「スマホ」カテゴリーアーカイブ

中国で滴滴出行を使ってタクシーを呼ぶ


中国でタクシーは捕まりにくくなっている。昔と比べて物価は上がっているがタクシー料金はさほどでもなく、結果的にタクシーが割安な感じだ。特に上海など、タクシーを捕まえるのが困難ということで、事前にタクシー配車アプリ滴滴出行(DIDI)をスマホに入れていった。

注意すべき点が2つ。

(1)日本版のDIDIは中国で使用できない。
(2)アプリ使用の際に中国語(簡体字)をスマホで入力する必要がある(目的地入力と現在地以外で乗車する場合の乗車地入力)。

(1)に関しては以下のアプリを入れれば良い。

Greater Chinaと書いてあるところが違う。但しメニューは中国語となる。

使い方は私は「出租车(タクシー)」を呼んだ。画面を取得し忘れたので文字で書くが、

「您在哪儿上车」に乗車地点(デフォルトは現在地)
「您要去哪儿」に行き先

を入力する。予約時間を指定することもできたが私はすぐに乗るために使った。呼んだのは平日の日中に上海錦江飯店から上海浦東空港へ行くためだ。タクシーメーターを事前に倒させるオプション(実質お迎え料金?)も表示されたが、使わなかった。市中から浦東空港までとなると結構な距離なので金にはなる案件で、オプションを入れなくても捕まると踏んだ。

アプリ上にはアプリで呼ぶ前どのくらい待つことになるか予想も表示された(今回のケースで何分だったかは失念)。

運転手が引き受け、乗るタクシーが決まると、アプリ上にタクシーのナンバーと、今そのタクシーが地図上のどこにいるかが表示された。そして呼んでから2-3分でタクシーがやってきた。タクシーは大手の大众(大衆)のタクシーだった。

乗車後も、今どこにいて、あと何キロあり、目的地到着までどれくらいかかるかの予想時間等がアプリ上に表示される。

乗ったタクシーの情報もわかるので、トラブルに遭う可能性が低くなるように思う。なかなかスグレモノだ。こうして無事浦東空港に到着。約170元だった覚え。現金で支払った。

実は、このアプリは中国で起動すると钱包(財布)メニューの中に支払い方法の一つとして外国発行のクレジットカードを登録する部分があるのだが、手持ちの日本発行カードは全滅だった(日本発行の銀聯もダメ元でやったが、そもそも銀聯は未対応でやっぱり駄目。)。

QRコード決済もあるし、アプリ上で全てを完結させる必要はないが、いずれにしても中国語に対する敷居が低い人には便利なアプリだと思った。


支付宝(Alipay Tour Pass)使えないところ


中国旅行に来てAlipayが使えて本当に便利になった。今まではATMでキャッシングだったが、大金下ろすのは怖いし、いつも残金とATMの位置を気にしていた。ところがAlipayが使えるおかげで、そんな心配はなくなった。但し、Tour Passチャージ手数料無料は2019年内までの予定で、その後は不明なので、2020年以降のチャージ手数料は気になるところ。

(2019/12/31追記)
Tour Passアプリでアナウンスがあり、2020/1/3から上海銀行は手数料5%を徴収するとのこと。個人的に5%の手数料は結構大きい。

ところで、色々試してみて大まかに2つのケースで、中国人が使うAlipayでは行けるのに、外国人旅行者向けAlipay(Tour Pass)は使えない事がわかった。

1.路線バスの支払い

路線バスは、Alipayにミニプログラムをダウンロードして設定することで使用できるようになる。Alipayの検索画面で「乘车码」と検索してインストールはできるようだが、その後の氏名、パスポート情報の登録で何度やってもうまく行かない。氏名を英字で姓名、名姓順で入力等色々試したがどうやら駄目と見た。結果は以下の画面となる。

ユーザー認証失敗

上図で「完成」を押すと、次の策として銀行カード情報の入力を求められる。おそらく身分証(パスポート)情報で認証が取れない場合、中国の銀行カードで認証を取るのだと思うが、私のような旅行者はどうしようもない。もちろん日本のクレジットカード番号では不可だ。


銀行カード入力の要求画面

2.ミニプログラムをダウンロードさせる店舗

Alipay決済方法には、客のスマホでQRコードを表示させて、店側がスキャンする方法と、店のQRコードを客がスキャンして金額を入力して認証する方法があるが、後者の店のQRコードを客がスキャンする場合、店のミニプログラムのダウンロードが始まるものがある。ところがこのミニプログラムを有効化するには、上記1.同様の銀行カード番号の入力が必要で、結局支払うことができない。

上記2ケース以外で感じた問題として、通信が遅くて特にこちらが店のQRコードをスキャンして金額入力と認証をする場合には、待ち時間が発生するケースもあった。この場合は通信の問題であって、Alipayの問題ではないと思う。

以上、うまく行かなかった例を挙げたが、間違いなく外国人旅行客向けAlipay(Tour Pass)は便利だと思う。


支付宝(Alipay Tour Pass)チャージでハマる


中国といえばQRコード決済が広く普及しているが、今まで外国からの旅行者には敷居が高かった。理由は中国国内に銀行口座を持っている必要があり、中国に住んでいるのでなければ困難だった。

しかし、この11月に中国QRコード決済2大双璧の一つ、支付宝(Alipay)は、外国人が国際クレジットカードでチャージし利用できるQRコード決済を開始した。

これは便利だろうと、さっそくアプリをダウンロードし、日本でパスポート画像登録、SMS認証と、クレジットカード(発行会社はJCB)を登録した。どのくらい使えるかわからなかったので、とりあえず500元(約8000円)をチャージし中国へ出かけた。参考までにチャージしたのは、中国へ出発する4日前で、日本でチャージし問題はなかった。

中国に到着後使えなかった事は2回。1回は飲料自動販売機でQRコードを読んでくれなかった。もう一回は個人経営の食堂で、QRコードを読みこんで、金額をスマホに入力する決済方法だったが、何度やっても通信が途絶えて諦めて現金で払った。もしかすると通信環境が良くなかったのかもしれない。


この画面から進まず

しかしそれ以外は特に問題なく、タクシー、コンビニ、個人商店、レストラン等、便利に使うことができた。

そろそろ残額も100元あまりだし、使い勝手も悪くないのでチャージしよううとして問題が起きた。チャージを受け付けないのである。何度やっても結果は同じエラー。


何度やってもこのエラー

エラー後もAlipayで残額使用は問題なくできるが、チャージできないから残額が減ってゆく。訳が分からず、まずはTour Passのカスタマーセンターへのチャットで聞いた。スマホアプリ上から中国語及び英語でチャットで質問できる。最初はAIがFAQを回答するが、埒が明かないと、人間が対応してくれる。

人間のカスタマーセンター員はチャージ上限2000元を超えていることを疑ったが、残額100元あまり、チャージ操作額は500元で問題ないはずと答えると、こちらの登録携帯番号を聞いてさらに調べたがわからず、5営業日以内に上海銀行からSMSで連絡するとなった。

なお、このサービスでは利用者のクレジットカードから一旦上海銀行のプリペイドカードにチャージされた上で、Alipayが利用できる仕組みで、上海銀行は間に入って関与する金融機関だ。

某巨大掲示板で聞くと、通信環境やクレジットカード会社を調べたらと回答を得て、調べてなかったクレジットカード会社(発行会社のJCB)に問い合わせてみることにした。

JCBの問い合わせ窓口は、日本時間の朝9時から17時までなので、仮に時差が大きな地域へ渡航中なら、厄介だっただろう。

東京のカスタマーセンターへIP電話でかける。海外通話でも国内通話と通話費が変わらないからありがたい。音声遅延はあるが。

担当したJCB男性係員は、不審な取引として判断されてしまった結果、セキュリティーロックが掛かり、クレジットカードが使えなくなっている。1時間でロック解除するから待ってほしいとのことだった。実はこれで終わりではなかった。

1時間ちょっと経過したところで、再度チャージを試みるがやはり駄目。もう一度JCBに電話すると…。電話に出た女性係員に先ほどの男性係員との電話やり取りを告げると、その男性係員は電話後解除作業を忘れたらしい。これから、私(女性係員)が解除するから15分ほど待ってほしいとの事。最近日本のサービスも中国と比べて大して優れてないなとあきれる。

そして15分経ったところでチャージを試みると問題なくチャージ出来て事なきを得た。

ところで、海外からこういう電話をクレジットカード会社にする場合、ナビダイヤルとか、フリーダイヤルしかカード面に記載していない会社が存在する(手持ちカードの例だと〇ケットカード)。海外でカード紛失時とかナビダイヤルとか、フリーダイヤルに海外からどうやって電話するのと思う。


OPPO R15PROにColorOS6.0.1降臨


昨日、私のOPPO R15PROにColorOS6.0.1のメジャーアップデートが配信された。OPPOはこれまでもセキュリティーアップデートを度々配信してきたが、メジャーアップデートには消極的な印象だったので、期待はしていなかったのだが。やる気になった?ColorOS6.0.1のベースとなるAndroidは9である。

R15PROの旧OSであるColorOS 5.1と比較すると、私の多くの不満は解消されていた。今まで、ColorOS5.1のインターフェースが好きではなかったので、Nova Launcherを使ってきたがこの必要もなくなった。

改善されたと気づいた事は以下の通り。

1)ドロワーモードの追加
ColorOS 5.1では、インストールしたアプリ全てのショートカットが、デスクトップ画面上に配置され、一般的なAndoridのよく使うアプリのショートカットのみ画面上に配置する事ができなかった、iOSのような雰囲気だった。しかし、6へのバージョンアップで、ドロワーモードが追加された。

設定ー待受画面&ロック画面マガジンー待受画面モードで設定できる。

2)同時起動アプリ上限撤廃
5.1までは、同時起動アプリは5つまでに制限されていた。バッテリー消費を下げるためらしいが大きなお世話であった。これが、6では制限が撤廃された。参考までに、同時起動アプリは、フォンマネージャを起動し、

プライバシー権限ースタートアップマネージャ

で設定できる。

3)キーボードの切り替えが可能に
5.1までは、キーボードの切り替えを設定を開いていちいち切り替える必要があった。普通の人は、日本語(と英語?)しか使用せず、キーボードはGboardとかATOKだけでOKという人がほとんどだと思う。私は中国語入力を使う人で、Gboardでできなくはないが、簡体字、繁体字で別のキーボードを使って入力したかったので、keyboard switcherというアプリを常駐させてしのいでいたが、6では下図のようにステータスバーを上からスワイプして開くクイック設定画面でキーボードの切り替えが即自できる様に改善された。

4)アプリごとの通知音設定が可能に
通常アンドロイドは。アプリが対応していればアプリごとに通知音を設定できる。例えばY!メールアプリなどがそうであった。ところが5.1までは対応しておらず、OS標準の通知音となっていたが、6ではアプリごとの通知音の設定ができるようだ。これでどのアプリからの通知か、スマホを開かなくても知ることができる。

なお、私のようにNova Launcherのまま6にアップグレードし、そのまま使用すると、Nova Launcherのアイコンからフォンマネージャーにアクセスできないとか、Nova Launcher上でLINE無料電話のショートカットを配置したまま(削除しない)と、標準ラウンチャーでLINE無料電話のショートカットが作成できないなどは注意が必要。

OPPOのは最近日本市場で指原莉乃を起用して、精力的にプロモートしているが、ColorOS6はこれまでアンドロイドに馴染んできた人にとっては、それほど戸惑うこともなくお勧めできるOSになったと感じた。


DS218+で家庭内DNSを構築


このページを考えれば分かるが、私はSynology DS218+でホームページやblogを外部公開している。その際にSynologyが提供するDDNSを用いている。

以下は、DS218+でDNSを構築したときの備忘録だ。

私の家庭ネットワーク構成だが、

ルーター:NTT西のPR-S300NE(従前のDNSであり、DHCPサーバー)
NAS:Synology DS218+
IPアドレスの割当は、家に置きっぱなしのもの(レコーダー、デスクトップPC)は、固定IP、外に持ち出す、ノートPC、タブレット、スマホはDHCPによる割当を用いていた。

これで自公開ページを閲覧しようとすると、DDNSによるアドレスでは不可で、Windowsに関してはhostsファイル、さらに外に持ち出すPCにはHosts File Manaerでhostsファイルを切り替えて対応してきた。

正直、使い勝手は悪い。今どきhostsファイルの切り替え(実質書き換え)は、ウイルス監視ソフトの対象にもなる。加えてWindowsは何とか出来るが、Androidのスマホやタブレットはrootでも取らない限り無理のようだ。これでは使い勝手が悪いので家庭内DNS導入に至った。

まずはDS218+にDNSをインストール及び設定するのだが、以下のページ(DS218Jでの構築例)に詳細に書かれている。

次に自宅のLANのDHCPをDS218+に切り替えた。今までのPR-S300NE上のDHCP機能を殺し、DS218+でDHCPを有効にする。DS218+自身のIPアドレスをDNSに指定しておけば、DHCPでIPアドレスが割り当てられる際に、DS218+のDNSを指定できることを確認できた。

これで外に持ち出すPCも、Andoroidもシームレスで自分の公開ページにアクセスできるし、便利になった。


OPPO R15 Proを3ヶ月利用しての感想


OPPOのスマホR15 Proを使用してそろそろ3ヶ月になる。気になった点をあげようと思う。

はっきり言ってハードウエアの出来は全く申し分ない。ケチのつけようがない出来だと思っている。ところがOSの仕様となると気になることだらけかもしれない。

1)インターフェイスがiOSチック

前にも書いたが、AppleのiOSを意識し過ぎのようだ。裏を返せば私の様にandroidにどっぷり使ってきた人間にとっては、非常に使いにくい。設定画面一つとっても、androidの標準とは大きくかけ離れている。


OPPO R15 Proの設定メニュー

 2)電池の持ちは良い

前使っていたXperia X Performanceの欠点の一つに電池の持ちが悪いということがあった。OPPO R15 Proに至っては、一日でバッテリーが空になるケースは想定しにくく思った。普通の使用で2日程度は持つ感じ。潜ったアプリのバッテリー消費が極力抑えられている印象で、待機時のバッテリーヘリは非常に少ない。一方で副作用として、どうも眠っているアプリはなかなか起きず、GMailアプリの通知の遅さはどうにかしたいがどうにもならない感じ。

3)タスクキラーが強力で、常時起動アプリの設定が必要

これは以前に書いたとおりなので割愛。自動起動やタスクキラーで殺さないようにする設定をしないと、常駐アプリの使用で躓くことになる。

4)通知音がアプリごとに設定できない

一般的なAndroid機だと、LINEの通知音、Yahooメールアプリの通知音等は個別にアプリ内で設定が可能だ。だから通知音がなったとき、スマホを起動して確認しなくても、何のアプリの通知かを音で判別する事ができる。ところがOPPOのColorOSではどうやら、アプリごとの通知音設定に対応していないようで、各アプリの設定に通知音の選択が出てこない。OPPOのサポートにも問い合わせたが、仕様ということで片付けられてしまった。正直このために非常に使い勝手が悪い。

以上の通りでハードウエアの出来は悪くないが、ColorOSの仕様に悩まされているというのが現状だ。とても人に勧められないなと思うのだった。標準Androidのままでよいのに余計なカスタムをしてくれたと思う。

 


バイクインカムが勝手に切断される問題の対処法


バイクのナビに使っているスマホを、古くなったAndroid O(8.0)(Xperia)に交換したのだが、いつの間にかBluetoothが切断されるという問題に気がついた。これまで使用してきたSharpのAndroid M(5.0)では生じなかった問題だ。ちなみに使用しているインカムは、以下のCOOLROBO Easy Talk3だ。

但し、どのBTインカム、あるいはBTヘッドホンでも起こりうる問題なのかもしれない。結果的には解決したのだが、いくつかの項目はBTヘッドホンでも共通の設定項目なので、応用が効くかもしれない。

ネットで情報を探し回り、設定変更したのは以下の3点。結果的に解決したが、この内のどれが原因だったかは特定していないので、3つすべてを実行しなくても良いかもしれない。

1)Bluetooth絡みの省電力設定
個人的には、一番怪しいところだと思っている。省電力設定を無効にしてやることで、もちろんバッテリーは消耗は早くなるかもしれないが、原因となっている可能性は高いと思う。Android O(8.0)なXperiaでは以下で設定を変えられる。(他2項目も同様)

設定-バッテリー-︙で省電力機能対象外アプリを選択

でBluetooth、Bluetooth MIDIサービス、btiddの3つを選択した(以下のスクリーンショット)。もしかするとこれら3つ全てを選択しなくても良いかもしれないが未検証だ。

2)位置情報のスキャン設定
位置情報のためにBluetoothのスキャンを使用しないようにする設定だ。

設定-ロック画面とセキュリティ-プライバシーにある位置情報-スキャン

で以下の画面が現れるので、Bluetoothのスキャンをオフにする。

3)BluetoothのAVRCPバージョン
まず、「開発者向けオプション」が表示されるようにして欲しい。ググれば容易にわかると思うのでここでは割愛する。

次に、

設定-システムー開発者向けオプションーネットワークにあるBluetooth AVRCPバージョン

を押して、下スクリーンショットの通り、AVRCP 1.4 (標準)を選択すれば良い。なお私の機種ではデフォルトはAVRCP 1.6が選択されていた。

私の場合以上の設定変更で、バイクのインカムのBluetooth接続が勝手に切れてしまう問題は解決した。

 


OPPO R15 ProにNova Launcherを導入


OPPO R15Proをここまで使って思ったことは、ハードウエア的にはどうやら申し分ない。スムーズに動作するし、バッテリー持ちも良い。おサイフケータイも問題なく動作する。しかしアンドロイドを代々使ってきた私にはどうしても、ColorOSに慣れないのだ。正直、変にiPhoneを意識してこのようなインターフェースを被せるのはどっちつかずで中途半端。素のアンドロイドなら良かったのにと思うのだ。どうやら中華系によく見られることのようで、Huaweiも結構手が入れられていると聞く。

そこでせめてランチャーを変えられないか探してみたら、Nova Launcherを導入することに成功した。

まずは、Nova Launcherをインストールした後に、設定ーアプリ管理ーデフォルトアプリ管理ーランチャーでデフォルトのランチャーをNova Launcherに設定すれば良いようだ。

これで、標準のランチャーが切り替わる。Nova Launcherは、高度な設定をするには有償版が必要だが、無償版でもそれなりに設定が可能。加えて私が価格を調べた日には、たったの100円だったので、有償版を購入することにした。

ということで、ColorOSの呪縛から少しは逃れることが出来た感じだ。


OPPO R15 Pro購入、常駐アプリで早速はまる


OPPO R15 Proを購入した。


まずこの機種の選定理由は、私がスマホに求める以下4つの仕様を満たすものは、実質この機種しかないのだ。

  1. SIMロックフリーのアンドロイドであること。
  2. おサイフケータイ機能が搭載されていること。
  3. 防水であること。
  4. DSDSもしくはDSDVであること。

1,2の説明はいいとして、3は将来的にサブ機に格下げしたときに、バイクナビとして活用できるため。4は海外渡航時に現地SIMを入れておくことで利便性が増すためだ。

正直4は頻度が低いのでなくてもよいとすれば、Google Pixel 3HTC U12+あたりも候補に上がってくるが、両方共に10万円前後となり、流石に高い。

OPPOは世界第5位、日本で展開する中国勢では、最近何かと噂のHuaweiに次ぐ2位の規模なのだが、正直情報が少ない。OPPOで気になっていたこととしては、

  1. ColorOSという独自のカスタマイズがなされていること。
  2. 高速充電規格がQuick Chargeの様な普及している型式ではなく、OPPO独自のもの。

の2点だった。参考までにOPPOは今だにmiro USBなのだが、個人的には他のデバイスがまだType Cでないものばかりなので、私の場合は逆にありがたい。

そして購入2日目にして、上記1による問題にぶちあたり、解決はしたので、以下に備忘録として残す。常駐アプリ共通の問題だ。

気がついた問題は、愛用するLalaCallというIP電話アプリが起動しておらず、電話受けができないことだった。加えて、一旦起動し常駐しても、メモリー開放操作を行うと落とされてしまうことの2点だ。この問題はLalaCallに限らず、LINE電話受けなど常駐を前提としているアプリ全般に共通する。

この問題の解決は以下の3点の設定を実施すれば良いことがわかった。

1)フォンマネージャの設定

OPPOのスマホには、青いアイコンで盾のマークのフォンマネージャーというアプリがプレインストールされている。これを起動し、プライバシー権限ー起動マネージャーを選択すると、以下の画面が現れる。ここで、スライドバーを右に設定し、起動許可を与える必要がある。

2)□ボタンを押してロック

□ボタンを押せば、メモリー開放のためのページに変わると思うが、ここで、メモリー開放をしても、落とされたくないアプリをロックする必要がある。やり方は、当該アプリを下にドラッグして離すと、下の画像の通り、左上に鍵のアイコンが表示され、ロックが掛かる。

実はここまでの設定だと、DOZEモードに入っている常駐アプリは、電話受けでも直ぐに目を覚まさず数秒遅れるようだ。つまり省電力設定を変える必要があるのだ。よって即時反応が求められるIP電話アプリの様な場合は以下の3)が必要だ。

3)バッテリー省電力設定の解除

設定ー電池ー電力消費保護で、省電力設定解除を行うアプリを選択すると以下の画面が出る。ここで、バックグラウンドのフリーズとドーズを解除すれば良い。

以上の3点を実施すれば、うまくいくことを確認した。再起動しても自動起動することも確認した。普通のアンドロイド端末ならこんな設定は不要なのだが、ColorOSはいろいろとあるようだ。

ハードウエアの出来自体は文句はなく、使いこなせれば悪くはない。これからも気がついた点はここにまとめて行こうと思う。


SIMロックフリースマホ


SIMロックスマホを愛用しているが、意外と選択肢がない。私はアップル信者でないのでiPhoneを除外すると、例えばSONYは基本的に大手キャリアが扱うSIMロック版となり、選択から外れてしまう。

SIMロックフリーを好む人は、多分MVNO(格安SIM)とセットで使用する人と思われるので、どちらかというとITリテラシーが高いというか、それなりに使い込める人だと思っている。しかしSIMロックフリースマホだと、端末が限られるのは事実だと思う。

上述のとおりソニーは基本的にSIMロックフリースマホを扱わないが、国内で比較的シェアの大きなシャープもSIMロックフリースマホは中位以下のスペックのものしか展開していない。今だと、SH-M07が該当するが、いまさらフラッシュROM32GBとか相当に見劣りする。まあ、日本で人気のおサイフケータイに対応し、防水だから、日本人が好むスペックではあるが。

個人的には、おサイフケータイは長い目で見ると残るか疑問と思っている。交通系のSuica等は残ると思うが、決済のみのサービスはどうだろうか?たしかに便利だが、ユーザーからみると、割高もしくはスマホが限られてしまい、販売店からすれば設置端末の問題がある。中国等で普及したQRコード決済のほうが、利用者、販売店共に設備の面でメリットがあると思うのだ。

おサイフケータイは不要となれば、中国のHuawei、OPPOや台湾のAsus等も選択肢に入ってくる。スペックも日系のSIMロックフリースマホに比べれば、ハイエンドから安価なものまで幅広く揃えている。

ただし中国系は各社独自の急速充電規格なのが気に食わない。Quick Charge等米系企業が開発した技術は敢えて使われていないようだ。その点ASUSは、Quick Chargeに対応しているので、Anker等のサードパーティー製の充電器やモバイルバッテリーと相性が良いと思う。但し高価で入手性難なHTCは別として、ASUSはおサイフケータイには対応していない点と防水機能がない点は妥協が必要かもしれない。

そんな中、GoogleからPixel 3シリーズが発売された。これは、SIMロックフリー、防水、おサイフケータイ、Quick Chargeなど日本人が好む機能は一通り備えている。ネックとしては値段が9.5万円からと高いこと、それと私のようにドコモ系MVNOで使用した場合、3Gの800MHzが非対応のようであることだ。LTEは800GHzに対応しているのに…。まあこれから先3Gが使われなくなるのなら良いのだが、今の所通話は、両者で通信会社(MNO)を跨いだり、どちらかがVoLTEに対応できない状況にあると3Gでの通話になってしまうので、痛いところだ。

というわけで、なかなか本命のスマホが見つからないのだった。