サークルKの怨念


サークルKを運営するサークルKサンクス(株)が、ファミリーマートに吸収されたために、サークルKが次々とファミリーマートに進化?している。しかし、看板代をケチっているために、そこが元サークルKであるかは、看板を見ると分かる。

こんな感じでFamilyMartの看板は交換されているが、その下の酒・たばこ、銀行ATMの部分は赤地のサークルK時のもののままだ。

ところが、サービス全てがファミリーマートと同じものに切り替わっていると思っていたら、大きな落とし穴があった。Famiポートは設置されていたが、銀行ATMはゼロバンクのままなのだ。合併前のファミリーマートは基本的にEnetバンクだったはず。私の場合困ったことが起こる。メインで利用している新生銀行のキャッシュカードは、Enetは対応しているが、ゼロバンクは提携していない。以前はファミリーマートに入ればキャッシュカードで金が下ろせると思っていて間違いはなかったのだが、今はサークルKが進化したファミリーマートがたくさんあるので、そうはいかない。

困ったことに元々名古屋近辺はサークルKが多かったために、このようにファミリーマートへ進化した店舗がやまとある。いずれEnetに統一されるのかもしれないが、サービスが統一されないというのは困ったものだ。