Xiaomi Mi Smart Band 4のクリップタイプ充電ケーブル


先日Xiaomi Mi Smart Band 4を互換金属ベルトともに購入したことを書いた。

金属ベルトなので、本体とベルトの間にゴムパッキンを挟む構造であることも書いた。このため、純正の充電ケーブルを使う場合、充電時に一々ゴムパッキンを外して充電する必要がある。これは面倒なので、クリップタイプの充電ケーブルを購入した。

春節だというのに台湾から1週間あまりで到着した。

早速試してみたところ、接点が合うようにセットするのはかなり気を使うが、充電できることは確認できた。

クリップタイプの充電ケーブル。ケーブル長30cm

写真で分かりづらいが、ゴムパッキン付きで充電できた。

実はこの製品にはケーブル長30cmと100cmが選択でき、私は30cmを選択した。しかし、簡単に外れそうなので、テンションがかかりにくいよう100cmを選択すべきだったかもと思ったのだった。


活動量計Xiaomi Mi Smart Band 4と互換金属ベルト購入


活動量計のXiaomiのMi Smart Band 4が日本へ正式に導入された。4000円足らずで機能満載ということで、早速アマゾンで注文した。年末に注文したのだが欠品中で到着したのは年始だった。買ったのは最近正式に発売開始された日本正規版だ(アマゾンではグローバル版も併売されているが両者に値段差はほぼない)。

使って感じたことは、歩数計はともかく、睡眠の記録はあまり役に立たない感じ。夜中に階下のトイレまで歩いて行って用を足したのに、中途覚醒とはカウントされていなかったからだ。

ところで、標準のベルトはシリコンゴム製。私は、アトピー持ちで、樹脂製の時計のベルト等は相性が悪い(汗で蒸れると湿疹が出てしまう。)そこでアマゾンに数多とあるMi Smart Band 4用互換金属バンドから一つを選択して、購入してみた。

シンガポールポストでシンガポール経由で届いた。注文して約2週間の納期だった。ところで開封すると一切説明書が入っていない。入っていたのは金属バンド、ジグ(バンド長調整のためにピンを抜くもの)、ゴムバンド(あとからパッキンと判明)だった。

金属バンドは一般的な時計の金属バンドと同じ構造なので、ネットで調べてピンの外し方を調べた。と言ってもピンを抜く方向を間違えなければよいのだが。

ところがここで問題発生。二本目のピンを抜いているところで、押圧に耐えられずプラスチック製ジグは破損した。ニードルのピンを押しているのと反対方向が、押圧に耐えられずに割れて破損した。

破損したプラスチック製ジグ。ピンを押すのと反対側を突き破ってしまった。

仕方がないので、瞬間接着剤でジグを補修して、再度金属バンドのピン外しと長さ調整をなんとか行った。次にMi Smart Band 4本体を金属バンドに取り付けようとして、初めて同梱されていたゴム部品が、金属バンドの穴と本体の間に入れるパッキン部品であることを知る。

これでようやく使い方がわかり、トラブルはあったが値段の割にはまあまあの製品だと感じるのだが、充電しようとして初めて新たな問題に気がついた。

左から純正充電器装着時の本体、ゴムパッキン、金属バンド

この様に純正充電器で本体を充電する際は、一々ゴムパッキンを本体から取り外し必要があるのだ。これだと何れゴムが伸びて駄目になることが予測される。だからゴムパッキンが3つほど同梱されていたのだなと感じる。

でもまあ2000円もしない金属バンドならこれもありかなと思い始めているのだった。


中国で滴滴出行を使ってタクシーを呼ぶ


中国でタクシーは捕まりにくくなっている。昔と比べて物価は上がっているがタクシー料金はさほどでもなく、結果的にタクシーが割安な感じだ。特に上海など、タクシーを捕まえるのが困難ということで、事前にタクシー配車アプリ滴滴出行(DIDI)をスマホに入れていった。

注意すべき点が2つ。

(1)日本版のDIDIは中国で使用できない。
(2)アプリ使用の際に中国語(簡体字)をスマホで入力する必要がある(目的地入力と現在地以外で乗車する場合の乗車地入力)。

(1)に関しては以下のアプリを入れれば良い。

Greater Chinaと書いてあるところが違う。但しメニューは中国語となる。

使い方は私は「出租车(タクシー)」を呼んだ。画面を取得し忘れたので文字で書くが、

「您在哪儿上车」に乗車地点(デフォルトは現在地)
「您要去哪儿」に行き先

を入力する。予約時間を指定することもできたが私はすぐに乗るために使った。呼んだのは平日の日中に上海錦江飯店から上海浦東空港へ行くためだ。タクシーメーターを事前に倒させるオプション(実質お迎え料金?)も表示されたが、使わなかった。市中から浦東空港までとなると結構な距離なので金にはなる案件で、オプションを入れなくても捕まると踏んだ。

アプリ上にはアプリで呼ぶ前どのくらい待つことになるか予想も表示された(今回のケースで何分だったかは失念)。

運転手が引き受け、乗るタクシーが決まると、アプリ上にタクシーのナンバーと、今そのタクシーが地図上のどこにいるかが表示された。そして呼んでから2-3分でタクシーがやってきた。タクシーは大手の大众(大衆)のタクシーだった。

乗車後も、今どこにいて、あと何キロあり、目的地到着までどれくらいかかるかの予想時間等がアプリ上に表示される。

乗ったタクシーの情報もわかるので、トラブルに遭う可能性が低くなるように思う。なかなかスグレモノだ。こうして無事浦東空港に到着。約170元だった覚え。現金で支払った。

実は、このアプリは中国で起動すると钱包(財布)メニューの中に支払い方法の一つとして外国発行のクレジットカードを登録する部分があるのだが、手持ちの日本発行カードは全滅だった(日本発行の銀聯もダメ元でやったが、そもそも銀聯は未対応でやっぱり駄目。)。

QRコード決済もあるし、アプリ上で全てを完結させる必要はないが、いずれにしても中国語に対する敷居が低い人には便利なアプリだと思った。


上海都市旅游卡と上海公共交通卡


上海の交通機関で使用できるICカード(日本で言うSuicaのようなカード)に2種類ある事に気がついた。一つは、日本語のページでよく紹介されている「上海公共交通卡」と私が今回買ってしまった「上海都市旅游卡」だ。以下に2種類のカードの紹介がある。緑の記載が「旅游卡」、青字の記載が「交通卡」だ。

両者の使用できる範囲は異なるようで、地下鉄とバスはいずれのカードでも可能だが、「旅游卡」は買い物や食事で使える(ところがある)ようだが、一方でタクシーは不可、一方の「交通卡」はタクシーは可だが、買い物や食事は不可となっている。

私は、「上海都市旅游卡」を、上海火車地下鉄駅の有人窓口で購入したようだ(下図)。というのも、浦東空港のリニア駅で払い戻しをしようとして、初めてできないことに気がついたからだ。「普通カードじゃないから払い戻しできない。」のようなことを係員に言われた。もちろん浦東の地下鉄駅でも聞いたがやはり駄目だった。それまで2種類のICカードが有ることに気が付かなかった。

調べてみると、私が買ったのは「地铁1号线上海火车站站厅 近5号出口」で「交通卡」と「旅游卡」の両方が売られているよう。窓口でどちらがほしいか言うべきだった。

以下を調べてみると、「旅游卡」を払い戻せる場所があるが、浦東空港付近では見当たらないようだ。

虹橋空港には、「虹桥机场2号航站楼B1层 公共站台南侧」にあるようだが、浦東空港で出国する人は要注意だと思う。

似て非なる「上海都市旅游卡」と「上海公共交通卡」。利用範囲や払い戻し可能な地点が異なるので要注意だ。


中国南方航空オンラインチェックイン再び失敗


行きに中国南方航空のオンラインチェックインに失敗した。このときのエラーメッセージはパスポートの有効期限が6ヶ月を切っているからだった。

帰国便は、日本に帰るのだからパスポート有効期限は大丈夫だろうと試してみる。ところが、何度試しても、チケット番号と名前の入力、パスポート情報などの入力までは問題ないのだが、座席を選択してOKを押すと以下の通り。

 

エラーメッセージは中国語で、「値机失敗」である。ブラウザを変えたり、VPN接続をやめても結果は同じで、baidu(百度)で「値机失敗」を検索するとどうやら、2時間前に空港に来て、通常チェックインしろのような結果が出てくる。中国東方航空や中国国際航空のオンラインチェックインでは躓いたことはなくどうも中国南方航空は鬼門のようだ。

実はもっと恐れていることがあって、帰りのCZ379 便は、定常的に30分以上遅れること。定刻が20:50なので、遅れると空港からの交通機関終電が問題となる。中国南方航空は中国最大の航空会社なのに。