パイオニアXC-HM86を購入(1)


15年ほど前に買ったONKYOのINTEC205のCDチェンジャーが完全に壊れた。メーカーはとっくの昔に見限っていて修理はできないし、せっかくSynologyのnasに入れたFLAC音楽ファイルがあるのだからと、CDプレーヤー兼アンプ兼ラジオ兼DLNAプレーヤーを探したら、Pioneerブランドでちょうどいいのが見つかった。XC-HM86だ。

実はXC-HM86には下位機種XC-HM76と実質の上位機種NC-50がある。

XC-HM76とは説明書が兼用になっている事からわかる通り、機能は全く同一だ。但し、XC-HM76はスピーカーが同梱される(XC-HM86はスピーカー別売)点が異なる。スピーカー同梱で、XC-HM86よりやや安い価格設定なので、その分アンプ等の性能が抑えられている印象だ。自分の場合、スピーカーはINTECのD-102TXというスピーカーをそのまま流用することにしたので、XC-HM86の方が都合がよい。

一方の上位機種のNC-50は、フォーン入力端子、デジタル同軸入力端子等が備わり、アンプもさらに高級なようだが(但し実用最大出力はXC-HM86の方が大きい。)、入力端子群にも、さらなる高級なアンプにも興味がなかったので、XC-HM86にした。

いろいろと、注意が必要な点、特にSynologyのDLNAの設定や作業など留意することはあった。これはXC-HM86の問題というよりは、SynologyのMusic Station(DLNAサーバー)の問題だ。いずれにしてもXC-HM86をとても気に入った。

オーディオ事業が不振だというのもわかる気がする。これだけのものが実売3万円台で売られている。私が中学生の頃ならラジカセがやっと買える価格だった。本当に安くなったと思う。

留意点や使用感などはまた別記事にする予定だ。


NEC WindowsタブレットTW708/CASの技適非表示問題


私は、旅行用にNEC WindowsタブレットTW708/CASを使用している。OSは32bitながら、最新のWindows 10(この4月のアップデートにも対応)で動作し、フラッシュROM容量も64Gbyteあるし、画面もFHDだから、なかなか重宝している。しかし人気は出ずに後継機は存在しない。

ところが最近ある問題が某掲示板でとりあげられている。技適表示が確認できないと注釈を出した上で本機種を中古品として売られているのを目撃された事から皆が気付いたのだが、本機種ではどうしても技適マークの表示確認をできないようだ。実はNECの別グループ会社でもちろん製品も異なるが、このように、回収騒ぎとなったケースがある。

気になったので、NECのサポート(オペレータによるチャットで問い合わせた。)伝えたことは、

本タブレットは、技適マークの確認が出来ない。
グループ会社では、技適マーク表示がなかった製品が回収された実績がある。

の2点だ。

オペレーターの回答は、調査に時間がかかるために、1週間をめどに調査進捗状況もしくは結果を調べるというものだった。どういう結果になるのだろうか?

オークションで売ったり、中古販売業者に売る際には障害となりえるし、やっぱりはっきりとさせてもらいたい。

2018/8/31追記
LTE等の携帯通信機能があるタブレットの場合、技適マークの表示義務がありますが、TW708のように、Wi-fi、Bluetoothのみの通信機能しか持たないタブレットの場合、技適表示義務はないことがわかりました。お詫びして訂正します。考えてみますと、LTE通信のためのSIMカードスロットがない一般的なノートPCも、技適マークはないことが普通です。

2018/9/30追記
コメント欄の通りleeさんから、Wi-fi等モジュールを組み込んだ場合でも本体側に表示が必要ではないかと指摘をいただきました。私には判断する立場にもないために、コメントに載せる事に留めます。私が保有するノートPCの場合、上記の通り、DELL、HPは技適表示を確認できず、一方で東芝には技適表示がありました。もちろん発売時期も多少異なるため(少なくとも全てWindwos 10を最初から載せて販売されたものですが。)、適用される法規は改正により異なる可能性もありますが。


JR東海の経営方針が嫌い


最近、神奈川県内を走行していた東海道新幹線の車内で凄惨な殺人事件が起きた。日本も治安が悪くなったものだと実感するとともに、時代に真逆なJR東海の経営方針に腹が立つ。

2015年6月30日に、東海道新幹線の車内でガソリンをまいて放火され、犠牲者が出た事件を覚えておられる人も多いと思う。最近の出来事を時系列で書くと以下の通り。

日付 出来事
2015/6/30 東海道新幹線放火事件発生
2016/12/21 のぞみに乗車する車掌数を3名から2名に削減することを発表。
2018/3 のぞみに乗車する車掌数を3名から2名に削減?
2018/6/9 のぞみ車内で殺人事件発生

ガソリンをまいて放火された事件で、新幹線の安全性確保について議論が起こったが、JR東海が実際に実施したのは、防犯カメラの車内設置にとどまる。しかし、放火犯、殺人犯ともに、防犯カメラの有無にかかわらず犯行に及ぶような人物だった。防犯カメラは窃盗犯等には抑止力はあると思うが。

それどころか、安全要員として重要な東海道新幹線の車掌は今や減員されてたったの2人である。16両編成で全長400mもあり、乗客定員1323人だから、如何に少ないかがわかるというもの。

JR東海といえば、老々介護の老夫婦の認知症の夫が、愛知県大府市内の共和駅ホーム下線路に降りて死亡した事件で、遺族に列車の復旧費用の損害賠償を要求し、訴訟を起こしたことも記憶に新しい。一方で、JR東海は、ホームドアを設置する気はないように思う。事実、名古屋駅ですらホームドアがあるのは新幹線ホームのみといったありさまだ。

JR東海はリニア中央新幹線建設にご執心だが、高齢化社会、日本の治安悪化といった時代変化に背を向けていると思う。


トヨタの第二世代Safety Senseの命名問題


トヨタが第二世代のSafety Senseを順次標準装備している。アルファード/ヴェルファイアから始まって、アクアなど売れ筋の大衆車にもだ。これは良い事だと思う。

ところが、アクアに搭載されているものとアルファードに搭載されているものが名前が同じになったので同じかと思ったら、根本的に異なることに気が付いた。アルファードのは、ミリ波レーダーと単眼カメラ、一方、アクアに搭載されているものは、相変わらず、赤外線レーザーセンサーと単眼カメラ。PとかCとかつけるのをやめたのだが、事実上前者はPの第二世代、後者はCの第二世代。

これって、ほとんどの消費者には区別はつかず、同じ名前で呼ぶのはちょっとどうかと思う。以前は分けていたから、名前が統一されたということは、高級車と同一のシステムが、廉価車にも展開されたと考えてしまう人が普通だと思う。

トヨタの誠意に疑問が感じる第二世代となったのだった。いっそ、PのVer.2、CのVer.2と呼ぶべきものだ。


QuicPay (nanaco)の悲劇


QuicPay (nanaco)というものが存在する。つまり、QuicPayとしてもnanacoとしても利用できるカードだ。私はこれを愛用しているのだが、このカードの存在はよく知られておらず、しかもQuicPayは使えるが、nanacoは使えない店は多いので非常に厄介だ。

というのも外見はnanacoそのもので、QuicPayの機能が載っているとわかりづらいからだ。親切な店員?だと、そちらのカードは使えませんと忠告される。まあ、nanacoにしか見えないのだからこれは仕方がない。

なのでいつもカードを裏返しにして保持したうえで会計待ちをし、端末にタッチするときも裏向けでかざすようにしている。正直ユーザーにこのような不便を強いるカードデザインはやめてほしいものだ。