nexus 5x(グローバル版32GB)に変えた


あまりに日系スマホが不甲斐ないので、nexus 5xグローバル版32GB(H791)を購入した。

mv_02

上記画像はドコモのサイトから引用

グローバル版といっても、

  1. バンド19に対応している。(NTTドコモの800MHzプラチナバンドで通信可能。)
  2. 日本の電波認証(技適)を得ている。

SIMロックフリーなことはグローバル版で当然だが、特に上記1は通信エリアに関わるところなので、Docomo系MVNOで運用する自分にとっては、非常に重要だ。バンド19は日本でしか用いられていない帯域だが、奇跡的?にグローバル版nexus 5xは対応している。というか他のスマホのグローバル版で上記1と2の両方を満たすモデルって他に知らない。

なぜわざわざグローバル版にしたかだが、円高に触れたこともあって、グーグルを介して日本で購入すると5万円超えなのに、香港の業者から輸入すると3万円台半ばで購入できたからだ。但し、1年以内に自損事故、1年以後に故障した場合、修理は困るのかもしれない。

それで入手するにあたって、ネックだと思ったのは以下の点。

  1. SDカードスロットがない。
  2. 防水、おさいふ携帯、ワンセグ、ストラップホールなど日本向けのサービスには一切対応していない。

正直上記2は割りきりなのであまり気にしなかったが、1は気になった。しかしnexusは伝統的にSDスロットを設けていないし(つまり次期モデルの噂が出ているが、次期モデルもSDスロットはないのだろうという読み)、ROMが32GBあれば足りると踏んで、購入に踏み切った。

買って満足している。よく液晶の色合いが黄色味がかかっていると聞くが、自分は全く気にならず、むしろ精細な感じが好印象だった。

バッテリー持ちはArrows M02に比べれば良くないが、1日使うにはほぼ問題は生じない。逆に言えば毎日充電の必要はある。そう、グローバル版は日本の充電器プラグ形状と異なるために、変換アダプタが必要であることと、まだ珍しい本体はUSB type-Cコネクタであることは注意しておくほうが良いと思う。

動作は軽く、軽快だ。指紋認証も非常に便利。ただ、カメラのすぐ下なので、手探りで確認せずに操作すると、間違えてカメラを指紋認証と思って触れてしまうことがある。RAMが2GBなので、今後のことを考えると少し不安だが、少なくとも次期アンドロイドバージョンであるヌガーまではアップグレードが保証されているのも、nexusらしく自分のように新しいもの好きには向いている。まあ自分はパワーユーザーではないので何とかなるのではと思っているが。

購入してから気になった点は2つ

1)バッテリー残量表示の数字が小さい

多くのメーカーは自社カスタマイズでバッテリー残量数字表示を設けているらしい。nexus 5xはマシュマロの標準機能で実現しているらしいのだが、これが文字が非常に小さくみづらい。なので、Battery Notifierというアプリで大きな数字を表示するようにした。

2)通知LEDの動作が一癖?あり

まずOSの設定で、設定-音と通知-アプリの通知などで設定するのと、充電時の状態はLEDで通知されない仕様なようなのでNexus Battery LED lightというアプリで実現することにした。但し、電源を切って充電しても当然充電状態のLED表示はされない。また、なぜが点滅にしないと点灯しないために、LED点滅にチェックを入れ、点灯時間を10秒、消灯時間を1秒に設定した。(なぜ連続点灯させられないのだろう?)

nexus 5xはなんとNTTドコモからも販売されていて(ドコモ使いとnexus使いはどうもオーバーラップしないのだが売れているのだろうか?)、専用アクセサリも豊富に存在する。このためこの点でも心配はない。前回ハズレだったが、今回のnexus 5xは満足度が高い買い物となった。


不眠に抑肝散加陳皮半夏はいかに


私は十年来の不眠なのだが、そうなると選択肢は概ねベンゾジアゼピン系かその類の睡眠薬か抗不安薬(俗にいう安定剤)が処方となる。これは、多くの場合身体的な副作用は無視できるほどなのだが、習慣性があるという非常に厄介な問題がある。実際かつて「レンドルミン」と「マイスリー」(マイスリーは正確にはベンゾジアゼピン系ではないが、ベンゾジアゼピンω1受容体に作用するわけで大して変わらない。)という超短時間型と短時間型の組み合わせの連用で反跳性不眠が出てしまい、断薬するのに非常に苦労した苦い覚えがある。実は短時間型(例えばレンドルミン)や超短時間型(例えばマイスリー)は、寝付きが悪い時に飲むと短時間で入眠できるために非常に使い勝手が良いのだが、反跳性不眠、つまり薬をやめると途端に寝付けなくなるというリスクが高い。

この苦い経験の後、長時間型と超短時間型のマイスリーを併用するようにした。寝付けなかった時は、まずマイスリーを飲み、同時に長時間型のドラールかセレナールを併用する。2-3日これを続けるとマイスリーを使わなくとも自然に入眠できるようになるので、まずマイスリーをやめ、次に長時間型をやめる。最近は食事の影響を受けにくいセレナールをよく使う。セレナールは古い薬でもあり、薬価も非常に安い。

ところが最近はこれらの薬がなかなかやめられず、漢方が得意な皮膚科医に相談してみた。この先生は、江戸時代から医師の家系で、皮膚科医なのだが東洋医学全般に通じていて、漢方を出すのがうまいのだ。彼が言うには「ベンゾジアゼピン系程は効かないかもしれないが、ダメ元で出してみましょう。」ということで、出してもらったのが「抑肝散加陳皮半夏」。効能を調べてみると確かに使えそうだ。今日から飲み始めたところなので効果の程はまだわからないが、少しでもベンゾジアゼピン系薬剤の服用を減らせればと思っている。


ANA B737-500の運用予想


今日旭川から名古屋へ戻ってきた。やっぱり名古屋は蒸し暑い。それで行きも帰りも化石のような機材であるB-737-500だった。多分もう老い先は長くはないのだろう。ANAグループではボンバルディアの次に客席が少ないようだ。そんなB737-500の運行スケジュールを予想してみた。

名古屋(中部)8:30→旭川10:15

旭川10:45→大阪(関西)13:00

大阪(関西)13:35→旭川15:30

旭川16:00→名古屋(中部)17:55

名古屋(中部)19:25→福岡20:45

あってるかなあ。。。


ファーム富田ラベンダーイーストがお気に入り


昨日は富良野のラベンダー園で定番中の定番である「ファーム富田」の本家に行った。多分富良野地区で一番有名な場所だと思う。丘陵地の中腹に一面にラベンダーが植えられている。またラベンダー以外の花も植えられている。ただしこれは見せるためのラベンダー園という感じがした。

そこで今日行った同じ系列の「ファーム富田ラベンダーイースト」、こちらは本家から離れた平地に存在し、北海道の農場のイメージにぴったりな感じが気に入った。本家ほどは客がいないのもいい。ここら辺は好みの問題だと思うが。

tomita_east1

tomita_east2

しかし、中華圏からの客が多いこと多いこと。車を借りて個人旅行を楽しむのは、台湾人、香港人、自転車でサイクリングを楽しむのが大陸中国人といった感じだ。日本ではないような錯覚に陥る。


キタキツネ?を見た!


富良野市内から十勝岳望岳台に行く道道でキタキツネ?を見た。一度目はこちらに近づく素振りを見せたが、すぐに森の中に戻って行ってしまった。更に車を進めると直線道路の先の方にまた別のキタキツネがいるのを発見。ゆっくり車を走らせて、直線道路だったので停車した。車から降りてキツネに近づいていって、おいでおいでと手でジェスチャーをしてみるとこちらに歩いてくる。意外と人に対して警戒心がない。すかさず望遠で写真をとった。しかしその後しばらくして後続車がやってきて、その音でキタキツネは森のなかに戻っていった。意外と人懐っこいというか警戒心がないキタキツネだった。

(追記)エキノコックス症にご注意!

友人に注意されました。エキノコックスとは寄生虫の一種です。やはり、人間と野生動物は一定の距離を持つことが重要そうです。

キタキツネ

車を降りて急いで撮ったので表情がイマイチなのはご愛嬌


富良野に来ています


休みを頂いて、富良野に来ています。旭川空港について、レンタカー屋(日産レンタカー)に移動して、車を引き渡されてすぐに草原の中に警察官の姿。エッと思ったら私はセーフでした。というのもナビの設定が気に入らず、のろのろ走ってどっかで直そうと考えていたからです。そうでなければついつい速度を出していたかも。国道沿いではなく、市道(といっても北海道なので見通しはよく、ついつい速度を出しそうな道)で取り締まる、しかも旭川空港のレンタカー屋営業所が集合している地域のすぐそば(レンタカー屋から富良野に向かう方角)なので、車を借りて出発して、1分後には切符を切られていることにもなりかねません。そして捕まるのはほぼ100%土地勘のない道外の人だと。確かに速度を出す輩が悪いのだが、捕まったわけでもないのに何となく後味が悪いのは私だけでしょうか?旭川空港からレンタカー借りて出かける人。くれぐれも制限速度には注意しましょう。

富良野や美瑛町は観光シーズン真っ盛り。特に台湾人の姿を沢山みました。ラベンダーもこんな感じ。

furano

四季彩の丘@美瑛町のラベンダー

ただし、四季彩の丘の土産物屋、いくつか贈答用に土産を買ったのに、箱分の袋すらくれなかった。。。


郵便ポストの位置がわからない


郵便ポストの位置って多分ネットで検索する術はないよなあ?一応有志?が作成したマップはあるけれど。もちろん公式サイトではない。郵便局の位置は探すことはできても、今時郵便ポストの位置が探せないってどうかしていると思う。純粋な民間の会社だったらこんなことは絶対にないはず。民営化されてもサービスが良くなったという実感はなかなか持てないですね。信書の配達は依然として独占だし。でも郵便ポストの場所さえ情報提供しないこんな会社に独占させておくのは正直どうかと思う。


女性脱毛に「十全大補湯」が奏効


妻(40代後半)は2年ほどから脱毛が多くなった。メンタル系の薬を飲んでいるために薬剤性の脱毛も考えられた。このため皮膚科へ行くのは躊躇っていた。しかし、もう駄目かも知れないがやってみようということで皮膚科を受診した。

後悔したくないために、皮膚科はよく知っている名古屋郊外の皮膚科に通うことにした。参考までにこの皮膚科、私が成人アトピー性皮膚炎で、大学病院で紹介してもらった先生だ。アトピー研究を専門とし、江戸時代から続く医者の家系でもあり、漢方治療が得意な先生だ。比較的最近名古屋市内の皮膚科を標榜する先生が、爪白癬を診察できていなかったこともあり、正直皮膚科医に不信感があって、遠くても信頼できる先生にかかりたかった。

脱毛に漢方。正直言って、当初は信用していなかった。「セファランチン」を最初に出され、次の診察で「十全大補湯」が追加された。セファランチンの効果はそれほど大きくないと調べて知っていたので、「十全大補湯」が頼みの綱だ。しかし、「十全大補湯」の添付文書を読んでも脱毛への適用など一切書かれていないところが、漢方の奥深いところだと改めて思う。

jyuzen

処方されたクラシエの十全大補湯

(主治医は同じ漢方薬名でもメーカーで違いがあると著書に書いている。)

しかし、いい意味で期待は裏切られた。妻は十全大補湯を飲むようになって、顔面の肌がもちもちして来たという。当然、頭皮にも良い効果が出ていることが期待される。そして、さらに1ヶ月くらい経ったところ(治療を初めて約2ヶ月)で、抜け毛が減り始めた。正直一回の洗髪で一握りくらいの抜け毛があった(但しロングヘアー)のだから、減ったことがよく分かる。

抜けた髪の分のボリュームが戻るには、まだまだ時間がかかるかも知れないが、治療を継続してよかったと思っている。


富士通Arrows M02ダメ出し…


私はSIMロックフリー端末しか買わず、今使っているのが、富士通Arrows M02なのだが、はっきり言ってひどい。少しまとめてみようと思う。

design02

写真 富士通FMWORLD.NETから

1.プチフリーズする

一番苛つくのがこれだ。スリープから復帰させようと電源ボタンを押す、アイコンをクリックする、ホームボタンを押す、いずれの場合も反応せず数秒から10秒程度だんまりとなる。だんまりとしている間に、操作ミスったかとアイコンやボタンを押していようものなら、フリーズ復帰後連続的に操作されたと判断されてしまう。はっきりいってまともな操作はできない。よってフリーズした時は、黙って待つことになる。正直この機種を使い続けるには忍耐が必要だ。

2.SIMトレイが脆い

私がSIMロックフリーにこだわるのは、海外でも現地のプリペイドSIMを使って利用できることがある。ところが、この端末のSIMトレーは、SIMカードを頻繁に入れ替えることを想定されてはおらず、脆い。クラックが入り最悪割れてしまうと思われる。このことを富士通もわかっているのか、家電量販店で売られた端末については一度だけ無償でSIMトレイを送る措置をとっているようだ。但し私のようにMVNO経由で端末を購入したものは、有償で購入元から購入するしかないのも不合理だ。自分の場合800円+税だった。

3.おサイフケータイ(NFC)を見失うことがある

最近2度連続でNFCのアイコンが白に変わり、NFCを見失うという事態に遭遇した。再起動してもダメで、一度電源を切ってさらに入れなおすことで自分の場合は復帰したが。アイコンが白に変わっていて、押して無反応なのだが、この機種は上述の通りプチフリーズの持病もあるので、どちらの不都合かわからず困る。しかも、決済をしようとして携帯を取り出したらNFC停止で決済できないなんて本当厄介な端末だと思う。

4.有機ELパネルが割れるとか

私は経験していないのだが、巷では有機ELパネルが割れたという報告が目立つ。落下させたから割れたのではなく、充電スタンドにおいていたら割れたとか、衝撃にかかわらず割れたという報告も多い気がする。有機ELパネルが割れたら、おサイフケータイでも使用していようものなら手続きが相当に厄介なことになるだろう。しかも購入して半年たって割れたなんて話も出ている。保証期間は1年しかないので、1年と1日後に割れたとすれば、確実に全損だと思う。爆弾抱えた機種で毎日パネルが割れていないかを確認するのが日課になっている。

以上のとおりだ。もう、富士通の端末は買わないと思う。この前に使っていたASUS Zenfone 5は不都合は一切なかっただけに、富士通の品質の酷さが際立って感じられる。実は、Zenfoneの前に使っていたNECカシオの端末も地雷だったが、すぐに市場から撤退してしまった。最近は日本製だから地雷かもしれないと購入時に考えなければならない時代になってしまったのかもしれない。アフターサービスも良いとはいえずなんとも寂しい限りだ。


本当のうつ病って


私はまさに病気のデパートで、頭から足まで壊れたことがないところの方が少ない?くらいだ。今日はうつ病について書いてみようと思う。

数年前にうつ症状が出て、産業医の指示でメンタルクリニックを受診した。産業医(心療内科医≠精神科医)は大した診察もせずにSSRIの一種であるパキシルを処方した。この薬は因縁の薬で同じくメンヘラーである妻が服用して自殺企図を起こすに至ったものだったので、安易に処方しようとされたことに戸惑いをもった。そんな私の戸惑った表情を産業医が察したのか、

「抗うつ剤ならなんでもいいよ。」

と彼が言って、私は更に驚いた。この産業医(心療内科医)は抗うつ剤の使い分けを理解していないのではないかと、その技量を疑うことになったのだった。

いずれにしても精神科医にかかろうと、妻の主治医だったクリニックを受診した。彼は診察で開口一番、

「この産業医はあなたを診察したのですか?」

ときた。パキシルが処方されているのに、その処方に至った経緯が紹介状に一切記載されておらず、まるで患者が自分で病状を書いたような稚拙な文書だったかららしい。なおこの産業医(心療内科医)は名古屋では非常に有名な医師で、医療関係者なら皆知っているような医師なのだ。こうやって見ると彼は非常にお粗末で、世間で言われる名医という評判は全くあてにならず、そしてうつ症状は心療内科医ではなく精神科医に診てもらうべきものと考えるようになったのだった。

それで私の主治医となった精神科医は

「パキシルがあっていると思いますか?」

と質問したうえで、パキシルに変わりアビリット(=ドグマチール)を処方した。つまり彼は不適切な処方と思ったらしい。確かにアビリットは抗うつの効能があるが、抗うつ剤ではない(正確には抗精神病薬に分類される。)。アビリットは神経症圏(現在では病名に神経症という言葉は使わなくなっている。)によく用いられると後から知った。逆説的に言えば、コテコテの(内因性)うつ病には、アビリットの抗うつ作用は足りないのだと思う。更に後に主治医は

「意欲がないとおっしゃったので、アビリットを選択した。」

とも言っていた。確かに調べてみるとアビリットにはノルアドレナリンの放出を促す効果があるとされていて、結果として意欲の向上に効果があるようだ。そして、回復した現在わかるのは、私にはパキシルは不適切で、やはりアビリットがあっていたことだ。

実は私は当初自分の病名を「うつ病」と思い込んでいた。実際に診断書の病名も「うつ病」だったし。しかしある時主治医に

「あなたはご自分がうつ病だと思いますか?」

と問いかけられたことがあった。その時自分のことをよく考えてみると典型的なうつ病とは異なる症状であることが理解できた。

  • 自分が自責的とはいえない。
  • 午前中調子が悪いということもない。
  • 典型的なうつ病のような重いうつ症状はない。

主治医が言うには、(操作的診断が行われる)以前であれば、私の病態をうつ病とは診断しなかっただろう。神経症的なうつ症状(≒抑うつ神経症)だと思うとのこと。今はうつ病の概念が拡大されてしまったので診断書に「うつ病」と記載したと。ここで初めてなぜパキシルが不適切でアビリットが処方されたかがわかった気がした。

操作的診断は誰が行っても同様の診断結果が得られるかもしれないが、症状ばかりに目が向き過ぎていて、実際は抑うつ症状があれば何でも「うつ病」になり、そしてSSRIが無難に処方されるのならば、何かがおかしいのではないかと思うのだった。

最近マスコミ用語で、「新型うつ病」というマスコミ用語?が流行りのようになっているが、実は新型でも何でもなくて、単に「うつ病」には含めてこなかった人まで新基準では「うつ病」に含まれてしまうためにおかしなことになっているにすぎないのだろう。

うつ病の診断とその治療について考え直したほうが良いのではないだろうか。そうでないと一口にうつ病と言ってもあらゆる症状を持つ人が含まれ、ますます混乱しそうな感じだからだ。