「PC」カテゴリーアーカイブ

DS218+で家庭内DNSを構築


このページを考えれば分かるが、私はSynology DS218+でホームページやblogを外部公開している。その際にSynologyが提供するDDNSを用いている。

以下は、DS218+でDNSを構築したときの備忘録だ。

私の家庭ネットワーク構成だが、

ルーター:NTT西のPR-S300NE(従前のDNSであり、DHCPサーバー)
NAS:Synology DS218+
IPアドレスの割当は、家に置きっぱなしのもの(レコーダー、デスクトップPC)は、固定IP、外に持ち出す、ノートPC、タブレット、スマホはDHCPによる割当を用いていた。

これで自公開ページを閲覧しようとすると、DDNSによるアドレスでは不可で、Windowsに関してはhostsファイル、さらに外に持ち出すPCにはHosts File Manaerでhostsファイルを切り替えて対応してきた。

正直、使い勝手は悪い。今どきhostsファイルの切り替え(実質書き換え)は、ウイルス監視ソフトの対象にもなる。加えてWindowsは何とか出来るが、Androidのスマホやタブレットはrootでも取らない限り無理のようだ。これでは使い勝手が悪いので家庭内DNS導入に至った。

まずはDS218+にDNSをインストール及び設定するのだが、以下のページ(DS218Jでの構築例)に詳細に書かれている。

次に自宅のLANのDHCPをDS218+に切り替えた。今までのPR-S300NE上のDHCP機能を殺し、DS218+でDHCPを有効にする。DS218+自身のIPアドレスをDNSに指定しておけば、DHCPでIPアドレスが割り当てられる際に、DS218+のDNSを指定できることを確認できた。

これで外に持ち出すPCも、Andoroidもシームレスで自分の公開ページにアクセスできるし、便利になった。


ACアダプタDartのケーブル被覆が破れる


小型の汎用ACアダプタを昨年7月末に購入した。基本的には小型だしPCを買い替えても使えるので非常に気に入っていた。

ところがである。1年も経たないうちに被覆が破れ始めていることに気がついた。そもそもDartのケーブルは、最初からカールして捻れており、例えるならくせ毛のようで、なかなか真っ直ぐにはならなかった。このため捻れたまま使っていたことが災いした事もあると思う。


被覆が破れたDartのケーブル写真

いずれにしても、安い買い物ではないので、代理店である丸文に問い合わせることとした。有償でもいいからケーブルを入手したい。というか、もし入手できないなら、わずか1年持たずに12,000円する高価なACアダプタがゴミとなり、あまりにも悲しい。

Dartのケーブルの耐久性は、今一つなのかもしれない。

(2019/3/20追記)
正規取扱店の丸文に問い合わせたところ、今回だけは故障品を送付することでケーブルを新品交換してもらえることになった。しかし、破損したケーブルは撚れやすく被覆も弱いと感じている。一方で、ケーブルは有償であっても販売されていないようで、ぜひとも改善してもらいたいものだ。


小型ACアダプタDartを購入


小型ACアダプタDartを買った。給電能力は日本で売られている大半のノートPCに対応する能力で、USB Type-Cコネクタの販売も予定されているようだ。私はDELL XPS13(9350)と会社のノートで使うために購入した。ワンプライスで12,000円也。ACアダプタとしては標準品の3-4倍高いが、多種のコネクタプラグが同梱されており、モバイルPCを乗り換えても、メーカーが異なっても、充電器はそのまま使えそうだし、何といっても多くのメーカに対応しているのは良い。

加えてUSB5V給電のためのコネクタも付属する。スマホやタブレットのUSB充電も可能だ。何といっても小型で軽く、持ち運ぶには本当にありがたいと思う。

画像はDartのamazon販売サイトから引用。

DELLのXPS13(9350)で使う際に注意点が一つ。プラグ互換表ではこのPCのプラグは標準では同梱されていないPとなっているので、Pプラグを丸文サイトで取り寄せた。ところが、Pプラグで接続を試みると、プラグが2㎜程長く、プラグ外径部の金属部分が見えてしまう。いろいろ錯誤していると標準で同梱されているF2プラグでぴったりである事に気が付いた。DELLのPCでDartを使う際には、プラグの互換性には気を付けたほうが良いと思う。

いずれにしても、高額な事はネックだが、製品そのものは非常に気に入っている。小型で軽量だし、USB給電も可能なのだから、言うことなしだと思う。


WindowsでXC-HM86のリモコンを使う


パイオニアXC-HM86のリモコンアプリPioneer Remote Appはスマホを想定していることもあって、iOSとアンドロイド版のみ提供されている。私はできる限りPCで作業をし、できないことをスマホでやるという使い方なので、これでは困ることがある。特に家出はスマホは持ち歩いていないことも多い。そこで、Windows PCでアンドロイドのリモコンアプリが使えないかトライしてみた。今回紹介するやり方は、HM76等兄弟機種でも同じくできると思う。

用意したのは、Windows用のAndroidエミュレータであるNox Playerだ。Android自身はフリーのOSでもあり、何種類かエミュレータは存在するが、一番互換性が高く、ネットワーク設定(そのLANのネットワークアドレスが付与できるブリッジ接続ができる必要がある。)も自由にできたので、これに落ち着いた。

Nox Playerのインストール方法や設定は他のページに譲るとして、リモコンアプリを使うのに注意が必要な点は、

システム設定-端末情報でインターネット接続にチェックを入れ、ネットワークブリッジモードオンにする。ここで忘れてはいけないのは、ドライバーのインストールが必要なことだ。下記画像に記したリンクをクリックすればインストールされる。

次にブリッジセッティングのボタンを押して、ネットワーク設定をする。DHCPが提供されている(普通の?)LANなら、DHCPにチェックするだけでも良いし、静的IPを選択して個別にIPアドレス等を割り当て、設定しも良い。この辺りは好みだと思う。

以上のネットワーク設定がうまくいっていれば、上記リモコンアプリをインストールすれば、動作すると思う。

参考までに、エミュレートしているのはAndoroid 5.1.1だ。

今のところ、動作がおかしいのはGoogleの連絡先アプリのみ。アマゾンアレクサ用のアプリなど、いろいろなアプリがNox Player上で動作することを確認している。まあ、もとはといえばアンドロイドのゲームをWindows上で動作させるためのアプリだから、この辺りは仕方がないか。


NEC WindowsタブレットTW708/CASの技適非表示問題


私は、旅行用にNEC WindowsタブレットTW708/CASを使用している。OSは32bitながら、最新のWindows 10(この4月のアップデートにも対応)で動作し、フラッシュROM容量も64Gbyteあるし、画面もFHDだから、なかなか重宝している。しかし人気は出ずに後継機は存在しない。

ところが最近ある問題が某掲示板でとりあげられている。技適表示が確認できないと注釈を出した上で本機種を中古品として売られているのを目撃された事から皆が気付いたのだが、本機種ではどうしても技適マークの表示確認をできないようだ。実はNECの別グループ会社でもちろん製品も異なるが、このように、回収騒ぎとなったケースがある。

気になったので、NECのサポート(オペレータによるチャットで問い合わせた。)伝えたことは、

本タブレットは、技適マークの確認が出来ない。
グループ会社では、技適マーク表示がなかった製品が回収された実績がある。

の2点だ。

オペレーターの回答は、調査に時間がかかるために、1週間をめどに調査進捗状況もしくは結果を調べるというものだった。どういう結果になるのだろうか?

オークションで売ったり、中古販売業者に売る際には障害となりえるし、やっぱりはっきりとさせてもらいたい。

2018/8/31追記
LTE等の携帯通信機能があるタブレットの場合、技適マークの表示義務がありますが、TW708のように、Wi-fi、Bluetoothのみの通信機能しか持たないタブレットの場合、技適表示義務はないことがわかりました。お詫びして訂正します。考えてみますと、LTE通信のためのSIMカードスロットがない一般的なノートPCも、技適マークはないことが普通です。

2018/9/30追記
コメント欄の通りleeさんから、Wi-fi等モジュールを組み込んだ場合でも本体側に表示が必要ではないかと指摘をいただきました。私には判断する立場にもないために、コメントに載せる事に留めます。私が保有するノートPCの場合、上記の通り、DELL、HPは技適表示を確認できず、一方で東芝には技適表示がありました。もちろん発売時期も多少異なるため(少なくとも全てWindwos 10を最初から載せて販売されたものですが。)、適用される法規は改正により異なる可能性もありますが。


Windows 10ストアアプリの更新エラー(0x80070005)


いつの頃か何がきっかけでか分からないが、Windowsストアアプリの更新でエラーが出るようになった。環境はDell XPS 13 (skylake)で、Windows 10のバージョンは、Fall Creator’s Updateだ。同じOS環境は他にも所有しているのだが、なぜかDellのこのノートだけがこの問題を起こすのだった。

更新のためにダウンロードは始まるがエラーコード0x80070005を吐いて停止してしまう。多くはMicrosoftが提供するアプリ例えば電卓、Grooveミュージック、電話、Xbox、People等等。何度もしつこく更新をかけていたら、3つのアプリを除いて解決した。残された3つのアプリとはXbox、PeopleそしてMicrosoft Solitaire Collection(MSソリティア)だ。

特にXboxとPeopleは最初からインストールされているアプリのため、ストアから削除することは出来ない。今ため調べてみると、以下のように一旦削除、再起動、再インストールで解決した。

  1. Windows Power Shellを管理者権限で起動する。
  2. シェル上で”get-appxpackage *アプリ名* | remove-appxpackage”で削除。プリインストールアプリ名は例えばここを参照のこと。例えば、Xboxならば*Microsoft.XboxApp*、Peopleならば*Microsoft.People*となる。もっともこれらのアプリって使わない人も多いから削除したままでも良い気がする。
  3. 再起動
  4. ストアで削除したアプリを入手(インストール)。

以上で解決した。

なんだか対症療法だし、気持ち悪いがまたメジャーアップデートで状況も変わるかもしれないし…。


US配列キーボード


最近キーボードについて色々と考える機会があったので、改めて日本語配列と、US配列の違いについて調べてみた。

個人的には、US配列のほうが便利なことが多そうなのだ。というのも、私はかな入力が出来ないので、かなは書いてある必要はない。

一方で、USキーボードには存在しないキーがある。半角/全角キー、無変換キー、変換キー、カタカナひらがなキーなどだ。ここにまとめられている。

しかし、これまたあまり使わない(私が使えないキー)ばかりだ。敢えて言えば、全角/半角キーはIMEをワンキーで立ち上げることができるため、非常に有用だし、しょっちゅう使うから確かにないと不便だ。

一方で他の無変換キー、変換キー、カタカナひらがなキーは、私の場合は使うことがなく(出来なく)、むしろスペースキーを打とうと思って間違って押してしまうことがあるキーばかりだ。US配列にこれらはなく、その分スペースが広いので私にはいいかもしれない。

IMEの起動は、Alt+~か、Ctrl+shiftに割り当てて凌げば良い気がするので、今度買うときにはUS配列にしようかなと思っている。

但し、US配列と日本語配列では位置が異なる記号がたくさんあるので注意されたし。


TP-LINKルータ簡易NAS機能の2TB超え


TP-LINKArcher C9という無線LANルーターを所有している。私の場合ルーターは別にあるので、C9はもっぱら無線LANの親機として使用している。

TP-LINKのルーターにはUSB端子があり、簡易NASとして利用可能だ。NTFSフォーマットにも対応しており、日系企業のルーターより進んでいるが(某国内N社のはなんとFAT32までの対応だった…)、TP-LINKの説明によるとMBRの制限があるという。

以下、TP-LINKのサイトから抜粋

2.(容量)
理論上、容量制限はございませんが、2つの容量制限してしまう要因がございます。
A:現在、GPTパーティションをサポートしておりません。MBRに容量制限があるので、2TBまでの読み込みができます。
B:理論上、多くても8つのパーティションをサポートしています。
8つより多くのパーティションがある場合、最初の8つのパーティションのみ読み込みます。
(ハードディスクドライブ上のパーティション毎の総容量が2TBを超えることが出来ません。USB hubに接続された異なるハードディスクドライブをの場合、理論上最大8×2TBを認識します。)

ここで気になるのが2TBの制限だ。私は4TBを2TB以下のサイズのパーティションに区切って利用できないかを試してみた。結論から行くと、出来た。

まず、原理だが、注意点としては第1パーティションのサイズを2TBより若干小さく設定すること。

MBRの場合、パーティションのエントリ・テーブルでは、パーティションの開始セクタと総セクタ数をそれぞれ4バイトで指定して、その位置とサイズを定める。このため、第2パーティションの開始セクタは最⼤値である「FF FF FF FF」を超えることはできず、第1パーティションの最終セクタは、「FF FF FF FE」、つまりLBA 4,294,967,294以内である必要がある。

HDDの先頭セクタは、LBA 0(そこにMBRがある)であり、通常、第1パーティションの開始セクタはLBA 2048なので、第1パーティションの最⼤可能容量は、4,294,967,295セクタ-2048セクタ=4,294,965,247セクタであり、1セクタが512バイトであれば、4,294,965,247×512バイト=2,199,022,206,464となる。

論より実践。4TBのHDDを用意し、Windows 10でパーティション作成とフォーマットをした。注意点はディスクの管理の選択項目でMBRを選択するとまさに2TBまでのパーティションしか作成できなくなり、残りを配置できなくなるので、GPT(だったと思う)を選択し、第1パーティションサイズは上記の通り、残りは明らかに2TB以下であったので、残り全部を第2パーティションにしてNTFSフォーマットをした。

そして、C9に接続すると下記の通り見事に4TBドライブは2つのパーティションとして、全容量を使えることがわかった。

この情報はYahoo知恵袋でわざわざ匿名で教えていただいた方の情報を元に、試したものです。ありがとうございました。


Windows Live メールに梯子を…


久しぶりに実家に行ったのだが、父親のPCの調子がおかしいという。3年前に買ったNのノートPCなのだが、電源を落とすとロゴ表示される前に落ちてしまい起動不能になる。たまたまなんとか起動したので、電源を入れっぱなしにしてしのいでいたとか。

それで実家を訪れた機会に早速新しいPCを購入して移行作業に入った。Nのノートは購入時はWindows 7が入っていたのだが、例のWindows 10無料アップグレード時期に10にしてあったので、既に10だった。

ここで困ったことに。父親はもともとOutlook Expressでプロバイダメールを使用していたのだが、今回故障したNのノートに買い替えた際に、Windows Liveメールに移行していた。ところが、調べてみるとこのメーラー、2017年1月に既にMSのサポートは終了している。新しく買ったPCにOutlook 2016やWindows 10標準メール(但し代替になるか不明)は入っているのだが、Winows Live メールからの移行ツールなどは既に配布中止になっているようだった。(但し時間がない中で調べたので、もしかしたら方法があったのかもしれない。)

作業時間もないのと、幸い多くのメールはpop3メールサーバーに残っていたので、結局古いメールは諦めた。つまりメーラー間の移行は諦めたのだった。

もともとOutlook ExpressもWindows Live メールも無料で配布されていたものだが、あえなくMSに梯子を外された感じでなんとも後味が悪かった。Thunderbirdでも勧めておけばよかったかなと後悔。

どうでもいいが、3年で壊れるAssemble in JapanのNのノートも相当ひどいと思うが。


HPのノートパソコン15-ba000のレビュー


購入したHPのパソコン15-ba000、到着してまだ数日しか経過していないが少しレビューを書いてみる。

HPのホームページから転載

購入したのは最廉価モデルからスペックが少しだけ良いもの。具体的には最廉価モデルからの変更点は2つ。

  1. CPUが、最廉価モデルはAMD E2-7110 だが、購入したのはA6-7310だ。これに伴い、内蔵グラフィックスも、Radeon R2からR4となる。
  2. メモリーが最廉価モデルでは4GBだが、8GBにした。

これで、購入価格は45900円(発送に関わる全ての費用込)。実は価格コムモデル(最廉価モデル)は先日書いたとおり、34992円だが、別途3240円の発送料がかかる。なので、総支払額は38232円。よってその差は8000円弱となる。自分としては特にCPUは交換不能なので(メモリーはハンダ付けではなくスロット刺しなので、増量は自分でもできなくはないが、メーカー保証がフイとなる。)、この差額には納得しているつもりだ。

この機種がすごいと思うのは、メモリーも8GB積めるし、液晶も15インチのノングレアFHD(1920×1080)なことだと思う。廉価機種というのは、メモリー4GB、液晶の解像度は1366×768が相場なので、この機種を購入する意味は十分にあると思う。

メモリーなのだが、Radeon R4が搭載されている自分のPCでは1GBが内蔵グラフィックスに割り当てられ、OSが使用できるのは7GBとなる。仮に搭載メモリーが4GBだった場合、OSへの割当は3GBとなり、64bit版Windows 10だと心もとない気がする。この点からも8GBにしておいてよかったと思った。

最大の弱点はHDDであることだと思う。SSDに慣れてしまった身としてはやはりHDDは遅い。起動時間も数倍かかるらしい。ただし、換装は自分でも可能だから、保証が切れたら換えてみようと思う。今、SSDはNANDフラッシュメモリーが高騰している(3D NANDフラッシュメモリーへの切り替えが始まっているが、歩留まりが上がらず製品が市場に十分に流通していないとか。)煽りを受けて高いので、本体のメーカー保証をフイにすることも含めて好機ではないと思っている。

CPUであるA6は普通の使い方をする分には特に不満はない。但し購入して最初にWindows更新をかけた時は1時間位かかった。タスクバーで見るとHDDであることもあるが、CPUの負荷も4コアで100%となっていて、やはりCPU処理能力は高くないのだろうなと思った。まあ、毎日Windows更新をするわけではないし、これでいいかと。

液晶は15インチノングレアのFHDだが、コントラストがやや低い感がするが、慣れてしまえばこれで十分と思えてくる。

ネットワークは11ac対応を謳い文句にしているが、433Mbpsなので、5GHzに対応していることはありがたいが、まあ速度はそこそことなる(11nの300Mbpsとそれほど大きな差はない。)。なお内蔵イーサーネットは今時ほとんど使うことはないと思うが、100Mbps止まりとなっている。総じて言えばこの価格帯なら、妥協できる内容だと思う。参考までにWifiカードはintel AC3165が搭載されている。

HDDアクセスランプはないという書き込みを読んだことがあるが、実は本体右側面の前方、SDカードスロット向かって左側にある。2つ白色LEDがついており、左側は電源、右側がHDDアクセスを示すようになっている。

キーボードはテンキー付きのフルキーボードとなっている。個人的にはテンキーを省いてキーピッチを広げてほしかった。またテンキーのnum lock状態を示すインジケーターがないのも要注意だ。

細かいところを見ると見劣りするところもあるが、価格を考えれば十分に満足できる買い物だったと思う。