バイクインカムが勝手に切断される問題の対処法


バイクのナビに使っているスマホを、古くなったAndroid O(8.0)(Xperia)に交換したのだが、いつの間にかBluetoothが切断されるという問題に気がついた。これまで使用してきたSharpのAndroid M(5.0)では生じなかった問題だ。ちなみに使用しているインカムは、以下のCOOLROBO Easy Talk3だ。

但し、どのBTインカム、あるいはBTヘッドホンでも起こりうる問題なのかもしれない。結果的には解決したのだが、いくつかの項目はBTヘッドホンでも共通の設定項目なので、応用が効くかもしれない。

ネットで情報を探し回り、設定変更したのは以下の3点。結果的に解決したが、この内のどれが原因だったかは特定していないので、3つすべてを実行しなくても良いかもしれない。

1)Bluetooth絡みの省電力設定
個人的には、一番怪しいところだと思っている。省電力設定を無効にしてやることで、もちろんバッテリーは消耗は早くなるかもしれないが、原因となっている可能性は高いと思う。Android O(8.0)なXperiaでは以下で設定を変えられる。(他2項目も同様)

設定-バッテリー-︙で省電力機能対象外アプリを選択

でBluetooth、Bluetooth MIDIサービス、btiddの3つを選択した(以下のスクリーンショット)。もしかするとこれら3つ全てを選択しなくても良いかもしれないが未検証だ。

2)位置情報のスキャン設定
位置情報のためにBluetoothのスキャンを使用しないようにする設定だ。

設定-ロック画面とセキュリティ-プライバシーにある位置情報-スキャン

で以下の画面が現れるので、Bluetoothのスキャンをオフにする。

3)BluetoothのAVRCPバージョン
まず、「開発者向けオプション」が表示されるようにして欲しい。ググれば容易にわかると思うのでここでは割愛する。

次に、

設定-システムー開発者向けオプションーネットワークにあるBluetooth AVRCPバージョン

を押して、下スクリーンショットの通り、AVRCP 1.4 (標準)を選択すれば良い。なお私の機種ではデフォルトはAVRCP 1.6が選択されていた。

私の場合以上の設定変更で、バイクのインカムのBluetooth接続が勝手に切れてしまう問題は解決した。

 


雪道のトラクション性能と制動性能


JAFのYoutubeチャンネルを見ていたら、興味深い動画を見つけた。

比較されているのはワゴンR(FF)、プリウス(FF)、C-HR(4WD)、ランドクルーザープラド(4WD)だ。

雪道の登坂性能は4WDが有利なのは誰でも想像がつくところ。一方で、下り坂の制動距離は車重が重いほど不利で、ランクルプラドが最も制動距離が長い結果は、良いリマインドになるのではないだろうか?この点では4WDだから雪道に強いとはとても言えない。

今回の結果から察するに、雪道の旋回性能も車重が重いほうが不利になるのではないかと想像する。4WDは旋回時に安定的にトラクションはかかり、姿勢は乱れにくいかもしれないが、もしかするとカーブ通過限界速度は4WDが車重が思い分不利なのかもしれない。あくまで想像だが。もちろん4WDの利点はトラクションがかかりやすい事だから、悪路(雪道含む)でスタックしにくいことは確実だろう。4WDは典型的には同一車種のFFと比較して数十kg車重が重くなるから、下り坂はもちろん、場合によっては旋回時も不利だと思う。一方でFFは4WDはもちろん、FR以上に上り坂ではトラクションがかかりにくいので、この点は要注意。

あと、下り坂の制動距離でワゴンRの成績が良かったのは、タイヤの幅にも関係があるような気がする。積雪路の場合、タイヤ幅が狭く、接地圧力が高いほうが、摩擦が大きくなると聞く(要するに雪に刺さって食い込む)。不用意に幅広の冬タイヤを選択すると、却って雪道の制動距離が伸びかねない(ただし、あくまでも積雪路で、アイスバーンや乾燥路では幅広のほうが有利か?)のではないかと思うのだった。


愛知県は本当に交通事故リスクが高い?


昨年平成30年も愛知県は都道府県別で全国で最も交通事故死者数が多い都道府県となった。そして、名古屋走りに代表されるように、愛知県は交通マナーが悪く、危険な土地柄と認識されているような気がする。

しかしそもそも、都道府県別で交通事故死者数ランキングを比較しても、あまり意味がないのではないかと思う。そこで、2つの観点で都道府県別の交通事故リスクを調べてみた。

1)自動車10万台あたりの交通事故死者数

自動車が多ければ、当然に死者数は増えるのは説明をするまでもない。そこで都道府県別に自動車保有台数を調べて、車両10万台あたりの死者数を比較してみた。自動車保有台数は、自動車検査登録情報協会の平成30年9月末のデータを用いた。保有台数は、乗用車、貨物車、乗合車、特殊車、二輪車(いずれも軽自動車を含む)全てを合算した。その結果が以下の通りだ。一方で、交通事故死者数は平成30年分の政府統計(e-Stat)のデータを用いた。

順位 都道府県 車両10万台当り交通事故死者数
1 福井 6.11
2 富山 5.96
3 愛媛 5.74
4 三重 5.70
5 岩手 5.68
40 愛知 3.58
45 宮城 3.27
46 東京 3.22
47 石川 3.06

 

結構意外かもしれないが、車両台数10万台あたりの交通事故死者数は、福井県が最も多く、次いで富山県、愛媛県と続く。愛知県は40位と全国的には相当に少ない。最も少ないのは石川県、次いで東京都だった。同じ北陸で、ワーストとベストというのは意外だった。

2)人口10万人当りの交通事故死者数

次に、人口10万人あたりの交通事故死者数のランキングも以下に記す。こちらは、先程の平成30年分の政府統計(e-Stat)のデータに含まれていたものだ。

順位 都道府県 人口10万人当り交通事故死者数
1 福井 5.26
2 富山 5.11
3 三重 4.83
4 岩手 4.70
5 山形 4.63
40 愛知 2.51
45 神奈川 1.77
46 大阪 1.67
47 東京 1.04

 

人口あたりの交通事故死者数となると、車に乗らざるを得ない地域(公共交通が発達していない地方)が不利なのは想像に難くない。実際死亡者数が少ない方から順に東京都、大阪府、神奈川県となり、鉄道が発達していて、車に乗る機会が少ない都会が多いと思う。一方で、ワースト1はこちらも福井県、2位も同じく富山県となった。しかもワースト5のうち4つは車両数あたりのワーストランキングでも上位5都道府県に入っていて、重なっていることがわかる。そして愛知県はこちらも40位であり、全国的には少ない。

以上の通りで、愛知県は決して交通事故死亡リスクが高くはないのではないだろうか?福井県が最も危険って、おそらくほとんどの人はそう思っていないだろう。


900cc牛乳パックの攻防


かつては、牛乳パックの標準サイズは1000ccだった。今でもそうだと思っている人がいるかも知れないが、スーパーマーケットでよく見てみると分かる通り、大手の牛乳パックは900ccに減量されていることがわかる。

あえて蓋付きで使い勝手が向上していることをアピールしているが、900ccなのである。このメーカーの牛乳だけではなく、ジュースの1000ccパックも900ccのものをよく見るようになった。

こちらは、パックは同形状で減量だから、実質の値上げだ。

もちろんこの手の値上げは過去にもいくつか経験がある。トイレットペーパーの巻き長さが短縮されていたり、ティッシュボックス内の枚数が減ったり、コンビニの弁当が価格据え置きでだんだん小さく貧相になっていったり、惣菜パンが小さくなったり、枚挙にいとまがないかもしれない。

しかし、牛乳パックの減量は結構衝撃だった。今までなら確実に売価を上げて量は変わらなかった覚えだからだ。おそらく、消費者は、売価に敏感で上げられず仕方がなく減量しているメーカーの苦しい対応が透けて見える。デフレマインドここに極まれりといった感じだ。

収入は増えず、価格は徐々に上がっていく。デフレではなく、もうスタグフレーションなのかもしれない。


リレーアタック対策(スバルインプレッサ)


あけましておめでとうございます。今年もよろしくおねがいします。

ところで新年早々だが、リレーアタックによる自動車盗難のニュースが世間を賑わせているようだ。ようるするに、近年普及したスマートキーの電波を中継して、車に照射し、自動車を解錠、盗難する手口だ。スマートキーは常に電波を発しているので、この電波を車まで中継すれば車はスマートキーが近くにあるものと判断し、解錠やエンジンスタートを許してしまう。

対策だが、キーの電波を遮蔽すれば良いので、持ち歩くための遮蔽ポーチや、家に保管するなら金属缶やアルミホイルで覆うなどが考えられる。ただし、スバル車の場合どうやらこの電波をオフにできる設定がある。

GT系B型インプレッサマニュアルP206から抜粋

上記マニュアルの通り、施錠ボタンを押しながら、解錠ボタンを2回押せば、電波がオフとなる。実施に試してみると、上記操作後に、ドアハンドルに触れても解錠できないことが確認できた。キーのボタンをなにか押せば再びスイッチが入り、スマートキーとして機能するようになる。

スマートキーなのに、かえって面倒な気もするが盗難防止には役立ちそうだ。あえて言えば電池消耗を防ぐ利点もある。