SHOEI J-Cruiseの内装パッドを米アマゾンから輸入


SHOEIのJ-Cruiseというジェット型のヘルメットを持っている。

夏の汗汚れが気になり、先日内装の洗濯をした。ネットに入れて手洗いモードで洗濯。したら、、、破損してしまった。よく見ると内装は結構ヘタっていて、そろそろ換え時であったと思う。そこで、SHOEIのページを見ると、交換品として

TYPE-D センターパッドというのを購入して装着すれば良いことがわかった。サイズは今までと同じで良いからL9ということになる。

早速ネットで探すも、品切れで入荷見通しなし、現在取り扱いできません、販売終了とどこも在庫がない。J-Cruiseは今でも売られている現行型なのにと思うが、どうしようもない。SHOEIに問い合わせたが、リペア部品は特約店で注文できる、納期がかかることもあるという情報量0の回答が返ってきて、埒が明かない。

某巨大掲示板で情報を漁ったところ、米アマゾンで入手すれば良いとの情報を得た。しかし、写真が日本の内装パッドと形状も色も違うのである。

米アマゾンの商品紹介。私が購入したときは、52.4ドルだった。

 

再度、某巨大掲示板で聞くと、写真とは別で日本のと同じものが来るとのこと。それで思い切って買ってみることにした。米アマゾンで発注がかかり、DHLで発送とのこと、その後2週間ほど経つと佐川急便が届けに来た。DHLと提携しているかららしい(参考までに届け先は名古屋市内)。届いたものは以下の通りで、TYPE-D CENTER PAD L9と日本の商品紹介と同じ記載がされている。

それで、ヘルメットに嵌めてみるとぴったり。

かぶってみたらサイズも問題ない。価格も送料込みで52.4ドル(クレジットカードから日本円5800円ほど引き落とし)で、日本の定価が4500円+税であることを考えれば、それほど高くもない。やれやれだ。


ツーリングで岡崎東公園・旧本多忠次邸へ


岡崎は歴史のある街で見どころも多い。以前、岡崎の八丁味噌の工場見学をしてなかなか面白かった。

今回はバイクで岡崎東公園内にある旧本多忠次邸に出かけた。

無料駐車場がすぐ東隣にあるが、公園への来場者も多く、私が着いた11/2(土)昼頃は満車で、停められない車が空くのを待っている状況だった。整理員のおじさんにバイクをどこに停めたらよいか聞くと、車が停められない駐車場の角に停めればよいということで、ラッキーだった。

公園の角に駐輪出来てラッキー(トランクの鍵はご愛嬌)

早速、旧本多忠次邸に向かう。外観はなかなかの迫力だ。

旧本多忠次邸外観

邸宅前の庭

説明

中も見学させてもらったのだが、残念ながら写真を撮りそびれたのでなし。ボランティアの方から丁寧に説明いただいたので、以下に説明を抜粋する。

本多家は元岡崎藩の藩主の家系で、本多忠次は名前から分かる通り次男。忠次は1896年なので明治生まれ。関東大震災も経験した忠次は、当時はやっていた田園地帯の東京世田谷にスペイン様式のこの邸宅を30代(昭和初期)の頃建てた。そして忠次は1999年に亡くなるまでこの家に住んでいたとか。この様に比較的最近まで使われており、そのまま文化財として岡崎市に移築され保存されたため、建物はもちろん、中の調度品も揃っており、しかも状態が良かったとか。ボランティアは昭和の洋館はいくつか残っているが、飲食店に改造されたり、調度品が売られたりして、本多忠次邸の様に調度品を含めて残っているのは非常に稀だろうとのことだった。

歴史の街、岡崎らしい文化財だが、このような貴重な文化財が無料で開放されているのは凄いと思った。


ビバホームで電熱ベストを購入


電熱ウエアを物色していた。理由は冬季バイクでの使用。と言っても通勤にバイクを使っているわけでもなく、数万円もするようなバイク用の高級電熱ジャケットは買う気がしないし、もちろん予算も許さない。

一方でamazonあたりで検索すればわかる通り、多種多様な電熱ウエアが数千円から1万円位の価格レンジで売られている。正直どれがよくてどれがよくないかわからない。多くは中国製で出品者も中国人のようだ。amazonのコメント欄はサクラが多いらしく信憑性も低そうなので、どれにしようか決めかねていた。

そんなときに大手ホームセンターであるビバホームから、3980円+税で電熱ベストが売られている情報を得た。

いろいろな形態が売られているが、バイクで用いる場合、外にバイクウエアを着ることから、インナーとして使えるベストが一番良いと思った。

購入後、Ankerの10000mAhバッテリーにつないでみると問題なく動作し、その時の電圧はUSB規格の5V、電流は1.5Aだったので、7.5Wの発熱量ということになる。温調は3種類選択できる。

インナーとして着てしまうと、電源・温調ボタンが左ポケット内なので、やりにくいのはイマイチかもしれないが、まあ汎用品なので仕方がない。

バイクで使うときは、ハンドルにUSB電源を設置して、延長コードで使用する計画中。試しに、セリアで売られている2A対応USB延長コード70cmを繋げたところ、1.5A流れることが確認でき、使用できそうだ。

出力が出力だが、冬季の中国旅行にも使えそうで、しかもビバホームブランドなので、amazonで得体のしれないものを買うよりは良いように思う。価格もamazonの価格帯とほぼ同じだ。洗濯が可能であることも明示されている。