「PC」カテゴリーアーカイブ

在宅勤務でBluetoothヘッドセット


新型コロナウイルスの感染拡大で、私の職場でも期せずして在宅勤務となった。特に4月から5月については、ほとんど職場へ出勤しない日々が続いた。在宅でWeb会議となるとマイクとスピーカーと場合によってカメラが必要となる。この3デバイスは、最近の一般的なWindowsノートPCなら搭載されていて、私が会社から支給されている東芝ノートにも搭載されていた。

問題はスピーカー、一人暮らしでなく妻と犬がいるので、会議音声が筒抜けというのもイマイチ。特に犬は音声に反応して吠える可能性もある。しかも夏なので窓を開けていて近所へ筒抜けでもある。ここは住宅密集地だし。

そこでBluetoothヘッドセットを購入することにした。自腹でもそれほど痛くないように、3000円以内で購入できるものを目安とした。

実は今使っているエレコムのLBT-HSC20MPは、4機種目にしてやっと使える機種だった。

まず、中華2機種(最初の購入機種の性能悪く、追加で別機種を送ってもらったので同じブランド2機種)を試した。どちらもダメダメ。本2機種のアマゾン上での評価は高く、ステマかサクラコメントと思われる。アマゾンは最近中華製品が多く、評価はサクラばかりでカオスと化していると思う。

次に試したのは、某米のヘッドセットでは大手のP社の最廉価モデル、これも気にいるものではなかった。

最後にこのエレコムLBT-HSC20MP。結局これで落ち着いたが、気になる点もあり、他機種と比較して本機種の○と△を書いておこうと思う。なお一般に、この手のヘッドセットはスマホに接続して使うのが一般的だが、Windows 10で使用した感想だ。

LBT-HSC20MPの◯
  • 充電ケーブルがUSB type-C
  • マイク、スピーカー性能が良好(マイク使うならHFP1.6以上=HD Voice対応がベター)。これが一番重要で他機種はダメだった。

 

LBT-HSC20MPの△
  • 音声ガイドがなくビープ音のみ(今時これは…)。
  • 耳に入れる突起高さが高すぎ、フィット感、安定性にかける。自動車の運転時用としてはオススメできず、またアクセスボタンも押しにくい。これが本機種最大の欠点かと。
  • バッテリーはやや短い(あくまでも他機種と比べて)。
  • LEDがやや見にくい。但しあまり重要ではないかもしれない。

 

こんな感じだろうか。完全に満足とは言えないが、価格も含めて妥協できる機種だと思った。

ここで他機種で問題となったトラブル、欠点を列記しておく。

経験したBTヘッドセットトラブル
  • マイク性能がダメ(中華はこれが徹底的にダメだった)
  • 音声品質が良くない。(HFP1.5で使用すると、電話並みの音声品質となり、どうしても音が悪い。中華はこれもダメだった。)
  • BT接続が安定しない。(論外だが、某米P社品でこれを経験。)
  • 聞こえる音声が小さい。(ボリューム最大での話。某米P社品で経験。)
  • アンドロイドスマホに接続させると電池残量が表示されるが、この値が全ての機種(エレコムLBT-HSC20MP含む)でいい加減だった。

 

加えて、Windowsノートで使用する場合、2種類のBTプロトコルがありうる。

2種類のBTプロトコル
  1. HFPで接続し、ヘッドセットのマイクとスピーカーを使う。
  2. A2DPで接続し、スピーカーはヘッドセット、マイクはPC本体を使う。

 

1は上にも書いたとおり、バージョン1.6以上でないと音声品質が劣る。2は実は相手の声の品質は一番良い。元々音楽を聞くためのプロトコルだし当然だが。ヘッドセットのマイクを使う事はできないので、ノートPC本体のマイクを使うことになる。ヘッドセットがワイヤレスであるメリットは落ちるが、私のPCではマイク音声は結構距離が届き、音質はこれが一番良い。

どちらで接続したかは、コントロールパネルのサウンドで再生/録音タブで確認できる。再生タブで、「デバイス名 Hands-Free AG Audio」が使用されていれば、1で接続されており、「デバイス名 Stereo」が使用されていれば、2で接続されていることを示す。

エレコムからは後継機種が発表されたようだ。仕様は同一で、形状は微妙に違うが、中身が同じか不明だ。

ここまでBluetoothヘッド選びは奥深く、最適なものを探すのが結構大変なのは意外だった。


Windows 10 2004への更新でハマる


新しい物好きの私は、Windows 10の大型更新が始まったと聞き、早速トライ。

すると一番時間がかかった、NEC LAVIE Tab TW708/CASでトラブル。BTマウスは何の問題もなく認識するのだが、BTキーボードが全く認識しない。ペアリングし直して接続してもだめ、何をやっても入力を受け付けないし、再起動するとペアリング済デバイスリストからも消えている。

どうやらRealtek製bluetoothで、複数のデバイスとペアリングできない問題があるようだ。

そこで調べてみると、このタブレットにはRTK8723が使われているようで、ビンゴのよう。流石にBTキーボードが使えないと厳しいのでもとに戻す羽目に。やれやれだ。


PR-S300NEでLAN内DNSを使用する


私はこのページでもわかるように、NAS(DS218+)でサイトを公開している。使用しているのはフレッツ光ネクストで、ルーターもNTT西日本から提供されるPR-S300NEを使用している。

同一LAN内のPC等から公開サイトのアドレスにアクセスすると、名前解決ができない。直接IPアドレスを打つか、各クライアントのhostsファイルに名前解決できるよう書き込む方法が考えられるが、いずれも非常に面倒である。

私が使用しているNASであるSynology DS218+にはDNSサーバー構築の機能があるので、NASを宅内DNSサーバーにしてみた。

固定IPで接続している機器は、DNSアドレスをNASのIPアドレスに変えればよいだけで以上で終わり。一方でPR-S300NEのDHCPサーバー機能を用いてIPアドレスの割当をされている場合は、当たり前だが、DNSサーバーIPアドレス=PR-S300NEのIPアドレスとして設定されてしまい、これでは名前解決はできない。

PR-S300NEのページを見ると、以下のDNS設定項目が見つかった。

上図赤字で「ここ」と記したプライマリDNSの位置にNASのIPアドレスを書けばよいのだろうと設定した。ところがいざ、PR-S300NEのDHCPサーバー機能を用いてクライアントがIPアドレスの割当を受けると、DNSサーバーアドレスもPR-S300NEのIPアドレスが割当てられて、宅内サーバーの名前解決ができない事が分かった。PR-S300NEのDHCPサーバー機能を殺して、NASのDHCPサーバ機能を使う手も考えられるが、たまにNASは再起動させるので、できれば避けたい。色々と調べてみると、


PR-S300NEの静的ルーティング設定で、上図の通り解決したいドメイン名と、ルーター(PR-S300NE)のIPアドレスを指定し、有効にすることで解決することが分かった。上図の静的ルーティング設定を有効にしても、PR-S300NEのDHCPによりIPアドレスが割り当てられたクライアントのDNSのIPアドレスはPR-S300NEのIPアドレスであって、NASのIPアドレスにはならないが、問題なく名前解決できるようになった。


特別定額給付金の電子申請に悪戦苦闘


新型コロナウイルス対策として特別定額給付金の電子申請をWindows PCと旧型のSONYパソリRC-S330で行ったが結構トラブったので、以下に注意点をまとめておく。

  1. パソリの準備(その1)
    NFCポートソフトウェア(旧FeliCaポートソフトウェア)をインストール(必要に応じて新バージョンに更新)する。ものは以下からダウンロードした。インストール後再起動必要。
  2. パソリの準備(その2)
    PC/SC アクティベーター for Type B
    以下のページからダウンロードしインストールする。私はこれが入っていなくてエラーとなった。
  3. ブラウザの準備
    使用できるのは、IE11、chrome、Edge(但し、chromiumベースの新バージョンは不可?)だが、プラグイン(マイナポータルAP)がいるので他のブラウザ、例えばFirefoxは駄目のよう。結論から言うと、私はchromeでうまく行かず、IE11で申請に成功した。Edgeはchromiumベースになっていたので試さなかった。
  4. SmartCardサービスが開始されていること
    これは、上の1. 1)で再起動すれば自動的にサービスが開始されるはずだが、何らかの理由でされなかった場合エラーが出る。

以上に気をつければ良いようですが、上記の通り私の環境ではchoromeではマイナポータルAPの動作がうまくいきませんでした。

以下私が経験したエラーコード

エラーコード:EW244-1500

上記4.の問題だが、1.のあとに再起動しなかったことが原因か。

エラーコード:EW144-1500
2.を忘れていた事が原因だった。

エラーコード:EW044-C300
マイナポータルAPが動作しないことが原因だが、chromeではどうでしてもうまくいかず、IE11で申請した。

私の抜かりも多いのだが、これじゃあトラブル人も多いだろう。SONYの問題と国の問題が入り混じっていることも複雑だ。


DELL XPS13(9350)の無線LAN+Bluetoothカード換装


DELL XPS13(9350)は、標準でBluetoothと802.11ac、nのWifiが付いている。しかし搭載されているBroadcomのBluetoothは相性が悪いデバイスが多かったり、Wifiもいまいちと感じていた。

本体を分解するのは勇気が要るが、調べてみるといろいろと紹介されている。SSDを換装する人、バッテリを交換する人、私のようにWifi+Bluetoothカードを交換した人もいるようだ。

実はDELLは、公式に分解方法や必要工具を紹介している。こういうところ日系メーカーは既についていけていない気がする。さすがはDELL。

必要な工具、つまりプラスの精密ドライバ、T5トルクスドライバ、プラスチックスクライバは既に持っていたので、次にどのカードを搭載しようか調べてみた。

使用できるカードの仕様はM.2 2230で、元々付いているカードと同じWi-Fi(PCIe)でBluetooth(USB)接続の物を選択した。インテルのカードで選ぶことは決めていたが、結局最新Wifi6対応のIntel AX200 NGWに決めてアマゾンで購入した。

本体分解の手順は割愛するが、ネジを外すのは容易だが、スクライバーでカバーを外す際は爪を折らないか注意した。幸い私は大きな問題もなくカパっと剥がすことができた。

元々載っているカードを外し、新しいカード装着。カード上の2つの同軸コネクタにアンテナ線を接続して、締め付け部品をネジで固定して完了。あとは逆の手順で、裏蓋を組み上げた。

これで、XPS13を起動。問題なく立ち上がったが、当然にWifiとBluetoothは認識されない。世代が新しいカードでもあるし、ドライバーがないわけだ。

別のPCでIntelのサイトからドライバをダウンロードし、USBメモリーで渡してインストール。

結果無事認識され、WifiもBluetoothも使えるようになった。やれやれだ。Bluetoothの癖がなくなったのはメリット。一方でWifi6のアクセスポイント/ルーター機器はまだまだ高く、その真価を発揮できるときはいつのことやらではあるが。

(追記)
取り外したBroadcomのカードをHPの15-ba000に取り付けたところうまく認識した。

過去のHPのPCはBIOSで純正以外のデバイスをはじくものもあったようだが、本機では問題ないようだ。


IODATA EX-BCTX2のネットワーク視聴が不安定


3年半ほど前に、IODATAのEX-BCTX2というネットワーク視聴ができるチューナー付録画機を購入した。

この機種は2チューナーだが、3チューナー版のHVTR-BCTX3も存在し、チューナー数以外の使用はほぼ同じと想像され、以下の問題もおそらく同じと思われる。

両モデルとも今でも売られるロングセラーで値段も安い。個人的には気に入っているのだが、どうも本体ファームウエアが不安定なのだ。特にネットワーク視聴で問題が起こる。同一LAN内においた端末(Android/Windows)からの接続に失敗してしまうのだ。

Windows10上のテレリモのエラーメッセージ

Android端末REC-ON上でのエラーメッセージ

実は思い当たるフシがあって、最初にいずれかの端末でEX-BCTX2に接続し、その後それほど時間が経たないうちに、別の端末で接続しようとすると起こることがある。おそらくは前のセッションが残ってしまい、タイム・アウトしない限り、次の接続ができないのだと想像する。

こんなとき、IODATAのページでは、本体を再起動せよみたいな案内ページにたどり着くのだが、マニュアルを見ても再起動について一切記載がないようだ。USB-HDDを接続してるので、電源の強制的に切るのも抵抗がある。いろいろ調べた結果、本体を直接操作し、本体設定→ネットワーク設定→ネットワークサーバー設定でONを一旦OFFにし、再度ONでセッションが切断され、再接続できることがわかった。

それにしても、他にもファームウエアが不安定と感じる事があり、せめて再起動は容易かつHDDに対して安全にできるようにしてほしかった。


DS218+で家庭内DNSを構築


このページを考えれば分かるが、私はSynology DS218+でホームページやblogを外部公開している。その際にSynologyが提供するDDNSを用いている。

以下は、DS218+でDNSを構築したときの備忘録だ。

私の家庭ネットワーク構成だが、

ルーター:NTT西のPR-S300NE(従前のDNSであり、DHCPサーバー)
NAS:Synology DS218+
IPアドレスの割当は、家に置きっぱなしのもの(レコーダー、デスクトップPC)は、固定IP、外に持ち出す、ノートPC、タブレット、スマホはDHCPによる割当を用いていた。

これで自公開ページを閲覧しようとすると、DDNSによるアドレスでは不可で、Windowsに関してはhostsファイル、さらに外に持ち出すPCにはHosts File Manaerでhostsファイルを切り替えて対応してきた。

正直、使い勝手は悪い。今どきhostsファイルの切り替え(実質書き換え)は、ウイルス監視ソフトの対象にもなる。加えてWindowsは何とか出来るが、Androidのスマホやタブレットはrootでも取らない限り無理のようだ。これでは使い勝手が悪いので家庭内DNS導入に至った。

まずはDS218+にDNSをインストール及び設定するのだが、以下のページ(DS218Jでの構築例)に詳細に書かれている。

次に自宅のLANのDHCPをDS218+に切り替えた。今までのPR-S300NE上のDHCP機能を殺し、DS218+でDHCPを有効にする。DS218+自身のIPアドレスをDNSに指定しておけば、DHCPでIPアドレスが割り当てられる際に、DS218+のDNSを指定できることを確認できた。

これで外に持ち出すPCも、Andoroidもシームレスで自分の公開ページにアクセスできるし、便利になった。

(2020/5/26追記)
しかし、この記事にはオチがあり、ルーター(NTT西日本のPR-S300NE)のDHCP機能を用いてIPアドレスを割り当てると、DNSサーバーアドレスもルーターと同じIPアドレスしか割り当てられないことに気がついた。この解決法は以下参照。


ACアダプタDartのケーブル被覆が破れる


小型の汎用ACアダプタを昨年7月末に購入した。基本的には小型だしPCを買い替えても使えるので非常に気に入っていた。

ところがである。1年も経たないうちに被覆が破れ始めていることに気がついた。そもそもDartのケーブルは、最初からカールして捻れており、例えるならくせ毛のようで、なかなか真っ直ぐにはならなかった。このため捻れたまま使っていたことが災いした事もあると思う。


被覆が破れたDartのケーブル写真

いずれにしても、安い買い物ではないので、代理店である丸文に問い合わせることとした。有償でもいいからケーブルを入手したい。というか、もし入手できないなら、わずか1年持たずに12,000円する高価なACアダプタがゴミとなり、あまりにも悲しい。

Dartのケーブルの耐久性は、今一つなのかもしれない。

(2019/3/20追記)
正規取扱店の丸文に問い合わせたところ、今回だけは故障品を送付することでケーブルを新品交換してもらえることになった。しかし、破損したケーブルは撚れやすく被覆も弱いと感じている。一方で、ケーブルは有償であっても販売されていないようで、ぜひとも改善してもらいたいものだ。


小型ACアダプタDartを購入


小型ACアダプタDartを買った。給電能力は日本で売られている大半のノートPCに対応する能力で、USB Type-Cコネクタの販売も予定されているようだ。私はDELL XPS13(9350)と会社のノートで使うために購入した。ワンプライスで12,000円也。ACアダプタとしては標準品の3-4倍高いが、多種のコネクタプラグが同梱されており、モバイルPCを乗り換えても、メーカーが異なっても、充電器はそのまま使えそうだし、何といっても多くのメーカに対応しているのは良い。

加えてUSB5V給電のためのコネクタも付属する。スマホやタブレットのUSB充電も可能だ。何といっても小型で軽く、持ち運ぶには本当にありがたいと思う。

画像はDartのamazon販売サイトから引用。

DELLのXPS13(9350)で使う際に注意点が一つ。プラグ互換表ではこのPCのプラグは標準では同梱されていないPとなっているので、Pプラグを丸文サイトで取り寄せた。ところが、Pプラグで接続を試みると、プラグが2㎜程長く、プラグ外径部の金属部分が見えてしまう。いろいろ錯誤していると標準で同梱されているF2プラグでぴったりである事に気が付いた。DELLのPCでDartを使う際には、プラグの互換性には気を付けたほうが良いと思う。

いずれにしても、高額な事はネックだが、製品そのものは非常に気に入っている。小型で軽量だし、USB給電も可能なのだから、言うことなしだと思う。


WindowsでXC-HM86のリモコンを使う


パイオニアXC-HM86のリモコンアプリPioneer Remote Appはスマホを想定していることもあって、iOSとアンドロイド版のみ提供されている。私はできる限りPCで作業をし、できないことをスマホでやるという使い方なので、これでは困ることがある。特に家出はスマホは持ち歩いていないことも多い。そこで、Windows PCでアンドロイドのリモコンアプリが使えないかトライしてみた。今回紹介するやり方は、HM76等兄弟機種でも同じくできると思う。

用意したのは、Windows用のAndroidエミュレータであるNox Playerだ。Android自身はフリーのOSでもあり、何種類かエミュレータは存在するが、一番互換性が高く、ネットワーク設定(そのLANのネットワークアドレスが付与できるブリッジ接続ができる必要がある。)も自由にできたので、これに落ち着いた。

Nox Playerのインストール方法や設定は他のページに譲るとして、リモコンアプリを使うのに注意が必要な点は、

システム設定-端末情報でインターネット接続にチェックを入れ、ネットワークブリッジモードオンにする。ここで忘れてはいけないのは、ドライバーのインストールが必要なことだ。下記画像に記したリンクをクリックすればインストールされる。

次にブリッジセッティングのボタンを押して、ネットワーク設定をする。DHCPが提供されている(普通の?)LANなら、DHCPにチェックするだけでも良いし、静的IPを選択して個別にIPアドレス等を割り当て、設定しも良い。この辺りは好みだと思う。

以上のネットワーク設定がうまくいっていれば、上記リモコンアプリをインストールすれば、動作すると思う。

参考までに、エミュレートしているのはAndoroid 5.1.1だ。

今のところ、動作がおかしいのはGoogleの連絡先アプリのみ。アマゾンアレクサ用のアプリなど、いろいろなアプリがNox Player上で動作することを確認している。まあ、もとはといえばアンドロイドのゲームをWindows上で動作させるためのアプリだから、この辺りは仕方がないか。