DELL XPS13(9350)のSSD交換


DELL XPS13(9350)というモバイルPCを所有している。Skylake(第6世代)Core i5が乗ったモデルで、SSDはNVMeのSamsung PM961 256GBが載っていた。速度はともかくLinux Mintとのデュアルブートなので、容量的に厳しくなってきた。

最初に考えたのは省電力、低発熱なWDのSN550である。若干値は高いがkakaku.comでの評判は高い。もともとハイエンドモデルには興味がなかった。理由は発熱とバッテリー持ち、それに古いPCであることもある。

ところがSN550は、BIOSによっては、認識できず、つまり相性問題が生じることが報告されていた。さすがにノートPCをばらして相性でまた交換は悲しすぎる。すると、Crucialは、ノートPC等のアップグレード交換に際して、互換性を公開しており、XPS13(9350)には、CrucialのM.2 SSDのP1、P2、P5シリーズいずれも対応していることがわかった。

これで安心して低発熱かつ大容量なP1の1TBモデルP1 CT1000P1SSD8JPを購入して取り付ける事にした。


普通の人はSSDクローンを作成して交換するのだろうが、あいにく2つのM.2 SSDを同時に繋ぐ機器/環境は持っていない。そこで、Synology DS218+のActive Backup for Business(ABB)を利用して、交換前にバックアップしておき、交換後にバックアップを試みた。DELLはドライバを公開しているので、駄目ならクリーンインストールするつもりだった。日系メーカーPCはこういう点でも全く駄目なので、最近全く買う気がしない。

DS218+は既に後継機種DS220+が出ている。なおABBは、jシリーズなどSynologyのNASの下位モデルには搭載されていない。

この作業に踏み切る前に一つ確認をした。ABBは復元時に、USBメモリー上のWindows PEで起動して復元作業となるが、認識できるネットワークデバイスは有線LANのみ。しかしXPS13(9350)には有線LANが存在しないので、試しにBuffaloのUSB-LAN(LUA4-U3-AGT:販売終了製品)を使用した所、追加ドライバ不要でLANを認識し、NASに接続できることをあらかじめ確認した。

SSD交換は、バックパネルを開ける必要があるが、既にWifi交換で実施済のため、迷うこともなかった。

交換後、ABBの復元用USBメモリーで起動し、復元をした所あっさりWindows 10が立ち上がった。しかしこのままだと、旧Windows領域+回復ドライブが前のパーティションサイズのまま復元され、後ろに空き領域が出来た。

Windows領域の拡大と、Linux Mintの領域を一番後ろに持ってくるために、無料版のAOMEI Partition Assistantを使用して移動、Windowsパーティションサイズ拡大をした。

これで、Linux Mintを再インストールして作業完了。意外とあっさりと事が進んだ。試しにベンチを走らせてみると、元のSamsung PM961と比較して、読込速度同等以上、書込速度は3-5倍程度速いスコアのようだった。発熱も少なく満足だ。

Crucial P1 CT1000P1SSD8JP交換後のスコア


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です