Pinetabに苦戦中-mobianでMozc


Pine64がリリースしたpinetabというのがある。

Linuxベースのタブレットかポータブルなノートが欲しいと思っていた私は、本体だけだと99米ドル。専用キーボード+送料を含めても1万数千円だったこともあって思わず衝動買いした。届いたのは9月初旬だった記憶。

プレインストールされているのはUbuntu touchといっても本家のUbuntuとはかなり違うというか無関係に近い。Arm版であることもあるが、タブレットやスマートフォンに特化したOSだ。

pinetabはEarly Adapter版と名乗っているだけあって、今日現在でもOS(Ubuntu touch)の完成度はかなり低く、マウスがまともに動かないとか、ブラウザがFirefoxもChromiumもないためにGoogleサービスが一切使えないとかいうような有様だ。これには正直がっかりした。

こんな完成度だからか、pinetabを受領してまもなくフォーラムで売りに出されている有様だった(米国の購入者だった)。

このタブレットは複数のOSが使え、microSDにイメージを焼いてSDスロットに差し込むだけで、SDカードから起動する仕様だ。mobian(Mobile Debianの事らしい)が最も完成度が高そうであり、今これをなんとか使えないものか画策している。

Thunderbirdはとりあえず動いている。
Chromiumもpinetab用mobianでは互換性が低いとあるのだが、これも私の使った限りでは問題なく使用できて、Googleアカウントにもログインできた。

問題は日本語入力で、標準はAnthyなのだが、これがどうしても動かない。1度目の変換はでき、2度目の変換キーを押したところで本来なら複数の変換候補が縦に展開されて併記され、選択できるはずだがこれが出来ずに2番目の変換候補で自動確定されてしまう。所詮Anthyなので無理に動かす事はあきらめ、Mozcを入れられないか試してみた。

標準のAnthyはiBus版なので、手順を以下に書くと(スクリーンショットが取れず文字説明のみ)、

  1. aptコマンドでibus-anthyをアンインストールする。
  2. aptコマンドでibus-mozcをインストールする。
  3. 設定-地域と言語で、入力ソースの欄を日本語(Mozc)のみにする。
  4. ibus-setupコマンドで、入力メソッドを日本語-Mozcのみにする。

試行錯誤の末におそらくは以上の手順でようやくMozcが使えたので、行けると思うが抜けの設定などがないか自信はない。参考にしたのはMobianではなく、Debian情報の以下のページの情報だ。

しかし、まだ

apt updateを実施するとタイムアウトする(一部のリポジトリのみ?)。
bluetooth機能がOSで認識されておらず有効化出来ない。

など問題は山積だ。安定性にもかけるし、インストールしてもまともに動かないアプリも多い。でもまあ、元のUbuntu touchよりはかなりマシなので、当面mobianで頑張ろうと考えている。

(2020/11/2追記)
pinephoneで試された方がうまく行かないとコメントいただきました。私もいろいろと試行錯誤の上にようやくMozcが動いたので、以下に修正手順を改めて記載しますが、正直、以下手順でうまく行くか自信ないです。あと入力に使用したのはソフトウエアキーボードではなく、pinetab専用純正キーボードです。

  1. ソフトウェアからAnthyをインストールする。
  2. aptコマンドでibus-mozcをインストールする。
  3. 設定-地域と言語で、入力ソースの欄を日本語(Mozc)のみにする。
  4. ibus-setupコマンドで、入力メソッドを日本語-Mozcのみにする。
  5. aptコマンドで、ibus-anthyをアンインストールする。

(更に追記)
私の環境では、専用純正キーボードは動作しますが、ソフトウエアキーボードが起動できないことに気が付きました。これは上記設定のためか、それ以外の理由か不明です。


DELL XPS13(9350)のSSD交換


DELL XPS13(9350)というモバイルPCを所有している。Skylake(第6世代)Core i5が乗ったモデルで、SSDはNVMeのSamsung PM961 256GBが載っていた。速度はともかくLinux Mintとのデュアルブートなので、容量的に厳しくなってきた。

最初に考えたのは省電力、低発熱なWDのSN550である。若干値は高いがkakaku.comでの評判は高い。もともとハイエンドモデルには興味がなかった。理由は発熱とバッテリー持ち、それに古いPCであることもある。

ところがSN550は、BIOSによっては、認識できず、つまり相性問題が生じることが報告されていた。さすがにノートPCをばらして相性でまた交換は悲しすぎる。すると、Crucialは、ノートPC等のアップグレード交換に際して、互換性を公開しており、XPS13(9350)には、CrucialのM.2 SSDのP1、P2、P5シリーズいずれも対応していることがわかった。

これで安心して低発熱かつ大容量なP1の1TBモデルP1 CT1000P1SSD8JPを購入して取り付ける事にした。


普通の人はSSDクローンを作成して交換するのだろうが、あいにく2つのM.2 SSDを同時に繋ぐ機器/環境は持っていない。そこで、Synology DS218+のActive Backup for Business(ABB)を利用して、交換前にバックアップしておき、交換後にバックアップを試みた。DELLはドライバを公開しているので、駄目ならクリーンインストールするつもりだった。日系メーカーPCはこういう点でも全く駄目なので、最近全く買う気がしない。

DS218+は既に後継機種DS220+が出ている。なおABBは、jシリーズなどSynologyのNASの下位モデルには搭載されていない。

この作業に踏み切る前に一つ確認をした。ABBは復元時に、USBメモリー上のWindows PEで起動して復元作業となるが、認識できるネットワークデバイスは有線LANのみ。しかしXPS13(9350)には有線LANが存在しないので、試しにBuffaloのUSB-LAN(LUA4-U3-AGT:販売終了製品)を使用した所、追加ドライバ不要でLANを認識し、NASに接続できることをあらかじめ確認した。

SSD交換は、バックパネルを開ける必要があるが、既にWifi交換で実施済のため、迷うこともなかった。

交換後、ABBの復元用USBメモリーで起動し、復元をした所あっさりWindows 10が立ち上がった。しかしこのままだと、旧Windows領域+回復ドライブが前のパーティションサイズのまま復元され、後ろに空き領域が出来た。

Windows領域の拡大と、Linux Mintの領域を一番後ろに持ってくるために、無料版のAOMEI Partition Assistantを使用して移動、Windowsパーティションサイズ拡大をした。

これで、Linux Mintを再インストールして作業完了。意外とあっさりと事が進んだ。試しにベンチを走らせてみると、元のSamsung PM961と比較して、読込速度同等以上、書込速度は3-5倍程度速いスコアのようだった。発熱も少なく満足だ。

Crucial P1 CT1000P1SSD8JP交換後のスコア