リクルートカードに紐付いた銀聯カードを申し込む


私はリクルートカードを持っている。

持っている国際ブランドはVISAだが、VISAもしくはMasterの場合、カード発行会社は三菱UFJニコスで、クレジットカードに紐付いた銀聯カードを持つことができるようだ。

銀聯カードとは、中国で広く普及しているカード(おそらくデビット?)で、中国の田舎のホテルや、鉄道駅の支払いでは役に立ちそうな気がする。但し最近はスマホ決済が圧倒的なので、今後どうなるかは微妙かもしれない。

発行料(年会費ではない)は1000円+税のようだ。申込みは簡単で、MUFGカードのサイトNEWS+PLUSにログインし、右側のWEBサービストップを押し、追加カードのお申込みの中に、銀聯カードもあった。ETCカード発行等と同じところだ。

年収や、住所、勤務先等を入力すると、特に提出書類もなく申し込むことができた。注意点としては、暗証番号が国際カードの4桁ではなく6桁なのだが、00+指定した4桁で設定されるということ。使う際には要注意だ。

到着まで10日程度とのこと。中国に行ったら使ってみようと思う。


中国南方航空からの連絡メール


中国南方航空のフライトを予約しているのだが、以下の様なメールが届いた。

中国南方航空からのメール
    尊敬する中国南方航空のお客様、申し訳ございませんが、お客様からご予約した20XX年XX月XX日09:25時出発で、11:05時に到着する名古屋中部国际机场から上海浦东国际机场行きのCZ380便の经济舱のフライとはXX月XX日09:25時出発で、11:05時に到着する(T2 ターミナルビル)名古屋中部国际机场から上海浦东国际机场行きのCZ380便の经济舱に変更されました。搭乗者:私と妻,チケットの番号:,までお問い合わせくださいませ。お客様のスケジュールにご迷惑をかけて深くお詫び申し上げます。
    南航售后服务
    电话:95539
    邮箱:csnib@csair.com
    传真:4006695539-9
    网站:www.csair.com

 

私が日本人なので、日本語メールで連絡しようとしているのだが、微妙に中国語が混じっている。解読する上で以下に日本の漢字表記と日本語訳を記すと。

国际机场 国際機場=国際空港の意味
浦东 浦東=上海市内の地名
经济舱 経済艙=エコノミークラス
南航售后服务 南航售後服務=南方航空販売後サービス
电话 電話
传真 伝真=ファックス
邮箱 郵箱=メールアドレス
网站 網站=ホームページ

しかし、いずれにしてもメールの意味が解読不能だ。私が買ったのはCZ370便だし、9:25名古屋発だし、11:05上海着の便だ。出発日も変更はない。つまり何が変更されたのかわからない。予約した中国南方航空のサイトで予約番号を入れて確認したが、こちらも特に何も変わっていないようだ。

併せて言えば、電話番号もFAX番号も日本では考えられない番号なのでおそらく中国国内の番号?

中国南方航空といえば中国でも規模が大きな航空会社だ。中国のサービスもまだまだだなあと思うのだった。

(2019/9/20追記)
今日中国南方航空の名古屋支店に電話して確認をしたところ、一旦10/26以降の予約を全てをキャンセルしたためにメールが発信されたが、お客様の予約分は新たに予約されており問題ないという返事であった。やれやれだ。


GTインプレッサB型のセーフティチェック完了したが。。。


昨日、現行B型インプレッサの1年半のセーフティーチェックを行ってきた。

以下の不満3点を伝えた。

1)加速時のCVTギクシャク→最新ECUリプロ実施依頼
これは、多くのオーナーが指摘している問題で、以下の条件が揃うと症状が出る。

a)変速機はインテリジェントモード
b)酷暑下で冷房全開
c)低速時(20-30km/hくらい?)からじわっとやんわり加速

生じる症状は船を漕いでいるように、加速が一定しないギクシャク加速をする。スバルは何度かリプロで対策を行っているが、改善しない。

2)STIアンチグレアミラー鏡面のLEDが夜間眩しい→鏡面についているLED配線を切れないか?

どうやら発売中止になったようだが、STIのアンチグレドアーミラーをつけたのだが、装飾としてついている、鏡面のLEDが眩しい。昼間はともかく、夜間方向指示器を出すと、眩しくて鏡面がよく見えない。なので、LED配線を切れないかを確認したのだった。しかし、アンチグレミラー照明が眩しいって、ブラックジョークのようだ。

3)運転席ダッシュボード(スピーカのあたり)からコトコト異音

それで、1時間余で点検は終わったが、結果は以下の通り。

1)のリプロの結果、22765AJ657となったが、今日一日20kmくらい走行する中で、エンジンが異常燃焼する事を2回確認した。タイミングとしては、アイストがが効くか効かないかまで減速したところで、アイストは動作せず加速させた場合、カリカリカリとエンジンの異常燃焼音がするのだ。もうこのエンジンはリプロじゃダメな気がしてきた。

2)に関しては、今回は時間が足りないので実施していないが、配線を切断するしかなく、工賃は取り付けと同じ4000円とのことで、一旦配線を切れば、戻す(最点灯)ことは不可との事だった。Dは点灯するのが、正規状態なので…との反論もあり。

3)に関しては、預かり修理でないと対応はできないが足回りに問題はなく大丈夫との説明。これは、運転席前ダッシュボード上のスピーカー付近と特定しているのだから、車内から発生していると言っているのに、下回り確認とか、メカニックに話が伝わっていないと感じた。

今回も洗車はしてもらえず、500円のQuoカードを渡された。(東海3県のスバルは皆同じ扱いらしい。)

致命的な不具合ではないのかもしれないが、イマイチな感触となるセーフティーチェックとなった。もうすぐD型が出るが、1)の不具合は直っているのだろうか?


Kyash不正利用被害で利用停止喰らう


以下のメールですべての異常の謎が解けた。

Kyashからのメールの要点
  • 9月2日未明に私のKyashカード番号に対して不審な請求が確認された。取引自信は不成立(私の金銭被害はなし)。
  • 再度不正請求が起こる可能性があるために、一時的にカードを停止した。
  • 今後の不正利用防止のために、カード番号を変える。このため必要な事項をメールで返信してほしい。
  • カード再発行には約2週間かかる。(その後の再発行承りメールで、2週間以内に普通郵便で届かないときは連絡してほしいとあった。)

実は、9/2夕方にアマゾンで購入した商品の決済(Kyash)が、深夜に行われたようなのだが、翌朝スマホを見ると、9/3午前3時半頃のメールで、カード承認に失敗したというメールが来ていた。平日朝で時間もないためになぜ決済失敗したんだろうとは思ったがそのままにしていた。Kyashアプリ上は今も利用停止になっていることは表示されてはいない。そして上記メールが来たのが9/3夜だった。

ひょっとして、Amazonの深夜決済が、不審な取引としてKyashが判断してしまった可能性もあるため、上記メールに返信する形で問い合わせたところ、アマゾンの決済ではないという。

金銭的損害は0なのだが、不審と判断した理由やどのような取引が試みられたかKyashは教えてくれないので、気持ち悪いし、注意のしようもない。今までクレジットカードでこの様な事に陥ったことはないので、やはり何らかの脆弱性があるのだろうか。

実はキャッシュのリアルカードは、前のカードの累積使用額が100万円近くなったので、8月初旬にカード更新(番号も更新)したばかりだった。時系列をまとめると以下のようになる。

日時 イベント
8月初旬 Kyashの累積額が100万円近くなったために、新たなカードに更新。
9/2 PM4:30頃 アマゾンにKyashを登録し直し商品購入に使用。1円のオーソリ発生。
9/2~9/3深夜? 不審な取引?
9/3 AM3;30頃 アマゾンからKyashで決済失敗のメール
9/3 PM9:00頃 上記Kyashサポートからのメールを受領

いずれにしても気持ちが悪い。。。