本場四川の回鍋肉にキャベツは入っていない


今日も錦水苑へ出かけたのだが、初めて四川料理を食べる人が、店の人と話していた。回鍋肉といえば、日本人には馴染みのある中国料理、実は四川料理で、多くの人は肉とキャベツの味噌炒め、しかも味は甘いものだと思っている。しかし、本場四川料理の回鍋肉にキャベツは入っていないし、甘辛くもない。ぜんぜん違う料理と言っても過言ではないと思う。そしてそう、錦水苑は中国四川と基本的に同じ味の料理を出している。

このように日本と中国で全く異なる中華料理と言うのは結構多い。四川料理というと遠がらしで辛いと思うかもしれないが、唐辛子だけではない。例えば麻婆豆腐は麻辣と味が表現されるけれど、唐辛子だけではなく、しびれる山椒の辛さも特徴だ。

中国に行って、中華料理がこんなものだとは知らなかったと思うことは多々あると思う。だから、中国で中華料理を食べても、日本の中華料理に慣れた日本人がおいしいと覆えるかはまた別の問題だと思う。

huiguorou

錦水苑の回鍋肉。本場四川と同様にキャベツは入っていない。甘くもない。