小型ACアダプタDartを購入


小型ACアダプタDartを買った。給電能力は日本で売られている大半のノートPCに対応する能力で、USB Type-Cコネクタの販売も予定されているようだ。私はDELL XPS13(9350)と会社のノートで使うために購入した。ワンプライスで12,000円也。ACアダプタとしては標準品の3-4倍高いが、多種のコネクタプラグが同梱されており、モバイルPCを乗り換えても、メーカーが異なっても、充電器はそのまま使えそうだし、何といっても多くのメーカに対応しているのは良い。

加えてUSB5V給電のためのコネクタも付属する。スマホやタブレットのUSB充電も可能だ。何といっても小型で軽く、持ち運ぶには本当にありがたいと思う。

画像はDartのamazon販売サイトから引用。

DELLのXPS13(9350)で使う際に注意点が一つ。プラグ互換表ではこのPCのプラグは標準では同梱されていないPとなっているので、Pプラグを丸文サイトで取り寄せた。ところが、Pプラグで接続を試みると、プラグが2㎜程長く、プラグ外径部の金属部分が見えてしまう。いろいろ錯誤していると標準で同梱されているF2プラグでぴったりである事に気が付いた。DELLのPCでDartを使う際には、プラグの互換性には気を付けたほうが良いと思う。

いずれにしても、高額な事はネックだが、製品そのものは非常に気に入っている。小型で軽量だし、USB給電も可能なのだから、言うことなしだと思う。


平成35年まで有効!?


先日運転免許証の更新に行ってきた。5年間有効なのだが、免許証を見たら見事に「平成35年〇月〇日まで有効」と書いてある。そんな年号はもうないはずなのだが。。。もちろん西暦の併記もない。本当に混乱する。

挙句の果てには年号は進展の即位の直前まで明かさないという。もう年号なんて使うなって政府が遠回しに言っているようなものだと思う。今時電算システムが至る所に使われていて、システム改修が必要となって移行は簡単でないことは素人の私でもわかる。紙に手書きやハンコで記述していた時代とは全く違うのだから。

免許更新にはもう一つダメ押しがあった。市役所/区役所等で住所変更をしても、免許証の登録住所は変更されないので、必ず警察署で住所変更してくださいとのこと。今だに引っ越すと役所回りをしなくてはならないようだ。こんなの電子行政手続きに移行して、ワンストップサービスで住所変更できるようにすべきだと思う。一体日本の行政ってどこまで時代遅れなんだろう。アジア諸国に抜かれていくのも分かる気がする。


NC750Sのスクリーンを交換


名古屋は今年熱波なので、体が弱い私はバイクに乗る事を自粛している。だけれど、スクリーンは変えたいと思っていた。NC750Sの標準スクリーンは言ってしまえば飾りで、実用性はほとんどない。いろいろ考えた挙句、イタリアGIVIのを購入し、つけてみた。標準の六角ねじを流用してつけるので簡単だ。

購入したGIVIスクリーン(左)と標準スクリーン(右)。結構大きさは異なる。

写真を見てもらえばわかるが、結構大きさは異なる。六角レンチで固定するのだが、プラスチック製なので、締めすぎると割れる可能性があるので注意。もちろん緩ければ脱落しかねない。なお、標準のネジにはゴム製のワッシャーが付いている。

交換前後の外観比較。GIVIスクリーンもなかなか悪くない感じ。

肝心のスクリーン高官による効果については、まだ未確認。早く涼しくなってほしい。