Alder Lake Core i3 12100で自作


自作デスクトップのCPUがSkylakeなCore i3でWindows 11には非対応が気になっていた。ちょうど、Alder LakeのCore i3が発売されたので自作して組みなおすことにした。

前回もそうだが、重い処理は全くしないので、Core i3を選択した。ただし、内蔵グラフィックは欲しかったので無印、B660チップセットのM/Bとした。

OSは、今入っているのがWindows 7をアップグレードした10だが、調べてみると大幅なパーツ入れ替えでも、再認証できる場合があるようだ。結論から先に書くと、自分の場合パーツでPCを組み、

1. Windows 10をクリーンインストール
2.ライセンス認証画面でプロダクトキーを聞いてくるので、Windows 7のものを入力

であっさりライセンス認証された。

前後するが、以下のパーツで組んだ。

CPU:Core i3 12100
M/B:  ASUS PRIME B660M-A D4
RAM: Crucial 8GBX2枚 DDR4-3200 CL16 DIMM Black(O/Cせず使用)
SSD:  WD BLACK SN750 SE NVMe SSD WDS500G1B0E 500GB M.2 SSD

Windows 10で様子を見たが、問題なさそうなので11にアップグレード。若干気になる点があるが、まずまず安定している。気になる点とは

  • なぜかこのM/B、ONで電源LEDが点滅、スリープだと速い点滅となる。普通はONで常時点灯だと思うが…。
  • ごくまれに、電源が切れないことがあったが、色々といじっているうちに解消。

まだ、UEFI(BIOS)も初期バージョンだし、今後さらに安定してくれればと思う次第だ。


Daytona DT-E1×2運用で不調


元々、デイトナEasytalk3という安価なインカムをタンデムで使用してきて大きな問題がなかったので、昨年は1台ずつ合計2台の後継機?DT-E1を買った。

ところが、2台目買い増しして使用開始した時点でいろいろと調子が悪い。

DT-E1の1(以後インカム1) 最初に買ったもの。2台目のDT-E1を利用するまでは、アンドロイドスマホに接続し、デイトナEasytalk3と常時接続会話していた。

DT-E1の2(以後インカム2) 買い増したDT-E1。買い増し時にインカム1と入れ替え、インカム2をスマホとインカム1に常時接続。インカム1はインカム2としか接続されていない。

DT-E1を2台接続するときはペアリングはグループトーク(説明書P39から)としている。最大4台接続可能な方法だが、説明書はこれでつなぐように記載されているので従った。参考までにEasytalk3と併用していた時は、説明書P43からの他社製と同じ扱いでのペアリングとなる。

具体的な問題だが、以下の2つを確認している。

問題1:勝手に通話が終了する
タンデムなので常時通話したいのだが、連続接続状態にしておくと勝手に「通話を終了します」とガイダンスが流れて切れてしまう。酷いときは1日に10回程度を経験した。

問題2:ノイズ
インカム1から話すとインカム2でポヨポヨポヨと低い音のノイズが始まる。通話が短いと話し終わってもノイズのみ続くことがある。必ず話し始めたタイミングでノイズは始まる。インカム2からの音はこのようになることはない。

以上の通りで、まだインカム1を購入して1年経っていないので昨日デイトナに問い合わせしたところだ。

(2022/1/16追記)
デイトナと交渉したところ、新品2セットと交換となりました。


iDeCoでの証券会社選択ミス?(楽天証券編)


iDeCoという老後の資金をためるための投資信託を中心とした資産形成方法がある。様々な金融機関がある中で、私は楽天証券を選択したのだが結果的に失敗だったかもしれないと思っている。

理由は、口座開設手数料や運営管理手数料など口座管理費は0円で楽天証券は最安値なのだが、今はやりのインデックス株式投資の投資信託を毎月購入するのなら、楽天証券で購入できるものは総じて信託報酬がやや高い。少なくともSBI証券のラインナップよりは。

例えばSBI証券はeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が買える。有名で人気のある低信託報酬のシリーズの一つだ。楽天証券では積立NISA等では同商品を買えるのだが、なぜかiDeCoでは購入できない。

全世界株投資だとさらに悲惨で、楽天証券だと楽天・全世界株式インデックス・ファンドあたりが候補だが、これで信託報酬は0.212%とやや高い。SBI証券ならeMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)などが購入可能だ。連動する指数は違うし、日本が除かれているので直接の比較は公平ではないが、信託報酬は0.1144%だ。いずれも信託手数料にいわゆる隠れコストは含んではいないが、さすがに差はあるとみる。

iDeCoは一旦投資を開始してしまうと乗り換えは容易ではないらしい。手数料も重要だが、どんな商品が買えるかは事前に調べるべきだった。


WAONネットステーションをEdgeで


電子マネーWAONで支払をしても、イオンカードを使ってもWAON POINTが付与されるようになった。WAON POINTはWAONにダウンロードしてチャージするのが一番効率が良い使い方に思うが、公式にアナウンスされているのは

  1. イオン銀行ATM等でWAON POINTをダウンロードしてチャージする。
  2. Pasoriを持っているならInternet ExplorerでWAONネットステーションにつないでWAON POINTをダウンロードしてチャージする。

のいずれかとなる。

私はPasori(RC-S330)を持っているので、

自宅でPCでやりたいのだが、赤字つまり、Internet Explorerでの部分がネックである。Internet  ExplorerはWindows 11では削除されたし、仮にWindows 10でもサポート期限は2022/6/15と間もなくなのだ。

そこでとりあえずWindows 11のEdgeのIEモードで以下の通りできたので備忘録。

Edgeで右上「…」(赤枠)をクリックし設定を開き、次に右上の横3本線(青枠)をクリックして、左側の「既定のブラウザ」をクリックする。(下図参照)

次に下図の青枠のように2か所設定する。

上図の下のアドレスは、「https://www.waon.com/wmUseHistoryInq/init.do」とした。この設定後、WAONネットステーションにアクセスすると、

の様に、WAON POINTをPasoriでダウンロードできた。同様にダウンロードしたポイントをチャージも出来た。

但し、あくまでも公式サイトではIE指定であり、それがあと5か月ほどでサポート終了となると、このやり方も出来なくなってしまう可能性はあるかなと思う。

今時スマホで処理するのがトレンドで、ICカードリーダーが搭載されているスマホも多くなったので、この先PCでの処理はできなくなったり、スマホでの処理のみに移行したり、最悪イオン銀行ATM等、外に出向いての処理になる可能性はあるのかなと(私はスマホよりPC派なので)懸念している。


米国ETF定期購入のため住信SBI銀行で米ドル定額積立


新年早々投資の話。ここまでアラフィフの筆者は投資なんてほとんど考えてこなかった。しかし、iDeCoも積立NISAも行わず初めて始めたのが昨年2021年だった。さすがに老後の資金も考えなくてはならない年代だ。積立NISA等の投資信託の定額投資が資産形成の王道とされており、まずはここから始める人が多いと思う。自分もそうだ。

自分は次に配当狙いの米国ETFだった。とりあえず、2021年は通常のNISA口座をもつ楽天証券で少しばかり買ってみたが、2022年からは、楽天が改悪された事などなどや実はSBIでしか出来ないこともいくつかあるようなので以下紹介する。

米国ETF(自分の場合VYMとHDV)を定額毎月購入したいと思った。SBIでは前からできたのだが実は最近楽天でもできるようになった。

違うのは米国ETFの米ドルへ購入の方法だ。楽天証券の場合、片道25銭の手数料を払って米ドルを入手するしかない。円貨決済で米国ETFを買う時も同じだ。

一方の住信SBI銀行は、手作業米ドル購入なら4セント、積立米ドル購入なら2セントの手数料で米ドルを入手しこの米ドルで米国ETFを購入できる。

しかし、いつドルを購入するかで為替差益/差損がどうしても発生するし、どうしようか考えていたのだが、結局毎日数千円の一定額をドルに換える米ドル積立購入とした。これなら米ドルをドルコスト平均法で安く入手できることになるからだ。但し土日含めて市場休業日は米ドルが積立購入されないので、月に必要なドルを何日くらいで変換するか計画を立てておくべきだろう。

問題はドルで米国ETFを定期購入する場合、購入する株数を指定するか、**ドルで可能な範囲で株数を決めるかのどちらかしかなく、日本円で6万円以内だとかはできない事。

個人的には給料を日本円でもらっているので、一定額の日本円換算の米ドルで購入できる株数で自動買い付けしてくれるとよいのだが。

今はまだ株数か、適当な為替レートで定額米ドル額を指定するかで迷っている。


パナソニックの気化式加湿器FE-KFU05購入


今年は暖房にエアコンがメインになっていて、空気が乾燥するので加湿器を追加購入した。安定のパナソニックの気化式のものだ。型番はFE-KFU05だ。

実は昨年も同等モデルを購入した。見る限り型番は違えど見分けがつかぬほど似ている。実は全く同じなのかもしれない。

気化式だと、超音波式ほど雑菌やカビの繁殖を気にする必要はないとされているし、加熱式と比べれば、消費電力は桁違いに少ない。今のところ最適解だろう。

気化式とは濡れタオルに風をファンで送っているイメージだが結構タンクの水の減りは速く、在宅勤務をしているとおまかせモード設定で一日でタンクの半分弱の水が減る。タンク容量は4.2Lだ。

湿度も 10畳ほどの部屋なら50-60%で維持される。というわけで今のところ満足している。

なお、気化式加湿器もメインテナンスを怠ると、雑菌などの悪影響を来すこともあるので、説明書通り、フィルタ掃除などのメインテナンスは欠かさないようやりましょう。


デスクトップPCにも指紋認証を


私は今だに自作したデスクトップのWindows 10 PCを持っている。CPUがskylakeなので、すでに自作して数年が経過している。

そんなPCだが最近の指紋認証は本当に便利で、デスクトップPCにも接続できたらと思って探したら、安い値段でいくつか売られている。その中から以下を選択して購入した。

私はPCデスク上に金属のディスプレイ台を置き、その上にマグネットで半固定できるUSBハブを置いている。私のUSBハブは廃盤だが、以下のようなUSBハブだ。

上向きにUSBポートがあるので本製品を上側ポートに差し込んだ。この様な配置なので指紋認証する際には、上に指を置けば良い。

仮にノートPCの様に本体側面にUSBポートがある場合に本製品を装着すると、突き出て邪魔だったり、指を重ねにくいので指紋認証しにくかったと思う。PCの指紋認証は上向き配置に限ると思う。

Windows Helloで指紋を登録し、使用開始。本製品には付属ソフトウエアが存在するが、特に必要だとは思わなかったのでインストールしていない。セキュリティーに関わる部分でもあるし…。

それで使用感だが、中々よい精度で指紋認証できるようだ。DELLのノートPC内蔵の指紋認証センサと比較しても同等と思う。

まだ購入、使用開始して1ヶ月弱なので耐久性は未知数だが、今の所、3000円を切る低価格なことも含めて気に入っている。


インプレッサ左後輪のハブボルト損傷


以下でも触れたが、冬タイヤに交換しようとして誤ってハブボルトを損傷させてしまった。その時の顛末と反省点をまとめる。なお車はB型のGTインプレッサ2.0i-L FWDだ。

最初の1本目のタイヤだった。ジャッキアップで左後輪を持ち上げて夏タイヤを外し、冬タイヤを嵌めようとした。この際タイヤが重いので、5本のハブボルトのうち一番上のボルトにホイルの穴をまず入れ、振り子のように左右にタイヤを動かして5つのボルトにホイル穴をあわせて嵌めこんだ。

この際なかなか穴の位置が合わず、腕力もない方なので苦労した覚え。この時にハブボルトのネジ山を損傷したことも考えられるが、そうであればタイヤをまずひっかけた真上のボルトが破損するはずだが違う。なのでたぶんこれが原因ではないとみている。

次に電動インパクトレンチで一つずつボルトを仮止めをしていった。5つ目(タイヤの中心から見て右下)のボルトが途中でどうしても締まらない。ここで作業をやめればセーフだったかもしれないが、何とか締めようとしているうちにボルト側のねじ山を損傷したと思われる。

一旦タイヤを外すことにする。この時点ではナットを外すことができた。問題のハブボルトに別のナットを入れてみると、手締めで途中から締まらないことがわかる。つまりナット側ではなくボルト側がおかしいと気が付いた。

1本目のタイヤだったので作業を中断し、夏タイヤに戻し、ナットを締めていった。この際に壊れたボルトにナットを入れなければよかったのだが、締めようとしてしまった。要するにあきらめが悪い。

すると今度は、ぶらぶら、つまり右に締まりも左に緩めも出来なくなり、ナットを引き抜くことも出来なくなった。空回りなのだ。状況からするとナットの方のねじ山も損傷した可能性が高い。

休日だったが徒歩圏内で修理を請け負ってくれそうなところを探し、車を持ち込んだ。

今日修理見積もりが来たが、1.4万円ほどだとのこと。ボルトとナットが交換部品だと思うので、部品代は安くほとんどは工賃だと思う。

但し、ハブボルトが損傷で固定出来なくなっていてナットと共に空回りしているのなら、さらに費用がかかるとのことだった。

また、ナットが抜けずタイヤが現状外せないので、切断?する必要があるが、その際にホイルに傷がつく可能性を排除できないとも言われた。

反省点は以下の通り

  • 電動インパクトレンチで特に最初からナットを締めない。少なくとも最初はナットを手締めで取り付ける。ある程度ナットが進んだら軽く電動インパクトレンチで締めるならまだよい?
  • あるいは電動インパクトレンチは緩めるときのみ使うべき?。
  • ボルト(雄ねじ)がおかしいと感じたならナットは入れない。早期のあきらめ肝心。でないとナット側も損傷し今回の様に抜けなくなるかもしれない。

この修理が無事終わることを祈っているが、何かあったらまたここに書こうかと思っている。


SoundPEATS Air3レビュー


完全ワイヤレスヘッドフォンが欲しくなり、某巨大掲示板で5000円以下で議論されているスレを見ていた。そうすると、評判がそこそこの本製品がセールで売られていて、衝動買いしてみた。

実は完全ワイヤレスヘッドフォンを買うのは2台目。1台目は日本の某音響メーカーの数千円のものだった。以下、レビューしてみる。

本製品で気に入った点

  • まあまあ安い。私の場合セールで3000円ほどだった記憶。
  • 音質もまあまあ。
  • 小さい(但し小さすぎるかもしれない)
  • 耳掛け式だが、あくまで私の場合、落ちるようなこともなく、一般的な不織布マスク着用時に干渉することもない。但しマスクを着脱する際は気をつけたほうが良いかも。
  • カナル式は耳閉感が嫌。本製品のような耳掛け式が好き。特に通勤時は外音取り込み機能などなくとも周りの音は聞こえ安全。
  • 本製品をアンドロイドスマホとWindows 10 PCの2台とペアリングしているが、アンドロイドスマホは、本製品を取り出すと自動的に接続され、音楽再生が始まる。Windows PCは、BTメニューの本製品で接続を押せば接続される。(マルチペアリング対応?)なお、同時接続ではなく、あくまで一度に接続できるのは一つのデバイス。前にペアリングしたことを覚えているという意味です。

本製品で気になる点

  • 本体に触れることで操作できるが小さすぎるため非常にやりにくい。耳に付ける時も誤って誤操作してしまうことが多い。個人的にはこの機能は要らない。
  • 何となく充電ケースに入れた際に電源が切れる動作が不正確な気がする。
  • 説明書に5V 1Aの充電器を使うよう指示されているが今時そんな低電流の充電器を持っていない。仕方ないのでPCのUSBポートで充電している。(一度電流計で測ってみてもよいが、Liイオン電池なので充電事故も怖いし…。)

というわけで、定価だとちょっと高いかなとは思うものの、セールだったらオススメできる製品だと思う。


楽天損保付帯ロードサービスは故障時修理工場紹介なし


楽天損保にはロードサービスが自動付帯しており、事故時や故障時に自走不能な場合はレッカー移動を依頼できる。条件にもよるが近距離であれば無料のようだ。


今朝、冬タイヤの交換作業を自宅で始めたのだが、誤ってハブボルトを損傷してしまい、ボルトでタイヤを完全に固定出来なくなってしまった。そこで、早速楽天損保のロードサービスに電話をした。

ところが、楽天損保の契約では、事故時は契約修理工場を紹介できるが、故障時は修理工場の紹介はできないので、自分で修理工場を探してからレッカー移動を依頼してほしいとの電話回答だった。

なんとなく、事故時はどこで修理するかで車両保険の請求額は大きく変わるので、安い契約工場で修理させたいが、単にレッカー移動を依頼する場合、楽天損保にとって知ったことではないのでこのようなシステムになっているんだろうなと邪推する。

しかし土地勘のない出先で故障した場合、困ることが予想される。他の保険会社がどうなっているかは知らないが、よく調べておく必要があるなと思った。

(追記)

ネット自動車保険のロードサービスを上記の点で調べて比較してみた。下記の通り対応が違うようで、保険会社を決めるときの条件の一つになるかもしれない。

1)三井ダイレクト


以下のように書かれており、楽天損保と違い、故障時も修理工場を案内してくれるようです。

お車が事故または故障で自力走行不能となった場合、レッカー車が出動し現場から当社(ロードサービスセンター)が指定する修理工場まで距離の制限なく牽(けん)引いたします。

2)チューリッヒ


以下の様に記載されており、楽天損保と同じように故障時に指定工場案内はしないようです。

*1 指定修理工場のご案内は事故時のみ

3)SBI損保


以下の様に記載されており、楽天損保と違い、故障時も修理工場を案内してくれるように読めます。つまり、最初のポツは指定工場へのレッカー移動、2つ目のポツは契約者が指定する工場に読める気がします。(詳細未確認)

レッカーサービス
  • 最寄りの修理工場まで距離無制限
  • お客さま指定の修理工場などまでは50kmまで無料

よしなし事を綴ります