NC750Sの1年点検結果


少し経ってしまったが1か月ほど前の2月半ばにNC750Sの初めての12か月点検に行ってきた。早いものでもう新車で購入して1年が経過する。コロナもあって泊りがけの旅に出なかったこともあり、走行距離は2000㎞あまり。これまでの実績より3割くらい少ない感じだ。

それで、結果的に12か月点検+オイル交換+オイルフィルタ交換をお願いしたところ2.5万円余りがかかった。内訳は以下の通り。

やはりドリーム店は高いかなあと思う。問題が一つ。新車で買って1年なのにバッテリーが劣化しているとのこと。まあ2月の寒い時期に来店しての点検ではあったが。

正直、え?である。確かにこの一年の走行距離はやや短いが、今までこのような目にあったことはない。ちなみに前車もNC750Sの2014年モデルだったが、年平均3000kmの走行距離で4年バッテリーはもった記憶だ。

実は思い当たる節がある。このバイクの車体番号、12で始まり末尾が00Xと一桁。つまり、2019年モデルのNC750Sで、製造開始から9番以内だと思われる。このモデルがリリースされたのが2018年の終わりだったと思うので、製造されて2年半くらい眠っていたと思われる。だとすれば点検時点で3年半となりバッテリーがへたっても不思議ではない。まあ在庫車であることを知った上で手を出したので仕方がないかもしれないが…。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です