「Windows 10」カテゴリーアーカイブ

DS218+で家庭内DNSを構築


このページを考えれば分かるが、私はSynology DS218+でホームページやblogを外部公開している。その際にSynologyが提供するDDNSを用いている。

以下は、DS218+でDNSを構築したときの備忘録だ。

私の家庭ネットワーク構成だが、

ルーター:NTT西のPR-S300NE(従前のDNSであり、DHCPサーバー)
NAS:Synology DS218+
IPアドレスの割当は、家に置きっぱなしのもの(レコーダー、デスクトップPC)は、固定IP、外に持ち出す、ノートPC、タブレット、スマホはDHCPによる割当を用いていた。

これで自公開ページを閲覧しようとすると、DDNSによるアドレスでは不可で、Windowsに関してはhostsファイル、さらに外に持ち出すPCにはHosts File Manaerでhostsファイルを切り替えて対応してきた。

正直、使い勝手は悪い。今どきhostsファイルの切り替え(実質書き換え)は、ウイルス監視ソフトの対象にもなる。加えてWindowsは何とか出来るが、Androidのスマホやタブレットはrootでも取らない限り無理のようだ。これでは使い勝手が悪いので家庭内DNS導入に至った。

まずはDS218+にDNSをインストール及び設定するのだが、以下のページ(DS218Jでの構築例)に詳細に書かれている。

次に自宅のLANのDHCPをDS218+に切り替えた。今までのPR-S300NE上のDHCP機能を殺し、DS218+でDHCPを有効にする。DS218+自身のIPアドレスをDNSに指定しておけば、DHCPでIPアドレスが割り当てられる際に、DS218+のDNSを指定できることを確認できた。

これで外に持ち出すPCも、Andoroidもシームレスで自分の公開ページにアクセスできるし、便利になった。


WindowsでXC-HM86のリモコンを使う


パイオニアXC-HM86のリモコンアプリPioneer Remote Appはスマホを想定していることもあって、iOSとアンドロイド版のみ提供されている。私はできる限りPCで作業をし、できないことをスマホでやるという使い方なので、これでは困ることがある。特に家出はスマホは持ち歩いていないことも多い。そこで、Windows PCでアンドロイドのリモコンアプリが使えないかトライしてみた。今回紹介するやり方は、HM76等兄弟機種でも同じくできると思う。

用意したのは、Windows用のAndroidエミュレータであるNox Playerだ。Android自身はフリーのOSでもあり、何種類かエミュレータは存在するが、一番互換性が高く、ネットワーク設定(そのLANのネットワークアドレスが付与できるブリッジ接続ができる必要がある。)も自由にできたので、これに落ち着いた。

Nox Playerのインストール方法や設定は他のページに譲るとして、リモコンアプリを使うのに注意が必要な点は、

システム設定-端末情報でインターネット接続にチェックを入れ、ネットワークブリッジモードオンにする。ここで忘れてはいけないのは、ドライバーのインストールが必要なことだ。下記画像に記したリンクをクリックすればインストールされる。

次にブリッジセッティングのボタンを押して、ネットワーク設定をする。DHCPが提供されている(普通の?)LANなら、DHCPにチェックするだけでも良いし、静的IPを選択して個別にIPアドレス等を割り当て、設定しも良い。この辺りは好みだと思う。

以上のネットワーク設定がうまくいっていれば、上記リモコンアプリをインストールすれば、動作すると思う。

参考までに、エミュレートしているのはAndoroid 5.1.1だ。

今のところ、動作がおかしいのはGoogleの連絡先アプリのみ。アマゾンアレクサ用のアプリなど、いろいろなアプリがNox Player上で動作することを確認している。まあ、もとはといえばアンドロイドのゲームをWindows上で動作させるためのアプリだから、この辺りは仕方がないか。


NEC WindowsタブレットTW708/CASの技適非表示問題


私は、旅行用にNEC WindowsタブレットTW708/CASを使用している。OSは32bitながら、最新のWindows 10(この4月のアップデートにも対応)で動作し、フラッシュROM容量も64Gbyteあるし、画面もFHDだから、なかなか重宝している。しかし人気は出ずに後継機は存在しない。

ところが最近ある問題が某掲示板でとりあげられている。技適表示が確認できないと注釈を出した上で本機種を中古品として売られているのを目撃された事から皆が気付いたのだが、本機種ではどうしても技適マークの表示確認をできないようだ。実はNECの別グループ会社でもちろん製品も異なるが、このように、回収騒ぎとなったケースがある。

気になったので、NECのサポート(オペレータによるチャットで問い合わせた。)伝えたことは、

本タブレットは、技適マークの確認が出来ない。
グループ会社では、技適マーク表示がなかった製品が回収された実績がある。

の2点だ。

オペレーターの回答は、調査に時間がかかるために、1週間をめどに調査進捗状況もしくは結果を調べるというものだった。どういう結果になるのだろうか?

オークションで売ったり、中古販売業者に売る際には障害となりえるし、やっぱりはっきりとさせてもらいたい。

2018/8/31追記
LTE等の携帯通信機能があるタブレットの場合、技適マークの表示義務がありますが、TW708のように、Wi-fi、Bluetoothのみの通信機能しか持たないタブレットの場合、技適表示義務はないことがわかりました。お詫びして訂正します。考えてみますと、LTE通信のためのSIMカードスロットがない一般的なノートPCも、技適マークはないことが普通です。

2018/9/30追記
コメント欄の通りleeさんから、Wi-fi等モジュールを組み込んだ場合でも本体側に表示が必要ではないかと指摘をいただきました。私には判断する立場にもないために、コメントに載せる事に留めます。私が保有するノートPCの場合、上記の通り、DELL、HPは技適表示を確認できず、一方で東芝には技適表示がありました。もちろん発売時期も多少異なるため(少なくとも全てWindwos 10を最初から載せて販売されたものですが。)、適用される法規は改正により異なる可能性もありますが。


Windows 10ストアアプリの更新エラー(0x80070005)


いつの頃か何がきっかけでか分からないが、Windowsストアアプリの更新でエラーが出るようになった。環境はDell XPS 13 (skylake)で、Windows 10のバージョンは、Fall Creator’s Updateだ。同じOS環境は他にも所有しているのだが、なぜかDellのこのノートだけがこの問題を起こすのだった。

更新のためにダウンロードは始まるがエラーコード0x80070005を吐いて停止してしまう。多くはMicrosoftが提供するアプリ例えば電卓、Grooveミュージック、電話、Xbox、People等等。何度もしつこく更新をかけていたら、3つのアプリを除いて解決した。残された3つのアプリとはXbox、PeopleそしてMicrosoft Solitaire Collection(MSソリティア)だ。

特にXboxとPeopleは最初からインストールされているアプリのため、ストアから削除することは出来ない。今ため調べてみると、以下のように一旦削除、再起動、再インストールで解決した。

  1. Windows Power Shellを管理者権限で起動する。
  2. シェル上で”get-appxpackage *アプリ名* | remove-appxpackage”で削除。プリインストールアプリ名は例えばここを参照のこと。例えば、Xboxならば*Microsoft.XboxApp*、Peopleならば*Microsoft.People*となる。もっともこれらのアプリって使わない人も多いから削除したままでも良い気がする。
  3. 再起動
  4. ストアで削除したアプリを入手(インストール)。

以上で解決した。

なんだか対症療法だし、気持ち悪いがまたメジャーアップデートで状況も変わるかもしれないし…。


Windows Live メールに梯子を…


久しぶりに実家に行ったのだが、父親のPCの調子がおかしいという。3年前に買ったNのノートPCなのだが、電源を落とすとロゴ表示される前に落ちてしまい起動不能になる。たまたまなんとか起動したので、電源を入れっぱなしにしてしのいでいたとか。

それで実家を訪れた機会に早速新しいPCを購入して移行作業に入った。Nのノートは購入時はWindows 7が入っていたのだが、例のWindows 10無料アップグレード時期に10にしてあったので、既に10だった。

ここで困ったことに。父親はもともとOutlook Expressでプロバイダメールを使用していたのだが、今回故障したNのノートに買い替えた際に、Windows Liveメールに移行していた。ところが、調べてみるとこのメーラー、2017年1月に既にMSのサポートは終了している。新しく買ったPCにOutlook 2016やWindows 10標準メール(但し代替になるか不明)は入っているのだが、Winows Live メールからの移行ツールなどは既に配布中止になっているようだった。(但し時間がない中で調べたので、もしかしたら方法があったのかもしれない。)

作業時間もないのと、幸い多くのメールはpop3メールサーバーに残っていたので、結局古いメールは諦めた。つまりメーラー間の移行は諦めたのだった。

もともとOutlook ExpressもWindows Live メールも無料で配布されていたものだが、あえなくMSに梯子を外された感じでなんとも後味が悪かった。Thunderbirdでも勧めておけばよかったかなと後悔。

どうでもいいが、3年で壊れるAssemble in JapanのNのノートも相当ひどいと思うが。


中国でGoogleやFacebook


ご存じの通り、中国ではインターネット接続に対する規制が存在し、GoogleやFacebookには普通には接続できない。

今回スマホに関してはアマゾンで買った香港China UnicomのSIMをNexus 5xに差してローミングすることで問題なく接続できることを確認した。China Unicomは3GがW-CDMAなので、バンドさえ合えば、日本のSIMフリースマホで行ける可能性が高い。この点、China Mobileは方式まで違うから香港版があるかは置いておいても要注意だ。参考までに開通の連絡はSMSで来ることから、SMSサービスを利用できないにしても、セルスタンバイ問題は発生しないような気がする(Nexus 5xでは発生しないとされている。)。

一方でSIMのないWindowsタブレットは、もちろんNexusでテザリングしてもよいのだが、自宅のSynology DS215jにVPNサーバーを立てて自宅経由で接続することで回避できることを確認した。暗号化も、PPPTP 、L2TP/IPSECいずれでも可能なようだ。

2016/12/31追記

甘粛省嘉峪関市で経験したのですが、平日の夜中心に海外インターネットアクセスが混みあって不安定になるようです。この結果、中国から海外サーバーに接続する必要があるLINEのチャットや無料電話、日本のIP電話、Facebookはあまりあてになりません。これは、香港SIM、ホテルのネットサービスいずれでも同じ結果でした。


DS215jにsMedio DTCP Moveをインストール


IODATA REC-ON EX-BCTX2を導入したことで、nasneの使用をやめようかと思案している。しかしnasneに録画したファイルが結構あり、今さら有料のSONY謹製のアプリを購入する気にはなれない。そこでSynology社のnas DS215jにsMedio DTCP Moveをインストールして、ここにムーブすることを試みることにした。

DS215jのsMedio DTCP Moveは有料で、US$8.5だった。PayPal経由で簡単に決済でき、すぐにインストール-使用は可能だった。ググっていただければ分かる通り、sMedio DTCP Moveからnasneにアクセスすることで簡単にムーブは出来た。忘れてはならないのは、nasに移動した録画ファイルは一切他に移動できないこと。nasは冗長度が高く安全な格納場所だとは思うが、BD-Rに焼くことすら出来ない(DiXiM BD Burner 2013というソフトウエアが存在するが、既に販売終了しており、2017年末には使用できなくなるために、考慮しない。)。一方で、当然nasにムーブすることで、ダビング10のコピー可能回数は1回分減る。

nasneからの移動まではスムーズに行ったが、これを再生できる環境は限られているようだ。以下の表は録画ソースとして、nasneの3倍モードで録画したものを、sMedio DTCP Move@DS215jにムーブした上で、各DTCP-IPクライアントでの再生可否を示したものだ。DRモードで録画してnasにムーブした場合はまた異なるものと思われる。

再生環境(DTCP-IPクライアント) 再生可否 備考
SONY BDP-S6500 ソニーのBDプレーヤー
デレキングプレイ@Windows 10(64bit) IODATA REC-ON用再生アプリ
テレプレ@Andoroid 7(nexus 5x)

テレプレ@Andoroid 6(SONY Xperia Z3 Tablet Compact グローバル版)

いずれも

IODATA REC-ON用再生アプリ
TV&Video Side View@Andoroid 7(nexus 5x)

TV&Video Side View@Andoroid 6(SONY Xperia Z3 Tablet Compact グローバル版)

いずれも

nasne用再生アプリ
Panasonic VIERA TH-L42E60 →○
(2017/10/22変更)
Panasonicのテレビ
SONY BRAVIA KDL-22EX420 SONYのテレビ

なお、nasne本体上の録画ファイルの再生、REC-ON EX-BCTX2に接続したUSB HDDのファイルの再生は上記いずれのクライアントでも再生できることを確認している。残念ながら、互換性は低く、あくまでも私が所有する範囲での話だが、Android上のアプリは全滅、テレビも全滅だった。但し、Android用に有償アプリsMedio TV Suite for Androidがあるので、このアプリを購入すれば、再生できる可能性は高いと想像する。今のところ購入予定はないのだが。

sMedio DTCP Moveは返金も可能なようなので、互換性を確認しつつ、結果が悪ければ返金を前提に購入を最終決定するのも良いかもしれない。

(2017/11/18再訂正)
IODATA REC-ON EX-BCTX2にもDTCP-IPクライアント機能があることを知り、試しましたが、結果は再生できませんできました。なお、Panasonic VIERA TH-L42E60から再度試すと再生できたので変更しました。


IODATA REC-ON EX-BCTX2 IODATAを衝動買い


IODATAのREC-ON EX-BCTX2というTVチューナーが14980円で売られていたので衝動買いしてしまった。これはTVチューナーという位置づけだが、SONYのnasneが対抗馬ではないだろうか。なお本機は2チューナーを搭載しているが、3チューナー版もある。
bctx2

IODATA REC-ON EX-BCTX2(IODATAのホームページから引用)

まだ設定して使い始めたところだが、nasneは昔から使用しているので勝手がわかっているのでちょっと比較を書いてみる。

nasneに対するメリット

  1. HDMI出力がある。このため、私はPC液晶ディスプレイに接続して使用している。nasneにはないので、完全にネットワークを介しての使用が前提となり、両者は異なっている。PCやテレビに直接接続したいのならば、REC-ON一択となる。
  2. 既に書いたように、チューナーは2台載っているので、別々に視聴/録画に振り分けられる。nasneは1台なので、この点REC-ONが勝っている。3チューナー版も存在することも既に書いたとおり。
  3. 録画モードがDRだけではなく、圧縮モードが他に9つあり、解像度もFHD以外に持ち出し用の低解像度もある。持ち出し用と2つのモードを作成することもできる。nasneはDRと3倍モードだけなので、REC-ONの方が多くのモードを有する。REC-ONでは画質に拘らなければ、かなりの録画時間を保存できる。例えばFHD解像度で最大15倍のモードがあるので、nasneと比較すると同容量で最大5倍の録画時間となる。
  4. 視聴アプリは無料だ。Windows8.1以降版、iOS版、Andoroid版が存在する。いずれも無料。この点nasneは全て有料で、Windowsに関してはPCの台数分を購入する必要があるので、何台も接続PC/Wiindowsタブを持っている場合は、その費用も馬鹿にならない。もっとも、最近改善されたようだが、IODATAの視聴アプリはできが良くなかったようだ。実際自分も、自作PC(Windows 10 64bit AMD760G統合グラフィックをWindows標準ドライバで使用)では、アスペクト比がおかしくなって現在問い合わせ中だ。他の3台のPCでは大丈夫だったが。

nasneに対するデメリット

  1. HDDは内蔵されておらず、別途USB3.0端子に接続する必要がある。もちろん録画機能を使わなければ、その必要はないが。しかし考えてみると今時2.5インチならばUSB給電出来、1TBで5000円強だった。USB HDD外付けケースも1000円しなかったので、むしろHDD容量を自由に設定できるのはメリットとも言えるかもしれない。ハブを介して複数台のHDDを接続できる。
  2. 本体ファンが少々うるさい。静かな部屋だと気になると思う。今は晩秋なので、仮に真夏でファン回転数が上がるうようだとちょっとかも知れない。

あと仕様といえば仕様だが、リモコンも改善してほしい。つまりせっかくTVのリモコン機能が搭載されているのだから、PC用ディスプレイのリモコンにもなるようにしてほしかった。IODATA製だけに、PC用ディスプレイで使用する人もきっといると思う。もっとも、デスクトップPCを家庭で使用する人は一部の人となりつつあって、市場が小さいのかもしれない。

他の機能は概ね同じで、同一LAN内でライブ視聴、外出先でのライブ視聴、同一LAN内で録画視聴、外出先で録画視聴、端末への書き出し、外出先からの録画はいずれも両者で可能なようだ。但し、実際していないので、安定性、使い勝手の比較はまだできない。

一応SONYのテレビ(KDL-22EX420)とPanasonicのテレビ(TH-L42E60)に搭載されている、DTCP-IPクライアント機能で、REC-ONに接続、視聴できることを確認した。nasneもどちらでも視聴可能だ。

気がついたのは以上の通りで、また何かあれば紹介しようとは思う。


Windows 10でVPN(L2TP/IPSec)接続する際のレジストリ設定(備忘録)


一通りの設定を行っても、どうしてもVPN(L2TP/IPSec)接続できない場合(例えば、アンドロイド端末からは接続できる)、以下のレジストリ設定を行う。これはルーターの奥にVPNサーバーを置く場合の設定で、Windows 7や8.1でも同様らしい。VPNサーバーにはSynology DS215j(DSM6.0.2)を用いた。

  1. regeditでレジストリエディタ-を起動。
  2. HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\PolicyAgentを開く。
  3. PolicyAgentにAssumeUDPEncapsulationContextOnSendRuleキーがある場合は、その値を2に、ない場合は新規-DWORD(32ビット)値で前述キーを追加して、値を2に設定。(下図参照)
  4. PCを再起動して、VPN接続。

reg

以上です。

 


Windows10のBluetoothテザリング


最近NECのWindows 10タブレットが安い価格で投げ売り状態だったので購入した。もともと4万円台で販売することを前提にしていた機種が1万円台で購入できたのだから、NECも、もうWindows 10タブレットから撤退するかもなんて思ってしまう。

いずれにしても使用し始めたところ、気になる点が一つ。このタブレットは携帯電話網には繋げない(SIMスロットなどない)ので、スマホを用いてWifiかBluetoothでテザリングすることが考えられる。ところが、Bluetoothでテザリングした場合、従量制課金の設定ができず、Windows Updateなどのデータ通信を抑制できないことに気がついた。Wifiでテザリングすればよいのだが、Wifiは電池のもちが良くなく、正直、積極的に使いたい接続形態ではない。自分の用途では、Bluetoothの接続速度で十分なので、是非Bluetoothテザリングで、従量制課金接続設定を可能にしてもらいたいもの。

そもそもWindows 10からはWindows Updateで更新ファイルが強制的にダウンロードされてしまい、これを停止するすべがないのがいけないのだと思う(実は省電力設定で可能ともあるが、省電力でデータ抑制というのも。。。状況によっては電源接続してテザリングすることもあるだろうし。)。

せっかくの新OS Windws 10、対応はそれほど難しくはないはずで、是非対応して欲しい。でないとWindowsタブレット、ますます人気がなくなるような。