魂動デザインマツダ車の室内長


私は現行プレマシー(CW型で、先代BL型アクセラがベース)に乗っているが、某巨大掲示板で、後席が現行BM型アクセラより狭いという話題が上っていた。確かに魂動デザインはノーズが長く、4-2-1排気システムのエンジンを積むにはどうしてもエンジンルームを長く取る必要があったのではないかという気がする。どのくらい狭いのか。しかし、ミニバンのプレマシーとハッチバック/セダンのアクセラの室内長を直接比較することは意味がない(荷室部分まで含んでしまうため。)。そこでアクセラスポーツ(5ドアハッチバック)で、先代BL型と現行BM型の室内の大きさを比較してみた。

BLアクセラ(先代)ハッチバック BMアクセラ(現行)ハッチバック
全長 4490mm 4460mm
ホイルベース 2640mm 2700mm
室内長 1980mm 1845mm
室内幅 1475mm 1505mm
室内高 1200mm 1170mm

予想したとおり、全長は30mm短くなり、一方でホイルベースは60mm延長されており、室内長はなんと135mmも短くなっている。やはり魂動デザインというのは、実用性ではイマイチのようだ。

そこで、クラスは格下だが、車内が広いことでは定評があるFIT3(GK型)と比べて見る。両方共にハッチバックだから比較になるだろう。

BM型アクセラ(現行)ハッチバック GK型FIT(現行)ハッチバック
全長 4460mm 3955mm
ホイルベース 2700mm 2530mm
室内長 1845mm 1935mm
室内幅 1505mm 1450mm
室内高 1170mm 1280mm

驚いたことに、なんと格下のFIT3よりも室内長が90mm短い。さすがに全幅はアクセラのほうが広いのだが、乗った感じではおそらくFITの方が広く感じるのではないかと思う。

魂動デザインもアクセラもパッケージング実用性を狙ったものではないから、こんな比較をするのはナンセンスなのかもしれないが、ちょっと驚きの結果だった。


Etorenでスマホ修理(2)


Etorenでのスマホの修理が完了した。前回のアップはここ。結局一ヶ月ほどかかった。以下のような経過だった。

5/20(土) LEDが点灯しないことがある不都合をEtorenに連絡。
5/22(月) Xperia Companionのを用いた復元手順について詳細な紹介の上、復元を試すよう連絡あり。
5/23(火) 私から、本体で設定-バックアップとリセット-データの初期化-携帯電話をリセット、及びXperia Companionでの復元いずれも試したが結果に変わりがないことを連絡。回答を受けてEtorenから日本の送り先へ元払いで送るよう指示があり、発送。
5/25(木) AMに送付先に到着。Etorenから症状が再現できないと問い合わせ連絡。どのような時に症状が出るかを回答して様子を見てもらう。
6/14(水) 私から修理状況の確認メールを送付。3分後に修理検証中であるとの回答メール。
6/22(木) 修理完了メール。佐川のトラッキング番号の連絡あり。
6/23(金) 修理したスマホを受領。元払いで返送時の送料負担はなし。

製品は修理がされたようで、交換ではない。実際無線LANのMACアドレスは変更されていないようだ。充電時のLEDが赤色→橙色に変更になった気がするが、満充電近くになると緑に変化するしまあ良いかという感じ。

外国からスマホを輸入すると、やはり故障時は面倒だ。ただ、Etorenは日本の倉庫に送付すればよいし、対応もテキパキしていたので好感をもった。但し修理には1月程度かかるので、予備機は持っていないと困ると思う。


NTT-WEST CLUBのポイント交換商品がクソなこと…


私はNTT西日本のフレッツ光ネクストを契約している。ところが、シェアが大きいためやる気がないのか、あまり満足度が高くない。例えばポイント交換プログラムの商品がパッとせず、しかも1pt=1円でポイント購入もできるのだが、恐ろしく割高だ。

例を上げてみる。

交換商品 必要ポイント(pt) 価格コム最低価格(円) 2017/6/18 円/pt
Bluetoothマウス m557 グレー 5000 2166 0.43
PIXUS MG 3630 ブラック 9200 6076 0.66
無線LANルーター AtermWG1200HS 8000 5190 0.65

価格変動(下落)が激しいPC周辺機器だとこんな感じ。円/ptは1ptの価値(円)で大きな数であるほどポイントの価値を高く利用している=交換価値が高く得な交換であることを示している。

3-4年商品の入れ替えがなく、商品数も限られていることもいただけない。光Boxなどというガラクタもラインナップされている。ポイントを失効させるのは悔しいし、なんともなのである。


サークルKの怨念


サークルKを運営するサークルKサンクス(株)が、ファミリーマートに吸収されたために、サークルKが次々とファミリーマートに進化?している。しかし、看板代をケチっているために、そこが元サークルKであるかは、看板を見ると分かる。

こんな感じでFamilyMartの看板は交換されているが、その下の酒・たばこ、銀行ATMの部分は赤地のサークルK時のもののままだ。

ところが、サービス全てがファミリーマートと同じものに切り替わっていると思っていたら、大きな落とし穴があった。Famiポートは設置されていたが、銀行ATMはゼロバンクのままなのだ。合併前のファミリーマートは基本的にEnetバンクだったはず。私の場合困ったことが起こる。メインで利用している新生銀行のキャッシュカードは、Enetは対応しているが、ゼロバンクは提携していない。以前はファミリーマートに入ればキャッシュカードで金が下ろせると思っていて間違いはなかったのだが、今はサークルKが進化したファミリーマートがたくさんあるので、そうはいかない。

困ったことに元々名古屋近辺はサークルKが多かったために、このようにファミリーマートへ進化した店舗がやまとある。いずれEnetに統一されるのかもしれないが、サービスが統一されないというのは困ったものだ。


Raspberry pi 3のWindows共有自動マウント


今さらながらRaspberry pi 3 model bを買った。こんなに安くこんなものが買えるなんて、IoTな時代はすぐそこまで来ているなあと思う。

購入したのは青いケース付きのモデル

それで、Raspbianをインストールしたりといろいろやっていたのだが、つまづきで備忘録に残したいことが一つ起こった。

nasのフォルダーをWindows共有で起動時にマウントしたいのだが、/etc/fstabに記載しても、自動でマウントされない。改めてマウントポイントを指定してマウントするとうまくいくので、記述が間違っているわけではなく、ネットワークが確立する前に(特に無線LANのみ)マウントに失敗しているのだろうと予想。情報を探すと以下のように記載すれば良いようだ。

/etc/fstabに

//nasのIPアドレス/nas /mnt/マウントポイント cifs username=hoge,password=hogehoge,iocharset=utf8,rw,uid=1000,gid=1000,noauto,x-systemd.automount 0 0

と書けば良いようだ。赤字の部分に注意。

ということだが今後何をやろうか全く決まっていない。
色々できるのだと思うが、プログラミングもLinuxも、電子工作の知恵も伴っていないから気長に行こうと思う。


Etorenでスマホ修理(1)


Etorenで購入したXperia X Performance (F8132)を修理に出した。不具合は起動、動作自体はするのだが、充電ケーブルをさしても充電(通電)状態を示すLED(赤 or 緑)が点灯しないというもの。多くのAndroidスマホがそうであるように、本来は充電ケーブルをさすと、充電レベルが低い時は赤、90%程度以上で緑が点灯するはずだ。そして充電が終わっても給電されていれば緑のLEDが継続点灯する。困ったことに充電時のLEDは点くときもあれば点かないときもある。

稲妻マークから充電していることがわかるが、赤のLEDは消灯している。

何度も現象が出ることを確認後、Etorenへ連絡をした。以下の通り。

5/20(土) LEDが点灯しないことがある不都合をEtorenに連絡。
5/22(月) Xperia Companionのを用いた復元手順について詳細な紹介の上、復元を試すよう連絡あり。
5/23(火) 私から、本体で設定-バックアップとリセット-データの初期化-携帯電話をリセット、及びXperia Companionでの復元いずれも試したが結果に変わりがないことを連絡。回答を受けてEtorenから日本の送り先へ元払いで送るよう指示があり、発送。
5/25(木) AMに送付先に到着。Etorenから症状が再現できないと問い合わせ連絡。どのような時に症状が出るかを回答して様子を見てもらう。

このような経緯となっている。今の所、Etorenの回答待ちだが、10日程経過しているので、おそらくは不都合は再現できて、故障対応しているのだろうなと思っている。まあ、2-3週間はかかるというので、気長に待とうと思う。また動きがあったら、ここに書く予定。