GTインプレッサB型のセーフティチェック完了したが。。。


昨日、現行B型インプレッサの1年半のセーフティーチェックを行ってきた。

以下の不満3点を伝えた。

1)加速時のCVTギクシャク→最新ECUリプロ実施依頼
これは、多くのオーナーが指摘している問題で、以下の条件が揃うと症状が出る。

a)変速機はインテリジェントモード
b)酷暑下で冷房全開
c)低速時(20-30km/hくらい?)からじわっとやんわり加速

生じる症状は船を漕いでいるように、加速が一定しないギクシャク加速をする。スバルは何度かリプロで対策を行っているが、改善しない。

2)STIアンチグレアミラー鏡面のLEDが夜間眩しい→鏡面についているLED配線を切れないか?

どうやら発売中止になったようだが、STIのアンチグレドアーミラーをつけたのだが、装飾としてついている、鏡面のLEDが眩しい。昼間はともかく、夜間方向指示器を出すと、眩しくて鏡面がよく見えない。なので、LED配線を切れないかを確認したのだった。しかし、アンチグレミラー照明が眩しいって、ブラックジョークのようだ。

3)運転席ダッシュボード(スピーカのあたり)からコトコト異音

それで、1時間余で点検は終わったが、結果は以下の通り。

1)のリプロの結果、22765AJ657となったが、今日一日20kmくらい走行する中で、エンジンが異常燃焼する事を2回確認した。タイミングとしては、アイストがが効くか効かないかまで減速したところで、アイストは動作せず加速させた場合、カリカリカリとエンジンの異常燃焼音がするのだ。もうこのエンジンはリプロじゃダメな気がしてきた。

2)に関しては、今回は時間が足りないので実施していないが、配線を切断するしかなく、工賃は取り付けと同じ4000円とのことで、一旦配線を切れば、戻す(最点灯)ことは不可との事だった。Dは点灯するのが、正規状態なので…との反論もあり。

3)に関しては、預かり修理でないと対応はできないが足回りに問題はなく大丈夫との説明。これは、運転席前ダッシュボード上のスピーカー付近と特定しているのだから、車内から発生していると言っているのに、下回り確認とか、メカニックに話が伝わっていないと感じた。

今回も洗車はしてもらえず、500円のQuoカードを渡された。(東海3県のスバルは皆同じ扱いらしい。)

致命的な不具合ではないのかもしれないが、イマイチな感触となるセーフティーチェックとなった。もうすぐD型が出るが、1)の不具合は直っているのだろうか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です