アクセラ15Sセダン試乗


早いもので、プレマシーを買ってもう4年になる。今日12ヶ月点検に行ってきた。点検を待っている間、アクセラスポーツ15(グレード忘れた)が展示されていたので、いろいろ眺めてみた。

ハッチバックだから、荷室は広くはないが、まあ必要にして十分かなあと思った。ただ、フロントノーズが長い魂動デザイン(実質4-2-1排気システムを収めるためか?)ということもあって、車長方向にキャビンは狭いのではないかと思い、まず運転席を自分のドライブポジションに合わせた上で、後席足元の広さを見てみた。

私のドライブポジションを取ったときの、後席足元の広さ

うーん、やはり狭い。間違いなくプレマシーより狭い。後ろに座る人はこれでは窮屈だろう(参考までに私の身長は180cm)。もう一つ気になったのは、センターコンソル後ろの出っ張りだ。FRでもAWDでもないのに、これはどうして出っ張りが大きいんだろうか(写真ではちょっと高さがわかりづらいが)?プレマシーも若干出っ張りがあるが、ここまで高い出っ張りではない。

席に戻ってドリンクを飲んでいると、私の担当営業がやってきて、色々と話し始めた。アクセラは元々2000ccのガソリンもラインナップにあったことは知っていたが、新設された1500ccのディーゼルと価格帯がかぶるためか廃止されてしまった。営業マンが言うには、両方あった時代に売れていたのは1500ccのガソリンだったとか。私のように短距離走行を繰り返すドライバーにディーゼルは向かないのでガソリンを選択しようとすると、今のラインナップでは1500ccしかないのである。

試乗してみてもいいですよというので、試乗させてもらった。但し、試乗車は15Sのセダンで多少違う。

走り始めて思ったのは、やや加速はもたつく感があるが、プレマシーは車重が1500kg、アクセラは1270kgなので、230kg車重が軽い。そんなこともあって思ったほどにはたるくはなかった。但し、高速走行をした場合には、また違う感覚となるかもしれない。

足回りはプレマシーもハンドリングはミニバンとしてはかっちりしている方だが、やはりアクセラ(セダン)であることと、一世代新しい事もあって、ハンドリングはしっかりしているし、走りは上質と感じた。ヘッドアップディスプレイも視線移動が少なくてすむので、ドライバーにとってはありがたい。ブレーキの剛性感もしっかりしたもので、マツダは走りに手を抜かないなあと改めて思うのだった。

ただ車内、特に後席の狭さはやはり気になる。同じ価格帯だとインプレッサ1.6lあたりとぶつかるのだろうか?おそらくは4-2-1排気システムみたいなことをしてないスバルのほうが、エンジンルームは短くでき、車内や荷室は広いのだろう。まあアクセラに広さを求めるのは間違っているのかもしれないが。

マツダはディーゼルで押しているが、本来ディーゼルと、ガソリンはメリットデメリットが違うので、オーナーの走行パターンで最適なエンジンを選びたいところだ。せっかくしっかりした足回りを持っているのだから、是非ガソリン2000ccを残して欲しかった。


舛岡富士雄東北大名誉教授とフラッシュメモリー


昨日NHKで放送されていた、

ブレイブ 勇敢なる者「硬骨エンジニア」

を見た。

舛岡先生の事は学生時代から、NOR及びNANDフラッシュメモリーの発明者であること、そして東芝では評価されずに、半ば東芝を追い出されて東北大学電気通信研究所の教授になったことを知っていた。しかし、番組を見て改めて彼がどういう経歴を経て東北大の教授に就任したかを知ることができた。

フラッシュメモリーは、今の生活には欠かせないものになっていることは、少し電子工学や情報機器に興味がある人なら誰もが知る事だと思う。

信頼性が高く、動作速度が速いNOR型は高価で容量は小さいが、信頼性が求められる動作プログラムの記憶等に用いられている。

対するNAND型は信頼性にはかけるのだが圧倒的に高容量かつ安価なので、スマホの記録領域や、デジカメの記録媒体などNOR型を圧倒的に上回る場所で用いられていて、HDDを置き換え始めている。そして、今でも右肩上がりで市場は膨らみ、債務超過に陥った東芝の最後の切り札となっているのは皮肉だと思う。

この番組を見ていて、青色LEDの開発に携わった中村修二氏の事を少し思い出した。

  • 世界的に誰もが驚く(事になった)製品を送り出し、電子工学の新たな時代を切り開いたこと。
  • 変わり者でおおよそ日本のサラリーマンの枠には収まらない性格の持ち主であること。
  • 2人が世紀の発明を成し遂げたのは、彼らの枠にははまらないやり方を庇護する上役がいたこと(日亜の前の社長、東芝の研究所所長)。
  • 理解者である上役が急逝した後、会社は突如彼らを閑職に追いやり退職していること。

これらは、両者に共通する。とにかく日本の研究開発エンジニアの立場は弱く、待遇も良くはなく、会社のガバナンスが硬直的なのが、多くのイノベーションを潰しているんだろうなと感じる。

中国の故事を思い出す。
「千里の馬は常にあれども、伯楽は常にはあらず。(千里馬常有、而伯楽不常有。)」


SIMロックと大手キャリア端末


日本のスマホは、殆どが大手キャリアの店舗で売られているものだと思う。そしてSIMロックが掛けられている。今はSIMロック解除も可能になったが、実は解除しても、どの周波数バンド/通信方式に対応しているかは公式には公開されてないようだ(ソニーの場合)。ということは、大手キャリア端末のSIMロックを解除したところで、どこのキャリアで使用できるのか全くわからないのである。日本国内の場合、少なくともLTE Band 1とW-CDMA Band 1は使えるのだろうと予想もできるが(au版はW-CDMAの対応はない可能性大)、海外での使用する場合には本当に困る。

個人的にはソニーのように大手キャリアにしか端末を下ろさない(数年前にXperia J1という機種が例外的に存在したが)メーカーの態度は、結果的にMVNOの普及を妨げて、通信費の高止まりという悪い結果をもたらしていると思う。

国によっては、SIMロックを禁止しているところもあるようだ。こうなってくると。

  1. 一定期間のSIMロックは許す。しかし、端末の詳細な仕様(対応通信方式)は開示させる。加えて、SIMロック版と同等のSIMフリー版を併売させる。大手キャリアの端末の大幅割引は、独禁法の不当廉売で取り締まる。
  2. SIMロックは一切禁止する。

の2つのどちらかしか良策が思いつかない。このままで、まともな競争などされず、平均通信費は高止まりのままとなる。大体、デフレが続いた日本で、携帯通信費と端末代は着実に値段が上がってきた気がする。もちろん高性能になったのは分かるが、それはPCだって同じはず。PCの値段は例えば10年前と比較して下がったか、トントンだと思う。

日本の携帯ビジネスは本当に違和感を感じる。今のままではMVNO(格安SIM)もビジネスとして成り立たなくなって撤退が相次ぐのではないかと思う。

参考までに、中国では第2世代のGSM方式(日本ならFOMAの前のMOVA(PDC方式)が相当)の時代から、端末と契約SIMは基本的に別に売られていた記憶だ。


乗用車の車幅


かつては、乗用車のサイズはほとんどの車が5ナンバー枠(幅1.7m未満)に入っていた。平成元年の税制改革まで、3ナンバー車には不当?に高い税負担が課せられていたためと思われ、実際この3ナンバー車の税制上のデメリットがなくなると、車の大型化に拍車がかかったように思う。

一方で、日本は一本路地に入れば道幅は狭いし、駐車スペースも元々の5ナンバー車を駐車できることを前提とした区画となっているところもまだまだあるために、5ナンバー枠に入る車も残っている。

そこで、各社の5ナンバー車を調べてみた。

1)トヨタ
コンパクトと称している車のうちオーリス以外は全て5ナンバー枠内だ。オーリスは1760mmと6cmほど幅が広いが、もともと欧州向けの色彩が強いため例外的かもしれない。コンパクト以外の車種だと、

カローラ(アクシオ、フィルダー)
アリオン
シエンタ
ノア(兄弟車3種、一部グレードによっては幅が若干広い)
アイシス(グレードによっては幅が若干広い)

辺りのようだ。殆どが日本向け専用車種もしくはカローラのように、日本向けのみ5ナンバー枠に収めた車種に限られている。

2)ホンダ
フィット
シャトル
フリード
ステップワゴン(一部グレードで幅が若干広い)
グレイス

が5ナンバー枠に収まるようだ。

3)日産
マーチ
ノート
キューブ
ウイングロード
セレナ(一部グレードで幅が若干広い)

が5ナンバー枠に収まるようだ。

マツダとスバルは5ナンバー枠車が少なく、マツダはデミオのみ、スバルに至っては該当車種がない(ジャスティがあるが、ダイハツからのOEM)ようだ。

見てわかることは、Bセグメントまでの比較的小さなクルマと、日本専用車(例えば2000cc程度以下のミニバン=実質日本向けの車種)に車幅を狭くした車種が多いようだ。マツダやスバルは日本向け専用の車種を別途用意するのが難しいこともあってか、元より車幅は広めな車種が多い(マツダ デミオを除く)。

側面衝突時の安全性の問題もあるし、あまり車幅を狭くは出来ないだろうし、国内市場は縮小の一途だから、国内事情にあわせた設計というのも難しくなりつつあるのだろう。

そういえば実質国内専用車のクラウンも、その車格から見れば幅が狭く1800mmに抑えられている。これは銀座の機械駐車場に入る幅を元に決められていると聞く。参考までに米国市場向けが中心とは言うものの格下のカムリの1840mmよりも狭く、マツダのアクセラが1795mmと同等なのだ。

私のように、いわゆる背高ミニバンはあまり好きではなく、一方で駐車スペースの問題があって、あまり車幅が広いものは所有できない人は困った時代になったなあと思う。もうコンパクトカーから選ぶしかないのかもしれないが、例えば現行スズキのスイフトは、欧州仕様では1.7mを超えているそうだから(日本ではスイフトスポーツ以外は5ナンバー枠内)、もしかするといずれコンパクトカーも3ナンバー化の波が訪れるのかもしれない。


車の価格はやはり高くなっている


デフレと言われて久しい。実際1995年以降ほぼ消費者物価指数は上がっていない。1995年のを基準にすると、101.1を基準にすると、2016年1-3月で103.2。20年以上経っても物価が2%程度しか上がっていないことが分かる。しかし、消費者物価指数は消費税分を含んで計算されるので、税抜価格では実質物価は下がっている(この間に消費税は3%から5%を経て8%になった。)ことになる。

一方で価格が順調に上昇している物がある。乗用車だ。参考までに価格の推移を調べてみた(グーネットの新車価格情報から)。

1995年に発売されたのは8代目カローラ(E11#型)で、ベーシックグレード1500cc 4ドアセダンDX (4AT)で車両価格は116万4000円だったようだ。

8代目カローラ(トヨタのHPから転載)

一方で、現在売られている11代目カローラアクシオ(E17#型)のベーシックグレードである2WD 1.5X CVT(ガソリン車=ハイブリッドでない)の車両価格は150万7680円だ。ベーシックグレード同士の比較で、実に29%も価格が上昇している。

11代目カローラ アクシオ(トヨタのHPから転載)

クラウンはどうだろうか?1995年発売の10代目クラウンロイヤル(S15#型)のベーシックグレードであるエクストラ2000ccの車両価格は275万円、2500ccの車両価格は293万円だった。

一方で現行の14代目クラウンロイヤル(S21#型)のベーシックグレード(2500ccガソリン車)の車両価格は381万2400円だから、同じ2500cc同士を比較しても30%価格が上昇している。

つまり他の物価はほぼ変わっていないにも関わらず、乗用車では約30%価格が上昇していることが分かる。車が高く感じる人が増えているとすれば至極当たり前のこと。

1995年のカローラの価格である116万4000円を元に現在どの車格が購入できるか調べてみた。パッソのX(1000ccガソリン車)が115万200円からというのが一番近いようだ。正直この価格だと、軽自動車でも変えない車種も多く(例えばダイハツタントは122万400円からで1995年のカローラ1500ccより高い。)、かつて中流の象徴と言われたカローラに乗っていた層が軽自動車にシフトするのも分かる気がする。

22年間で1.3倍の物価になるとすると物価上昇率は年1.2%という計算になる。乗用車はグローバルな製品だし、日本の物価上昇率で価格が決まるわけではない。世界的に見れば年物価上昇率1.2%というのはそれほど高いものでもないので、長期デフレで日本人が世界的にどんどん貧乏になっているんだろうなあと思うのだった。この20年で収入がせめて1.3倍になっていればねえ…。


Windows Live メールに梯子を…


久しぶりに実家に行ったのだが、父親のPCの調子がおかしいという。3年前に買ったNのノートPCなのだが、電源を落とすとロゴ表示される前に落ちてしまい起動不能になる。たまたまなんとか起動したので、電源を入れっぱなしにしてしのいでいたとか。

それで実家を訪れた機会に早速新しいPCを購入して移行作業に入った。Nのノートは購入時はWindows 7が入っていたのだが、例のWindows 10無料アップグレード時期に10にしてあったので、既に10だった。

ここで困ったことに。父親はもともとOutlook Expressでプロバイダメールを使用していたのだが、今回故障したNのノートに買い替えた際に、Windows Liveメールに移行していた。ところが、調べてみるとこのメーラー、2017年1月に既にMSのサポートは終了している。新しく買ったPCにOutlook 2016やWindows 10標準メール(但し代替になるか不明)は入っているのだが、Winows Live メールからの移行ツールなどは既に配布中止になっているようだった。(但し時間がない中で調べたので、もしかしたら方法があったのかもしれない。)

作業時間もないのと、幸い多くのメールはpop3メールサーバーに残っていたので、結局古いメールは諦めた。つまりメーラー間の移行は諦めたのだった。

もともとOutlook ExpressもWindows Live メールも無料で配布されていたものだが、あえなくMSに梯子を外された感じでなんとも後味が悪かった。Thunderbirdでも勧めておけばよかったかなと後悔。

どうでもいいが、3年で壊れるAssemble in JapanのNのノートも相当ひどいと思うが。


ATMから偽札@中国


中国のことをある程度知っている人ならば、偽札が結構流通している話を聞いた事があると思う。

先日某中国関係のセミナーを受講したのだが、講師だった弁護士が偽札被害にあった生々しい話を聞いた。どうやら浦東空港のATMで2000元(日本円で4万円弱)出金したそうなのだが、タクシーで使用しようとすると偽札だと言われたという。確かめてみると出金した2000元中700元が偽札で、ナンバーも同一だったとか。ATMを設置している銀行に交渉しても、厳重に管理しているからそんなはずはないと言うし(中国の場合、動かぬ証拠がなければこういうケースはほぼ無理だと思う。)、警察に行った場合、むしろ日本人の自分が疑われるのではないかと考えて泣き寝入りしたとか。

中国政府も偽札の流通は問題とわかっていて、2年ほど前に100の部分が金色から銀色に光る新100元札の流通を始めた。しかし、今年8月に持ち帰った100元札9枚を確認してみると、新札は1枚のみだった。

ATMから出てきてしまった場合、もうどうにもならず泣き寝入りするしかなさそうだ。厄介な国だこと…。