DS218+で家庭内DNSを構築


このページを考えれば分かるが、私はSynology DS218+でホームページやblogを外部公開している。その際にSynologyが提供するDDNSを用いている。

以下は、DS218+でDNSを構築したときの備忘録だ。

私の家庭ネットワーク構成だが、

ルーター:NTT西のPR-S300NE(従前のDNSであり、DHCPサーバー)
NAS:Synology DS218+
IPアドレスの割当は、家に置きっぱなしのもの(レコーダー、デスクトップPC)は、固定IP、外に持ち出す、ノートPC、タブレット、スマホはDHCPによる割当を用いていた。

これで自公開ページを閲覧しようとすると、DDNSによるアドレスでは不可で、Windowsに関してはhostsファイル、さらに外に持ち出すPCにはHosts File Manaerでhostsファイルを切り替えて対応してきた。

正直、使い勝手は悪い。今どきhostsファイルの切り替え(実質書き換え)は、ウイルス監視ソフトの対象にもなる。加えてWindowsは何とか出来るが、Androidのスマホやタブレットはrootでも取らない限り無理のようだ。これでは使い勝手が悪いので家庭内DNS導入に至った。

まずはDS218+にDNSをインストール及び設定するのだが、以下のページ(DS218Jでの構築例)に詳細に書かれている。

次に自宅のLANのDHCPをDS218+に切り替えた。今までのPR-S300NE上のDHCP機能を殺し、DS218+でDHCPを有効にする。DS218+自身のIPアドレスをDNSに指定しておけば、DHCPでIPアドレスが割り当てられる際に、DS218+のDNSを指定できることを確認できた。

これで外に持ち出すPCも、Andoroidもシームレスで自分の公開ページにアクセスできるし、便利になった。

(2020/5/26追記)
しかし、この記事にはオチがあり、ルーター(NTT西日本のPR-S300NE)のDHCP機能を用いてIPアドレスを割り当てると、DNSサーバーアドレスもルーターと同じIPアドレスしか割り当てられないことに気がついた。この解決法は以下参照。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です