PR-S300NEでLAN内DNSを使用する


私はこのページでもわかるように、NAS(DS218+)でサイトを公開している。使用しているのはフレッツ光ネクストで、ルーターもNTT西日本から提供されるPR-S300NEを使用している。

同一LAN内のPC等から公開サイトのアドレスにアクセスすると、名前解決ができない。直接IPアドレスを打つか、各クライアントのhostsファイルに名前解決できるよう書き込む方法が考えられるが、いずれも非常に面倒である。

私が使用しているNASであるSynology DS218+にはDNSサーバー構築の機能があるので、NASを宅内DNSサーバーにしてみた。

固定IPで接続している機器は、DNSアドレスをNASのIPアドレスに変えればよいだけで以上で終わり。一方でPR-S300NEのDHCPサーバー機能を用いてIPアドレスの割当をされている場合は、当たり前だが、DNSサーバーIPアドレス=PR-S300NEのIPアドレスとして設定されてしまい、これでは名前解決はできない。

PR-S300NEのページを見ると、以下のDNS設定項目が見つかった。

上図赤字で「ここ」と記したプライマリDNSの位置にNASのIPアドレスを書けばよいのだろうと設定した。ところがいざ、PR-S300NEのDHCPサーバー機能を用いてクライアントがIPアドレスの割当を受けると、DNSサーバーアドレスもPR-S300NEのIPアドレスが割当てられて、宅内サーバーの名前解決ができない事が分かった。PR-S300NEのDHCPサーバー機能を殺して、NASのDHCPサーバ機能を使う手も考えられるが、たまにNASは再起動させるので、できれば避けたい。色々と調べてみると、


PR-S300NEの静的ルーティング設定で、上図の通り解決したいドメイン名と、ルーター(PR-S300NE)のIPアドレスを指定し、有効にすることで解決することが分かった。上図の静的ルーティング設定を有効にしても、PR-S300NEのDHCPによりIPアドレスが割り当てられたクライアントのDNSのIPアドレスはPR-S300NEのIPアドレスであって、NASのIPアドレスにはならないが、問題なく名前解決できるようになった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です