某大手損害保険会社の自動車事故対応で炎上中?


追突されたと思われる被害者が、加害者加入の某大手損害保険会社の対応が悪いという書き込みが発端となって、twitter上で炎上している。二次情報なので真偽の程は定かではないが、自分が加入する任意保険は選べても、不幸にして0:100で自分に過失がない自動車事故に巻き込まれた場合、相手側の保険会社を選べるわけでもなく、相手側保険会社の対応が悪かったら、なかなか大変だと思う。

私は法律の素人だが、2点気にすべきことがあると思う。

1)0:100で自分に過失がない自動車事故の場合、自分が加入する任意保険会社は示談交渉をしない。これは、示談交渉が非弁行為に当たるために、交渉できるのは無償で交渉してくれる親族、知人等か、有償で交渉してくれる弁護士かとなる。裏を返せば、お金を受け取って(業として)民事行為の代理人になれるのは、弁護士のみだ。

自分にも過失があった場合は、(自分が加入する)任意保険会社の損害金支払い額に影響するために、例外的に(当事者として)示談交渉を代行することが認められている。正確には弁護士会が文句を言わないのような消極的な理由であった記憶。この場合は、保険会社同士はお互い知った仲なので、落とし所は見つかる気がする(経験がないため不明)。但し、自分が加入した任意保険会社の対応が悪ければ、やはり泣きを見る気がする。

2)自分に過失がない自動車事故に巻き込まれた際には、弁護士特約が有効。これは、自分の任意保険にオプション特約で入れることができるはずだ。弁護士特約があれば、示談交渉を弁護士に任せ、その費用を自分が加入した任意保険から捻出することが可能。但し、弁護士の力量も色々あると思われ、弁護士に任せたから必ず思ったような示談結果となるかは未知数ではある。

いずれにしても、弁護士特約は外せないと再確認する出来事だった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です