魂動デザインマツダ車の室内長


私は現行プレマシー(CW型で、先代BL型アクセラがベース)に乗っているが、某巨大掲示板で、後席が現行BM型アクセラより狭いという話題が上っていた。確かに魂動デザインはノーズが長く、4-2-1排気システムのエンジンを積むにはどうしてもエンジンルームを長く取る必要があったのではないかという気がする。どのくらい狭いのか。しかし、ミニバンのプレマシーとハッチバック/セダンのアクセラの室内長を直接比較することは意味がない(荷室部分まで含んでしまうため。)。そこでアクセラスポーツ(5ドアハッチバック)で、先代BL型と現行BM型の室内の大きさを比較してみた。

BLアクセラ(先代)ハッチバック BMアクセラ(現行)ハッチバック
全長 4490mm 4460mm
ホイルベース 2640mm 2700mm
室内長 1980mm 1845mm
室内幅 1475mm 1505mm
室内高 1200mm 1170mm

予想したとおり、全長は30mm短くなり、一方でホイルベースは60mm延長されており、室内長はなんと135mmも短くなっている。やはり魂動デザインというのは、実用性ではイマイチのようだ。

そこで、クラスは格下だが、車内が広いことでは定評があるFIT3(GK型)と比べて見る。両方共にハッチバックだから比較になるだろう。

BM型アクセラ(現行)ハッチバック GK型FIT(現行)ハッチバック
全長 4460mm 3955mm
ホイルベース 2700mm 2530mm
室内長 1845mm 1935mm
室内幅 1505mm 1450mm
室内高 1170mm 1280mm

驚いたことに、なんと格下のFIT3よりも室内長が90mm短い。さすがに全幅はアクセラのほうが広いのだが、乗った感じではおそらくFITの方が広く感じるのではないかと思う。

魂動デザインもアクセラもパッケージング実用性を狙ったものではないから、こんな比較をするのはナンセンスなのかもしれないが、ちょっと驚きの結果だった。