BSM表示灯の位置


最新の安全装備の一つにBSM(ブラインドスポットモニター)というのがある。側後方の他車が追い抜きをかけてきたときに、その近接を警告するものだ。私も現行B型インプレッサにオプションで付けたが、非常に気に入っている装備の一つだ。

ところが最近、この表示等が一般的にはミラー面上にLED表示されるケースが多いことに気がついた。以下の写真を比較してほしい。

BSM表示灯(左:インプレッサ、右:レヴォーグ) (スバルのHPから引用)

スバルの場合、SGPが採用された、インプレッサ、XV、フォレスターは左のタイプ、それ以前の形式は右のタイプとなっているようだ。一方で他社は見た限りでは右側のタイプが多いようだ(トヨタ、ホンダ、マツダなど)。

私のインプレッサで感じる限り、左のほうが便利だ。視線移動を全くしなくても、表示灯の点灯やフラッシュが見えるので、ああ、車線変更は今はできないなとわかる。これが仮に右のミラー面上外側のLED表示だったら、ミラーまで視線移動しない限り、ミラー外側でもあり表示灯は見えないのではないかと想像する。車線変更時はミラーを確認するのが鉄則だが、ミラーを見るまでもなく他車の接近がわかるのは、無駄な視線移動を避けられ便利だと思う(あくまで他車接近の十分条件であって、必要条件ではない。)。

しかし、スバル車は順次左のタイプに切り替えていくものと思われるが、他社にその動きはないようだ。個人的には 左のほうがメリットが多いと思うのだが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です