「Windows 10」カテゴリーアーカイブ

在宅勤務でBluetoothヘッドセット


新型コロナウイルスの感染拡大で、私の職場でも期せずして在宅勤務となった。特に4月から5月については、ほとんど職場へ出勤しない日々が続いた。在宅でWeb会議となるとマイクとスピーカーと場合によってカメラが必要となる。この3デバイスは、最近の一般的なWindowsノートPCなら搭載されていて、私が会社から支給されている東芝ノートにも搭載されていた。

問題はスピーカー、一人暮らしでなく妻と犬がいるので、会議音声が筒抜けというのもイマイチ。特に犬は音声に反応して吠える可能性もある。しかも夏なので窓を開けていて近所へ筒抜けでもある。ここは住宅密集地だし。

そこでBluetoothヘッドセットを購入することにした。自腹でもそれほど痛くないように、3000円以内で購入できるものを目安とした。

実は今使っているエレコムのLBT-HSC20MPは、4機種目にしてやっと使える機種だった。

まず、中華2機種(最初の購入機種の性能悪く、追加で別機種を送ってもらったので同じブランド2機種)を試した。どちらもダメダメ。本2機種のアマゾン上での評価は高く、ステマかサクラコメントと思われる。アマゾンは最近中華製品が多く、評価はサクラばかりでカオスと化していると思う。

次に試したのは、某米のヘッドセットでは大手のP社の最廉価モデル、これも気にいるものではなかった。

最後にこのエレコムLBT-HSC20MP。結局これで落ち着いたが、気になる点もあり、他機種と比較して本機種の○と△を書いておこうと思う。なお一般に、この手のヘッドセットはスマホに接続して使うのが一般的だが、Windows 10で使用した感想だ。

LBT-HSC20MPの◯
  • 充電ケーブルがUSB type-C
  • マイク、スピーカー性能が良好(マイク使うならHFP1.6以上=HD Voice対応がベター)。これが一番重要で他機種はダメだった。

 

LBT-HSC20MPの△
  • 音声ガイドがなくビープ音のみ(今時これは…)。
  • 耳に入れる突起高さが高すぎ、フィット感、安定性にかける。自動車の運転時用としてはオススメできず、またアクセスボタンも押しにくい。これが本機種最大の欠点かと。
  • バッテリーはやや短い(あくまでも他機種と比べて)。
  • LEDがやや見にくい。但しあまり重要ではないかもしれない。

 

こんな感じだろうか。完全に満足とは言えないが、価格も含めて妥協できる機種だと思った。

ここで他機種で問題となったトラブル、欠点を列記しておく。

経験したBTヘッドセットトラブル
  • マイク性能がダメ(中華はこれが徹底的にダメだった)
  • 音声品質が良くない。(HFP1.5で使用すると、電話並みの音声品質となり、どうしても音が悪い。中華はこれもダメだった。)
  • BT接続が安定しない。(論外だが、某米P社品でこれを経験。)
  • 聞こえる音声が小さい。(ボリューム最大での話。某米P社品で経験。)
  • アンドロイドスマホに接続させると電池残量が表示されるが、この値が全ての機種(エレコムLBT-HSC20MP含む)でいい加減だった。

 

加えて、Windowsノートで使用する場合、2種類のBTプロトコルがありうる。

2種類のBTプロトコル
  1. HFPで接続し、ヘッドセットのマイクとスピーカーを使う。
  2. A2DPで接続し、スピーカーはヘッドセット、マイクはPC本体を使う。

 

1は上にも書いたとおり、バージョン1.6以上でないと音声品質が劣る。2は実は相手の声の品質は一番良い。元々音楽を聞くためのプロトコルだし当然だが。ヘッドセットのマイクを使う事はできないので、ノートPC本体のマイクを使うことになる。ヘッドセットがワイヤレスであるメリットは落ちるが、私のPCではマイク音声は結構距離が届き、音質はこれが一番良い。

どちらで接続したかは、コントロールパネルのサウンドで再生/録音タブで確認できる。再生タブで、「デバイス名 Hands-Free AG Audio」が使用されていれば、1で接続されており、「デバイス名 Stereo」が使用されていれば、2で接続されていることを示す。

エレコムからは後継機種が発表されたようだ。仕様は同一で、形状は微妙に違うが、中身が同じか不明だ。

ここまでBluetoothヘッド選びは奥深く、最適なものを探すのが結構大変なのは意外だった。


Windows 10 2004への更新でハマる


新しい物好きの私は、Windows 10の大型更新が始まったと聞き、早速トライ。

すると一番時間がかかった、NEC LAVIE Tab TW708/CASでトラブル。BTマウスは何の問題もなく認識するのだが、BTキーボードが全く認識しない。ペアリングし直して接続してもだめ、何をやっても入力を受け付けないし、再起動するとペアリング済デバイスリストからも消えている。

どうやらRealtek製bluetoothで、複数のデバイスとペアリングできない問題があるようだ。

そこで調べてみると、このタブレットにはRTK8723が使われているようで、ビンゴのよう。流石にBTキーボードが使えないと厳しいのでもとに戻す羽目に。やれやれだ。


特別定額給付金の電子申請に悪戦苦闘


新型コロナウイルス対策として特別定額給付金の電子申請をWindows PCと旧型のSONYパソリRC-S330で行ったが結構トラブったので、以下に注意点をまとめておく。

  1. パソリの準備(その1)
    NFCポートソフトウェア(旧FeliCaポートソフトウェア)をインストール(必要に応じて新バージョンに更新)する。ものは以下からダウンロードした。インストール後再起動必要。
  2. パソリの準備(その2)
    PC/SC アクティベーター for Type B
    以下のページからダウンロードしインストールする。私はこれが入っていなくてエラーとなった。
  3. ブラウザの準備
    使用できるのは、IE11、chrome、Edge(但し、chromiumベースの新バージョンは不可?)だが、プラグイン(マイナポータルAP)がいるので他のブラウザ、例えばFirefoxは駄目のよう。結論から言うと、私はchromeでうまく行かず、IE11で申請に成功した。Edgeはchromiumベースになっていたので試さなかった。
  4. SmartCardサービスが開始されていること
    これは、上の1. 1)で再起動すれば自動的にサービスが開始されるはずだが、何らかの理由でされなかった場合エラーが出る。

以上に気をつければ良いようですが、上記の通り私の環境ではchoromeではマイナポータルAPの動作がうまくいきませんでした。

以下私が経験したエラーコード

エラーコード:EW244-1500

上記4.の問題だが、1.のあとに再起動しなかったことが原因か。

エラーコード:EW144-1500
2.を忘れていた事が原因だった。

エラーコード:EW044-C300
マイナポータルAPが動作しないことが原因だが、chromeではどうでしてもうまくいかず、IE11で申請した。

私の抜かりも多いのだが、これじゃあトラブル人も多いだろう。SONYの問題と国の問題が入り混じっていることも複雑だ。


IODATA EX-BCTX2のネットワーク視聴が不安定


3年半ほど前に、IODATAのEX-BCTX2というネットワーク視聴ができるチューナー付録画機を購入した。

この機種は2チューナーだが、3チューナー版のHVTR-BCTX3も存在し、チューナー数以外の使用はほぼ同じと想像され、以下の問題もおそらく同じと思われる。

両モデルとも今でも売られるロングセラーで値段も安い。個人的には気に入っているのだが、どうも本体ファームウエアが不安定なのだ。特にネットワーク視聴で問題が起こる。同一LAN内においた端末(Android/Windows)からの接続に失敗してしまうのだ。

Windows10上のテレリモのエラーメッセージ

Android端末REC-ON上でのエラーメッセージ

実は思い当たるフシがあって、最初にいずれかの端末でEX-BCTX2に接続し、その後それほど時間が経たないうちに、別の端末で接続しようとすると起こることがある。おそらくは前のセッションが残ってしまい、タイム・アウトしない限り、次の接続ができないのだと想像する。

こんなとき、IODATAのページでは、本体を再起動せよみたいな案内ページにたどり着くのだが、マニュアルを見ても再起動について一切記載がないようだ。USB-HDDを接続してるので、電源の強制的に切るのも抵抗がある。いろいろ調べた結果、本体を直接操作し、本体設定→ネットワーク設定→ネットワークサーバー設定でONを一旦OFFにし、再度ONでセッションが切断され、再接続できることがわかった。

それにしても、他にもファームウエアが不安定と感じる事があり、せめて再起動は容易かつHDDに対して安全にできるようにしてほしかった。


DS218+で家庭内DNSを構築


このページを考えれば分かるが、私はSynology DS218+でホームページやblogを外部公開している。その際にSynologyが提供するDDNSを用いている。

以下は、DS218+でDNSを構築したときの備忘録だ。

私の家庭ネットワーク構成だが、

ルーター:NTT西のPR-S300NE(従前のDNSであり、DHCPサーバー)
NAS:Synology DS218+
IPアドレスの割当は、家に置きっぱなしのもの(レコーダー、デスクトップPC)は、固定IP、外に持ち出す、ノートPC、タブレット、スマホはDHCPによる割当を用いていた。

これで自公開ページを閲覧しようとすると、DDNSによるアドレスでは不可で、Windowsに関してはhostsファイル、さらに外に持ち出すPCにはHosts File Manaerでhostsファイルを切り替えて対応してきた。

正直、使い勝手は悪い。今どきhostsファイルの切り替え(実質書き換え)は、ウイルス監視ソフトの対象にもなる。加えてWindowsは何とか出来るが、Androidのスマホやタブレットはrootでも取らない限り無理のようだ。これでは使い勝手が悪いので家庭内DNS導入に至った。

まずはDS218+にDNSをインストール及び設定するのだが、以下のページ(DS218Jでの構築例)に詳細に書かれている。

次に自宅のLANのDHCPをDS218+に切り替えた。今までのPR-S300NE上のDHCP機能を殺し、DS218+でDHCPを有効にする。DS218+自身のIPアドレスをDNSに指定しておけば、DHCPでIPアドレスが割り当てられる際に、DS218+のDNSを指定できることを確認できた。

これで外に持ち出すPCも、Andoroidもシームレスで自分の公開ページにアクセスできるし、便利になった。

(2020/5/26追記)
しかし、この記事にはオチがあり、ルーター(NTT西日本のPR-S300NE)のDHCP機能を用いてIPアドレスを割り当てると、DNSサーバーアドレスもルーターと同じIPアドレスしか割り当てられないことに気がついた。この解決法は以下参照。


WindowsでXC-HM86のリモコンを使う


パイオニアXC-HM86のリモコンアプリPioneer Remote Appはスマホを想定していることもあって、iOSとアンドロイド版のみ提供されている。私はできる限りPCで作業をし、できないことをスマホでやるという使い方なので、これでは困ることがある。特に家出はスマホは持ち歩いていないことも多い。そこで、Windows PCでアンドロイドのリモコンアプリが使えないかトライしてみた。今回紹介するやり方は、HM76等兄弟機種でも同じくできると思う。

用意したのは、Windows用のAndroidエミュレータであるNox Playerだ。Android自身はフリーのOSでもあり、何種類かエミュレータは存在するが、一番互換性が高く、ネットワーク設定(そのLANのネットワークアドレスが付与できるブリッジ接続ができる必要がある。)も自由にできたので、これに落ち着いた。

Nox Playerのインストール方法や設定は他のページに譲るとして、リモコンアプリを使うのに注意が必要な点は、

システム設定-端末情報でインターネット接続にチェックを入れ、ネットワークブリッジモードオンにする。ここで忘れてはいけないのは、ドライバーのインストールが必要なことだ。下記画像に記したリンクをクリックすればインストールされる。

次にブリッジセッティングのボタンを押して、ネットワーク設定をする。DHCPが提供されている(普通の?)LANなら、DHCPにチェックするだけでも良いし、静的IPを選択して個別にIPアドレス等を割り当て、設定しも良い。この辺りは好みだと思う。

以上のネットワーク設定がうまくいっていれば、上記リモコンアプリをインストールすれば、動作すると思う。

参考までに、エミュレートしているのはAndoroid 5.1.1だ。

今のところ、動作がおかしいのはGoogleの連絡先アプリのみ。アマゾンアレクサ用のアプリなど、いろいろなアプリがNox Player上で動作することを確認している。まあ、もとはといえばアンドロイドのゲームをWindows上で動作させるためのアプリだから、この辺りは仕方がないか。


NEC WindowsタブレットTW708/CASの技適非表示問題


私は、旅行用にNEC WindowsタブレットTW708/CASを使用している。OSは32bitながら、最新のWindows 10(この4月のアップデートにも対応)で動作し、フラッシュROM容量も64Gbyteあるし、画面もFHDだから、なかなか重宝している。しかし人気は出ずに後継機は存在しない。

ところが最近ある問題が某掲示板でとりあげられている。技適表示が確認できないと注釈を出した上で本機種を中古品として売られているのを目撃された事から皆が気付いたのだが、本機種ではどうしても技適マークの表示確認をできないようだ。実はNECの別グループ会社でもちろん製品も異なるが、このように、回収騒ぎとなったケースがある。

気になったので、NECのサポート(オペレータによるチャットで問い合わせた。)伝えたことは、

本タブレットは、技適マークの確認が出来ない。
グループ会社では、技適マーク表示がなかった製品が回収された実績がある。

の2点だ。

オペレーターの回答は、調査に時間がかかるために、1週間をめどに調査進捗状況もしくは結果を調べるというものだった。どういう結果になるのだろうか?

オークションで売ったり、中古販売業者に売る際には障害となりえるし、やっぱりはっきりとさせてもらいたい。

2018/8/31追記
LTE等の携帯通信機能があるタブレットの場合、技適マークの表示義務がありますが、TW708のように、Wi-fi、Bluetoothのみの通信機能しか持たないタブレットの場合、技適表示義務はないことがわかりました。お詫びして訂正します。考えてみますと、LTE通信のためのSIMカードスロットがない一般的なノートPCも、技適マークはないことが普通です。

2018/9/30追記
コメント欄の通りleeさんから、Wi-fi等モジュールを組み込んだ場合でも本体側に表示が必要ではないかと指摘をいただきました。私には判断する立場にもないために、コメントに載せる事に留めます。私が保有するノートPCの場合、上記の通り、DELL、HPは技適表示を確認できず、一方で東芝には技適表示がありました。もちろん発売時期も多少異なるため(少なくとも全てWindwos 10を最初から載せて販売されたものですが。)、適用される法規は改正により異なる可能性もありますが。


Windows 10ストアアプリの更新エラー(0x80070005)


いつの頃か何がきっかけでか分からないが、Windowsストアアプリの更新でエラーが出るようになった。環境はDell XPS 13 (skylake)で、Windows 10のバージョンは、Fall Creator’s Updateだ。同じOS環境は他にも所有しているのだが、なぜかDellのこのノートだけがこの問題を起こすのだった。

更新のためにダウンロードは始まるがエラーコード0x80070005を吐いて停止してしまう。多くはMicrosoftが提供するアプリ例えば電卓、Grooveミュージック、電話、Xbox、People等等。何度もしつこく更新をかけていたら、3つのアプリを除いて解決した。残された3つのアプリとはXbox、PeopleそしてMicrosoft Solitaire Collection(MSソリティア)だ。

特にXboxとPeopleは最初からインストールされているアプリのため、ストアから削除することは出来ない。今ため調べてみると、以下のように一旦削除、再起動、再インストールで解決した。

  1. Windows Power Shellを管理者権限で起動する。
  2. シェル上で”get-appxpackage *アプリ名* | remove-appxpackage”で削除。プリインストールアプリ名は例えばここを参照のこと。例えば、Xboxならば*Microsoft.XboxApp*、Peopleならば*Microsoft.People*となる。もっともこれらのアプリって使わない人も多いから削除したままでも良い気がする。
  3. 再起動
  4. ストアで削除したアプリを入手(インストール)。

以上で解決した。

なんだか対症療法だし、気持ち悪いがまたメジャーアップデートで状況も変わるかもしれないし…。


Windows Live メールに梯子を…


久しぶりに実家に行ったのだが、父親のPCの調子がおかしいという。3年前に買ったNのノートPCなのだが、電源を落とすとロゴ表示される前に落ちてしまい起動不能になる。たまたまなんとか起動したので、電源を入れっぱなしにしてしのいでいたとか。

それで実家を訪れた機会に早速新しいPCを購入して移行作業に入った。Nのノートは購入時はWindows 7が入っていたのだが、例のWindows 10無料アップグレード時期に10にしてあったので、既に10だった。

ここで困ったことに。父親はもともとOutlook Expressでプロバイダメールを使用していたのだが、今回故障したNのノートに買い替えた際に、Windows Liveメールに移行していた。ところが、調べてみるとこのメーラー、2017年1月に既にMSのサポートは終了している。新しく買ったPCにOutlook 2016やWindows 10標準メール(但し代替になるか不明)は入っているのだが、Winows Live メールからの移行ツールなどは既に配布中止になっているようだった。(但し時間がない中で調べたので、もしかしたら方法があったのかもしれない。)

作業時間もないのと、幸い多くのメールはpop3メールサーバーに残っていたので、結局古いメールは諦めた。つまりメーラー間の移行は諦めたのだった。

もともとOutlook ExpressもWindows Live メールも無料で配布されていたものだが、あえなくMSに梯子を外された感じでなんとも後味が悪かった。Thunderbirdでも勧めておけばよかったかなと後悔。

どうでもいいが、3年で壊れるAssemble in JapanのNのノートも相当ひどいと思うが。


中国でGoogleやFacebook


ご存じの通り、中国ではインターネット接続に対する規制が存在し、GoogleやFacebookには普通には接続できない。

今回スマホに関してはアマゾンで買った香港China UnicomのSIMをNexus 5xに差してローミングすることで問題なく接続できることを確認した。China Unicomは3GがW-CDMAなので、バンドさえ合えば、日本のSIMフリースマホで行ける可能性が高い。この点、China Mobileは方式まで違うから香港版があるかは置いておいても要注意だ。参考までに開通の連絡はSMSで来ることから、SMSサービスを利用できないにしても、セルスタンバイ問題は発生しないような気がする(Nexus 5xでは発生しないとされている。)。

一方でSIMのないWindowsタブレットは、もちろんNexusでテザリングしてもよいのだが、自宅のSynology DS215jにVPNサーバーを立てて自宅経由で接続することで回避できることを確認した。暗号化も、PPPTP 、L2TP/IPSECいずれでも可能なようだ。

2016/12/31追記

甘粛省嘉峪関市で経験したのですが、平日の夜中心に海外インターネットアクセスが混みあって不安定になるようです。この結果、中国から海外サーバーに接続する必要があるLINEのチャットや無料電話、日本のIP電話、Facebookはあまりあてになりません。これは、香港SIM、ホテルのネットサービスいずれでも同じ結果でした。