NC750S乗換(1)~売却編~


2014年に買ったNC750S ABSは今年10月で7年になる。早いものだ。

最近ホンダからSと兄弟車にあたる新NC750Xの2021年モデルが発表、販売開始となった。同時にSは残念ながら生産完了となった。

正直Sは人気がないと思っていた。私がNC750Sを気に入っている点は、

  • 比較的安価(当時の値段はABSモデルで5%税込69.93万円)
  • 本体にトランクがある。トップボックスをつければかなりの荷物が載る。
  • オプションにセンタースタンドがあり取付可能。
  • 燃費がよく、無給油航続距離長い。

等々枚挙にいとまがない。一方で7年目にもなると走行距離は1.7万kmなので少ないのだが、ゴム類の劣化等も見られた。ここ二年程で手を入れた箇所も

  • チェーン交換(オーナーのメンテも悪いが)
  • クラッチプレート交換(なかなかNに入りにくくなった)
  • 前後タイヤ交換
  • Fブレーキパッド交換

と、段々と手がかかるようになってきた。

なくなるとなるとあと何年乗れるかと思うようになった。NC750Xも嫌いではないが、

  • 足は届く(180cm/62kg)がライポジはSのほうが好き。
  • 車幅がSのほうが6cm狭い←駐輪スペースの問題で非常に重要。

等でやはりSは捨てがたく、思いつきで在庫車を探してみると、隣市のドリーム店に最終2019式NC750S(RC88)の在庫があることがわかった。

しばらく悩んだうちに、時期を逸すれば新車では手に入らなくなると思い、購入することに決めた。←不人気の在庫車を買ってしまう客って、販売店からすれば全くの思うつぼだと我ながら思う。

それで下取りを見積もってもらったのだが、ドリームの見積額は25万円。ここから手続費用数千円が引かれる事になる。

某巨大掲示板で尋ねると、ドリーム店は正規ディーラでもあり、下取り額は渋いと回答をもらった。ネットで探すとバイク下取り比較サイトで一括見積りが出来たので所有バイクの形式や状態を入力してボタンを押すと、すぐさま見積もった3社から電話があった。順に38万円、35万円、33万円が査定最高額だが、いずれも正式な査定額は実際ものを見ないとわからないという回答だった。ちなみに一番低い提示額は誰でも知っているあの大手バイク買取チェーンOである。

そこでまず、一番低い買取額を示した某大手バイク買取チェーンOの店舗へ持ち込んで査定をしてもらった。2-30分査定に時間がかかったが、この間に写真も撮るといっていた。後から気づいたことだが、おそらくは後に持ち込んだときに査定額の低下があった場合の証拠と思われる。好意的に考えれば一度回答した査定額を簡単には下げないのかもしれない。

Oに提示された査定金額は32万円。電話での査定最高額33万円と比較すればほとんど値落ちがなく、バイクの状態が良い、もしくは電話の提示額に嘘がないとも言えるかもしれない。バイクの状態についてはよく整備していただいている事はわかったと褒めてもらえた。また対応も非常に丁重かつ紳士的だった。さすがは大手Oである。

次に見積もってもらったのは査定最高額38万円と電話で回答をもらった買取店Lである。電話をすると店舗での査定は行っておらず、訪問査定で決まればその場で現金で払うという。本当は店舗持ち込み希望だったが仕方がない。

電話した日の夕方に空荷のトラックに乗った査定員が到着した。どうやら何件か回ったようだが全て空振りだった模様。

「いくらだったら決める?」
「他店見積額は?」

と執拗に聞かれたが答えなかった。

査定をしてもらって査定回答額は28万円。は?である。電話の暫定査定額は38万円だった。10万円も査定額が下がるような問題車両ではないはずであり、Oでの査定結果からもバイクの状態は良いものと思っている。随分と違いますねと聞いてもはぐらかされる。

「もう一度店に聞くから、いくらだったら売ってもらえるか?」

というので、半ば諦め気味に

「36万円」

と答えた。電話で店とやり取りをしているが、バイクの程度は5の中程と聞こえてくる。想像だが5点満点で4.5くらいのイメージ?だとすれば、バイクの程度は悪くないことになる。逆に言えば電話の最高額38万円は非常に怪しい。

返ってきた最終回答額は

「30万円」

Oより2万円安く、はっきり言ってLに売る理由がないので断った。正直Lの対応には落胆した。査定員はまたもや空荷で帰っていった。今日の収穫はなしなのだろうか?

Lとの交渉決裂後、すぐにその足でOに向かった。最初Oで査定してもらった後、Lの査定前までに、売却準備として、

  • アクションカメラ
  • スマホホルダーとスマホ用電源
  • USB電源
  • キャリアとヘルメットロック
  • GIVIウインドシールドを純正に戻す。

といったサードパーティのアクセサリを外していた。なんせスマホホルダーがないからナビが使えず、店までたどり着くのに少し苦労した。

最初の査定から数日経過。アクセサリも外したが、前の査定額32万円でOKであり、そのまま売却契約を結んだ。32万円は売却者に渡される正味金額で、ドリームのように別途手続費用が減額されることもなかった。

結局最大手のOが一番対応がよく、査定額も良かった。正確には電話で35万円を提示したBもあったのだが、店舗が遠く提示額も真ん中だったのでその後連絡を取らなかったから正確にはOの査定額が一番高かったかはわからない。

それにしても、6年半ほど前に本体価格70万円ほどで買った販売終了となる不人気バイクが32万円(46万円)で売れるというのは、四輪車ではまずない。

手放したNC750S ABS(2015年8月霧ヶ峰付近?で撮影)

これから春でバイクのシーズンでもある。私のバイク、次のオーナーはどんな人だろう。

追記
しばらく経って、所有者移転がされたと郵送で連絡があり、車検証のコピーが添えられていた。大阪でナンバー登録されたようだった。所有者はOのままだが売れるあてがある?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です