モデルナ3回目接種の副反応報告


2/23にモデルナの3回目の新型コロナワクチンの接種を受けてきた。なお、私はアラフィフ、男性で、1回目(昨年6月下旬)と2回目(昨年7月下旬)は職場でモデルナを職域接種で受けた。なお体温は5分間体温計をしっかり脇に挟んだ平衡温度で、予測温度ではない。

2/23(水) 10:00
愛知県の集団接種会場である小牧空港で3回目のモデルナ接種を受けた。会場は効率的に回っていると感じた。利き手を確認され、利き手と反対の左肩に接種を受けた。

2/23(水) 13:00頃(接種後3時間)
左腕の接種部位が痛くなってきた。押すとそれなりに痛む。これだと仮に熱が出なくても鎮痛剤は必要だなと思う。現時点では熱はなさそう。

2/23(水) 20:00(接種後10時間)
発熱はなさそうだが、左腕が痛いのでロキソニンを服用して就寝準備。

2/24(木) 6:00(接種後20時間)
熱は36.3℃で平熱。腕の痛みは変わらず。このため予定通り在宅勤務とする。

2/24(木) 13:00(接種後27時間)
熱は37.0℃で微熱が出てきた。相変わらず熱が出るまでの時間が長い体質らしい。

2/24(木) 14:00(接種後28時間)
熱は37.1℃でほとんど変わらずだが、関節にだるさを感じるようになる。左腕の接種部位の痛みは昨日からずっと続いている。

2/24(木) 18:00(接種後32時間)
早めの夕食後に熱を測ると37.1℃で変わらずだ。解熱剤はいらないが、左腕の痛みに痛み止めは欲しい感じ。

2/24(木) 19:00(接種後33時間)
発熱は大したことないが、左腕接種部位の痛みは抑えると痛く、寝返りで目が覚めるのは嫌なので、ロキソニンではなくセレコックスを服用する。

2/25(金) 6:30(接種後44.5時間)
体温は36.3℃だから昨日と同じ。夕方上がらなければ良いが。左腕はまだやや痛い。

この日は普通に過ごし、特に発熱はもちろん倦怠感などはなかった。左腕ではまだ痛かったので、夜寝る前にセレコックスを服用したが。

結局、腕の痛みから始まり、腕の痛み終わったモデルナの副反応だったようだ。

なお、接種3日後の2/26早朝にはワクチン接種アプリで3回目の接種履歴が確認できるようになった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です