dyson V6 car + boat extra故障


巣ごもりのGW、車の掃除でもしようと、スバルの成約でもらったdysonの掃除機を取り出した。型名はdyson V6 car + boat extraというらしい。

いざ掃除機のボタンを押すと、不動でLEDが赤点滅するではないか。

ネットで故障情報を探索すると、赤点滅は故障を示している。点滅回数で意味が異なる。保証期間切れの場合、修理費は結構高価(←これ重要)ということがわかった。どうやら修理となるとその費用は国産(今どき中国製だろうが)ブランド「○キタ」のコードレス掃除機が買えてしまう金額だ。私の場合はLED赤点滅回数は30回ほどであった。

スバルの成約記念でもらった掃除機なので、2年くらいは契約しているはず。納車が2018年3で、成約は忘れもしないピョンチャンオリンピックで羽生結弦が金メダルをとった2月17日。スバルへの来店客が滑走時刻と重なって妙に空いていたことを思い出す。おっと話がそれた。ダイソンの保証期間は2年なので絶望的になりながら、製品登録メールを漁る。すると、…

セーフ!今日が5月4日だから、あと15日保証が残っているではないか。早速カスタマーサポートへ電話するが、、、5/6までサポートは休みとの事。5/6は電話が込み合う事が予想されるというが仕方がない。出直すとする。

5/6昼頃に改めて電話する。10分ほど待たされただろうか。電話が繋がり、症状を話す。赤点滅は本体故障かバッテリー不良を示しているとの事。点滅回数は12回かそれ以上か聞かれたので、30回くらいと答えると、バッテリー不良だが保証期間なので、交換品を無料で送るとなった。

やれやれだ。実は二年弱の間にこの掃除機を使ったのは数えるほど。それで壊れられてもと思う一方で、無料で交換品を送ってくれるならそれでよいかとも思ったり。

それにしても、成約記念で掃除機をもらったのだが、その後ディーラー名古屋スバルで点検に出すも一度として洗車をしてもらったことはない。リコールだなんだで忙しいからという理由でいつも500円のQUOカード。そんな未来の予兆だったのかもしれない。


DELL XPS13(9350)の無線LAN+Bluetoothカード換装


DELL XPS13(9350)は、標準でBluetoothと802.11ac、nのWifiが付いている。しかし搭載されているBroadcomのBluetoothは相性が悪いデバイスが多かったり、Wifiもいまいちと感じていた。

本体を分解するのは勇気が要るが、調べてみるといろいろと紹介されている。SSDを換装する人、バッテリを交換する人、私のようにWifi+Bluetoothカードを交換した人もいるようだ。

実はDELLは、公式に分解方法や必要工具を紹介している。こういうところ日系メーカーは既についていけていない気がする。さすがはDELL。

必要な工具、つまりプラスの精密ドライバ、T5トルクスドライバ、プラスチックスクライバは既に持っていたので、次にどのカードを搭載しようか調べてみた。

使用できるカードの仕様はM.2 2230で、元々付いているカードと同じWi-Fi(PCIe)でBluetooth(USB)接続の物を選択した。インテルのカードで選ぶことは決めていたが、結局最新Wifi6対応のIntel AX200 NGWに決めてアマゾンで購入した。

本体分解の手順は割愛するが、ネジを外すのは容易だが、スクライバーでカバーを外す際は爪を折らないか注意した。幸い私は大きな問題もなくカパっと剥がすことができた。

元々載っているカードを外し、新しいカード装着。カード上の2つの同軸コネクタにアンテナ線を接続して、締め付け部品をネジで固定して完了。あとは逆の手順で、裏蓋を組み上げた。

これで、XPS13を起動。問題なく立ち上がったが、当然にWifiとBluetoothは認識されない。世代が新しいカードでもあるし、ドライバーがないわけだ。

別のPCでIntelのサイトからドライバをダウンロードし、USBメモリーで渡してインストール。

結果無事認識され、WifiもBluetoothも使えるようになった。やれやれだ。Bluetoothの癖がなくなったのはメリット。一方でWifi6のアクセスポイント/ルーター機器はまだまだ高く、その真価を発揮できるときはいつのことやらではあるが。

(追記)
取り外したBroadcomのカードをHPの15-ba000に取り付けたところうまく認識した。

過去のHPのPCはBIOSで純正以外のデバイスをはじくものもあったようだが、本機では問題ないようだ。


デイトナCOOLROBO Easy Talk 3のバッテリー交換


デイトナのCOOLROBO Easy Talk 3は安価なトランシーバで、タンデムツーリングには最適。

数年前に2台セットを購入し、夫婦のタンデムで使用してきたが、最近バッテリーの劣化か、フル充電で朝出発して昼食時にモバイルバッテリーで充電して、帰宅するのようなパターンでも帰りにバッテリー切れが発生する様になってきた。この手のものの常として、バッテリー交換は前提としておらず、正式にバッテリー交換がサポートされていても本体が買えてしまうほど高価だったりする。なので、とりあえずばらしてみた。

ネジは通常のネジではなくトルクスレンチT7で開けることができる。開けると以下の通り。

Easy Talk 3の蓋を開けたところ

Liポリマーバッテリー上にはPN602030と記載されていて、3.7Vで300mAhの容量のもののようだ。そして602030という数字は、厚さ6.0mm、幅20mm、長さ30mmというバッテリーサイズを表している模様。バッテリーはコネクタ接続され、基板上に両面テープで固定されている。そこでアマゾンで近いサイズの電池かつ、容量は上回るものを探すと、以下のようなものが見つかった。

602035なので長さが5mm長いが許容範囲。容量は430mAhだから40%ほど大きいのでこちらも問題ない。早速注文した。

届いたバッテリーと比較すると、サイズ的には申し分ない。

上:付いていた純正バッテリ(若干膨張している) 下:購入したバッテリー

ところがである。コネクタは2ピン、jst ピッチ1.25 mmというもののようで、純正品と今回購入したものは同一なのだが、極性が逆なのである。つまり赤線が+黒線が-なのだが、これが逆についていることに気がついた。


純正バッテリーのコネクタ

純正バッテリーは、コネクタの端子面(金具が見える側)を表にして、なおかつコネクタの先を上側にしたときに、上図の通り右側に赤線が来るのだが、購入したバッテリーは配線が逆(左側に赤線)だった。そのまま挿すとおそらくは破損するだろう。

ということで、極性を反転すべく配線を途中で切ってつなぎ直した。ショートするといけないので、一本づつはんだ付けし繋いで絶縁する。不器用な私には面倒な作業だった。

こうして新たなバッテリーを装着。


バッテリ交換した図

最後にネジを締めて完成。恐る恐る電源を入れると無事に入ることを確認。次に電源ケーブルを繋いで充電するとこちらも正常に充電できているようだった。

充電を始めて1時間ほどだろうか、LEDの色が赤色から青色に変わり充電完了した。

試しにトランシーバーを接続して1時間ほど走ってみたが問題はなく、電源を切るときにバッテリー残量を聞くとフルだという。劣化したバッテリーではこの程度でも50%くらいまで減っていたので、問題なくなった。

まだ1回しか試していないので、耐久性などは不明だが、とりあえずは問題なさそうな感じだ。

それにしても、極性が逆というか統一されていないのには驚いた。くれぐれも取り付けるときは元のバッテリーと極性が同じか、確認しないと破損させることになってしまう。

なお、Liポリマーバッテリーは、可燃物でもあるし、もちろんトランシーバ本体が破損することもありうる。本サイトを参考にする場合、くれぐれも自己責任でお願いします。


IODATA EX-BCTX2のネットワーク視聴が不安定


3年半ほど前に、IODATAのEX-BCTX2というネットワーク視聴ができるチューナー付録画機を購入した。

この機種は2チューナーだが、3チューナー版のHVTR-BCTX3も存在し、チューナー数以外の使用はほぼ同じと想像され、以下の問題もおそらく同じと思われる。

両モデルとも今でも売られるロングセラーで値段も安い。個人的には気に入っているのだが、どうも本体ファームウエアが不安定なのだ。特にネットワーク視聴で問題が起こる。同一LAN内においた端末(Android/Windows)からの接続に失敗してしまうのだ。

Windows10上のテレリモのエラーメッセージ

Android端末REC-ON上でのエラーメッセージ

実は思い当たるフシがあって、最初にいずれかの端末でEX-BCTX2に接続し、その後それほど時間が経たないうちに、別の端末で接続しようとすると起こることがある。おそらくは前のセッションが残ってしまい、タイム・アウトしない限り、次の接続ができないのだと想像する。

こんなとき、IODATAのページでは、本体を再起動せよみたいな案内ページにたどり着くのだが、マニュアルを見ても再起動について一切記載がないようだ。USB-HDDを接続してるので、電源の強制的に切るのも抵抗がある。いろいろ調べた結果、本体を直接操作し、本体設定→ネットワーク設定→ネットワークサーバー設定でONを一旦OFFにし、再度ONでセッションが切断され、再接続できることがわかった。

それにしても、他にもファームウエアが不安定と感じる事があり、せめて再起動は容易かつHDDに対して安全にできるようにしてほしかった。


Xiaomi Mi Smart Band 4のウォッチフェース変更


私のMI Smart Band 4は、日本正規版だ。この他に中国版やグローバル版があるようで、それぞれ状況は異なるかもしれない。実際日本正規版が発売されたのは、2019年12月だったと思うので、まだまだ日本語で得られる情報も、グローバル版や中国版を購入した人の情報が多い気がする。

巷では、個人が作成したウォッチフェースがいろいろと公開されている。多くはグローバル版で動作確認されたものと思うが、入れ替えてみたいという衝動に駆られた。例えばこんなページでダウンロードできる。英語ならいろいろと揃っている。

あるいは、Google Playにもウォッチフェース集のアプリが複数ある。

手順だが、マニュアルでウォッチフェースデータを置く場合やバックアップを取る場合を紹介する。母艦となるスマホがAndroidでMIの謹製アプリを用いている場合、以下のフォルダに、ウォッチフェースデータが入ったbinファイルと画像ファイル(png、jpg等が可の様)が置かれる。

私のスマホはOPPO R15PROだが、内部ストレージ下の

\Internal shared storage\Android\data\com.xiaomi.hm.health\files\watch_skin_local\

下にユニークなフォルダ名の下に同一のファイル名(binと画像)が置かれる。この2つのファイルが実体だ。

ところが、MIの謹製アプリは、Androidの言語設定が日本語であると、以下の通りで、自分で入れたウォッチフェースを適用することが出来ないようだ。つまり、日本語設定の場合だと、英語設定で現れるMy band displaysが表示されず、結果として自分でダウンロードして仕込んだウォッチフェースを適用できない。

左:Android言語設定を英語 右:Android言語設定を日本語

なぜOSの言語設定で謹製アプリがこのようなこととなる設定となっているか(理由が)不明だ。

なお、ダウンロードしたウォッチフェースが、欧州式の日/月の順になっているケースも多い。修正したい場合、ダウンロード先においてあるWindowsアプリMiBandWFToolを用いてbinファイルを分解し、jsonファイル内の座標を変えて、binファイルを作り直せば良いようだ。


Xiaomi Mi Smart Band 4のクリップタイプ充電ケーブル


先日Xiaomi Mi Smart Band 4を互換金属ベルトともに購入したことを書いた。

金属ベルトなので、本体とベルトの間にゴムパッキンを挟む構造であることも書いた。このため、純正の充電ケーブルを使う場合、充電時に一々ゴムパッキンを外して充電する必要がある。これは面倒なので、クリップタイプの充電ケーブルを購入した。

春節だというのに台湾から1週間あまりで到着した。

早速試してみたところ、接点が合うようにセットするのはかなり気を使うが、充電できることは確認できた。

クリップタイプの充電ケーブル。ケーブル長30cm

写真で分かりづらいが、ゴムパッキン付きで充電できた。

実はこの製品にはケーブル長30cmと100cmが選択でき、私は30cmを選択した。しかし、簡単に外れそうなので、テンションがかかりにくいよう100cmを選択すべきだったかもと思ったのだった。


活動量計Xiaomi Mi Smart Band 4と互換金属ベルト購入


活動量計のXiaomiのMi Smart Band 4が日本へ正式に導入された。4000円足らずで機能満載ということで、早速アマゾンで注文した。年末に注文したのだが欠品中で到着したのは年始だった。買ったのは最近正式に発売開始された日本正規版だ(アマゾンではグローバル版も併売されているが両者に値段差はほぼない)。

使って感じたことは、歩数計はともかく、睡眠の記録はあまり役に立たない感じ。夜中に階下のトイレまで歩いて行って用を足したのに、中途覚醒とはカウントされていなかったからだ。

ところで、標準のベルトはシリコンゴム製。私は、アトピー持ちで、樹脂製の時計のベルト等は相性が悪い(汗で蒸れると湿疹が出てしまう。)そこでアマゾンに数多とあるMi Smart Band 4用互換金属バンドから一つを選択して、購入してみた。

シンガポールポストでシンガポール経由で届いた。注文して約2週間の納期だった。ところで開封すると一切説明書が入っていない。入っていたのは金属バンド、ジグ(バンド長調整のためにピンを抜くもの)、ゴムバンド(あとからパッキンと判明)だった。

金属バンドは一般的な時計の金属バンドと同じ構造なので、ネットで調べてピンの外し方を調べた。と言ってもピンを抜く方向を間違えなければよいのだが。

ところがここで問題発生。二本目のピンを抜いているところで、押圧に耐えられずプラスチック製ジグは破損した。ニードルのピンを押しているのと反対方向が、押圧に耐えられずに割れて破損した。

破損したプラスチック製ジグ。ピンを押すのと反対側を突き破ってしまった。

仕方がないので、瞬間接着剤でジグを補修して、再度金属バンドのピン外しと長さ調整をなんとか行った。次にMi Smart Band 4本体を金属バンドに取り付けようとして、初めて同梱されていたゴム部品が、金属バンドの穴と本体の間に入れるパッキン部品であることを知る。

これでようやく使い方がわかり、トラブルはあったが値段の割にはまあまあの製品だと感じるのだが、充電しようとして初めて新たな問題に気がついた。

左から純正充電器装着時の本体、ゴムパッキン、金属バンド

この様に純正充電器で本体を充電する際は、一々ゴムパッキンを本体から取り外し必要があるのだ。これだと何れゴムが伸びて駄目になることが予測される。だからゴムパッキンが3つほど同梱されていたのだなと感じる。

でもまあ2000円もしない金属バンドならこれもありかなと思い始めているのだった。


中国で滴滴出行を使ってタクシーを呼ぶ


中国でタクシーは捕まりにくくなっている。昔と比べて物価は上がっているがタクシー料金はさほどでもなく、結果的にタクシーが割安な感じだ。特に上海など、タクシーを捕まえるのが困難ということで、事前にタクシー配車アプリ滴滴出行(DIDI)をスマホに入れていった。

注意すべき点が2つ。

(1)日本版のDIDIは中国で使用できない。
(2)アプリ使用の際に中国語(簡体字)をスマホで入力する必要がある(目的地入力と現在地以外で乗車する場合の乗車地入力)。

(1)に関しては以下のアプリを入れれば良い。

Greater Chinaと書いてあるところが違う。但しメニューは中国語となる。

使い方は私は「出租车(タクシー)」を呼んだ。画面を取得し忘れたので文字で書くが、

「您在哪儿上车」に乗車地点(デフォルトは現在地)
「您要去哪儿」に行き先

を入力する。予約時間を指定することもできたが私はすぐに乗るために使った。呼んだのは平日の日中に上海錦江飯店から上海浦東空港へ行くためだ。タクシーメーターを事前に倒させるオプション(実質お迎え料金?)も表示されたが、使わなかった。市中から浦東空港までとなると結構な距離なので金にはなる案件で、オプションを入れなくても捕まると踏んだ。

アプリ上にはアプリで呼ぶ前どのくらい待つことになるか予想も表示された(今回のケースで何分だったかは失念)。

運転手が引き受け、乗るタクシーが決まると、アプリ上にタクシーのナンバーと、今そのタクシーが地図上のどこにいるかが表示された。そして呼んでから2-3分でタクシーがやってきた。タクシーは大手の大众(大衆)のタクシーだった。

乗車後も、今どこにいて、あと何キロあり、目的地到着までどれくらいかかるかの予想時間等がアプリ上に表示される。

乗ったタクシーの情報もわかるので、トラブルに遭う可能性が低くなるように思う。なかなかスグレモノだ。こうして無事浦東空港に到着。約170元だった覚え。現金で支払った。

実は、このアプリは中国で起動すると钱包(財布)メニューの中に支払い方法の一つとして外国発行のクレジットカードを登録する部分があるのだが、手持ちの日本発行カードは全滅だった(日本発行の銀聯もダメ元でやったが、そもそも銀聯は未対応でやっぱり駄目。)。

QRコード決済もあるし、アプリ上で全てを完結させる必要はないが、いずれにしても中国語に対する敷居が低い人には便利なアプリだと思った。


上海都市旅游卡と上海公共交通卡


上海の交通機関で使用できるICカード(日本で言うSuicaのようなカード)に2種類ある事に気がついた。一つは、日本語のページでよく紹介されている「上海公共交通卡」と私が今回買ってしまった「上海都市旅游卡」だ。以下に2種類のカードの紹介がある。緑の記載が「旅游卡」、青字の記載が「交通卡」だ。

両者の使用できる範囲は異なるようで、地下鉄とバスはいずれのカードでも可能だが、「旅游卡」は買い物や食事で使える(ところがある)ようだが、一方でタクシーは不可、一方の「交通卡」はタクシーは可だが、買い物や食事は不可となっている。

私は、「上海都市旅游卡」を、上海火車地下鉄駅の有人窓口で購入したようだ(下図)。というのも、浦東空港のリニア駅で払い戻しをしようとして、初めてできないことに気がついたからだ。「普通カードじゃないから払い戻しできない。」のようなことを係員に言われた。もちろん浦東の地下鉄駅でも聞いたがやはり駄目だった。それまで2種類のICカードが有ることに気が付かなかった。

調べてみると、私が買ったのは「地铁1号线上海火车站站厅 近5号出口」で「交通卡」と「旅游卡」の両方が売られているよう。窓口でどちらがほしいか言うべきだった。

以下を調べてみると、「旅游卡」を払い戻せる場所があるが、浦東空港付近では見当たらないようだ。

虹橋空港には、「虹桥机场2号航站楼B1层 公共站台南侧」にあるようだが、浦東空港で出国する人は要注意だと思う。

似て非なる「上海都市旅游卡」と「上海公共交通卡」。利用範囲や払い戻し可能な地点が異なるので要注意だ。


中国南方航空オンラインチェックイン再び失敗


行きに中国南方航空のオンラインチェックインに失敗した。このときのエラーメッセージはパスポートの有効期限が6ヶ月を切っているからだった。

帰国便は、日本に帰るのだからパスポート有効期限は大丈夫だろうと試してみる。ところが、何度試しても、チケット番号と名前の入力、パスポート情報などの入力までは問題ないのだが、座席を選択してOKを押すと以下の通り。

 

エラーメッセージは中国語で、「値机失敗」である。ブラウザを変えたり、VPN接続をやめても結果は同じで、baidu(百度)で「値机失敗」を検索するとどうやら、2時間前に空港に来て、通常チェックインしろのような結果が出てくる。中国東方航空や中国国際航空のオンラインチェックインでは躓いたことはなくどうも中国南方航空は鬼門のようだ。

実はもっと恐れていることがあって、帰りのCZ379 便は、定常的に30分以上遅れること。定刻が20:50なので、遅れると空港からの交通機関終電が問題となる。中国南方航空は中国最大の航空会社なのに。


よしなし事を綴ります