LINKSYSのサポートが全くダメな件


アマゾンタイムセール情報で、LINKSYS E9450-JPが7000円を切る破格で売られているのに気が付いた。メッシュを組めるWifiルータなので複数台購入する人もいると思われるが、以下の様になっていた。

  1. 2台セットと1台の2つのボタンがあるが、なぜか1台の価格×2が、2台セットの価格より安い。
  2. 1台を複数セットを購入することはできない。

私の場合3台欲しかったので、割高にはなるが、2台セット1つと1台を1セットを購入したら合計3台買えた。1台セット×3より割高だが。。。

なお最低価格と思われるこの値段は価格.comでこの価格は反映されていなかった。タイムセールはアマゾンを見に行かないとダメなのか。

ところで、それはいいとしても、実は有線バックホールに対応しているぽいのだが、公式サイトの情報には見当たらず、サポートに電話確認をすることにした。

今日はたまたま別件で休暇を取っていたので、月曜日15時頃から電話する。しかし待てど暮らせど出ない。半ばどうでもよくなって、何時になったら繋がるかを試してみた。

一度楽天LINKが切れてしまった。正確には無音になり動作していないように思えたので、SIMを楽天からiijmioのauに替えて再度かけなおした。

17時なったら切れるかもと思い、少し前で上のスクリーンショットを撮った。この時点で1時間40分経過している。

その後放置すると17:15分頃に勝手に切れた様に見えた。意図的にLinksys側に切られた気がする。リダイヤルすると、営業時間外と言って繋がらなくなっていた。

ということで、月曜日とはいえ電話サポートはほぼ使い物にならないと感じた。

ところで、チャットも対応しているので、こちらも試してみた。但し英語でやり取りとなり日本語は選択できない。

すると回答はシンガポール版には有線バックホールがあるが、米国版にはないという回答が返ってきた。ファームウエアなんて国ごとだろうし、なんともな回答だった。日本だというと、残念ながらダメだろうという回答だった。ということで英語チャットも日本に住む人には役に立たなそうな雰囲気だった。

いずれにしてもサポートには期待できないと割り切って、Linksysを選ぶべきだろう。


モデルナ3回目接種の副反応報告


2/23にモデルナの3回目の新型コロナワクチンの接種を受けてきた。なお、私はアラフィフ、男性で、1回目(昨年6月下旬)と2回目(昨年7月下旬)は職場でモデルナを職域接種で受けた。なお体温は5分間体温計をしっかり脇に挟んだ平衡温度で、予測温度ではない。

2/23(水) 10:00
愛知県の集団接種会場である小牧空港で3回目のモデルナ接種を受けた。会場は効率的に回っていると感じた。利き手を確認され、利き手と反対の左肩に接種を受けた。

2/23(水) 13:00頃(接種後3時間)
左腕の接種部位が痛くなってきた。押すとそれなりに痛む。これだと仮に熱が出なくても鎮痛剤は必要だなと思う。現時点では熱はなさそう。

2/23(水) 20:00(接種後10時間)
発熱はなさそうだが、左腕が痛いのでロキソニンを服用して就寝準備。

2/24(木) 6:00(接種後20時間)
熱は36.3℃で平熱。腕の痛みは変わらず。このため予定通り在宅勤務とする。

2/24(木) 13:00(接種後27時間)
熱は37.0℃で微熱が出てきた。相変わらず熱が出るまでの時間が長い体質らしい。

2/24(木) 14:00(接種後28時間)
熱は37.1℃でほとんど変わらずだが、関節にだるさを感じるようになる。左腕の接種部位の痛みは昨日からずっと続いている。

2/24(木) 18:00(接種後32時間)
早めの夕食後に熱を測ると37.1℃で変わらずだ。解熱剤はいらないが、左腕の痛みに痛み止めは欲しい感じ。

2/24(木) 19:00(接種後33時間)
発熱は大したことないが、左腕接種部位の痛みは抑えると痛く、寝返りで目が覚めるのは嫌なので、ロキソニンではなくセレコックスを服用する。

2/25(金) 6:30(接種後44.5時間)
体温は36.3℃だから昨日と同じ。夕方上がらなければ良いが。左腕はまだやや痛い。

この日は普通に過ごし、特に発熱はもちろん倦怠感などはなかった。左腕ではまだ痛かったので、夜寝る前にセレコックスを服用したが。

結局、腕の痛みから始まり、腕の痛み終わったモデルナの副反応だったようだ。

なお、接種3日後の2/26早朝にはワクチン接種アプリで3回目の接種履歴が確認できるようになった。


愛知県は国の接種証明書アプリを認めない!?


私は名古屋市民で愛知県民だ。職域接種で1,2回目のワクチン接種を比較的早い時期に受けたので、最近3回目の接種券を受領した。これでも名古屋市はそれほど早くないんだろうが、国の朝令暮改政策の尻ぬぐいという面もあるので致し方ない面もあるだろう。

それで、モデルナを打とうと集団接種会場をあたると、小牧空港で予約が相当空いていて、さっそくLINEで予約を入れた。これでけ空いているところを見るとどうやらモデルナは本当に人気がないらしい。もしくは接種券送付の遅れ?デジタル化を進めるべき今日にいつまで紙の券の郵送とかやるんだろうと思ってしまうが。これは市や県ではなく国の問題か。

個人的には副反応は強いが、抗体価の上りも高いので、効き目や効果期間はモデルナのほうが上なんじゃないかと思っていてモデルナ一択。なので空いているのは都合がよい。

接種日も迫り、県のサイトを見て当日の情報を確認すると…、名古屋市の案内にはなかった予防接種済証(1・2回目の接種記録が記載されているもの)がいるとある。

考えてみると、確か個人の予防接種記録を直接預かるのは市町村なので、県は情報がなく書類を持ってこいということだと思う。こっちから見れば、県だろうと市だろうと集団接種会場に違いはなく、如何にもお役所仕事だが。

マイナカードと国のスマホ接種証明書アプリで接種記録をスマホ上に表示できるようになったので、そんな書類とってあったか記憶にない。大体、保管するように言われた覚えもない。接種アプリでダメかを念のため愛知県の感染症対策課ワクチン接種体制整備室に電話した。

K:紙の接種済証は捨てたかもしれないが、マイナカードを使ったスマホアプリで接種記録は表示できるので大丈夫ですよね?
愛知県担当者:本当にないんですか?それでは接種証明書を市町村役場へ行って取得してから来てください?
K:え?接種は明後日ですよ!なぜ国の接種証明書アプリで確認できるのにダメなんですか?何のためのアプリなんですか?
愛知県担当者:少々お待ちください。(数分待たされた後)再度担当部署に問い合わせたところ接種券アプリで大丈夫になったそうです。お待たせして申し訳ありませんでした。

役所に行くと、オフィスは書類であふれていることに気が付く。いまだ書類文化から抜けきれないし、今回の件は、愛知県民に役所に追加で登庁させることなどなんとも思っていない様子に感じる。そもそも国がなぜデジタル化の遅れを取り戻そうと進めているのか理解しているのだろうか?今回のやり取りからするとアプリでの接種歴確認でよいか否かの判断権限は愛知県にあるように思えたが、非常に保守的かつ不効率なしかるべき立場の県職員が判断しているのだろうなと感じた一件だった。

2/23追記
今日予防接種を受けてきたが、接種履歴など確認されなかった。何だったんだ。


GTインプレッサQ-85バッテリ交換


スバルのディーラーで4年目の12か月点検を受けてきた。走行距離は23,000km余りであまり伸びてはいない。やはりコロナ禍で遠出が減ったことが影響しています。なんとなくバッテリ交換をそろそろ勧められそうだなあと思っていたら… あたりでした。前のプレマシーは、4年半後に下取りに出した時までもったのに。。。

でも、今回の点検で持ち込む直前でも、エンジンの暖気が済めばアイストはバンバン動作してるんですね。少なくともインプレッサ(他のアイスト車は知らないが)の場合、アイストが作動しなくなったからバッテリーが弱ったというのでは判断が遅いということらしい。

ディーラで交換した場合、費用は2.8万円余りだとのこと。実は想定外に安いと思いました。だって〇-トバックスみたいなカー用品店でも3万円程するので。これだとディーラで交換するよりカー用品店のほうが高いことになりそうです。ちなみに前車のマツダプレマシーではマツダディーラーで3.4万円と言われたようです。

Q-85バッテリーというのがプレマシーでもインプレッサでも適用となるのですが、アマゾンで買えば国産ブランドのものが約1.5-2万円のようです。

問題はバッテリー重量が20㎏近いこと。この重さで私のガラスの腰では、取り付けはおろか搬入も苦労しそうです。なので、今のところアマゾンで買って…というのは保留で、どこか安い整備工場をあたってみようと考え中です。


Alder Lake Core i3 12100で自作


自作デスクトップのCPUがSkylakeなCore i3でWindows 11には非対応が気になっていた。ちょうど、Alder LakeのCore i3が発売されたので自作して組みなおすことにした。

前回もそうだが、重い処理は全くしないので、Core i3を選択した。ただし、内蔵グラフィックは欲しかったので無印、B660チップセットのM/Bとした。

OSは、今入っているのがWindows 7をアップグレードした10だが、調べてみると大幅なパーツ入れ替えでも、再認証できる場合があるようだ。結論から先に書くと、自分の場合パーツでPCを組み、

1. Windows 10をクリーンインストール
2.ライセンス認証画面でプロダクトキーを聞いてくるので、Windows 7のものを入力

であっさりライセンス認証された。

前後するが、以下のパーツで組んだ。

CPU:Core i3 12100
M/B:  ASUS PRIME B660M-A D4
RAM: Crucial 8GBX2枚 DDR4-3200 CL16 DIMM Black(O/Cせず使用)
SSD:  WD BLACK SN750 SE NVMe SSD WDS500G1B0E 500GB M.2 SSD

Windows 10で様子を見たが、問題なさそうなので11にアップグレード。若干気になる点があるが、まずまず安定している。気になる点とは

  • なぜかこのM/B、ONで電源LEDが点滅、スリープだと速い点滅となる。普通はONで常時点灯だと思うが…。
  • ごくまれに、電源が切れないことがあったが、色々といじっているうちに解消。

まだ、UEFI(BIOS)も初期バージョンだし、今後さらに安定してくれればと思う次第だ。