新型コロナ感染者接触確認アプリから通知受領


新型コロナ感染者接触アプリCOCOAというのがあり、政府は利用を推奨している。

今日昼休み、スマホの通知音がなるので見ると、陽性者との接触確認の様な通知が来ており、確認すると。。。

おい、まじかよと驚き、人気の居ない場所へ退避した。

アプリは今日の夜(つまり通知があった日の夜)、更新があったようだが、通知時点ではアンドロイド版Ver.1.1.3であった。

一番上の症状を入力して相談を押すと、

会社に出社しているくらいで特に症状はないので、症状なしを押すと。

以上でおしまいなのである。要するに症状に変化がなければ特に何も気にしなくて良いと読める。一番最初の画面で2番めの「電話で症状を伝えて相談」を押すとフリーダイヤルに案内されるが、いつかけても混み合っているで切られてしまう。

感染者との接触日は、一番上の画像の一番下の「陽性者との接触一覧」で確認でき、私の場合9/18である。この日は出勤日で、15分以上の接触で、社内の感染者は出ていないので、電車カバスでの接触としか考えられない。

色々いじって、症状があるとして、地域の相談窓口の電話番号を表示させることもでき、表示された居住地名古屋市の保健所の番号へ電話すると、

  • 症状がないなら特に留意することはない。
  • 軽い症状があるなら、名古屋市では唾液PCR検査を行う個人クリニックがいくつかあるのでそちらで受診してほしい。PCR検査が受けられるかは医師の判断による。
  • COCOAの事を聞いたが、あまり使われていないらしく詳しくなく、後で自分で調べる事に。

要するに、症状がなければ通知を受け取っても何も変わらないと言える。

厚生労働省はこのアプリを推奨しているが、何がやりたいか全くわからない。

新型コロナの潜伏期間は4-5日であり、接触後10日後に通知では遅すぎる。感染者は発症2日前から移す可能性があるとされているから、私が接触した感染者は遅くとも9/20日には発症したから通知されたと考えられる。以下参考。

スマホにCOCOAを入れていた感染者だから意識は高いだろうし、発症から感染確認まで1週間程度要した計算となる。

接触があったとしても、症状がなければ何の行動制限推奨も行われない。要するに、無症状感染者による感染の広がりを止める役目は期待されていないらしい。

だとすればこのアプリは何のため?という非常に基本的な疑問が湧いてくる。正直接触者を不安にするだけのアプリとなっていないか???

厚生労働省のページから引用

最後に上の通り、今日の時点で1767万ダウンロードがあって、陽性登録件数はたったの922件で私はその1件の感染者と接触したのだろう。


エアコン内側パテ埋め工事未施工による不良?


エアコンの施工不良が原因かもしれない不具合に出くわした。大手家電量販店サイトで購入及び9/2に施工したダイキンのエアコンだ。型番を書いてしまうとどこで買ったかわかるので、2019年式の(つまり型遅れの)AN36WAS-Wをベースにした量販店モデルだ。一般向けだとAシリーズに相当する。

3.6KWなので12畳程度向け。取り付けた部屋が軽量鉄骨狭小住宅の最上階の10畳で、3面外窓があるため、これまで10畳向けの2.8KWをつけていたが、最近べらぼうに夏暑いのと、結構冷えるまで時間がかかることや、過去にギリギリの能力のエアコンを付けて失敗したことがあるので、買い替えにあたり少し余裕がある3.6KWを選んだのだった。

症状は2つ

1)設定温度より相当冷えすぎる

例えば29℃に設定し、冷房運転をすると室温26℃を割るくらいにようやくエアコンが停止し、温度下降が止まる。

2)早朝のエアコン認識室温が低い

下図を見てほしい。ダイキンアプリのスクリーンショットだ。

これは2020/9/14の朝6時頃、名古屋市(私の家)に設置されたエアコンの状態をダイキンアプリで見たときの図だ。室外の温度が23℃なのはそんなものだと思うが、室内の温度が22℃。暑いからエアコンを付けて寝た翌朝の状態であり、窓は閉まっている。エアコン設定温度より低くエアコンは途中から停止しているし、実際、上図でも消費電力は0.1KWと出ており、コンプレッサは止まっていることがわかる。なので外気温より室温が低い事、しかも22℃はありえない。この時エアコンとは別の室温計は26℃前後であった記憶だ。差(誤差)が大きすぎる

取り付けて間もないので、メーカ保証の期間ということで早速ダイキンに修理を依頼した。

1)の問題は、設定温度から2℃下がるまでコンプレッサーは動く仕様なので、ひょっとするとその仕様のためかもしれないとのことだったが、続けて2)の問題を説明したところ、外気が流入している可能性があるという結論になった。

疑わしいのは配管周りの工事だという。標準の工事手順では、配管外側の隙間は雨水を遮断するために、外側はパテで隙間を塞ぎ、家の内壁側の隙間は、外気遮断のためにパテで埋めることになっているが、前者はともかく後者は省く取付業者がいる(要するに、手抜き)とのこと。

早速室内機を外して確認すると、ダイキンの修理エンジニアの推測通り、室内側隙間のパテ埋めはされていなかった。室内機向かって右側側面辺りに室温測定センサがあり、私の場合は右側から配管を通したので、非常に近いところに外気が侵入して誤作動していた可能性が高くなった。ダイキンエンジニアにパテ埋めして直してもらったが、既に涼しくなり始めている昨今、これでどこまで改善したかは来夏までわからないかもしれない。でもエンジニアいわく、少なくとも良い方向には行くのではないかと。

エアコンの取付工事で、例えば真空引きをせずに取り付けるなど、手抜きを行う取り付け業者の存在は前から聞いていたが、まさか自分がこのような目に合うとはトホホである。

(2020/9/20追記)
一晩使ってみてエアコンの2つの問題は解決したようだ。厳密に言えば2つ目の問題は、熱帯夜のような状況で、一旦冷えても、外気温に引っ張られて室温高くても運転しないという問題につながるわけで、厳密な確認は来夏だろう。

とは言うものの、ダイキンの修理エンジニアにはいい意味で驚いた。私が2つ目の症状を伝えたところ、外気が入り込んでいる可能性がある。内側のパテ埋めが怪しいと実機確認の前から問題を当てた。よく教育されている印象だった。

(2020/9/21追記)
昨日も問題なし。ダイキンの据付説明書の今回問題となった部分を以下に引用します。実際の設置工事では説明書通りに内側についてはパテ埋めされていないケースが散見されるとか。

ダイキン据付説明書から引用し、該当部分に赤線を引いた。

 

 


ポケットカードのネットサイトででChrome Ver80以上が不具合を起こす件


最近、給与振込口座、つまりメインバンクを変更しようと思い、手持ちのクレジットカードの引き落とし口座を変更している。郵送書類でしか変更できないカード会社も多いのだが、一部のクレジット会社、かつ、一部の銀行への変更はオンラインで可能なようだ。

その一つにポケットカードがある。カード会社としてはそれほどメジャーな会社ではないと思う。ここのPC向けインターネットサービスでは、自分が変更したい銀行へのオンライン引き落とし口座変更手続が可能であったので、早速手続をする。

ところがエラーメールが届いていることに気がついた。受信メール曰く

「引落し口座の登録・変更」のお申込みを中止しました。

■対象商品
*****

改めてお申込みされる場合は、会員専用ネットサービスより、お手続きください。

確かに、手続き完了時の最終ボタンを押した後の画面遷移が不自然で、完了しましたとは出ず、強制ログオフさせられたようにも見えた。手続完了していたと思ったいたので慌ててもう一度トライするが結果は同じ。

考えあぐねていたところ、以下のページを見つけた。ただし、ポケットカードのサイトにログインして、お知らせを読みに行かないと見つからない不親切ぶり。

要するに、Google Chrome Ver80以降の場合、まともに手続きができないことがあるというもの。であれば、定型エラーメールにも書いておいて欲しいし、こんな重要な事、こんな見にくいところに書いて済ませるか???

今日時点で私のGoogle ChromeはVer. 85.0.4183.102。調べてみるとVer.80のリリースは2020/2/5だから、既に7ヶ月間放置されていることになる。インターネットブラウザはセキュリティの問題があるから最新版が吉だと思うのだが。

Androidスマホユーザなら、Chrome使用率は高いと思うし、もう少しなんとかならないものかと思う。


クレジットカードと0570


クレジットカードといえば、紛失したり、何らかの理由で緊急で連絡を取りたい時があり得る。ところが、0570ではじまる電話番号(代表的なのはNTTコミュニケーションズのナビダイヤル)しかカード裏面に記載がないものがあるようだ。

上記のNTTコミュニケーションズの客先ページにも「通話料金は発信者負担」と売り文句に書かれているが、安くなった電話代8円3分(固定電話やIP電話など)を上回る金額であることが一般的だ。併せて

一般的な050IP電話からは通話不可。
かけ放題プラン等の対象範囲外
海外から架電不可

といったデメリットを持つ。最近コールセンターへかけても長い時間待たされることも多く、ナビダイヤルのようなサービスが存在するのは、客のクレームをできる限り受けたくない客向けのサービスと言えるかもしれない。

とは言うものの、海外でトラブルに巻き込まれることもあり、クレジットカードの連絡先は少なくとも固定電話番号が併記されていることが望ましい。そこで手持ちのクレジットカード発行会社のカード記載番号がどうなっているか調べてみた。

カード会社 固定電話番号 ナビダイヤル フリーダイヤル
JCB
イオンカード ◯(携帯電話用) ◯(固定電話用)
トヨタファイナンス
MUFG
ポケットカード ◯(携帯電話用) ◯(固定電話用)
セゾンカード

ポケットカードのように、カードを拾った人の連絡先が0570とかふざけた会社もある。0120フリーダイヤルはありがたいが、これまた多くの050IP電話からはつながらない。海外からも一般的に不可だ。

実は上記制限の一部例外の050IP電話として、NTTコミュニケーションズの050plusというものがあるが、月額330円の基本料金は他社と比較すると高めの気がする。

海外に行ったときに、問題となるのは、上の表だとイオンカード、ポケットカードだがググれば固定電話番号が見つかるので、私はGoogle Keepに固定電話番号メモを入れている。


スマート電力メーターとエアコンの省エネ


中部電力の電力計がスマート電力メーターに交換となった。この結果、どの時間帯にどれだけの電力が消費されたかわかるようになった。
下に8/15の我が家の電気使用量の棒グラフを中電のカテエネのサイトから引用した。名古屋はここのところの熱波で、エアコン消費量による電気使用量変動が大きいことがわかる。

上の棒グラフに書き込んだ通り、山が高い部分は大体心当たりがある。つまり、エアコン運転開始時の初期電力は相当に多いことがわかる。

  • 最も暑い時間帯(12-16時くらい?)より前に我慢してエアコンを停止していても、結局エアコン運転開始電力が大きくなって、あまり省エネでない。
  • 最も暑い時間帯より前に設定温度を高めにしてさらに最も暑い時間帯中に設定温度を下げると省エネにならない。
  • 基本的にエアコンは一定温度(例えば27度)に設定しておくほうが良さそう。
  • 省エネのために設定温度を上げるなら16時以降。

うちはリビングに犬がいるために、長時間不在の場合も弱くエアコンをかけざるを得ないが、最も暑い時間帯の直前に帰宅するからとエアコンの設定温度を下げても、よくなさそうだ。設定温度を上げるなら17時以降か。

幸いスマートリモコンで、外出先から室温確認とエアコン操作ができるのでありがたい。

こんなふうに見える化されると、省エネに何がいけないかよく分かる。


OPPO R15ProのWifiをIFTTTで制御


IFTTTというのが最近よく色々なデバイスで使われる。

何かをトリガーに何かを行うというプラットホーム。例えば予め設定した自宅からスマホの位置情報が離れた時は、Wifiをオフにする。逆に自宅についたらWifiをオンにすると行ったことができる。ところがR15Proで試したところ、アプレットは走るのだが、実際にWifiのオンオフが切り替わらないことがわかった。

もちろん、フォンマネージャーでの自動起動、バックグラウンドでの実行許可、タスクキラーでのロックは実施済み。メールを送ったりは出来るようだったので、権限の問題かなと半ば諦めていた。

しかし別件でReno Aだったかの情報で、自動Wifiオンオフアプリが動かないという投稿に対して、開発オプションの「許可の監視を無効化する」をオンにすれば出来るとあったので、同様に試してみた。

上図の赤枠の設定だ。そしてこれをいじったところ、見事Wifiのオンオフが出来るようになった。COCOAも入れたので、家を出たらBluetoothをオンにするも設定をしておいた。え、ColorOSでCOCOAはちゃんと動くのだろうか。。。

別のAndoroid 6のシャープのスマホではこの様なことはなかったので、ColorOSの仕様?そうだとすれば、なんかいつもOSの癖に泣かされてる気がする。


OPPO R15ProのGoogle pay経由Quicpay突然使用不可に


私はOPPO R15Proという2年ほど前に発売された機種を使用している。

当初はOPPOのAndoroidフォークOSであるColorOSの仕様に馴染めずに手こずった。

しかし、ColorOSが6.01(Android 9.0ベース)にメジャーアップグレードされてからは、大きな不満はなくなった。

そろそろ購入して1年半というところで突然その不具合がやってきた。Google Pay経由でQuicpayが突然使用できなくなったのだ。Google Payアプリでは上のような警告が表示されるようになり、クレジットカードを登録しようとすると、

のような警告が出て、設定できない。もちろん、root化した覚えもない。デバイスの故障を疑ったが、情報を漁ると同じような状況に陥っている人は他にもいる。Google Play上で

Playプロテクト認定が、「このデバイスは認定されていません」と表示される点も共通だ。ということはOSつまりOSアップデートが怪しいこととなり、現状最新の5月までのセキュリティアップデートC.36を適用してから皆問題を起こしているようだ。

現状SIMロックフリーかつおサイフ携帯かつDSDVで探すとOPPOくらいしかない状況だし、Reno Aはそこそこ売れたと聞く。だからこそ、シャープとも特許紛争になっているようだ。

職業柄わかるのだが、SHARPにとってOPPOが日本市場で目障りになってきたからこそ訴訟となったのだと思う。日本では損害(基本は侵害者の利益もしくは権利者の逸失損失が賠償額の算定基準)賠償額は大きくはならないので、裁判に割くリソースは馬鹿にならないものだ。

ところでこの問題をOPPOに一週間前に問い合わせたが、今の所回答はない。前はもっと反応が早かった記憶だが。。。最近のOPPOのサポート回答は遅いと聞くし、まだまだのようだと思う。

(2020/8/1追記)
今日、ファームウエア更新が来てC.38になるとともに、上のエラー表示は消えた。Google Pay経由で非接触決済用のカード登録も出来、Quicpayが使えますと表示された。実際に決済を試してはいないが直ったものと思われる。なおOPPOからの回答は未だ来ない。


在宅勤務でBluetoothヘッドセット


新型コロナウイルスの感染拡大で、私の職場でも期せずして在宅勤務となった。特に4月から5月については、ほとんど職場へ出勤しない日々が続いた。在宅でWeb会議となるとマイクとスピーカーと場合によってカメラが必要となる。この3デバイスは、最近の一般的なWindowsノートPCなら搭載されていて、私が会社から支給されている東芝ノートにも搭載されていた。

問題はスピーカー、一人暮らしでなく妻と犬がいるので、会議音声が筒抜けというのもイマイチ。特に犬は音声に反応して吠える可能性もある。しかも夏なので窓を開けていて近所へ筒抜けでもある。ここは住宅密集地だし。

そこでBluetoothヘッドセットを購入することにした。自腹でもそれほど痛くないように、3000円以内で購入できるものを目安とした。

実は今使っているエレコムのLBT-HSC20MPは、4機種目にしてやっと使える機種だった。

まず、中華2機種(最初の購入機種の性能悪く、追加で別機種を送ってもらったので同じブランド2機種)を試した。どちらもダメダメ。本2機種のアマゾン上での評価は高く、ステマかサクラコメントと思われる。アマゾンは最近中華製品が多く、評価はサクラばかりでカオスと化していると思う。

次に試したのは、某米のヘッドセットでは大手のP社の最廉価モデル、これも気にいるものではなかった。

最後にこのエレコムLBT-HSC20MP。結局これで落ち着いたが、気になる点もあり、他機種と比較して本機種の○と△を書いておこうと思う。なお一般に、この手のヘッドセットはスマホに接続して使うのが一般的だが、Windows 10で使用した感想だ。

LBT-HSC20MPの◯
  • 充電ケーブルがUSB type-C
  • マイク、スピーカー性能が良好(マイク使うならHFP1.6以上=HD Voice対応がベター)。これが一番重要で他機種はダメだった。

 

LBT-HSC20MPの△
  • 音声ガイドがなくビープ音のみ(今時これは…)。
  • 耳に入れる突起高さが高すぎ、フィット感、安定性にかける。自動車の運転時用としてはオススメできず、またアクセスボタンも押しにくい。これが本機種最大の欠点かと。
  • バッテリーはやや短い(あくまでも他機種と比べて)。
  • LEDがやや見にくい。但しあまり重要ではないかもしれない。

 

こんな感じだろうか。完全に満足とは言えないが、価格も含めて妥協できる機種だと思った。

ここで他機種で問題となったトラブル、欠点を列記しておく。

経験したBTヘッドセットトラブル
  • マイク性能がダメ(中華はこれが徹底的にダメだった)
  • 音声品質が良くない。(HFP1.5で使用すると、電話並みの音声品質となり、どうしても音が悪い。中華はこれもダメだった。)
  • BT接続が安定しない。(論外だが、某米P社品でこれを経験。)
  • 聞こえる音声が小さい。(ボリューム最大での話。某米P社品で経験。)
  • アンドロイドスマホに接続させると電池残量が表示されるが、この値が全ての機種(エレコムLBT-HSC20MP含む)でいい加減だった。

 

加えて、Windowsノートで使用する場合、2種類のBTプロトコルがありうる。

2種類のBTプロトコル
  1. HFPで接続し、ヘッドセットのマイクとスピーカーを使う。
  2. A2DPで接続し、スピーカーはヘッドセット、マイクはPC本体を使う。

 

1は上にも書いたとおり、バージョン1.6以上でないと音声品質が劣る。2は実は相手の声の品質は一番良い。元々音楽を聞くためのプロトコルだし当然だが。ヘッドセットのマイクを使う事はできないので、ノートPC本体のマイクを使うことになる。ヘッドセットがワイヤレスであるメリットは落ちるが、私のPCではマイク音声は結構距離が届き、音質はこれが一番良い。

どちらで接続したかは、コントロールパネルのサウンドで再生/録音タブで確認できる。再生タブで、「デバイス名 Hands-Free AG Audio」が使用されていれば、1で接続されており、「デバイス名 Stereo」が使用されていれば、2で接続されていることを示す。

エレコムからは後継機種が発表されたようだ。仕様は同一で、形状は微妙に違うが、中身が同じか不明だ。

ここまでBluetoothヘッド選びは奥深く、最適なものを探すのが結構大変なのは意外だった。


Windows 10 2004への更新でハマる


新しい物好きの私は、Windows 10の大型更新が始まったと聞き、早速トライ。

すると一番時間がかかった、NEC LAVIE Tab TW708/CASでトラブル。BTマウスは何の問題もなく認識するのだが、BTキーボードが全く認識しない。ペアリングし直して接続してもだめ、何をやっても入力を受け付けないし、再起動するとペアリング済デバイスリストからも消えている。

どうやらRealtek製bluetoothで、複数のデバイスとペアリングできない問題があるようだ。

そこで調べてみると、このタブレットにはRTK8723が使われているようで、ビンゴのよう。流石にBTキーボードが使えないと厳しいのでもとに戻す羽目に。やれやれだ。


PR-S300NEでLAN内DNSを使用する


私はこのページでもわかるように、NAS(DS218+)でサイトを公開している。使用しているのはフレッツ光ネクストで、ルーターもNTT西日本から提供されるPR-S300NEを使用している。

同一LAN内のPC等から公開サイトのアドレスにアクセスすると、名前解決ができない。直接IPアドレスを打つか、各クライアントのhostsファイルに名前解決できるよう書き込む方法が考えられるが、いずれも非常に面倒である。

私が使用しているNASであるSynology DS218+にはDNSサーバー構築の機能があるので、NASを宅内DNSサーバーにしてみた。

固定IPで接続している機器は、DNSアドレスをNASのIPアドレスに変えればよいだけで以上で終わり。一方でPR-S300NEのDHCPサーバー機能を用いてIPアドレスの割当をされている場合は、当たり前だが、DNSサーバーIPアドレス=PR-S300NEのIPアドレスとして設定されてしまい、これでは名前解決はできない。

PR-S300NEのページを見ると、以下のDNS設定項目が見つかった。

上図赤字で「ここ」と記したプライマリDNSの位置にNASのIPアドレスを書けばよいのだろうと設定した。ところがいざ、PR-S300NEのDHCPサーバー機能を用いてクライアントがIPアドレスの割当を受けると、DNSサーバーアドレスもPR-S300NEのIPアドレスが割当てられて、宅内サーバーの名前解決ができない事が分かった。PR-S300NEのDHCPサーバー機能を殺して、NASのDHCPサーバ機能を使う手も考えられるが、たまにNASは再起動させるので、できれば避けたい。色々と調べてみると、


PR-S300NEの静的ルーティング設定で、上図の通り解決したいドメイン名と、ルーター(PR-S300NE)のIPアドレスを指定し、有効にすることで解決することが分かった。上図の静的ルーティング設定を有効にしても、PR-S300NEのDHCPによりIPアドレスが割り当てられたクライアントのDNSのIPアドレスはPR-S300NEのIPアドレスであって、NASのIPアドレスにはならないが、問題なく名前解決できるようになった。


よしなし事を綴ります