「車」カテゴリーアーカイブ

GTインプレッサQ-85バッテリ交換


スバルのディーラーで4年目の12か月点検を受けてきた。走行距離は23,000km余りであまり伸びてはいない。やはりコロナ禍で遠出が減ったことが影響しています。なんとなくバッテリ交換をそろそろ勧められそうだなあと思っていたら… あたりでした。前のプレマシーは、4年半後に下取りに出した時までもったのに。。。

でも、今回の点検で持ち込む直前でも、エンジンの暖気が済めばアイストはバンバン動作してるんですね。少なくともインプレッサ(他のアイスト車は知らないが)の場合、アイストが作動しなくなったからバッテリーが弱ったというのでは判断が遅いということらしい。

ディーラで交換した場合、費用は2.8万円余りだとのこと。実は想定外に安いと思いました。だって〇-トバックスみたいなカー用品店でも3万円程するので。これだとディーラで交換するよりカー用品店のほうが高いことになりそうです。ちなみに前車のマツダプレマシーではマツダディーラーで3.4万円と言われたようです。

Q-85バッテリーというのがプレマシーでもインプレッサでも適用となるのですが、アマゾンで買えば国産ブランドのものが約1.5-2万円のようです。

問題はバッテリー重量が20㎏近いこと。この重さで私のガラスの腰では、取り付けはおろか搬入も苦労しそうです。なので、今のところアマゾンで買って…というのは保留で、どこか安い整備工場をあたってみようと考え中です。


インプレッサ左後輪のハブボルト損傷


以下でも触れたが、冬タイヤに交換しようとして誤ってハブボルトを損傷させてしまった。その時の顛末と反省点をまとめる。なお車はB型のGTインプレッサ2.0i-L FWDだ。

最初の1本目のタイヤだった。ジャッキアップで左後輪を持ち上げて夏タイヤを外し、冬タイヤを嵌めようとした。この際タイヤが重いので、5本のハブボルトのうち一番上のボルトにホイルの穴をまず入れ、振り子のように左右にタイヤを動かして5つのボルトにホイル穴をあわせて嵌めこんだ。

この際なかなか穴の位置が合わず、腕力もない方なので苦労した覚え。この時にハブボルトのネジ山を損傷したことも考えられるが、そうであればタイヤをまずひっかけた真上のボルトが破損するはずだが違う。なのでたぶんこれが原因ではないとみている。

次に電動インパクトレンチで一つずつボルトを仮止めをしていった。5つ目(タイヤの中心から見て右下)のボルトが途中でどうしても締まらない。ここで作業をやめればセーフだったかもしれないが、何とか締めようとしているうちにボルト側のねじ山を損傷したと思われる。

一旦タイヤを外すことにする。この時点ではナットを外すことができた。問題のハブボルトに別のナットを入れてみると、手締めで途中から締まらないことがわかる。つまりナット側ではなくボルト側がおかしいと気が付いた。

1本目のタイヤだったので作業を中断し、夏タイヤに戻し、ナットを締めていった。この際に壊れたボルトにナットを入れなければよかったのだが、締めようとしてしまった。要するにあきらめが悪い。

すると今度は、ぶらぶら、つまり右に締まりも左に緩めも出来なくなり、ナットを引き抜くことも出来なくなった。空回りなのだ。状況からするとナットの方のねじ山も損傷した可能性が高い。

休日だったが徒歩圏内で修理を請け負ってくれそうなところを探し、車を持ち込んだ。

今日修理見積もりが来たが、1.4万円ほどだとのこと。ボルトとナットが交換部品だと思うので、部品代は安くほとんどは工賃だと思う。

但し、ハブボルトが損傷で固定出来なくなっていてナットと共に空回りしているのなら、さらに費用がかかるとのことだった。

また、ナットが抜けずタイヤが現状外せないので、切断?する必要があるが、その際にホイルに傷がつく可能性を排除できないとも言われた。

反省点は以下の通り

  • 電動インパクトレンチで特に最初からナットを締めない。少なくとも最初はナットを手締めで取り付ける。ある程度ナットが進んだら軽く電動インパクトレンチで締めるならまだよい?
  • あるいは電動インパクトレンチは緩めるときのみ使うべき?。
  • ボルト(雄ねじ)がおかしいと感じたならナットは入れない。早期のあきらめ肝心。でないとナット側も損傷し今回の様に抜けなくなるかもしれない。

この修理が無事終わることを祈っているが、何かあったらまたここに書こうかと思っている。


楽天損保付帯ロードサービスは故障時修理工場紹介なし


楽天損保にはロードサービスが自動付帯しており、事故時や故障時に自走不能な場合はレッカー移動を依頼できる。条件にもよるが近距離であれば無料のようだ。


今朝、冬タイヤの交換作業を自宅で始めたのだが、誤ってハブボルトを損傷してしまい、ボルトでタイヤを完全に固定出来なくなってしまった。そこで、早速楽天損保のロードサービスに電話をした。

ところが、楽天損保の契約では、事故時は契約修理工場を紹介できるが、故障時は修理工場の紹介はできないので、自分で修理工場を探してからレッカー移動を依頼してほしいとの電話回答だった。

なんとなく、事故時はどこで修理するかで車両保険の請求額は大きく変わるので、安い契約工場で修理させたいが、単にレッカー移動を依頼する場合、楽天損保にとって知ったことではないのでこのようなシステムになっているんだろうなと邪推する。

しかし土地勘のない出先で故障した場合、困ることが予想される。他の保険会社がどうなっているかは知らないが、よく調べておく必要があるなと思った。

(追記)

ネット自動車保険のロードサービスを上記の点で調べて比較してみた。下記の通り対応が違うようで、保険会社を決めるときの条件の一つになるかもしれない。

1)三井ダイレクト


以下のように書かれており、楽天損保と違い、故障時も修理工場を案内してくれるようです。

お車が事故または故障で自力走行不能となった場合、レッカー車が出動し現場から当社(ロードサービスセンター)が指定する修理工場まで距離の制限なく牽(けん)引いたします。

2)チューリッヒ


以下の様に記載されており、楽天損保と同じように故障時に指定工場案内はしないようです。

*1 指定修理工場のご案内は事故時のみ

3)SBI損保


以下の様に記載されており、楽天損保と違い、故障時も修理工場を案内してくれるように読めます。つまり、最初のポツは指定工場へのレッカー移動、2つ目のポツは契約者が指定する工場に読める気がします。(詳細未確認)

レッカーサービス
  • 最寄りの修理工場まで距離無制限
  • お客さま指定の修理工場などまでは50kmまで無料

トヨタ系ディーラーの闇


最近トヨタ系ディーラーでの不正車検が大きく報道されているが、個人的にはトヨタ系ディーラーの社風に問題があるのではないかと思っている。

私が経験したトヨタ系ディーラーへの不満や不公正行為を挙げる。

1)相部屋病室を仕事部屋に
もう、20年近く前の話だが、私はある疾患で手術し入院となった。手術が終わり麻酔でぼーっとして病室に運ばれてきた。病室は4人くらいの相部屋だった記憶。麻酔も効いているのでそのまま眠りたかったが、邪魔が入った。

トヨタ系ディーラの上役が同じ部屋に入院しており、事もあろうに見舞いに来た?部下2-3人と会議を始めた。話の内容(車種)からトヨペット店と分かった。

「この客は**だから△△で対応を」

とか客対応の会議を始めたのだった。そこは病院の相部屋病室である。

病院とは、病気を治すところ。安静にしなければならない人がいるところであることは、10歳児でも理解できると思うのだが。百歩譲って差額ベッド代払って個室でやれと言いたくなったのを記憶している。

もちろんうるさくて、その日眠ることはできなかった。

2)オプションてんこ盛りに偽りの商品説明
15年くらい前に地方都市のトヨタ店でアイシスを買おうとした。見積もりを取ったところ、わけのわからない品目が山と記載されている。一つ一つググるとエンジン添加剤やごみ箱等、頼んでもいないし必要もないものばかりだった。それで削除させて再見積もり。

すると在庫車があるから納期を早められる。仕様も変わらないと説明される。まあそれならよいだろうと契約した。

しかしである、小変更がされており、色々と仕様が異なっている。最大の違いは私が契約した車は当時の排ガス性能が4星、契約時点での最新仕様は5星で税額だけで数万円違った覚え。つまりやられたのだ。

さすがに頭にきて仕様が違うし、税額が高いから損ではないか?と抗議すると謝りに来て値引きするので契約は維持してほしいとなった。

3)ドラレコが十数万円?
これは私の話でなく当時70代の父の話。クラウンを2)と同じトヨタ店で購入し、途中でドラレコを取り付けてもらったようだった。7-8年前の事で当時私はすでに同居していなかったので、詳細は知らないが、十数万円請求されたようである。

分かったきっかけは、私が自分でドラレコを付けた話を母にしたことがきっかけ。母が、経済状況ではそれほど恵まれない?私に

「十数万円もするものつけたの?」

という。

「本体3万円で、自分で取り付けたから取り付け費はタダ。」

と答えると驚いていた。

クラウンにトヨタ店で取り付けられていたドラレコは、FHD動画仕様だったと思うが、前走車のナンバーが読めるどころか、動画がボケボケ(当時3万円の私のドラレコは前走車のナンバーを判読できた)のとんでもない代物だった。こういう事に疎く、父は働いていたので金は出せると人だと踏んで吹っ掛けたのだろう。

当時ドラレコの値段はカー用品店で3万円程度が多く、ディーラーで取り付け費を含めても高くて7‐8万円、もちろん前走車のナンバーが判読出来る程度の画質のものでだ。

過去、販売のトヨタ、技術の日産と言われた時代もあった。もうずいぶん前のことだが。いずれにしてもトヨタのセールスは他社とは違っていた。

これを一生懸命やっている信頼できる人と思って買う人が多かったから、日本でシェアを上げていけた。日産も振り切り、ホンダも振り切りトップになった印象。

私はアイシスの件でトヨタ不信となり、以後トヨタ車は購入していない。実際前にも書いたが、アイシスは下取りこそよかったが、車の出来は褒められたものではなかった。

その後、マツダ、スバルといったディーラと付き合ってきたが、トヨタほどどぎついディーラーには出くわしていない。


出口は亀山西JCT!?


四国旅行の帰路、ナビに名古屋市内の自宅へ帰るようセットした。デフォルトだと淡路島経由になるので、経由地として神戸JCT(大阪方面?)もセットして、ナビ案内を開始した。ナビは三菱のスバル純正ビルトインナビNR-MZ-300BINである。地図更新し、現状最新の2020年度の地図となっている。

するとなんと出口が亀山西と表示される。亀山は名古屋のおよそ60km手前の三重県の地名だ。汚い写真で申し訳ないが、以下のような感じ。以下の写真は瀬戸大橋の与島PAで撮影したものだ。

これだけ見ると、亀山西で降りて、名古屋市内まで下道でルーティングしているようにも見えるが、違うのである。

そもそも亀山西ICというのは存在しない。存在するのは2019年3月に出来た亀山西JCTである。ここは新たに出来た新名神と昔からある東名阪の分岐だ。

そのまま車をルート案内どおりに進め、亀山西JCTに近づくと何も案内しない。本来JCTに近づくと、どちらに向かうか案内するのが通常の動作のはずだが。

そして亀山西JCTで、新名神側へ進むと、しばらくすると出口ICの表示が空白になり、その後ようやく名古屋市内のIC名が正しく表示された。

どうやらファームウエアのバグのようだ。念の為、亀山西JCT~新四日市JCT間のマップは収録されており、未収録ではなかった。また、行き(新四日市→亀山西)はきちんとナビ案内された。

既に購入後3年半経過しているが、スバルに言うのかなあ。毎回同じ挙動なのだろうか?


足摺岬から酷道439号で四万十川中流域へ


実は日曜から四国旅行に来ている。日曜は金毘羅さん、月曜は足摺岬の宿に泊まり、今日は足摺岬あたりをまず観光。

この後、四万十川中流域へ行くことにした。ナビに行き先として道の駅 四万十大正を入れると、国道439を通るルートが案内された。実際、Googleマップでも似たようなもの。

ちなみに、Yahoo地図でも同じルートが案内されるから、ほとんどのナビはこのルートを紹介されるのだろう。

国道439号。まさに酷道で、通ってはいけない道だった。峠付近大型車すれ違い困難と注意書きが所々にあったが、大型車どころか普通車でも相当に苦労する。wikipediaによると、日本三大酷道の一つらしい。

なんとか通りぬけて、道が開けると、道の駅 四万十大正に到着。

そこで昼食後、車を走らせて今度は四万十とおわに到着。四万十川中流域のきれいな景色を楽しむことができた。

帰ってきたら出迎えてくれたホテルの従業員が、地元の人は国道439号は「ヨサク」とよんでまず通らない。私も一回通ったことがあるが、それ以後はないと話してくれた。

ナビは距離と時間でルートを選ぶので、信用しすぎると大変なことになることもあるんだなと。


アイサイト3で誤検知3回、誤ブレーキ1回


アイサイト3が搭載されたGTインプレッサB型に乗るようになって3年半。走行距離は約1.9万キロだ。これまでごく稀にアイサイトが誤検出し、ピピピとブレーキ前?警告音がなることはあったが、自動でブレーキまでかかったのは今日が初めてだ。しかも今日は愛知の山間地を中心に200キロあまり走ったが、3回誤検知、そのうち1回誤ブレーキだったのでちょっと怖くなった。

実は昨日3年半のセーフティーチェックを受けたばかり。ディーラーに問い合わせると、特にアイサイトに関係する部分は整備対象となってはおらず何もしていない。2週間後に見るから持ち込んでほしいとなった。

以下にドラレコ動画を貼るが、誤ブレーキによる減速加減はそれほど大きくないように見える。実際、誤ブレーキがかかって私はすぐにブレーキを踏み、更にアクセルを踏んだので、自動ブレーキが解除され急ブレーキは免れた?もし何も操作をしていなかったらもっと強くブレーキに至った?

動画は急ブレーキというほどでは到底ないが、青信号で進めの状態のブレーキだったので、同乗していた妻もおかしいと感じたようだった。いずれにしても、バイクも多かったし、勝手にブレーキで追突されるのは怖い。


車とバイクの任意保険・人身傷害保険の重複


以前、車とバイクの任意保険で、弁護士特約が重複しうることを書いた。

今回は人身障害保険について書いてみようと思う。人身障害保険の説明は、例えばチューリッヒなら以下のページが参考になる。

つまり被保険者(契約者および家族)が、

(a)契約車に搭乗中
(b)他人の車、バス、タクシーに搭乗中
(c)歩行中などの自動車事故で死傷した場合

に補償される保険だ。この人身傷害保険には保険会社によっては特約などにより2種類あり、

1)フルカバータイプ
2)上記(a)のみ保障する限定タイプ

が存在する場合がある。

参考までに上で引用したチューリッヒのバイク保険は2)のみしかないが、三井ダイレクトのバイク保険は1)と2)の両方がある。

仮に、四輪車と二輪車の両方を所有していて、両方の人身障害保険で、1)のフルカバータイプを選択すると、(c)の部分は保険が重複する(つまり保険料が無駄となる)。

(b)については、タクシーやバスは重複するが、「他人の車」が曲者で、バイク保険ならバイク、四輪自動車保険なら四輪自動車のみが補償対象となる。例えば、二輪車、四輪車の両方で1)に加入していたとしても、他人のバイクに搭乗していた場合の補償はバイク保険の人身傷害保険でしか補償されず、他人の四輪車に搭乗していた場合は、四輪自動車任意保険でしか補償されないから重複とはならないからだ。

言い換えると他人の二輪車に乗る機会がある人は、二輪車の任意保険でも1)の人身傷害保険に加入しないと補償漏れとなる。

他人の四輪車に乗る機会は多いと思うが、他人の二輪車に乗る機会がない人はいると思うので、後者の場合はバイク任意保険の人身傷害保険を特約で節約できる。

以上の理由で、他人のバイクに乗る機会がない私はバイクの人身傷害保険で2)を選択するようにしている。

以下のページに、三井ダイレクトバイク保険での説明がある。

なお、家族の同居状態、結婚、バイクや自動車の廃車等をきっかけに、補償対象から漏れることもあり得る上に、ここに書いたのは大雑把な話でもあるので、必ず契約時に保険会社に確認をお願いします。私は責任取れません。


Ponta付クレジットカードの解約


ポンタ付きクレジットカードを解約することにした。解約したのはシェル-Pontaクレジットカードだ。

解約した理由は、このクレジットカードがなくなるわけではないのだが、実質シェルは出光に吸収され、いずれのサービスステーションもアポロステーションに順次切り替わっていく。

私は上のシェルPontaカード以外に出光カードまいどプラスも持っているので、統合されるとダブるのだ。なので、クレカのリストラとしてシェルPontaカードを解約することにした。並行してShell EasyPayも解約した。出光のDrive payとダブるからだ。

出光まいどプラスカードも変更予定で、apollostation cardに変わるようだが、こちらは放っておけば良いらしい。

前置きはこれくらいにして、カードを解約すると付帯しているPontaを使えなくなるらしい。なので、以下の手順が必要になる。

  1. Ponta付クレジットカードを解約する。(約1週間待って2へ)
  2. Pontaカスタマーセンターに電話して、Ponta付クレジットカード解約のため、新Pontaカード発行を依頼する。
  3. 公式スマホアプリのPonta番号は数時間で新番号に変わる。磁気カードは10日間ほどで届くらしい。
  4. 私はリクルートIDとPontaの紐付けをしていたが、Pontaカスタマーセンターによると手続不要で新Pontaと紐づくとのこと。

注意点が2つほど。

私はクレジットカード解約前に、Pontaカスタマーセンターへ電話したが、先にクレジットカードを解約するように言われた。解約後1週間程度経過したら再度Pontaカスタマーセンターへ電話する様に言われた。

Pontaカスタマーセンターは電話が込み合っている。混んでいるからと自動で切れたり、長時間待たされた。携帯から0570はお勧めできず、固定電話からフリーダイヤルが良いと思う。


中京圏の高速道路実質値上げ


中京圏の高速道路料金が改定される。きっかけは名二環の名古屋西JCT-飛島JCTの区間が開通し、名二環が全通するのがきっかけだ。

料金改定対象は、基本的に名古屋都市高速全部と東海環状自動車道内側のNEXCO中日本の区間(但し伊勢湾岸道は除く)でかなり広範となる。大枠以下の2つに集約される。

  • 名古屋都市高速と名二環は対距離運賃の導入
  • 他の区間は大都市近郊区間料金に改定←実質値上げ

ここでは2ぽつ目の大都市近郊区間料金に改定の部分について考えてみる。

上のページには色々とごちゃごちゃ書かれているが、NEXCO中日本の料金は以下の計算式で求めることができる。

地方区間:普通車(改定前旧料金):  (150+距離×24.6)×1.1(消費税)円
大都市区間:普通車(改定後新料金): (150+距離×29.52)×1.1(消費税)円

実際には10円未満の端数は四捨五入の模様。

新料金と旧料金の差額は、普通車の場合で

(距離×4.92)×1.1(消費税)=5.412円/kmの値上げである。

値上げとは書かず、大都市近郊区間の料金水準に統一

とか新料金と書くあたりなかなか狡猾だと思う。改定時期=名二環全通時期は2020年度中と言われているが、2月半ばの今になってもアナウンスがないところを見ると、3月末頃(3/21辺り?)と思われる。

なお、「現在、地方部区間として適用されている平日朝夕割引及び休日割引については、当面継続します。」ともある。全国的に中京圏だけ。本当に大都市区間か?

2021/2/26追記
新料金は2021/5/1からと発表があったようです。