「Windows 11」カテゴリーアーカイブ

Alder Lake Core i3 12100で自作


自作デスクトップのCPUがSkylakeなCore i3でWindows 11には非対応が気になっていた。ちょうど、Alder LakeのCore i3が発売されたので自作して組みなおすことにした。

前回もそうだが、重い処理は全くしないので、Core i3を選択した。ただし、内蔵グラフィックは欲しかったので無印、B660チップセットのM/Bとした。

OSは、今入っているのがWindows 7をアップグレードした10だが、調べてみると大幅なパーツ入れ替えでも、再認証できる場合があるようだ。結論から先に書くと、自分の場合パーツでPCを組み、

1. Windows 10をクリーンインストール
2.ライセンス認証画面でプロダクトキーを聞いてくるので、Windows 7のものを入力

であっさりライセンス認証された。

前後するが、以下のパーツで組んだ。

CPU:Core i3 12100
M/B:  ASUS PRIME B660M-A D4
RAM: Crucial 8GBX2枚 DDR4-3200 CL16 DIMM Black(O/Cせず使用)
SSD:  WD BLACK SN750 SE NVMe SSD WDS500G1B0E 500GB M.2 SSD

Windows 10で様子を見たが、問題なさそうなので11にアップグレード。若干気になる点があるが、まずまず安定している。気になる点とは

  • なぜかこのM/B、ONで電源LEDが点滅、スリープだと速い点滅となる。普通はONで常時点灯だと思うが…。
  • ごくまれに、電源が切れないことがあったが、色々といじっているうちに解消。

まだ、UEFI(BIOS)も初期バージョンだし、今後さらに安定してくれればと思う次第だ。


WAONネットステーションをEdgeで


電子マネーWAONで支払をしても、イオンカードを使ってもWAON POINTが付与されるようになった。WAON POINTはWAONにダウンロードしてチャージするのが一番効率が良い使い方に思うが、公式にアナウンスされているのは

  1. イオン銀行ATM等でWAON POINTをダウンロードしてチャージする。
  2. Pasoriを持っているならInternet ExplorerでWAONネットステーションにつないでWAON POINTをダウンロードしてチャージする。

のいずれかとなる。

私はPasori(RC-S330)を持っているので、

自宅でPCでやりたいのだが、赤字つまり、Internet Explorerでの部分がネックである。Internet  ExplorerはWindows 11では削除されたし、仮にWindows 10でもサポート期限は2022/6/15と間もなくなのだ。

そこでとりあえずWindows 11のEdgeのIEモードで以下の通りできたので備忘録。

Edgeで右上「…」(赤枠)をクリックし設定を開き、次に右上の横3本線(青枠)をクリックして、左側の「既定のブラウザ」をクリックする。(下図参照)

次に下図の青枠のように2か所設定する。

上図の下のアドレスは、「https://www.waon.com/wmUseHistoryInq/init.do」とした。この設定後、WAONネットステーションにアクセスすると、

の様に、WAON POINTをPasoriでダウンロードできた。同様にダウンロードしたポイントをチャージも出来た。

但し、あくまでも公式サイトではIE指定であり、それがあと5か月ほどでサポート終了となると、このやり方も出来なくなってしまう可能性はあるかなと思う。

今時スマホで処理するのがトレンドで、ICカードリーダーが搭載されているスマホも多くなったので、この先PCでの処理はできなくなったり、スマホでの処理のみに移行したり、最悪イオン銀行ATM等、外に出向いての処理になる可能性はあるのかなと(私はスマホよりPC派なので)懸念している。