インプレッサ納車1ヶ月ー軽微な不満集


そろそろインプレッサに乗り始めて1ヶ月になる。走行距離も500kmを超えた。オーナーになって気がついた軽微な不満(純正アクセサリーを含む)をいくつか挙げてみる。いずれも、簡単な改変で改善可能なものだ。誤解なきよういえば、以下不満を書くが総合的にはインプレッサはとても気に入っている車だ。

1)自動防眩ルームミラーがない
0次安全を謳うスバルなら、是非、自動防眩ルームミラーは設定して欲しかった。米国仕様には存在するので、敢えてコストダウンのために見送れたものと思われるだけに残念だ。

2)オートビークルホールド(AVH)がない
実はインプレッサのオートクルーズコントロール(ACC)は0km/hから対応する全車速型のため、ACC機能を裏技的に使えば、擬似的にオートビークルホールドさせることが出来る。つまりハードウエア的にはブレーキホールド機能は備わっており、殺されているとも言える。出し惜しみせず、是非搭載してほしかった。

レヴォーグの掲示板でオートビークルホールド(AVH)使用時に、先行車発進お知らせ機能が作動しないという書き込みを読んで、一長一短だなと思いました。しかも毎回エンジンをかけるたびにAVHボタンを押さないと、有効にならないとか。上述インプレッサで疑似的にオートブレーキホールドだと、先行車発進機能は動作します。一方で、レヴォーグのAVHは10分間停止維持が可能なのに対して、疑似オートビークルホールドは2分間しか停止維持できないため、この点での差異は大きい気がします。(2018/5/28追記)

3)STIアンチグレアミラーのLED表示が眩しい
スバルは純正アクセサリーをSTIブランドでも出しており、アンチグレアドアミラーも最近発売された。ここで余計な装備としてミラー上に方向指示LED表示ができる機能がある。この機能、夜は方向指示器を点滅させるとミラー上で光るLED表示が眩しくてミラー自身が見づらくなる。右左折、車線変更する場合、方向指示器を出してドアーミラーを見るのが普通だから、これは困る。アンチグレアミラが眩しいとはなんとも皮肉な結果だと思う。まあLED配線を切ればよいのだろうが、いらないLEDが装備されていることでアンチグレアミラーとしては割高になる。STIのアンチグレアミラーは、スバルのどの車種用のものも同様のLED表示を備えているようだけれど、眩しいというユーザーの不満は無いのだろうか?

4)純正ケンウッドドラレコと純正ダイアトーンビルトインナビの連携の悪さ
スバルのアイサイト搭載車は、往々にして量販店でドラレコ設置を断られる。アイサイトを誤動作させるおそれがあるというのがその理由だ。私も結局純正ケンウッド製ドライブレコーダSAA3060340をつけた。このドラレコはMOVファイルで記録されるのだが、純正ダイアトーンナビでMOVファイルは再生できないため、たとえSDカードアダプタを介してドラレコのマイクロSDHCカードをナビのSDカードスロットに挿しても、ドラレコの動画を確認することは出来ない。正直いただけない。私は仕方がないのでOTGケーブルとSDカードアダプタを車においている。いざという時は、スマホで再生できるからだ。両方とも純正なら、このくらいは考えてほしかった。

5)純正ビルトインナビのサポート体制の不満
ナビの説明書はかさばるので、グローブボックス入れっぱなしはやりたくないのだが、残念ながら純正ナビの説明書の電子ファイル(pdfなど)は入手出来ない。もし入手可能なら、スマホに入れておくのだが。加えて取扱説明書の公開は、どの純正ナビを選ぶかの指標にもなるのだが。参考までに車自身の取扱説明書のpdfファイルは入手出来る。

ナビのサポート体制にはもう一点不満がある。取扱説明書には、不明点はスバル販売店で聞くように書かれ、いわゆるサポートダイヤルの記載はない。しかしスバルのセールスが、純正品だけでも相当機種数ある各ナビの詳細な機能を把握できているとは流石に思えない。これは、スバルが悪いのか、ナビメーカーが悪いのか不明だが、このサポート体制はなんとかしてもらいたい。

実は納車日にビルトインナビとMFDと連携していないことに気がついた。ナビで目的地を入れて案内を開始しても、MFD上にナビ情報を表示できないのだ。販売店にとんぼ返りして、症状を訴えた所、セールスが同乗してナビの動作を確認する事となった。結果的に接続が外れていただけのようだったが、後からしてみれば、わざわざ症状を確認しに走りに出なくても、MFDと連携しているかはINFOスイッチを押していくだけで簡単に確認出来ることがわかった。セールスからすれば自分が乗ってもいない車の機能ならば、動作の理解がこの程度でもいた仕方がないように思う。

純正ナビのサポート体制の不満上記2つは、2013年に購入したマツダのDOPパイオニアナビでは、いずれもなかった不満だ。取扱説明書のPDFファイルは公開されていたし、パイオニアのサポートダイアルの記載もあった。

以上の通りだ。繰り返して書くが、私はインプレッサをとても気に入っている。

2018/5/12
オートハイビーム機能の不満等を別投稿に追加した。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です