただければ分かる通り、sMedio DTCP Moveからnasneにアクセスすることで簡単にムーブは出来た。忘れてはならないのは、nasに移動した録画ファイルは一切他に移動できないこと。nasは冗長度が高く安全な格納場所だとは思うが、BD-Rに焼くことすら出来ない(DiXiM BD Burner 2013というソフトウエアが存在するが、既に販売終了しており、2017年末には使用できなくなるために、考慮しない。)。一方で、当然nasにムーブすることで、ダビング10のコピー可能回数は1回分減る。

nasneからの移動まではスムーズに行ったが、これを再生できる環境は限られているようだ。以下の表は録画ソースとして、nasneの3倍モードで録画したものを、sMedio DTCP Move@DS215jにムーブした上で、各DTCP-IPクライアントでの再生可否を示したものだ。DRモードで録画してnasにムーブした場合はまた異なるものと思われる。

再生環境(DTCP-IPクライアント) 再生可否 備考
SONY BDP-S6500 ソニーのBDプレーヤー
デレキングプレイ@Windows 10(64bit) IODATA REC-ON用再生アプリ
テレプレ@Andoroid 7(nexus 5x)

テレプレ@Andoroid 6(SONY Xperia Z3 Tablet Compact グローバル版)

いずれも

IODATA REC-ON用再生アプリ
TV&Video Side View@Andoroid 7(nexus 5x)

TV&Video Side View@Andoroid 6(SONY Xperia Z3 Tablet Compact グローバル版)

いずれも

nasne用再生アプリ
Panasonic VIERA TH-L42E60 →○
(2017/10/22変更)
Panasonicのテレビ
SONY BRAVIA KDL-22EX420 SONYのテレビ

なお、nasne本体上の録画ファイルの再生、REC-ON EX-BCTX2に接続したUSB HDDのファイルの再生は上記いずれのクライアントでも再生できることを確認している。残念ながら、互換性は低く、あくまでも私が所有する範囲での話だが、Android上のアプリは全滅、テレビも全滅だった。但し、Android用に有償アプリsMedio TV Suite for Androidがあるので、このアプリを購入すれば、再生できる可能性は高いと想像する。今のところ購入予定はないのだが。

sMedio DTCP Moveは返金も可能なようなので、互換性を確認しつつ、結果が悪ければ返金を前提に購入を最終決定するのも良いかもしれない。

(2017/11/18再訂正)
IODATA REC-ON EX-BCTX2にもDTCP-IPクライアント機能があることを知り、試しましたが、結果は再生できませんできました。なお、Panasonic VIERA TH-L42E60から再度試すと再生できたので変更しました。