Windows 10 2004への更新でハマる


新しい物好きの私は、Windows 10の大型更新が始まったと聞き、早速トライ。

すると一番時間がかかった、NEC LAVIE Tab TW708/CASでトラブル。BTマウスは何の問題もなく認識するのだが、BTキーボードが全く認識しない。ペアリングし直して接続してもだめ、何をやっても入力を受け付けないし、再起動するとペアリング済デバイスリストからも消えている。

どうやらRealtek製bluetoothで、複数のデバイスとペアリングできない問題があるようだ。

そこで調べてみると、このタブレットにはRTK8723が使われているようで、ビンゴのよう。流石にBTキーボードが使えないと厳しいのでもとに戻す羽目に。やれやれだ。


PR-S300NEでLAN内DNSを使用する


私はこのページでもわかるように、NAS(DS218+)でサイトを公開している。使用しているのはフレッツ光ネクストで、ルーターもNTT西日本から提供されるPR-S300NEを使用している。

同一LAN内のPC等から公開サイトのアドレスにアクセスすると、名前解決ができない。直接IPアドレスを打つか、各クライアントのhostsファイルに名前解決できるよう書き込む方法が考えられるが、いずれも非常に面倒である。

私が使用しているNASであるSynology DS218+にはDNSサーバー構築の機能があるので、NASを宅内DNSサーバーにしてみた。

固定IPで接続している機器は、DNSアドレスをNASのIPアドレスに変えればよいだけで以上で終わり。一方でPR-S300NEのDHCPサーバー機能を用いてIPアドレスの割当をされている場合は、当たり前だが、DNSサーバーIPアドレス=PR-S300NEのIPアドレスとして設定されてしまい、これでは名前解決はできない。

PR-S300NEのページを見ると、以下のDNS設定項目が見つかった。

上図赤字で「ここ」と記したプライマリDNSの位置にNASのIPアドレスを書けばよいのだろうと設定した。ところがいざ、PR-S300NEのDHCPサーバー機能を用いてクライアントがIPアドレスの割当を受けると、DNSサーバーアドレスもPR-S300NEのIPアドレスが割当てられて、宅内サーバーの名前解決ができない事が分かった。PR-S300NEのDHCPサーバー機能を殺して、NASのDHCPサーバ機能を使う手も考えられるが、たまにNASは再起動させるので、できれば避けたい。色々と調べてみると、


PR-S300NEの静的ルーティング設定で、上図の通り解決したいドメイン名と、ルーター(PR-S300NE)のIPアドレスを指定し、有効にすることで解決することが分かった。上図の静的ルーティング設定を有効にしても、PR-S300NEのDHCPによりIPアドレスが割り当てられたクライアントのDNSのIPアドレスはPR-S300NEのIPアドレスであって、NASのIPアドレスにはならないが、問題なく名前解決できるようになった。


特別定額給付金の電子申請に悪戦苦闘


新型コロナウイルス対策として特別定額給付金の電子申請をWindows PCと旧型のSONYパソリRC-S330で行ったが結構トラブったので、以下に注意点をまとめておく。

  1. パソリの準備(その1)
    NFCポートソフトウェア(旧FeliCaポートソフトウェア)をインストール(必要に応じて新バージョンに更新)する。ものは以下からダウンロードした。インストール後再起動必要。
  2. パソリの準備(その2)
    PC/SC アクティベーター for Type B
    以下のページからダウンロードしインストールする。私はこれが入っていなくてエラーとなった。
  3. ブラウザの準備
    使用できるのは、IE11、chrome、Edge(但し、chromiumベースの新バージョンは不可?)だが、プラグイン(マイナポータルAP)がいるので他のブラウザ、例えばFirefoxは駄目のよう。結論から言うと、私はchromeでうまく行かず、IE11で申請に成功した。Edgeはchromiumベースになっていたので試さなかった。
  4. SmartCardサービスが開始されていること
    これは、上の1. 1)で再起動すれば自動的にサービスが開始されるはずだが、何らかの理由でされなかった場合エラーが出る。

以上に気をつければ良いようですが、上記の通り私の環境ではchoromeではマイナポータルAPの動作がうまくいきませんでした。

以下私が経験したエラーコード

エラーコード:EW244-1500

上記4.の問題だが、1.のあとに再起動しなかったことが原因か。

エラーコード:EW144-1500
2.を忘れていた事が原因だった。

エラーコード:EW044-C300
マイナポータルAPが動作しないことが原因だが、chromeではどうでしてもうまくいかず、IE11で申請した。

私の抜かりも多いのだが、これじゃあトラブル人も多いだろう。SONYの問題と国の問題が入り混じっていることも複雑だ。


dyson V6 car + boat extra故障


巣ごもりのGW、車の掃除でもしようと、スバルの成約でもらったdysonの掃除機を取り出した。型名はdyson V6 car + boat extraというらしい。

いざ掃除機のボタンを押すと、不動でLEDが赤点滅するではないか。

ネットで故障情報を探索すると、赤点滅は故障を示している。点滅回数で意味が異なる。保証期間切れの場合、修理費は結構高価(←これ重要)ということがわかった。どうやら修理となるとその費用は国産(今どき中国製だろうが)ブランド「○キタ」のコードレス掃除機が買えてしまう金額だ。私の場合はLED赤点滅回数は30回ほどであった。

スバルの成約記念でもらった掃除機なので、2年くらいは契約しているはず。納車が2018年3で、成約は忘れもしないピョンチャンオリンピックで羽生結弦が金メダルをとった2月17日。スバルへの来店客が滑走時刻と重なって妙に空いていたことを思い出す。おっと話がそれた。ダイソンの保証期間は2年なので絶望的になりながら、製品登録メールを漁る。すると、…

セーフ!今日が5月4日だから、あと15日保証が残っているではないか。早速カスタマーサポートへ電話するが、、、5/6までサポートは休みとの事。5/6は電話が込み合う事が予想されるというが仕方がない。出直すとする。

5/6昼頃に改めて電話する。10分ほど待たされただろうか。電話が繋がり、症状を話す。赤点滅は本体故障かバッテリー不良を示しているとの事。点滅回数は12回かそれ以上か聞かれたので、30回くらいと答えると、バッテリー不良だが保証期間なので、交換品を無料で送るとなった。

やれやれだ。実は二年弱の間にこの掃除機を使ったのは数えるほど。それで壊れられてもと思う一方で、無料で交換品を送ってくれるならそれでよいかとも思ったり。

それにしても、成約記念で掃除機をもらったのだが、その後ディーラー名古屋スバルで点検に出すも一度として洗車をしてもらったことはない。リコールだなんだで忙しいからという理由でいつも500円のQUOカード。そんな未来の予兆だったのかもしれない。