Wechatアカウント停止解除?


私はコロナ拡大の前までの話だが、よく連れと中国旅行に行っていた。最後に中国に行ったのは2019年年末から2020年年始だったから、最後にWechatを使ったのはこの時だと思う。

参考までにご存じの方多いと思うが、Wechatは日本で使われているLINEに近いアプリだが、ミニプログラムで各店舗の注文ができたり、そのままWechat Payで支払いができたり(2019年の段階で中国外在住の日本人は不可。Ali Payは可)、観光案内が提供されたり、と中国では重要アプリの一つだ。

私はメインで使っている日本の携帯番号SMSと紐づけてWechatを使っていた。中国以外の携帯SMSも使うことができる。

ところが昨年2020年の9月頃、たまたまWechatにログインしようとすると、アカウントが凍結されていることに気がついた。理由はしばらく使っていないのでというような表示だった記憶。友達に救い出してもらう事ができるようだったが、あいにく妻との中国での連絡用だったので、ろくに利用していない。

妻のアカウント(こっちは中国の友人と時々連絡を取っていたので生きていた)から救い出してアカウント復活を試みたが不可だった。

日本人の友人で中国ビジネスに関わっている人から(その時点で友人登録なし)救い出してもらおうと色々やってみたがNG。やはり日本在住者or日本人のアカウントからは難しいのかもしれない。

ところがである、先日試しにログインし、SMS再認証すると昨年9月にどうしてもできなかったWechatアカウントを復活させログインすることができた。

早速連携させてはいなかったfacebookとの連携を実施。登録メールアドレスもgmailからMSNのものに替えた。

実はアカウント凍結になったときに救い出せる人3人(Wechatでは日本語で緊急連絡先、英語でemergency contacts、中文で应急联系人)を登録しておけるようなのだが(試したわけでないので間違っているかもしれない)、

  1. 連れ
  2. 前述の日本人友人
  3. 妻がよく話す妻の中国人の友人(前述)

を早速登録した。参考までに緊急連絡先のWechatの英語での説明は以下となっている。

なぜ今回ログインできるようになっていたか…。コロナで訪中できず結果的にWechatを使わず、停止されたアカウントが多かったから規則を緩めたと勝手に予測している。

しかし、Wechatのアカウントが凍結されたときには、俺も中国政府にマークされる存在になった!?と恐れたものだったが。。。

今回、Wechatに私の個人情報を登録し放題となったが不吉なことが起こらないことを祈るとするか。。。


ASUS CM3でファイル取り込み時に9時間のずれ


ASUSのChromebook CM3をもって旅行に出かけた。コロナもあったので本当に久しぶりの旅行だ。CM3は軽いし電池も持つので旅先では本当に重宝する。

しかしある問題に気が付いた。Pixel 4aとCM3を、USBケーブルでつなぎ、OTGでファイル読み取り可能にする。ここまでは何の問題もない。ところが、CM3側から撮影した写真ファイルを見ると、ファイル更新日時が実際の日時+9時間となることに気が付いた。

例えば、10月10日13時に撮影した画像ファイルのタイムスタンプは、10月10日22時と表示されてしまう。WIndowsで同じことをしょっちゅうするが、こちらでは問題を起こしたことはない。

もちろん、PixelもCM3も正しく日時設定、タイムゾーン設定はされている。

一方でコンデジのSONY RX100M1で撮影したSDカードを、カードリーダ接続で見ると日時は正しく表示される。

なんとなく、ChromebookのOSの問題?実は上はPixel 4aでの話だが、試しに手持ちの

OPPO Reno A
Huawei Mediapad M5

で試しても、Pixel同様にCM3上から見ると9時間の日時ずれが生じることを確認した。どうやら、Android→Chromebookにファイルを移動/コピーするときはよろしくないようだ。同じGoogle製なのに…

旅先から撮った写真ファイルのバックアップを自宅NASへとることをこれまでWindowsでやってきたが、一工夫しないとタイムスタンプがずれてしまう。

なお、試しにPixelにSDカードリーダ経由でSDをつなぎファイルコピーしたら、ファイルのタイムスタンプはコピー日時となるようだからこの手もダメ。

もしかすると、SDスロットが載ったAndroid機で、写真撮影時の保存先をSDカードにすれば、行けるかもしれないが残念ながらPixelにはカードスロットはない。

というわけで一つ問題が未解決で残ってしまった。


トヨタ系ディーラーの闇


最近トヨタ系ディーラーでの不正車検が大きく報道されているが、個人的にはトヨタ系ディーラーの社風に問題があるのではないかと思っている。

私が経験したトヨタ系ディーラーへの不満や不公正行為を挙げる。

1)相部屋病室を仕事部屋に
もう、20年近く前の話だが、私はある疾患で手術し入院となった。手術が終わり麻酔でぼーっとして病室に運ばれてきた。病室は4人くらいの相部屋だった記憶。麻酔も効いているのでそのまま眠りたかったが、邪魔が入った。

トヨタ系ディーラの上役が同じ部屋に入院しており、事もあろうに見舞いに来た?部下2-3人と会議を始めた。話の内容(車種)からトヨペット店と分かった。

「この客は**だから△△で対応を」

とか客対応の会議を始めたのだった。そこは病院の相部屋病室である。

病院とは、病気を治すところ。安静にしなければならない人がいるところであることは、10歳児でも理解できると思うのだが。百歩譲って差額ベッド代払って個室でやれと言いたくなったのを記憶している。

もちろんうるさくて、その日眠ることはできなかった。

2)オプションてんこ盛りに偽りの商品説明
15年くらい前に地方都市のトヨタ店でアイシスを買おうとした。見積もりを取ったところ、わけのわからない品目が山と記載されている。一つ一つググるとエンジン添加剤やごみ箱等、頼んでもいないし必要もないものばかりだった。それで削除させて再見積もり。

すると在庫車があるから納期を早められる。仕様も変わらないと説明される。まあそれならよいだろうと契約した。

しかしである、小変更がされており、色々と仕様が異なっている。最大の違いは私が契約した車は当時の排ガス性能が4星、契約時点での最新仕様は5星で税額だけで数万円違った覚え。つまりやられたのだ。

さすがに頭にきて仕様が違うし、税額が高いから損ではないか?と抗議すると謝りに来て値引きするので契約は維持してほしいとなった。

3)ドラレコが十数万円?
これは私の話でなく当時70代の父の話。クラウンを2)と同じトヨタ店で購入し、途中でドラレコを取り付けてもらったようだった。7-8年前の事で当時私はすでに同居していなかったので、詳細は知らないが、十数万円請求されたようである。

分かったきっかけは、私が自分でドラレコを付けた話を母にしたことがきっかけ。母が、経済状況ではそれほど恵まれない?私に

「十数万円もするものつけたの?」

という。

「本体3万円で、自分で取り付けたから取り付け費はタダ。」

と答えると驚いていた。

クラウンにトヨタ店で取り付けられていたドラレコは、FHD動画仕様だったと思うが、前走車のナンバーが読めるどころか、動画がボケボケ(当時3万円の私のドラレコは前走車のナンバーを判読できた)のとんでもない代物だった。こういう事に疎く、父は働いていたので金は出せると人だと踏んで吹っ掛けたのだろう。

当時ドラレコの値段はカー用品店で3万円程度が多く、ディーラーで取り付け費を含めても高くて7‐8万円、もちろん前走車のナンバーが判読出来る程度の画質のものでだ。

過去、販売のトヨタ、技術の日産と言われた時代もあった。もうずいぶん前のことだが。いずれにしてもトヨタのセールスは他社とは違っていた。

これを一生懸命やっている信頼できる人と思って買う人が多かったから、日本でシェアを上げていけた。日産も振り切り、ホンダも振り切りトップになった印象。

私はアイシスの件でトヨタ不信となり、以後トヨタ車は購入していない。実際前にも書いたが、アイシスは下取りこそよかったが、車の出来は褒められたものではなかった。

その後、マツダ、スバルといったディーラと付き合ってきたが、トヨタほどどぎついディーラーには出くわしていない。


出口は亀山西JCT!?


四国旅行の帰路、ナビに名古屋市内の自宅へ帰るようセットした。デフォルトだと淡路島経由になるので、経由地として神戸JCT(大阪方面?)もセットして、ナビ案内を開始した。ナビは三菱のスバル純正ビルトインナビNR-MZ-300BINである。地図更新し、現状最新の2020年度の地図となっている。

するとなんと出口が亀山西と表示される。亀山は名古屋のおよそ60km手前の三重県の地名だ。汚い写真で申し訳ないが、以下のような感じ。以下の写真は瀬戸大橋の与島PAで撮影したものだ。

これだけ見ると、亀山西で降りて、名古屋市内まで下道でルーティングしているようにも見えるが、違うのである。

そもそも亀山西ICというのは存在しない。存在するのは2019年3月に出来た亀山西JCTである。ここは新たに出来た新名神と昔からある東名阪の分岐だ。

そのまま車をルート案内どおりに進め、亀山西JCTに近づくと何も案内しない。本来JCTに近づくと、どちらに向かうか案内するのが通常の動作のはずだが。

そして亀山西JCTで、新名神側へ進むと、しばらくすると出口ICの表示が空白になり、その後ようやく名古屋市内のIC名が正しく表示された。

どうやらファームウエアのバグのようだ。念の為、亀山西JCT~新四日市JCT間のマップは収録されており、未収録ではなかった。また、行き(新四日市→亀山西)はきちんとナビ案内された。

既に購入後3年半経過しているが、スバルに言うのかなあ。毎回同じ挙動なのだろうか?


足摺岬から酷道439号で四万十川中流域へ


実は日曜から四国旅行に来ている。日曜は金毘羅さん、月曜は足摺岬の宿に泊まり、今日は足摺岬あたりをまず観光。

この後、四万十川中流域へ行くことにした。ナビに行き先として道の駅 四万十大正を入れると、国道439を通るルートが案内された。実際、Googleマップでも似たようなもの。

ちなみに、Yahoo地図でも同じルートが案内されるから、ほとんどのナビはこのルートを紹介されるのだろう。

国道439号。まさに酷道で、通ってはいけない道だった。峠付近大型車すれ違い困難と注意書きが所々にあったが、大型車どころか普通車でも相当に苦労する。wikipediaによると、日本三大酷道の一つらしい。

なんとか通りぬけて、道が開けると、道の駅 四万十大正に到着。

そこで昼食後、車を走らせて今度は四万十とおわに到着。四万十川中流域のきれいな景色を楽しむことができた。

帰ってきたら出迎えてくれたホテルの従業員が、地元の人は国道439号は「ヨサク」とよんでまず通らない。私も一回通ったことがあるが、それ以後はないと話してくれた。

ナビは距離と時間でルートを選ぶので、信用しすぎると大変なことになることもあるんだなと。


ASUS Chromebook Detachable CM3レビュー


ASUSのChromebookであるCM3を買った。少し使い込んだのでレビューを書いてみようと思う。

10インチ液晶なので、最近多い10インチのアンドロイドタブレットに近い液晶サイズだが、Chromebookの方がPC的でアンドロイドタブレット+キーボードとはかなり様相が異なる。

良いところ

  • コンパクト。キーボード付きでも1kgより軽い。旅行に最適。
  • 多分同じ価格帯のWindows機と比べれば低スペックが気にならない。
  • PCと同じChromeブラウザが動く。この点はAndroidスマホはもちろんAndroidタブレットと比べても情報量の点でアドバンテージ。
  • (参考情報)アンドロイドスマホの典型的な高速充電器仕様である9V 2AのUSB-PD充電器(Anker PowerPort PD2)で充電可能だった。
  • Andoroidスマホと相性がよくBTペアリングしておくと、Wifiがない場所でも、接続済AndoroidスマホとBTテザリングしてネット接続可。
  • Andoroidアプリがそれなりに動く。一部は互換性なし。(Andoroidアプリの使用は本機のように画面タッチ操作ができないと辛いアプリが多い。)
  • DebianベースのLinuxアプリが動く。但し起動に結構時間がかかり、動作も重め。私はThunderbirdを入れている。
  • SDスロットはないが、本体128GBでChromebookとしては十分。
  • 以下のAnkerのデバイスで、有線LAN、USBポートについては動作確認できた。AnkerデバイスのUSB PDポートからの給電もOK。HDMIも未検証。動作を確認した。

気になるところ

  • 指紋認証がないので、ログインが面倒。
  • キーボードが剛性感低い。まあ軽さと価格を考えれば仕方がないか。
  • ChromeOSのサポート期限(2028年6月)が切られていて、その後の使用は厳しいこと。

試してないこと

  • 内蔵しているペンは有益だと思うが、私は今の所あまり使っておらずレビュー割愛。
  • 本機はキーボードを外してタブレットとしても使用可能だが、私はこの形態で使っていないので、レビューを割愛。

ということで総じて結構気にいっている。これで4万円は安いと思う。