消費者契約法とキャンセル料


大手宿泊予約サイト、○天トラベルで、宿泊プランを探していたら、予約の段になって以下のキャンセルポリシーが表示され唖然とした。

なんと宿泊日の14日前からキャンセル料が発生し、その額は50%、7日前になると100%、つまり全額が返ってこないことになる。

狡猾なのは、宿泊施設紹介ページには以下のようにある。

もっと安いキャンセルポリシーを示す一方で、プランごとにキャンセルポリシーが異なり得ることがこそっと書かれている。

実は、消費者契約法9条1項には以下のようにある。

(消費者が支払う損害賠償の額を予定する条項等の無効)

第九条 次の各号に掲げる消費者契約の条項は、当該各号に定める部分について、無効とする。

一 当該消費者契約の解除に伴う損害賠償の額を予定し、又は違約金を定める条項であって、これらを合算した額が、当該条項において設定された解除の事由、時期等の区分に応じ、当該消費者契約と同種の消費者契約の解除に伴い当該事業者に生ずべき平均的な損害の額を超えるもの 当該超える部分

 

つまり、今回のケースなら、宿泊施設が予約者に予約キャンセルされたことによって発生するキャンセル料は、キャンセルで生じる平均的な損害額までは有効だが、損害額を超える部分は無効と定めている。

さすがに7日前に、宿泊代金全額がキャンセル料になることの説明は不可能だと思う。

かつて格安国内航空券のキャンセル料が不当に高いと、航空券をキャンセルした弁護士が全日空を相手に、この条項を根拠に訴訟を起こしたことがニュースになっていた。

判決が出たニュースを聞いていないので、全日空は、キャンセル料を減額して訴訟を取り下げさせたのだろうか。

この消費者契約法に照らして無効なキャンセル料掲載を、大手楽○トラベルが斡旋しているのもひどい話である。

参考までに、同じ宿泊施設をじゃらんで検索しても予約が可能だが、この様な強烈なキャンセルポリシーの宿泊プランは表示されなかった。

いずれにしても、不当なキャンセル商法、何とかしてほしいもの。実損を超えるキャンセル料はたとえ契約を結んでいてもその条項は平均的な実損を超える部分について無効であること、知っておいて損はないと思う。

Dell Inspiron13(7300)レビュー


先日いきなり新規購入してトラブル報告したDell Inspiron13(7300)について、使用感を書いてみようと思う。

↓先日のトラブル報告


 

まずPCスペックは以下の通り

CPU 第11世代 Core i-7 1165G7(2.8GHz)
メモリ 16GB
SSD 512GB
重量 1.05kg(グラフィックチップ搭載のため)
USB Type-c(1つ)、Type-A(左右に一つずつ)
その他外部端子 HDMI、microSD、イヤホン
その他特徴 グラフィックチップ nVidia MX350内蔵

気に入っている点

  • 軽いこと。フットプリントもまあまあ小さい。
  • HDMI端子あり。

やや気になる点

  • 結構ファン音がうるさい。使用中、回っている機会が多い。
  • キーボード配列「¥」と「BS」気が近接、左矢印キーの上に「pg up」、右矢印キーの上に「pg dn」。しかも近接。

  • MX350はCPU統合IrisXeよりパフォーマンスが低いらしく、意味不明。しかしメモリー16GBモデルには漏れなくついてくる。
  • 銀色キートップに白色LED照明はコントラスト最悪で見づらい。

MX350は気に入らなければWindows上でソフトウエア的に無効にできる。ただしLinuxなど入れた場合どうなるかは不明。

気になる点は、これの前に使用していたXPS13(9350)にはなかった欠点だ。

  • XPS13はキートップ黒で白色でキー名を記載だから見やすく、白色LED照明も見やすかった。
  • ファンが回る機会は少なかった。
  • キーボード配列もここまでではなかった。ただし重さが300g程度重いので同じ土俵で比較するのは酷かもしれない。

一番気になるのは最近シルバーのキートップに、白色LED照明の組み合わせのノートPCをよく見ること。老眼が出てきてからこれは結構きついのだ。

色々書いたが、軽いことなどメリットもあって基本的にはInspiron13 7300を気に入っている。仕様的には

  • MX350は載せない。
  • Type-C端子がもう一つ欲しかった。(従来型Type-A削減してでも)

現在のXPS13はUSB Type-Cが2つあるものの、従来型のType-A端子が一つもなく、将来的にはありだと思うが、当分はちょっときつい。まあ値段もXPS13の方が高いし、検討対象にはしなかったのだった。


DELLのPCで特定のサイト閲覧不可の件(SmartByte)


DELL Inspiron13(7320)というPCを購入した。

使用感は別途として早速トラブった。特定のサイトにアクセスできないのだ。具体的にはfacebookやyoutubeだった。youtubeはアクセスできることもあるが、動画の再生ができないので何かがおかしい。

しかし、

  1. ブラウザを変えてもダメ。
  2. 同じWifi(家庭内LAN)に接続されている別のPCでは問題がない。
  3. ルーターも念の為再起動したが改善せず。
  4. せっかく色々設定したInspironだが、OS初期化してみるがダメ。

流石に詰んだ。ダメ元で、Yahoo知恵袋で聞いてみると、有益な答えが返ってきた。以下のリンク先だ。

そう、ここにあるSmartByteのサービス2つを切ったら問題は解決した。買ったばかりなのでDELLのサポートにも電話してみると、あっさり問題を起こすことがあることを認めた。アンインストールしても大丈夫だと。

これである。速攻でアンインストールしてとりあえずは解決。

しかし、Inspiron13、これ以外にも不満がいくつかある。また追ってあげようと思う。