「Windows 10」カテゴリーアーカイブ

Alder Lake Core i3 12100で自作


自作デスクトップのCPUがSkylakeなCore i3でWindows 11には非対応が気になっていた。ちょうど、Alder LakeのCore i3が発売されたので自作して組みなおすことにした。

前回もそうだが、重い処理は全くしないので、Core i3を選択した。ただし、内蔵グラフィックは欲しかったので無印、B660チップセットのM/Bとした。

OSは、今入っているのがWindows 7をアップグレードした10だが、調べてみると大幅なパーツ入れ替えでも、再認証できる場合があるようだ。結論から先に書くと、自分の場合パーツでPCを組み、

1. Windows 10をクリーンインストール
2.ライセンス認証画面でプロダクトキーを聞いてくるので、Windows 7のものを入力

であっさりライセンス認証された。

前後するが、以下のパーツで組んだ。

CPU:Core i3 12100
M/B:  ASUS PRIME B660M-A D4
RAM: Crucial 8GBX2枚 DDR4-3200 CL16 DIMM Black(O/Cせず使用)
SSD:  WD BLACK SN750 SE NVMe SSD WDS500G1B0E 500GB M.2 SSD

Windows 10で様子を見たが、問題なさそうなので11にアップグレード。若干気になる点があるが、まずまず安定している。気になる点とは

  • なぜかこのM/B、ONで電源LEDが点滅、スリープだと速い点滅となる。普通はONで常時点灯だと思うが…。
  • ごくまれに、電源が切れないことがあったが、色々といじっているうちに解消。

まだ、UEFI(BIOS)も初期バージョンだし、今後さらに安定してくれればと思う次第だ。


デスクトップPCにも指紋認証を


私は今だに自作したデスクトップのWindows 10 PCを持っている。CPUがskylakeなので、すでに自作して数年が経過している。

そんなPCだが最近の指紋認証は本当に便利で、デスクトップPCにも接続できたらと思って探したら、安い値段でいくつか売られている。その中から以下を選択して購入した。

私はPCデスク上に金属のディスプレイ台を置き、その上にマグネットで半固定できるUSBハブを置いている。私のUSBハブは廃盤だが、以下のようなUSBハブだ。

上向きにUSBポートがあるので本製品を上側ポートに差し込んだ。この様な配置なので指紋認証する際には、上に指を置けば良い。

仮にノートPCの様に本体側面にUSBポートがある場合に本製品を装着すると、突き出て邪魔だったり、指を重ねにくいので指紋認証しにくかったと思う。PCの指紋認証は上向き配置に限ると思う。

Windows Helloで指紋を登録し、使用開始。本製品には付属ソフトウエアが存在するが、特に必要だとは思わなかったのでインストールしていない。セキュリティーに関わる部分でもあるし…。

それで使用感だが、中々よい精度で指紋認証できるようだ。DELLのノートPC内蔵の指紋認証センサと比較しても同等と思う。

まだ購入、使用開始して1ヶ月弱なので耐久性は未知数だが、今の所、3000円を切る低価格なことも含めて気に入っている。


ASUS CM3でファイル取り込み時に9時間のずれ


ASUSのChromebook CM3をもって旅行に出かけた。コロナもあったので本当に久しぶりの旅行だ。CM3は軽いし電池も持つので旅先では本当に重宝する。

しかしある問題に気が付いた。Pixel 4aとCM3を、USBケーブルでつなぎ、OTGでファイル読み取り可能にする。ここまでは何の問題もない。ところが、CM3側から撮影した写真ファイルを見ると、ファイル更新日時が実際の日時+9時間となることに気が付いた。

例えば、10月10日13時に撮影した画像ファイルのタイムスタンプは、10月10日22時と表示されてしまう。WIndowsで同じことをしょっちゅうするが、こちらでは問題を起こしたことはない。

もちろん、PixelもCM3も正しく日時設定、タイムゾーン設定はされている。

一方でコンデジのSONY RX100M1で撮影したSDカードを、カードリーダ接続で見ると日時は正しく表示される。

なんとなく、ChromebookのOSの問題?実は上はPixel 4aでの話だが、試しに手持ちの

OPPO Reno A
Huawei Mediapad M5

で試しても、Pixel同様にCM3上から見ると9時間の日時ずれが生じることを確認した。どうやら、Android→Chromebookにファイルを移動/コピーするときはよろしくないようだ。同じGoogle製なのに…

旅先から撮った写真ファイルのバックアップを自宅NASへとることをこれまでWindowsでやってきたが、一工夫しないとタイムスタンプがずれてしまう。

なお、試しにPixelにSDカードリーダ経由でSDをつなぎファイルコピーしたら、ファイルのタイムスタンプはコピー日時となるようだからこの手もダメ。

もしかすると、SDスロットが載ったAndroid機で、写真撮影時の保存先をSDカードにすれば、行けるかもしれないが残念ながらPixelにはカードスロットはない。

というわけで一つ問題が未解決で残ってしまった。


DELL XPS13(9350)のSSD交換


DELL XPS13(9350)というモバイルPCを所有している。Skylake(第6世代)Core i5が乗ったモデルで、SSDはNVMeのSamsung PM961 256GBが載っていた。速度はともかくLinux Mintとのデュアルブートなので、容量的に厳しくなってきた。

最初に考えたのは省電力、低発熱なWDのSN550である。若干値は高いがkakaku.comでの評判は高い。もともとハイエンドモデルには興味がなかった。理由は発熱とバッテリー持ち、それに古いPCであることもある。

ところがSN550は、BIOSによっては、認識できず、つまり相性問題が生じることが報告されていた。さすがにノートPCをばらして相性でまた交換は悲しすぎる。すると、Crucialは、ノートPC等のアップグレード交換に際して、互換性を公開しており、XPS13(9350)には、CrucialのM.2 SSDのP1、P2、P5シリーズいずれも対応していることがわかった。

これで安心して低発熱かつ大容量なP1の1TBモデルP1 CT1000P1SSD8JPを購入して取り付ける事にした。


普通の人はSSDクローンを作成して交換するのだろうが、あいにく2つのM.2 SSDを同時に繋ぐ機器/環境は持っていない。そこで、Synology DS218+のActive Backup for Business(ABB)を利用して、交換前にバックアップしておき、交換後にバックアップを試みた。DELLはドライバを公開しているので、駄目ならクリーンインストールするつもりだった。日系メーカーPCはこういう点でも全く駄目なので、最近全く買う気がしない。

DS218+は既に後継機種DS220+が出ている。なおABBは、jシリーズなどSynologyのNASの下位モデルには搭載されていない。

この作業に踏み切る前に一つ確認をした。ABBは復元時に、USBメモリー上のWindows PEで起動して復元作業となるが、認識できるネットワークデバイスは有線LANのみ。しかしXPS13(9350)には有線LANが存在しないので、試しにBuffaloのUSB-LAN(LUA4-U3-AGT:販売終了製品)を使用した所、追加ドライバ不要でLANを認識し、NASに接続できることをあらかじめ確認した。

SSD交換は、バックパネルを開ける必要があるが、既にWifi交換で実施済のため、迷うこともなかった。

交換後、ABBの復元用USBメモリーで起動し、復元をした所あっさりWindows 10が立ち上がった。しかしこのままだと、旧Windows領域+回復ドライブが前のパーティションサイズのまま復元され、後ろに空き領域が出来た。

Windows領域の拡大と、Linux Mintの領域を一番後ろに持ってくるために、無料版のAOMEI Partition Assistantを使用して移動、Windowsパーティションサイズ拡大をした。

これで、Linux Mintを再インストールして作業完了。意外とあっさりと事が進んだ。試しにベンチを走らせてみると、元のSamsung PM961と比較して、読込速度同等以上、書込速度は3-5倍程度速いスコアのようだった。発熱も少なく満足だ。

Crucial P1 CT1000P1SSD8JP交換後のスコア


在宅勤務でBluetoothヘッドセット


新型コロナウイルスの感染拡大で、私の職場でも期せずして在宅勤務となった。特に4月から5月については、ほとんど職場へ出勤しない日々が続いた。在宅でWeb会議となるとマイクとスピーカーと場合によってカメラが必要となる。この3デバイスは、最近の一般的なWindowsノートPCなら搭載されていて、私が会社から支給されている東芝ノートにも搭載されていた。

問題はスピーカー、一人暮らしでなく妻と犬がいるので、会議音声が筒抜けというのもイマイチ。特に犬は音声に反応して吠える可能性もある。しかも夏なので窓を開けていて近所へ筒抜けでもある。ここは住宅密集地だし。

そこでBluetoothヘッドセットを購入することにした。自腹でもそれほど痛くないように、3000円以内で購入できるものを目安とした。

実は今使っているエレコムのLBT-HSC20MPは、4機種目にしてやっと使える機種だった。

まず、中華2機種(最初の購入機種の性能悪く、追加で別機種を送ってもらったので同じブランド2機種)を試した。どちらもダメダメ。本2機種のアマゾン上での評価は高く、ステマかサクラコメントと思われる。アマゾンは最近中華製品が多く、評価はサクラばかりでカオスと化していると思う。

次に試したのは、某米のヘッドセットでは大手のP社の最廉価モデル、これも気にいるものではなかった。

最後にこのエレコムLBT-HSC20MP。結局これで落ち着いたが、気になる点もあり、他機種と比較して本機種の○と△を書いておこうと思う。なお一般に、この手のヘッドセットはスマホに接続して使うのが一般的だが、Windows 10で使用した感想だ。

LBT-HSC20MPの◯
  • 充電ケーブルがUSB type-C
  • マイク、スピーカー性能が良好(マイク使うならHFP1.6以上=HD Voice対応がベター)。これが一番重要で他機種はダメだった。

 

LBT-HSC20MPの△
  • 音声ガイドがなくビープ音のみ(今時これは…)。
  • 耳に入れる突起高さが高すぎ、フィット感、安定性にかける。自動車の運転時用としてはオススメできず、またアクセスボタンも押しにくい。これが本機種最大の欠点かと。
  • バッテリーはやや短い(あくまでも他機種と比べて)。
  • LEDがやや見にくい。但しあまり重要ではないかもしれない。

 

こんな感じだろうか。完全に満足とは言えないが、価格も含めて妥協できる機種だと思った。

ここで他機種で問題となったトラブル、欠点を列記しておく。

経験したBTヘッドセットトラブル
  • マイク性能がダメ(中華はこれが徹底的にダメだった)
  • 音声品質が良くない。(HFP1.5で使用すると、電話並みの音声品質となり、どうしても音が悪い。中華はこれもダメだった。)
  • BT接続が安定しない。(論外だが、某米P社品でこれを経験。)
  • 聞こえる音声が小さい。(ボリューム最大での話。某米P社品で経験。)
  • アンドロイドスマホに接続させると電池残量が表示されるが、この値が全ての機種(エレコムLBT-HSC20MP含む)でいい加減だった。

 

加えて、Windowsノートで使用する場合、2種類のBTプロトコルがありうる。

2種類のBTプロトコル
  1. HFPで接続し、ヘッドセットのマイクとスピーカーを使う。
  2. A2DPで接続し、スピーカーはヘッドセット、マイクはPC本体を使う。

 

1は上にも書いたとおり、バージョン1.6以上でないと音声品質が劣る。2は実は相手の声の品質は一番良い。元々音楽を聞くためのプロトコルだし当然だが。ヘッドセットのマイクを使う事はできないので、ノートPC本体のマイクを使うことになる。ヘッドセットがワイヤレスであるメリットは落ちるが、私のPCではマイク音声は結構距離が届き、音質はこれが一番良い。

どちらで接続したかは、コントロールパネルのサウンドで再生/録音タブで確認できる。再生タブで、「デバイス名 Hands-Free AG Audio」が使用されていれば、1で接続されており、「デバイス名 Stereo」が使用されていれば、2で接続されていることを示す。

エレコムからは後継機種が発表されたようだ。仕様は同一で、形状は微妙に違うが、中身が同じか不明だ。

ここまでBluetoothヘッド選びは奥深く、最適なものを探すのが結構大変なのは意外だった。


Windows 10 2004への更新でハマる


新しい物好きの私は、Windows 10の大型更新が始まったと聞き、早速トライ。

すると一番時間がかかった、NEC LAVIE Tab TW708/CASでトラブル。BTマウスは何の問題もなく認識するのだが、BTキーボードが全く認識しない。ペアリングし直して接続してもだめ、何をやっても入力を受け付けないし、再起動するとペアリング済デバイスリストからも消えている。

どうやらRealtek製bluetoothで、複数のデバイスとペアリングできない問題があるようだ。

そこで調べてみると、このタブレットにはRTK8723が使われているようで、ビンゴのよう。流石にBTキーボードが使えないと厳しいのでもとに戻す羽目に。やれやれだ。


特別定額給付金の電子申請に悪戦苦闘


新型コロナウイルス対策として特別定額給付金の電子申請をWindows PCと旧型のSONYパソリRC-S330で行ったが結構トラブったので、以下に注意点をまとめておく。

  1. パソリの準備(その1)
    NFCポートソフトウェア(旧FeliCaポートソフトウェア)をインストール(必要に応じて新バージョンに更新)する。ものは以下からダウンロードした。インストール後再起動必要。
  2. パソリの準備(その2)
    PC/SC アクティベーター for Type B
    以下のページからダウンロードしインストールする。私はこれが入っていなくてエラーとなった。
  3. ブラウザの準備
    使用できるのは、IE11、chrome、Edge(但し、chromiumベースの新バージョンは不可?)だが、プラグイン(マイナポータルAP)がいるので他のブラウザ、例えばFirefoxは駄目のよう。結論から言うと、私はchromeでうまく行かず、IE11で申請に成功した。Edgeはchromiumベースになっていたので試さなかった。
  4. SmartCardサービスが開始されていること
    これは、上の1. 1)で再起動すれば自動的にサービスが開始されるはずだが、何らかの理由でされなかった場合エラーが出る。

以上に気をつければ良いようですが、上記の通り私の環境ではchoromeではマイナポータルAPの動作がうまくいきませんでした。

以下私が経験したエラーコード

エラーコード:EW244-1500

上記4.の問題だが、1.のあとに再起動しなかったことが原因か。

エラーコード:EW144-1500
2.を忘れていた事が原因だった。

エラーコード:EW044-C300
マイナポータルAPが動作しないことが原因だが、chromeではどうでしてもうまくいかず、IE11で申請した。

私の抜かりも多いのだが、これじゃあトラブル人も多いだろう。SONYの問題と国の問題が入り混じっていることも複雑だ。


IODATA EX-BCTX2のネットワーク視聴が不安定


3年半ほど前に、IODATAのEX-BCTX2というネットワーク視聴ができるチューナー付録画機を購入した。

この機種は2チューナーだが、3チューナー版のHVTR-BCTX3も存在し、チューナー数以外の使用はほぼ同じと想像され、以下の問題もおそらく同じと思われる。

両モデルとも今でも売られるロングセラーで値段も安い。個人的には気に入っているのだが、どうも本体ファームウエアが不安定なのだ。特にネットワーク視聴で問題が起こる。同一LAN内においた端末(Android/Windows)からの接続に失敗してしまうのだ。

Windows10上のテレリモのエラーメッセージ

Android端末REC-ON上でのエラーメッセージ

実は思い当たるフシがあって、最初にいずれかの端末でEX-BCTX2に接続し、その後それほど時間が経たないうちに、別の端末で接続しようとすると起こることがある。おそらくは前のセッションが残ってしまい、タイム・アウトしない限り、次の接続ができないのだと想像する。

こんなとき、IODATAのページでは、本体を再起動せよみたいな案内ページにたどり着くのだが、マニュアルを見ても再起動について一切記載がないようだ。USB-HDDを接続してるので、電源の強制的に切るのも抵抗がある。いろいろ調べた結果、本体を直接操作し、本体設定→ネットワーク設定→ネットワークサーバー設定でONを一旦OFFにし、再度ONでセッションが切断され、再接続できることがわかった。

それにしても、他にもファームウエアが不安定と感じる事があり、せめて再起動は容易かつHDDに対して安全にできるようにしてほしかった。


DS218+で家庭内DNSを構築


このページを考えれば分かるが、私はSynology DS218+でホームページやblogを外部公開している。その際にSynologyが提供するDDNSを用いている。

以下は、DS218+でDNSを構築したときの備忘録だ。

私の家庭ネットワーク構成だが、

ルーター:NTT西のPR-S300NE(従前のDNSであり、DHCPサーバー)
NAS:Synology DS218+
IPアドレスの割当は、家に置きっぱなしのもの(レコーダー、デスクトップPC)は、固定IP、外に持ち出す、ノートPC、タブレット、スマホはDHCPによる割当を用いていた。

これで自公開ページを閲覧しようとすると、DDNSによるアドレスでは不可で、Windowsに関してはhostsファイル、さらに外に持ち出すPCにはHosts File Manaerでhostsファイルを切り替えて対応してきた。

正直、使い勝手は悪い。今どきhostsファイルの切り替え(実質書き換え)は、ウイルス監視ソフトの対象にもなる。加えてWindowsは何とか出来るが、Androidのスマホやタブレットはrootでも取らない限り無理のようだ。これでは使い勝手が悪いので家庭内DNS導入に至った。

まずはDS218+にDNSをインストール及び設定するのだが、以下のページ(DS218Jでの構築例)に詳細に書かれている。

次に自宅のLANのDHCPをDS218+に切り替えた。今までのPR-S300NE上のDHCP機能を殺し、DS218+でDHCPを有効にする。DS218+自身のIPアドレスをDNSに指定しておけば、DHCPでIPアドレスが割り当てられる際に、DS218+のDNSを指定できることを確認できた。

これで外に持ち出すPCも、Andoroidもシームレスで自分の公開ページにアクセスできるし、便利になった。

(2020/5/26追記)
しかし、この記事にはオチがあり、ルーター(NTT西日本のPR-S300NE)のDHCP機能を用いてIPアドレスを割り当てると、DNSサーバーアドレスもルーターと同じIPアドレスしか割り当てられないことに気がついた。この解決法は以下参照。


WindowsでXC-HM86のリモコンを使う


パイオニアXC-HM86のリモコンアプリPioneer Remote Appはスマホを想定していることもあって、iOSとアンドロイド版のみ提供されている。私はできる限りPCで作業をし、できないことをスマホでやるという使い方なので、これでは困ることがある。特に家出はスマホは持ち歩いていないことも多い。そこで、Windows PCでアンドロイドのリモコンアプリが使えないかトライしてみた。今回紹介するやり方は、HM76等兄弟機種でも同じくできると思う。

用意したのは、Windows用のAndroidエミュレータであるNox Playerだ。Android自身はフリーのOSでもあり、何種類かエミュレータは存在するが、一番互換性が高く、ネットワーク設定(そのLANのネットワークアドレスが付与できるブリッジ接続ができる必要がある。)も自由にできたので、これに落ち着いた。

Nox Playerのインストール方法や設定は他のページに譲るとして、リモコンアプリを使うのに注意が必要な点は、

システム設定-端末情報でインターネット接続にチェックを入れ、ネットワークブリッジモードオンにする。ここで忘れてはいけないのは、ドライバーのインストールが必要なことだ。下記画像に記したリンクをクリックすればインストールされる。

次にブリッジセッティングのボタンを押して、ネットワーク設定をする。DHCPが提供されている(普通の?)LANなら、DHCPにチェックするだけでも良いし、静的IPを選択して個別にIPアドレス等を割り当て、設定しも良い。この辺りは好みだと思う。

以上のネットワーク設定がうまくいっていれば、上記リモコンアプリをインストールすれば、動作すると思う。

参考までに、エミュレートしているのはAndoroid 5.1.1だ。

今のところ、動作がおかしいのはGoogleの連絡先アプリのみ。アマゾンアレクサ用のアプリなど、いろいろなアプリがNox Player上で動作することを確認している。まあ、もとはといえばアンドロイドのゲームをWindows上で動作させるためのアプリだから、この辺りは仕方がないか。