インプレッサのリコール


インプレッサのリコールが先日発表された。3件同時だ。

自分所有のGT B型は一番上のイグニッションコイルの不良のみ該当した。対策はイグニッションコイルの点検とECUのリプロのようだ。ECUのリプロ?実は購入後2回実施しており、最後の更新は、先月のセーフティチェック時だった。

9月実施のリプロのバージョンは22765AJ657で、実はもうリコール対応を実施した人の書き込みを見ると、同じバージョンだった。

ということは、イグニッションコイルの不良に関する対応は実施済みということになる。イグニッションコイルの点検はあると思うので、リコールは必要だろうが、今より悪化することはないのかなと一安心かも。


BSM表示灯の位置


最新の安全装備の一つにBSM(ブラインドスポットモニター)というのがある。側後方の他車が追い抜きをかけてきたときに、その近接を警告するものだ。私も現行B型インプレッサにオプションで付けたが、非常に気に入っている装備の一つだ。

ところが最近、この表示等が一般的にはミラー面上にLED表示されるケースが多いことに気がついた。以下の写真を比較してほしい。

BSM表示灯(左:インプレッサ、右:レヴォーグ) (スバルのHPから引用)

スバルの場合、SGPが採用された、インプレッサ、XV、フォレスターは左のタイプ、それ以前の形式は右のタイプとなっているようだ。一方で他社は見た限りでは右側のタイプが多いようだ(トヨタ、ホンダ、マツダなど)。

私のインプレッサで感じる限り、左のほうが便利だ。視線移動を全くしなくても、表示灯の点灯やフラッシュが見えるので、ああ、車線変更は今はできないなとわかる。これが仮に右のミラー面上外側のLED表示だったら、ミラーまで視線移動しない限り、ミラー外側でもあり表示灯は見えないのではないかと想像する。車線変更時はミラーを確認するのが鉄則だが、ミラーを見るまでもなく他車の接近がわかるのは、無駄な視線移動を避けられ便利だと思う(あくまで他車接近の十分条件であって、必要条件ではない。)。

しかし、スバル車は順次左のタイプに切り替えていくものと思われるが、他社にその動きはないようだ。個人的には 左のほうがメリットが多いと思うのだが。


Paypayで5%+5%の還元トラブル


Paypayは、政府のキャッシュレス決済の還元キャンペーンに乗じて5%+5%の還元キャンペーンを実施している。


実際、対象店舗で、以下のようにちゃんと10%還元が得られるケースを確認した。

同様に何店舗かで、同様にポイント還元されるのを確認した。ところが、以下の店舗は経産省の5%還元対象店(キャッシュレス5%還元の幟あり。経産省アプリでも確認。)なのだが、通常の1.5%しか還元されないように見える。

支払いをした10/6にPaypayのサポートに問い合わせをした。数日かかると注意書きがあったが、10/14の今日現在何の連絡もない。10/5のトラブルでそれどころでないのか、それとも。。。