Windows 10ストアアプリの更新エラー(0x80070005)


いつの頃か何がきっかけでか分からないが、Windowsストアアプリの更新でエラーが出るようになった。環境はDell XPS 13 (skylake)で、Windows 10のバージョンは、Fall Creator’s Updateだ。同じOS環境は他にも所有しているのだが、なぜかDellのこのノートだけがこの問題を起こすのだった。

更新のためにダウンロードは始まるがエラーコード0x80070005を吐いて停止してしまう。多くはMicrosoftが提供するアプリ例えば電卓、Grooveミュージック、電話、Xbox、People等等。何度もしつこく更新をかけていたら、3つのアプリを除いて解決した。残された3つのアプリとはXbox、PeopleそしてMicrosoft Solitaire Collection(MSソリティア)だ。

特にXboxとPeopleは最初からインストールされているアプリのため、ストアから削除することは出来ない。今ため調べてみると、以下のように一旦削除、再起動、再インストールで解決した。

  1. Windows Power Shellを管理者権限で起動する。
  2. シェル上で”get-appxpackage *アプリ名* | remove-appxpackage”で削除。プリインストールアプリ名は例えばここを参照のこと。例えば、Xboxならば*Microsoft.XboxApp*、Peopleならば*Microsoft.People*となる。もっともこれらのアプリって使わない人も多いから削除したままでも良い気がする。
  3. 再起動
  4. ストアで削除したアプリを入手(インストール)。

以上で解決した。

なんだか対症療法だし、気持ち悪いがまたメジャーアップデートで状況も変わるかもしれないし…。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です