SHOEI J-Cruiseの内装パッドを米アマゾンから輸入


SHOEIのJ-Cruiseというジェット型のヘルメットを持っている。

夏の汗汚れが気になり、先日内装の洗濯をした。ネットに入れて手洗いモードで洗濯。したら、、、破損してしまった。よく見ると内装は結構ヘタっていて、そろそろ換え時であったと思う。そこで、SHOEIのページを見ると、交換品として

TYPE-D センターパッドというのを購入して装着すれば良いことがわかった。サイズは今までと同じで良いからL9ということになる。

早速ネットで探すも、品切れで入荷見通しなし、現在取り扱いできません、販売終了とどこも在庫がない。J-Cruiseは今でも売られている現行型なのにと思うが、どうしようもない。SHOEIに問い合わせたが、リペア部品は特約店で注文できる、納期がかかることもあるという情報量0の回答が返ってきて、埒が明かない。

某巨大掲示板で情報を漁ったところ、米アマゾンで入手すれば良いとの情報を得た。しかし、写真が日本の内装パッドと形状も色も違うのである。

米アマゾンの商品紹介。私が購入したときは、52.4ドルだった。

 

再度、某巨大掲示板で聞くと、写真とは別で日本のと同じものが来るとのこと。それで思い切って買ってみることにした。米アマゾンで発注がかかり、DHLで発送とのこと、その後2週間ほど経つと佐川急便が届けに来た。DHLと提携しているかららしい(参考までに届け先は名古屋市内)。届いたものは以下の通りで、TYPE-D CENTER PAD L9と日本の商品紹介と同じ記載がされている。

それで、ヘルメットに嵌めてみるとぴったり。

かぶってみたらサイズも問題ない。価格も送料込みで52.4ドル(クレジットカードから日本円5800円ほど引き落とし)で、日本の定価が4500円+税であることを考えれば、それほど高くもない。やれやれだ。


ツーリングで岡崎東公園・旧本多忠次邸へ


岡崎は歴史のある街で見どころも多い。以前、岡崎の八丁味噌の工場見学をしてなかなか面白かった。

今回はバイクで岡崎東公園内にある旧本多忠次邸に出かけた。

無料駐車場がすぐ東隣にあるが、公園への来場者も多く、私が着いた11/2(土)昼頃は満車で、停められない車が空くのを待っている状況だった。整理員のおじさんにバイクをどこに停めたらよいか聞くと、車が停められない駐車場の角に停めればよいということで、ラッキーだった。

公園の角に駐輪出来てラッキー(トランクの鍵はご愛嬌)

早速、旧本多忠次邸に向かう。外観はなかなかの迫力だ。

旧本多忠次邸外観

邸宅前の庭

説明

中も見学させてもらったのだが、残念ながら写真を撮りそびれたのでなし。ボランティアの方から丁寧に説明いただいたので、以下に説明を抜粋する。

本多家は元岡崎藩の藩主の家系で、本多忠次は名前から分かる通り次男。忠次は1896年なので明治生まれ。関東大震災も経験した忠次は、当時はやっていた田園地帯の東京世田谷にスペイン様式のこの邸宅を30代(昭和初期)の頃建てた。そして忠次は1999年に亡くなるまでこの家に住んでいたとか。この様に比較的最近まで使われており、そのまま文化財として岡崎市に移築され保存されたため、建物はもちろん、中の調度品も揃っており、しかも状態が良かったとか。ボランティアは昭和の洋館はいくつか残っているが、飲食店に改造されたり、調度品が売られたりして、本多忠次邸の様に調度品を含めて残っているのは非常に稀だろうとのことだった。

歴史の街、岡崎らしい文化財だが、このような貴重な文化財が無料で開放されているのは凄いと思った。


ビバホームで電熱ベストを購入


電熱ウエアを物色していた。理由は冬季バイクでの使用。と言っても通勤にバイクを使っているわけでもなく、数万円もするようなバイク用の高級電熱ジャケットは買う気がしないし、もちろん予算も許さない。

一方でamazonあたりで検索すればわかる通り、多種多様な電熱ウエアが数千円から1万円位の価格レンジで売られている。正直どれがよくてどれがよくないかわからない。多くは中国製で出品者も中国人のようだ。amazonのコメント欄はサクラが多いらしく信憑性も低そうなので、どれにしようか決めかねていた。

そんなときに大手ホームセンターであるビバホームから、3980円+税で電熱ベストが売られている情報を得た。

いろいろな形態が売られているが、バイクで用いる場合、外にバイクウエアを着ることから、インナーとして使えるベストが一番良いと思った。

購入後、Ankerの10000mAhバッテリーにつないでみると問題なく動作し、その時の電圧はUSB規格の5V、電流は1.5Aだったので、7.5Wの発熱量ということになる。温調は3種類選択できる。

インナーとして着てしまうと、電源・温調ボタンが左ポケット内なので、やりにくいのはイマイチかもしれないが、まあ汎用品なので仕方がない。

バイクで使うときは、ハンドルにUSB電源を設置して、延長コードで使用する計画中。試しに、セリアで売られている2A対応USB延長コード70cmを繋げたところ、1.5A流れることが確認でき、使用できそうだ。

出力が出力だが、冬季の中国旅行にも使えそうで、しかもビバホームブランドなので、amazonで得体のしれないものを買うよりは良いように思う。価格もamazonの価格帯とほぼ同じだ。洗濯が可能であることも明示されている。


インプレッサのリコール


インプレッサのリコールが先日発表された。3件同時だ。

自分所有のGT B型は一番上のイグニッションコイルの不良のみ該当した。対策はイグニッションコイルの点検とECUのリプロのようだ。ECUのリプロ?実は購入後2回実施しており、最後の更新は、先月のセーフティチェック時だった。

9月実施のリプロのバージョンは22765AJ657で、実はもうリコール対応を実施した人の書き込みを見ると、同じバージョンだった。

ということは、イグニッションコイルの不良に関する対応は実施済みということになる。イグニッションコイルの点検はあると思うので、リコールは必要だろうが、今より悪化することはないのかなと一安心かも。


BSM表示灯の位置


最新の安全装備の一つにBSM(ブラインドスポットモニター)というのがある。側後方の他車が追い抜きをかけてきたときに、その近接を警告するものだ。私も現行B型インプレッサにオプションで付けたが、非常に気に入っている装備の一つだ。

ところが最近、この表示等が一般的にはミラー面上にLED表示されるケースが多いことに気がついた。以下の写真を比較してほしい。

BSM表示灯(左:インプレッサ、右:レヴォーグ) (スバルのHPから引用)

スバルの場合、SGPが採用された、インプレッサ、XV、フォレスターは左のタイプ、それ以前の形式は右のタイプとなっているようだ。一方で他社は見た限りでは右側のタイプが多いようだ(トヨタ、ホンダ、マツダなど)。

私のインプレッサで感じる限り、左のほうが便利だ。視線移動を全くしなくても、表示灯の点灯やフラッシュが見えるので、ああ、車線変更は今はできないなとわかる。これが仮に右のミラー面上外側のLED表示だったら、ミラーまで視線移動しない限り、ミラー外側でもあり表示灯は見えないのではないかと想像する。車線変更時はミラーを確認するのが鉄則だが、ミラーを見るまでもなく他車の接近がわかるのは、無駄な視線移動を避けられ便利だと思う(あくまで他車接近の十分条件であって、必要条件ではない。)。

しかし、スバル車は順次左のタイプに切り替えていくものと思われるが、他社にその動きはないようだ。個人的には 左のほうがメリットが多いと思うのだが。


Paypayで5%+5%の還元トラブル


Paypayは、政府のキャッシュレス決済の還元キャンペーンに乗じて5%+5%の還元キャンペーンを実施している。


実際、対象店舗で、以下のようにちゃんと10%還元が得られるケースを確認した。

同様に何店舗かで、同様にポイント還元されるのを確認した。ところが、以下の店舗は経産省の5%還元対象店(キャッシュレス5%還元の幟あり。経産省アプリでも確認。)なのだが、通常の1.5%しか還元されないように見える。

支払いをした10/6にPaypayのサポートに問い合わせをした。数日かかると注意書きがあったが、10/14の今日現在何の連絡もない。10/5のトラブルでそれどころでないのか、それとも。。。


リクルートカードに紐付いた銀聯カードを申し込む


私はリクルートカードを持っている。

持っている国際ブランドはVISAだが、VISAもしくはMasterの場合、カード発行会社は三菱UFJニコスで、クレジットカードに紐付いた銀聯カードを持つことができるようだ。

銀聯カードとは、中国で広く普及しているカード(おそらくデビット?)で、中国の田舎のホテルや、鉄道駅の支払いでは役に立ちそうな気がする。但し最近はスマホ決済が圧倒的なので、今後どうなるかは微妙かもしれない。

発行料(年会費ではない)は1000円+税のようだ。申込みは簡単で、MUFGカードのサイトNEWS+PLUSにログインし、右側のWEBサービストップを押し、追加カードのお申込みの中に、銀聯カードもあった。ETCカード発行等と同じところだ。

年収や、住所、勤務先等を入力すると、特に提出書類もなく申し込むことができた。注意点としては、暗証番号が国際カードの4桁ではなく6桁なのだが、00+指定した4桁で設定されるということ。使う際には要注意だ。

到着まで10日程度とのこと。中国に行ったら使ってみようと思う。


中国南方航空からの連絡メール


中国南方航空のフライトを予約しているのだが、以下の様なメールが届いた。

中国南方航空からのメール
    尊敬する中国南方航空のお客様、申し訳ございませんが、お客様からご予約した20XX年XX月XX日09:25時出発で、11:05時に到着する名古屋中部国际机场から上海浦东国际机场行きのCZ380便の经济舱のフライとはXX月XX日09:25時出発で、11:05時に到着する(T2 ターミナルビル)名古屋中部国际机场から上海浦东国际机场行きのCZ380便の经济舱に変更されました。搭乗者:私と妻,チケットの番号:,までお問い合わせくださいませ。お客様のスケジュールにご迷惑をかけて深くお詫び申し上げます。
    南航售后服务
    电话:95539
    邮箱:csnib@csair.com
    传真:4006695539-9
    网站:www.csair.com

 

私が日本人なので、日本語メールで連絡しようとしているのだが、微妙に中国語が混じっている。解読する上で以下に日本の漢字表記と日本語訳を記すと。

国际机场 国際機場=国際空港の意味
浦东 浦東=上海市内の地名
经济舱 経済艙=エコノミークラス
南航售后服务 南航售後服務=南方航空販売後サービス
电话 電話
传真 伝真=ファックス
邮箱 郵箱=メールアドレス
网站 網站=ホームページ

しかし、いずれにしてもメールの意味が解読不能だ。私が買ったのはCZ370便だし、9:25名古屋発だし、11:05上海着の便だ。出発日も変更はない。つまり何が変更されたのかわからない。予約した中国南方航空のサイトで予約番号を入れて確認したが、こちらも特に何も変わっていないようだ。

併せて言えば、電話番号もFAX番号も日本では考えられない番号なのでおそらく中国国内の番号?

中国南方航空といえば中国でも規模が大きな航空会社だ。中国のサービスもまだまだだなあと思うのだった。

(2019/9/20追記)
今日中国南方航空の名古屋支店に電話して確認をしたところ、一旦10/26以降の予約を全てをキャンセルしたためにメールが発信されたが、お客様の予約分は新たに予約されており問題ないという返事であった。やれやれだ。


GTインプレッサB型のセーフティチェック完了したが。。。


昨日、現行B型インプレッサの1年半のセーフティーチェックを行ってきた。

以下の不満3点を伝えた。

1)加速時のCVTギクシャク→最新ECUリプロ実施依頼
これは、多くのオーナーが指摘している問題で、以下の条件が揃うと症状が出る。

a)変速機はインテリジェントモード
b)酷暑下で冷房全開
c)低速時(20-30km/hくらい?)からじわっとやんわり加速

生じる症状は船を漕いでいるように、加速が一定しないギクシャク加速をする。スバルは何度かリプロで対策を行っているが、改善しない。

2)STIアンチグレアミラー鏡面のLEDが夜間眩しい→鏡面についているLED配線を切れないか?

どうやら発売中止になったようだが、STIのアンチグレドアーミラーをつけたのだが、装飾としてついている、鏡面のLEDが眩しい。昼間はともかく、夜間方向指示器を出すと、眩しくて鏡面がよく見えない。なので、LED配線を切れないかを確認したのだった。しかし、アンチグレミラー照明が眩しいって、ブラックジョークのようだ。

3)運転席ダッシュボード(スピーカのあたり)からコトコト異音

それで、1時間余で点検は終わったが、結果は以下の通り。

1)のリプロの結果、22765AJ657となったが、今日一日20kmくらい走行する中で、エンジンが異常燃焼する事を2回確認した。タイミングとしては、アイストがが効くか効かないかまで減速したところで、アイストは動作せず加速させた場合、カリカリカリとエンジンの異常燃焼音がするのだ。もうこのエンジンはリプロじゃダメな気がしてきた。

2)に関しては、今回は時間が足りないので実施していないが、配線を切断するしかなく、工賃は取り付けと同じ4000円とのことで、一旦配線を切れば、戻す(最点灯)ことは不可との事だった。Dは点灯するのが、正規状態なので…との反論もあり。

3)に関しては、預かり修理でないと対応はできないが足回りに問題はなく大丈夫との説明。これは、運転席前ダッシュボード上のスピーカー付近と特定しているのだから、車内から発生していると言っているのに、下回り確認とか、メカニックに話が伝わっていないと感じた。

今回も洗車はしてもらえず、500円のQuoカードを渡された。(東海3県のスバルは皆同じ扱いらしい。)

致命的な不具合ではないのかもしれないが、イマイチな感触となるセーフティーチェックとなった。もうすぐD型が出るが、1)の不具合は直っているのだろうか?


Kyash不正利用被害で利用停止喰らう


以下のメールですべての異常の謎が解けた。

Kyashからのメールの要点
  • 9月2日未明に私のKyashカード番号に対して不審な請求が確認された。取引自信は不成立(私の金銭被害はなし)。
  • 再度不正請求が起こる可能性があるために、一時的にカードを停止した。
  • 今後の不正利用防止のために、カード番号を変える。このため必要な事項をメールで返信してほしい。
  • カード再発行には約2週間かかる。(その後の再発行承りメールで、2週間以内に普通郵便で届かないときは連絡してほしいとあった。)

実は、9/2夕方にアマゾンで購入した商品の決済(Kyash)が、深夜に行われたようなのだが、翌朝スマホを見ると、9/3午前3時半頃のメールで、カード承認に失敗したというメールが来ていた。平日朝で時間もないためになぜ決済失敗したんだろうとは思ったがそのままにしていた。Kyashアプリ上は今も利用停止になっていることは表示されてはいない。そして上記メールが来たのが9/3夜だった。

ひょっとして、Amazonの深夜決済が、不審な取引としてKyashが判断してしまった可能性もあるため、上記メールに返信する形で問い合わせたところ、アマゾンの決済ではないという。

金銭的損害は0なのだが、不審と判断した理由やどのような取引が試みられたかKyashは教えてくれないので、気持ち悪いし、注意のしようもない。今までクレジットカードでこの様な事に陥ったことはないので、やはり何らかの脆弱性があるのだろうか。

実はキャッシュのリアルカードは、前のカードの累積使用額が100万円近くなったので、8月初旬にカード更新(番号も更新)したばかりだった。時系列をまとめると以下のようになる。

日時 イベント
8月初旬 Kyashの累積額が100万円近くなったために、新たなカードに更新。
9/2 PM4:30頃 アマゾンにKyashを登録し直し商品購入に使用。1円のオーソリ発生。
9/2~9/3深夜? 不審な取引?
9/3 AM3;30頃 アマゾンからKyashで決済失敗のメール
9/3 PM9:00頃 上記Kyashサポートからのメールを受領

いずれにしても気持ちが悪い。。。


よしなし事を綴ります