活動量計Xiaomi Mi Smart Band 4と互換金属ベルト購入


活動量計のXiaomiのMi Smart Band 4が日本へ正式に導入された。4000円足らずで機能満載ということで、早速アマゾンで注文した。年末に注文したのだが欠品中で到着したのは年始だった。買ったのは最近正式に発売開始された日本正規版だ(アマゾンではグローバル版も併売されているが両者に値段差はほぼない)。

使って感じたことは、歩数計はともかく、睡眠の記録はあまり役に立たない感じ。夜中に階下のトイレまで歩いて行って用を足したのに、中途覚醒とはカウントされていなかったからだ。

ところで、標準のベルトはシリコンゴム製。私は、アトピー持ちで、樹脂製の時計のベルト等は相性が悪い(汗で蒸れると湿疹が出てしまう。)そこでアマゾンに数多とあるMi Smart Band 4用互換金属バンドから一つを選択して、購入してみた。

シンガポールポストでシンガポール経由で届いた。注文して約2週間の納期だった。ところで開封すると一切説明書が入っていない。入っていたのは金属バンド、ジグ(バンド長調整のためにピンを抜くもの)、ゴムバンド(あとからパッキンと判明)だった。

金属バンドは一般的な時計の金属バンドと同じ構造なので、ネットで調べてピンの外し方を調べた。と言ってもピンを抜く方向を間違えなければよいのだが。

ところがここで問題発生。二本目のピンを抜いているところで、押圧に耐えられずプラスチック製ジグは破損した。ニードルのピンを押しているのと反対方向が、押圧に耐えられずに割れて破損した。

破損したプラスチック製ジグ。ピンを押すのと反対側を突き破ってしまった。

仕方がないので、瞬間接着剤でジグを補修して、再度金属バンドのピン外しと長さ調整をなんとか行った。次にMi Smart Band 4本体を金属バンドに取り付けようとして、初めて同梱されていたゴム部品が、金属バンドの穴と本体の間に入れるパッキン部品であることを知る。

これでようやく使い方がわかり、トラブルはあったが値段の割にはまあまあの製品だと感じるのだが、充電しようとして初めて新たな問題に気がついた。

左から純正充電器装着時の本体、ゴムパッキン、金属バンド

この様に純正充電器で本体を充電する際は、一々ゴムパッキンを本体から取り外し必要があるのだ。これだと何れゴムが伸びて駄目になることが予測される。だからゴムパッキンが3つほど同梱されていたのだなと感じる。

でもまあ2000円もしない金属バンドならこれもありかなと思い始めているのだった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です