トヨタクラウンロイヤルHVのコストダウン


父が車を買った。もう後期高齢者となり、歳なのでこういう車がよいと思うのかもしれないが、トヨタクラウンロイヤルのハイブリッド、興味がわかない車なのでよく見なかったのだが3つのうちの中間グレードのようで、車両価格は500万円程のようだった。私だったらそれだけ金があればもっと別の車を買うだろうが。。。

まあ、そんなことはよくて、早速CDをナビに録音しておきたいという。当然のごとくこのクラスの車なのでナビはメーカーで標準装備されたもの。マップと録音音楽ファイルは別々のmicro SDを持っていて、音楽は音楽専用のSDに録音される仕組みになっていた。最近の普通のナビならまあそんなものだろう。ところがである、いざCDを入れて録音しようとしたら、ナビはSDカードがないと警告を出す。確かにスロットを見るとそこにはマップナビは当然に装着されているのだが、音楽SD用スロットは空なのである。

父は購入したトヨタ店ディーラーの営業に電話をかけて確認すると…、なんと音楽録音用のSDカードはオプションなのだそうだ。えーーーー。本体価格が500万越の車に標準装備されたナビの録音用SDカード(8GBならアマゾンで数百円)がオプションなのだ。車両価格の1万分の1じゃん!?

トヨタのコストダウンには本当に頭が下がる思いがする。たぶん自分にはトヨタは無理だと確信した瞬間だった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です