Anniversary updateの不都合


Windows 10 Anniversary Update (RS1)を3台のPCに適用したのだが(うち1台はクリーンインストール)、以下の問題があることに気がついた。

1)Panasonic CF-J10Rのフラットパッド動作しない

元々、公開されているWindows 8用のドライバと設定ツールで問題なく動作していたのだが、RS1を適用すると、デバイスマネージャー上では正常に認識されているように見えるが、全く動作せず。Syanptics社から最新のドライバを持ってきたり、Panasonicの旧ドライバを当ててみたりいろいろやったがダメ。デバイスドライバ上では、Synaptics SMBus driverと正常認識されている。

synaptics

なんせSandy Bridgeな古いノートなので、今さらサポートは望めないかとあきらめモード。いつも使ってるし、マウスを使えばいいんだけど。でも持ち運びにはちょっとな状態。

(2016/8/14追記)

フラッドパッドの不都合はその後ハードウエアの故障であることがわかりました。よって上記不都合はWindowsのアップデート(RS1)に伴うものではありません。

2)Logicool Setpointが動作しない

こちらは、今後に期待したいけれど、Logicoolの設定ソフトウエアであるSetpointが正常に動作しない(クリーンインストールしたデスクトップ)。VC++ 2008のランタイムが必要という情報はあるんだけど、これは今に始まったことではないし、入れてみてもやっぱり動作しない。

3)Bluetoothの動作がおかしい

アップデート前は活動量計であるfitbit charge HRと正常にペアリングし、通信できていたのだが、アップデート後認識できなくなった(クリーンインストールしたデスクトップ)。ものはELECOMのLBT-UAN05C2というbluetooth 4.0対応のもの。検索しても見つからない。他のデバイスとは通信を行っていないので分からないが、デバイスマネージャーは一般的なデバイスとして認識されている。fitbitはBT4.0でないと通信できない?ようなので、BT4.0デバイスとして認識されていない?クリーンインストールではないが、PanasonicのCF-J10Rに挿したBroadcomのBTダングルでは通信できているので、このELECOMのBTチップが良くないのかもしれない。

(2016/8/14追記)

具体的な問題は、BTにfitibit charge HRをペアリングできないという事象です。これは、一旦ペアリングされていて、OSをUpdateした時は問題がなく、RS1をクリーンインストール後ペアリングを実施しようとすると見つからずに失敗するようです。つまりBTチップにかかわらず、発生します。

なんかもっと深刻なトラブルの話も聞くけれど自分はとりあえず上記の2点が問題となっている。