Amazon EchoとRS-WFIREX3でスマートホーム化


Amazon Echo(アレクサ)を愛用しているが、エアコンのリモコンが故障したのをきっかけに、ラトックシステムのRS-WFIREX3を購入し導入してみた。参考までにパナソニックの純正エアコンを新たに購入するよりも、RS-WFIREX3の売価のほうが安かった。

RS-WFIREX3は、プリセットされている家電も多いし、仮にプリセットされていなくても、学習させることはできるようだ。ただし今回は学習機能は使ってはいない。

RS-WFIREX3のアンドロイドアプリ

正直家の中ではあまりスマホを持ち歩かないし、電池の持ちも気になる?ので、家庭内リモコンを家庭内でスマホで操作ってあまりメリットもない気がするが、一応できるし、出先でもネット経由で操作ができるのは便利ではある。

私がアレクサで操作できるようにしたのは、パナソニック製のシーリングライト、パナソニック製のエアコンそしてパナソニック製のテレビだ。いずれも完全に型式が一致するプリセットはなかったが、近そうなものや、標準でいずれも操作可能だった。

RS-WFIREX3の設置場所だが、Wi-Fi(2.4GHz)が届き、USB電源さえ引ければ、動作可能で、赤外線は結構届くので正直困らなかった。ただしRS-WFIREX3の照度センサーと温湿度センサーの機能を当てにしたいのなら、設置場所は考えたほうが良いかもしれない。

RS-WFIREX3をアレクサで制御するには2つのスキルがある。スマート家電コントローラ用スマートホームとスマート家電コントローラだ。

スマート家電コントローラ用スマートホームは、実は簡単な制御しかできない。おそらくアレクサの基本機能を実現するスキルなんだと思う。簡単な制御しか出来ないかわりに、いちいちデバイス名を指定する必要はない。

「アレクサ、テレビつけて」
「アレクサ、エアコン消して」

で操作可能だ。一方で、エアコンの動作モード(暖房、冷房)や設定温度、テレビのチャンネルなど細かな操作をするのに使うのが、スマート家電コントローラだ。

スマート家電コントローラは、いちいちデバイス名である「家電リモコンを使って」を入れる必要がある。例えば、

「アレクサ、家電リモコンを使って、エアコンを冷房27度に設定して」
「アレクサ、家電リモコンを使ってテレビを3チャンネルにして」

のような感じでどうしても長くなってしまう。まあでも、これはアマゾンエコーの仕様に関わることなので、仕方がないかもしれない。

注意点がある。アレクサで制御しようとするリモコンのオン/オフボタンが共通で、かつ、同じ信号を送信する仕様のものがある。我が家では、パナソニック製テレビが該当した。つまり家電リモコン側では、家電がON/OFFのいずれの状態であるか分からないので、例えばテレビの電源が切れている状態で、

「アレクサ、テレビ消して」

というと、テレビがついてしまう。これは家電の仕様によるものなので、これまたどうしようもない。今後、AIスピーカー対応の家電は増えていくかもしれないが、そうなれば解決していくかもしれない。

もう一つは、標準機能ではテレビの放送波の選択ができない。アレクサでテレビを3チャンネルに変えることが出来ても、BSが再生されている状態ならBS3チャンネルになるだろうし、地デジ再生中なら地デジ3チャンネルになる。せめて放送波の選択はできるようにしてほしかった。

チャンネル上ボタンと下ボタンはアレクサで操作できる対象のボタンなので、ここを地デジボタン、BSボタンに学習機能で割り当て直して、使うというアイデアもあるようだが、ぜひ標準で対応してもらいたいものだ。アレクサがアメリカ生まれだから、放送波の切り替えという機能が標準で載っていないのだろうか?だとしても、スマート家電コントローラなら機能対応できそうだが。

いずれにしても、声で操作できるのは便利だ。値段も安いしAIスピーカーを持っているなら購入検討に値すると思う。

2018/10/11追記
スマート家電コントローラ用スマートホームが更新され、

「アレクサ、テレビのチャンネルを3にして」
「アレクサ、テレビの音量を5下げて」

の様な指示ができるようになった。つまりデバイス名「家電リモコンで」を省略できる。詳細は以下の通り。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です