DS215jからDS218+へ移行


DS215jでは物足りなくなってきた事もあり思い切ってDS218+へ移行することにした。

HDDは流用しようと思うのだが、CPUも違うし、SynologyのKBによると、HDD移行はできず、この機種間だとHyper Backupしか手がないように読める。

私の場合、4TBの外付けUSB-HDDが繋ぎっぱなしで、そこにHyper Backupデータを普段から入れるようにしているので、ここから復元すれば良いと考えた。念の為メインで使用しているWindows PCにもHyper Backupのデータは保管しておいた。加えて、Synologyのサイトに従って、設定のバックアップ(拡張子dss)も保存しておいた。

DS215jからSHRで組まれた2台の2TB HDDを取り出し、DS218+に取り付け起動する。PCのブラウザから接続し、指示に従っていくと、DS215jのデータが見つかりました。マイグレート可能ですのような表示が出るではないか。

これは儲けものと迷わずmigrateを選択。すると、OSなどがインストールされ?10分程で再起動。但し、IPアドレスは固定IPを割り振っていたのだが、DHCPから取得されていた。

加えてパッケージセンターでは、20個以上のアプリが修復必要と表示された。しかし、一つ一つ復元をしていくと全てのアプリが正常動作するようになった。

WordPressのデータも特に問題はないようだった。その他に実施したのは、

IPアドレスもDS215jで使用していたものに設定し直し。
DDNSの再設定
QuickConnectを有効に
Driveの設定し直し(クライアントのPCで)
Synologyアカウントでの旧使用機種削除と新使用機種追加

あたりで、今のところ問題なく動作しているように見える。

但し、Audio Station、Photo Stationの再インデックス化を実施しているのか、HDDのアクセスランプは激しく点滅している。

いずれにしても、1時間余で全作業が完了してしまいあっけなかった。Synologyサイトではできないことになっているのだが、DSM6.2では異なるシリーズ間でもHDDによる移行が可能なのは本当に助かった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です