DELL XPS13(9350)の無線LAN+Bluetoothカード換装


DELL XPS13(9350)は、標準でBluetoothと802.11ac、nのWifiが付いている。しかし搭載されているBroadcomのBluetoothは相性が悪いデバイスが多かったり、Wifiもいまいちと感じていた。

本体を分解するのは勇気が要るが、調べてみるといろいろと紹介されている。SSDを換装する人、バッテリを交換する人、私のようにWifi+Bluetoothカードを交換した人もいるようだ。

実はDELLは、公式に分解方法や必要工具を紹介している。こういうところ日系メーカーは既についていけていない気がする。さすがはDELL。

必要な工具、つまりプラスの精密ドライバ、T5トルクスドライバ、プラスチックスクライバは既に持っていたので、次にどのカードを搭載しようか調べてみた。

使用できるカードの仕様はM.2 2230で、元々付いているカードと同じWi-Fi(PCIe)でBluetooth(USB)接続の物を選択した。インテルのカードで選ぶことは決めていたが、結局最新Wifi6対応のIntel AX200 NGWに決めてアマゾンで購入した。

本体分解の手順は割愛するが、ネジを外すのは容易だが、スクライバーでカバーを外す際は爪を折らないか注意した。幸い私は大きな問題もなくカパっと剥がすことができた。

元々載っているカードを外し、新しいカード装着。カード上の2つの同軸コネクタにアンテナ線を接続して、締め付け部品をネジで固定して完了。あとは逆の手順で、裏蓋を組み上げた。

これで、XPS13を起動。問題なく立ち上がったが、当然にWifiとBluetoothは認識されない。世代が新しいカードでもあるし、ドライバーがないわけだ。

別のPCでIntelのサイトからドライバをダウンロードし、USBメモリーで渡してインストール。

結果無事認識され、WifiもBluetoothも使えるようになった。やれやれだ。Bluetoothの癖がなくなったのはメリット。一方でWifi6のアクセスポイント/ルーター機器はまだまだ高く、その真価を発揮できるときはいつのことやらではあるが。

(追記)
取り外したBroadcomのカードをHPの15-ba000に取り付けたところうまく認識した。

過去のHPのPCはBIOSで純正以外のデバイスをはじくものもあったようだが、本機では問題ないようだ。