「家電」カテゴリーアーカイブ

やっぱり掃除機はコード式の吸引力


連れが狭い階段を掃除するのに小型の掃除機が欲しいという。しかし、kakaku.com等で小型の掃除機を検索するとほとんどが充電式。私は充電式はLiイオンバッテリーの限界もあってどうしてもコード式には吸引力が敵わないから、コンセントが届く範囲ならコード式が良いと思っている。

実際にコードレス掃除機としては車を買った時にスバルから景品としてもらったDyson V6 car+boat extraを持っている。

車の掃除にたまに使うが、吸引力は全然ダメで、ノズルは色々ついてくるが吸引力が弱いので吸込部の面積が広いノズルはほぼ役に立たない。

加えてダメだしすると20分というバッテリー持続時間も今ひとつ短いと思う。

いろいろ調べていると、アイリスオオヤマの小型掃除機SCA-110がある事に気がついた。これだ。

なんとダイソンの掃除機の1/10ほどの価格ではないか。まあ、コードレスバッテリー式の高級品であるダイソンと比べるのもあれだが。この値段なら気軽にポチれる。まあダメなら諦めが付く価格だと思うし。

実はコードレス掃除機Dyson V6 car+boat extraで車の掃除をしている時にアイリスオオヤマのコード式掃除機SCA-110が届いた。なので、途中からこのコード式に切り替えて掃除を始めるとその吸引力の違いに改めて驚いた。ホコリの取れ方が全く違うのでダイソンで掃除した場所をアイリスのコード式掃除機で掃除し直すことになった。

コードレス式とコード式を比較するのはフェアではないと思うが、やはり電源コードが届く範囲はコード式掃除機に限ると再認識した。

アイリスオオヤマのSCA-110の利点欠点を評価すると、以下の通り。

利点

  • 本体が軽い。バッテリーを積む必要がないから当然かも。
  • よく吸い込む。600Wだし。
  • コードも5mあるのでかなり広い範囲に届く
  • 値段が安い。ダイソンの1/10には参った。

欠点

  • ノズルが2種しかなく、特に通常ヘッドは回転ブラシはともかく通常のブラシすらついておらず、特にカーペットを掃除するときは今一つかもしれない。

こんなところだろうか。まだ手入れはしていないので使い込んだ時にどうかは分からないが、まずは合格と思うし、これに代わるコード式小型掃除機がないのだから一人勝ち?