愛知県は国の接種証明書アプリを認めない!?


私は名古屋市民で愛知県民だ。職域接種で1,2回目のワクチン接種を比較的早い時期に受けたので、最近3回目の接種券を受領した。これでも名古屋市はそれほど早くないんだろうが、国の朝令暮改政策の尻ぬぐいという面もあるので致し方ない面もあるだろう。

それで、モデルナを打とうと集団接種会場をあたると、小牧空港で予約が相当空いていて、さっそくLINEで予約を入れた。これでけ空いているところを見るとどうやらモデルナは本当に人気がないらしい。もしくは接種券送付の遅れ?デジタル化を進めるべき今日にいつまで紙の券の郵送とかやるんだろうと思ってしまうが。これは市や県ではなく国の問題か。

個人的には副反応は強いが、抗体価の上りも高いので、効き目や効果期間はモデルナのほうが上なんじゃないかと思っていてモデルナ一択。なので空いているのは都合がよい。

接種日も迫り、県のサイトを見て当日の情報を確認すると…、名古屋市の案内にはなかった予防接種済証(1・2回目の接種記録が記載されているもの)がいるとある。

考えてみると、確か個人の予防接種記録を直接預かるのは市町村なので、県は情報がなく書類を持ってこいということだと思う。こっちから見れば、県だろうと市だろうと集団接種会場に違いはなく、如何にもお役所仕事だが。

マイナカードと国のスマホ接種証明書アプリで接種記録をスマホ上に表示できるようになったので、そんな書類とってあったか記憶にない。大体、保管するように言われた覚えもない。接種アプリでダメかを念のため愛知県の感染症対策課ワクチン接種体制整備室に電話した。

K:紙の接種済証は捨てたかもしれないが、マイナカードを使ったスマホアプリで接種記録は表示できるので大丈夫ですよね?
愛知県担当者:本当にないんですか?それでは接種証明書を市町村役場へ行って取得してから来てください?
K:え?接種は明後日ですよ!なぜ国の接種証明書アプリで確認できるのにダメなんですか?何のためのアプリなんですか?
愛知県担当者:少々お待ちください。(数分待たされた後)再度担当部署に問い合わせたところ接種券アプリで大丈夫になったそうです。お待たせして申し訳ありませんでした。

役所に行くと、オフィスは書類であふれていることに気が付く。いまだ書類文化から抜けきれないし、今回の件は、愛知県民に役所に追加で登庁させることなどなんとも思っていない様子に感じる。そもそも国がなぜデジタル化の遅れを取り戻そうと進めているのか理解しているのだろうか?今回のやり取りからするとアプリでの接種歴確認でよいか否かの判断権限は愛知県にあるように思えたが、非常に保守的かつ不効率なしかるべき立場の県職員が判断しているのだろうなと感じた一件だった。

2/23追記
今日予防接種を受けてきたが、接種履歴など確認されなかった。何だったんだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です